映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
繋がっていく壮大なホラ話の感動『フィッシュストーリー』
2012年07月30日 (月) | 編集 |
伊坂幸太郎の同名小説を、『アヒルと鴨のコインロッカー』の中村義洋監督が映画化した
ちょっぴりファンタジーなヒューマンドラマです。





フィッシュストーリー
2009年(日本)
原題:
監督:中村義洋
出演:伊藤淳史高良健吾多部未華子濱田岳森山未來


 
2012年。巨大彗星接近により地球滅亡まであと5時間。

もぬけの殻の商店街を電動車椅子で行く男は
開店中のランプの点ったレコード屋に訝しそうに入っていく。
そこには普通に営業中の2人の従業員。
「おたくら何やってんの? 地球が滅亡するんだよ。知ってるよね?」


ネットレンタルのお勧めにあったので観たのだけど
「地球滅亡?」「パンクバンドの解散曲が地球を救うお話?」と
その奇想天外な設定にまずビックリ。

映画は数十年の時間を行き来して
先駆的パンクバンドの「逆鱗」メンバーの葛藤や、
気弱な青年の合コンの一日、
はたまた修学旅行中にシージャックに会ってしまう女子高生など
異なる5つの時代のエピソードを紡ぎます。

正直、「地球滅亡の話はどこいったの?」と心配になる頃
物語は、驚きの因果関係で繋がり始めるんですね~。



小さいときには仮面ライダーなど
「正義の味方」を謳うTV番組を観ていたけれど
いつしか観なくなってしまうのは、そんなのはマヤカシだと気づくから。

「この世に正義の味方なんて存在しない」
「世界を変えるようなことが自分にできるはずがない」
「ましてや、世界の滅亡を止められるはずもない」

それは、「自分たちの音楽が売れるわけがない」 
と結論付けた逆鱗のメンバーが辿った道と同じ。




だけど、自分たちの音楽を信じ、成功を夢見ていた彼らの情熱が
最後のレコーディング曲「フィッシュストーリー」を生み、
ある奇跡を起こすことになる。
その曲の誕生もまた、小さな偶然の繋ぎ合わせ。

ちょっとフィッシー(うさんくさい)な内容でありながら
繋がって、繋がって、一気に映画を動かしていく終盤の展開に興奮し
泣きそうにもなった。

人ひとりの力は小さいけれど、情熱や希望は
誰かに影響を与え、大きな力を生むこともあるのかもと思える
素敵な作品でした。

トマトメーター100%
この痛快さを日本人以外の映画ファンも理解してくれてるのが
嬉しいじゃないですか。

★★★★

関連記事

コメント
この記事へのコメント
へぇ~、トマトメーター100%!?
これはタイトルだけは知ってましたが、こういう話やったんかぁ。
自分、子供の時には、もろ仮面ライダー世代ですぜっ。
1号&2号&V3、ね。(笑)
ちと、俄然観たくなりましたがな。
2012/07/30(月) 05:09:59 | URL | Kaz.Citta' #79D/WHSg[ 編集]
これ海外でも評価されているんですね。
伊坂幸太郎の作品は映画化作品が多いんですけど
あんまり見ていないんですよね。
この記事は見たくさせる記事ですね♪
2012/07/30(月) 06:24:42 | URL | miskatonic #79D/WHSg[ 編集]
これ大好きなんですよね。
ラストで全部繋がったときの爽快感ったらたまらなかったです。
へえ~~100%ですか!嬉しいなぁ。
2012/07/30(月) 06:48:16 | URL | Swan #79D/WHSg[ 編集]
トマトメーター100パーセント!
これは私も大好きだったので、すっごく嬉しいです ^^
過去記事だし、トラックバックできないけど、
もしよければ検索で読みにいらして下さい。
やたらにテンション高いです(汗)
2012/07/30(月) 08:09:30 | URL | 恋 #79D/WHSg[ 編集]
これは未見ですが、この映画の監督さんって、「本当にあった呪いのビデオ」の人ですよね。
関係なかったらゴメンなさい(汗)・・・。
2012/07/30(月) 08:52:03 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
Kaz.さん>
トマトメーター100%なんですね~。
ただしレビュー投稿数10なのでw
判断基準にしちゃいけないところですが
全員ポジティブな評価を下してるのが嬉しいところでした。
あと、書き忘れましたが、音楽は斉藤和義が音楽をプロデュースしてるのも注目ですね。
ごらんになった方も絶賛してる方が多いので、機会があればぜひ。
あは、仮面ライダー世代ですよね(笑)
私も詳しくはないですが、時々見てましたよ~♪
2012/07/30(月) 09:58:00 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
miskaさん>
えっとメジャーな評価を受けてるわけではないかもだけど
私のネットレンタルのユーザー評価も高いし、
海外でもご覧になった方が面白いと評価してるのが嬉しいですよね。
伊坂幸太郎さんの小説は読んだことがなかったけど、作品リスト見ると、
ほんと聞いたことのあるタイトルがいっぱいでした。
しかもちょっとファンタジー入ったものが多いのかな。
個人的には途中ちょっとだれて、巻きたい感じでしたが
終盤の面白さは特記すべきものがあります。
2012/07/30(月) 10:05:00 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
Swanさん>
わーーい、お好きですね。
うんうん、終盤の怒涛の繋がりっぷりに、うっはーと感動しましたよ~。
ほんと爽快だった!
っていく様子にいいですよね。
そそ、ま、でも何千もの投稿があるものと同じように考えてはいけないけど
少なくともご覧になった方が全員面白く観たとうのは嬉しいですよね。
TBありがとうございました。
2012/07/30(月) 10:17:51 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
恋さん>
わーい、いらっしゃい。
おー、恋さんのテンションを上げ上げにしちゃった作品だったのね。
ほんと、ファンタジーを交えた、優しく力強く
元気をもらえる作品でした。
恋さんの記事楽しみにお邪魔しますね。
2012/07/30(月) 10:21:15 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
『本当にあった呪いのビデオ』ではナレーションを勤めてるみたいですね。
初期の作品群見るとホラーも多い方なのね。
最近はファンタジーコメディが多いのかな。
観たいと思ってる『ちょんまげプリン』もこの監督の作品だったんだね~。
2012/07/30(月) 10:25:30 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
トマトメーター100,そうでしょうとも
これは劇場で観て・・その後DVD買ってみて・・・
DVD持ってるのにWOWOWで観て
5回くらいはみたでしょうか・・
観るごとに彼らそれぞれが愛しくてしょうがなくなります。
これを観てから、この一瞬が未来変える何かに繋がってるのかも・・
なんて考えたりするようになりました^^
2012/07/30(月) 21:29:42 | URL | SHIGE #79D/WHSg[ 編集]
おっと~、ノーマークだったよ!
早速明日TSUTAYAへれっつらごー!!
たべちゃん、上手いよね。
なんだかんだでラストで繋がる系、って色々あるけど、
「お、お、お、」って、ピーマン頭の中でも繫がると、
嬉しいよ。
最近、ピーマン化が進んでる姉より。。。(´;ω;`)ウッ
2012/07/31(火) 04:59:59 | URL | chaco #79D/WHSg[ 編集]
SHIGEさん>
おーー、すでにこの作品の大ファンだったのね。
観るごとに登場人物が愛しくなる作品!
それなんかわかる気がする。
今回は、滅亡の話はどうなったの?ってやきもきしながら観ちゃったのだけど
次は余裕でそれぞれのキャラを楽しむことができると確信してます。
ほんとね、私も一瞬一瞬を大事にしたい気持ちになりましたよ。
2012/07/31(火) 08:44:58 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
chacoさん>
監督さんのフィルモグラフィーみたら『ちょんまげプリン』とか、観たいと思ってる作品がいっぱいあったのでビックリ。
評判のいい作品をたくさん手がけてる方みたいですよね。
これも知らずに観ると少し途中が退屈に感じるかもだけど、最後に一気に繋がってくると興奮!
ぜひぜひこの快感を体験してみて。
私もシナプス消失しまくってますが(汗)少しでも繋がるように映画を観ながら悪あがきしてます。
一緒にがんばろー(^-^)/
2012/07/31(火) 08:50:06 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
これ大好き〜〜最後の困り顔の多部ちゃんが可愛いんですよね〜
いろんな人や物語がいろいろ回って繋がって、地球を救う壮大なストーリーが
おいおいって感じながらも感動しました、
2012/08/03(金) 06:30:18 | URL | くらげ #79D/WHSg[ 編集]
くらげさん>
コメント遅くなってすみません(/∀\*)
これ面白かったよね。
ほんと、小さな小さなことが、こんな壮大なことに繋がっていくなんて思いもせず、後半は感動がこみ上げて来たよね〜。
ふふ、多部ちゃん?泣き顔がほんと可愛かった♪
2012/09/20(木) 17:28:53 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
きっと、つながる◆STORY2012年。彗星の衝突まであと5時間と迫った地球。世界の終わりを目前に、いつもと変わらぬ様子のレコード店。そこに流れていた曲は『FISH STORY』。それは、1975年、あまりにも早すぎたばかりに全く売れぬまま姿を消していったパンクバンド“逆鱗
2012/07/30(月) 21:44:32 | カムサハムニダ♪