映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
大リーグ初の黒人選手を描く『42~世界を変えた男~』
2013年04月27日 (土) | 編集 |



42~世界を変えた男~(2013)アメリカ
監督:ブライアン・ヘルゲランド
出演:チャドウィック・ボーズマン/ハリソン・フォード/ニコール・ベハーリー
日本公開:2013/11/1
 米メジャーリーグドジャーズ幹部のブランチ・リッキー(ハリソン・フォード)は、黒人リーグで活躍していたジャッキー・ロビンソン(チャドウィック・ボーズマン)をメジャーにスカウトする。

 米大リーグ初の黒人選手ジャッキー・ロビンソンの伝記です。
1945年のアメリカは人種差別の真っ只中。ジャッキーが最初に入団する南部では公共のトイレや水のみ場も黒人用に分けられている。野球も黒人のスポーツではなく、チームメイトからは疎まれ、球場ではブーイング、審判にも退場を告げられたりと、行く手は困難を極めます。
そんな中、ドジャースに移ったジャッキーは背番号42を手に入れる。徐々に力を発揮し、差別の壁を壊していく様を、たっぷりの野球シーンで描く作品でした。





 まず、ジャッキー・ロビンソンを演じたチャドウィック・ボーズマンが魅力的ですね。もともとは切れ易い青年だったジャッキーが、スカウト時にリッキーに「我慢し自分をコントロールする」ことを指導され、数々の差別発言にも必死でこらえる姿は泣けます。そんなジャッキーを支えた妻も偉い。


 
 やがて、ジャッキーの存在が選手の心を動かし、チームが一体になっていく様子には胸が熱くなります。
スコセッシ並の眉毛で一見お茶目なオジさんブランチ・リッキーを演じたハリソン・フォードもいいのですよ。
野球を通し人種差別撤廃を図った彼の貢献は大きい。
ジャッキー役のボーズマンともに、本物に少し似てますね。



 監督&脚本は『ROCK  YOU! [ロック・ユー!]』『悪霊喰』のブライアン・ヘルゲランド
『LAコンフィデデンシャル』『や『ミスティック・リバー』の脚本も手がけてますね。
名作と駄作の差が大きいかな。でも今回は大成功でしょう。
スポーツを介し、人と人が距離を縮める様子も自然で感動的。
野球ファンが観ても十分に楽しめる映画に仕上がってると思います。お勧め








関連記事

コメント
この記事へのコメント
もう野球は愛してますので、公開されたら絶対に観ます。
ハリソン・フォードは大好きやし。
日本では敬遠される42番というところも良いですね。
2013/04/26(金) 09:44:10 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
これは野球ファンは間違いなく楽しめると思います。
人種差別の責めを受けるのが主人公一人なのが凄く気の毒なんですが、終盤は差別したものに天罰が下る描き方も爽快。ハリソンはいつになく抑揚のある面白い演技でした。
42番は敬遠されるんですか。何か意味があるのかな。
2013/04/26(金) 10:26:02 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コレは評判も良いそうですね。
確かに、この時代にメジャーリーグに「初」で入るのは並大抵じゃなかったでしょうねぇ。
ハリソン・フォードもこういう役どころで活躍するのも良いことだと思います。
観たい一作やな~。
2013/04/26(金) 11:18:13 | URL | Kaz.Citta' #79D/WHSg[ 編集]
「61」ってのもありましたよね 確か(^^;)
監督、脚本いいじゃないですか~
機会があったら見てみます~(=゚ω゚)ノ
2013/04/26(金) 17:38:26 | URL | 翔 #79D/WHSg[ 編集]
なるほど、アメリカじゃ死に目(42)は関係ないか 13だったらどうだろう  いまだあるスポ-ツの部では黒人いなのがありますが 体力面でダントツではなかろうか
2013/04/26(金) 18:06:41 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
あ、よさそう!
と、思ったら
未公開の文字が
がああああ~ん
2013/04/27(土) 06:33:34 | URL | る~ #79D/WHSg[ 編集]
Kaz.さん>
これはスポーツものとしても気持ちよく、純粋に楽しめる一本ですね~。
試合中もアンパイアに退場を命じられたり、こんなあからさまな差別が横行してたんですよね。
初めの一歩を築いた本人とコミッショナーの功績の大きさを思い知らされます。
そそ、ハリソン・フォード、いつのまにかおじいちゃんという印象だけど、キャラクター的にも新境地でよかったです。
2013/04/27(土) 10:21:38 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
翔さん>
あー、あったね。観てないけど野球映画だったよね。
そう思うと背番号だけで数々の偉人伝的スポーツ映画が出来そうね♪
これはお薦めでした~。
2013/04/27(土) 10:28:20 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
あ、そうか、42は「死に」ってことで嫌われるんだ。
確かにアメリカには「4」=「死」の概念はないので、日本とは数字の響きが違うかもですね。
13はあかんかも~。
黒人は筋力や俊瞬発力も凄そう。
2013/04/27(土) 10:34:07 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
る~さん>
公開はまだ決まってないけど、これは間違いなく公開になると思いますよん♪
2013/04/27(土) 10:59:32 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コレは絶対に見るど、、でも野球を題材にした映画はダメなんですよね、、オーストラリアでは、先の”マネーボール”も”カーブが苦手(?)”もあっと言う間に終ってました。やらない場合もあるし、、先日ロビンソンデイが終ったばかりですが果たしてどうなるやら??
2013/04/29(月) 21:02:36 | URL | guch #79D/WHSg[ 編集]
guchさん>
へーー、オーストラリアあまり野球は人気無いの?ちょっと意外だった。
これは人種差別問題が絡んで野球だけの映画じゃないからどうかしら。
黒人差別問題は余計に興味なかったりする?
ロビンソンデイってのも知りませんでしたが、それほど愛された選手だったんですね。
2013/04/30(火) 08:51:29 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
もうこれは凄く期待しています!!私の人生ベスト3に入って欲しい作品!早く見たい!パンフレットも買うぞぉ~!!(笑)
2013/05/03(金) 04:20:55 | URL | DANCE #79D/WHSg[ 編集]
danceさん>
人生のベスト3に入るかはわからないけどwとっても良かったですよ、
チームメイトが主人公を庇うようになったりと変化していく様子がとても気持ちよかった。
公開の予定はまだないようだけど、野球国日本がこれを見逃す手はないでしょう。
お楽しみに!
2013/05/03(金) 06:06:22 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
観ました。
これは模範的な伝記映画でしたが、思っていたより感動できる映画でした。
ハリソン・フォードがビックリするほど良かったですね。
2013/11/02(土) 00:45:02 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
ほんと、ゾンビマンさんが書かれていたように
選手も勿論大変で頑張ったのだけど、野球界の歴史をかえたという意味ではハリソンが演じたリッキー氏の功績が大きいですよね。
大らかにジャッキーを導くハリソンの演技がとってもよかったですね。
2013/11/02(土) 19:21:06 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック