映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
赤ちゃんはやっぱり天使『Ricky リッキー』
2012年07月26日 (木) | 編集 |
今日は子役が可愛い映画ということで、
フランソワ・オゾン監督の『Ricky リッキー』を。




Ricky リッキー
2009年(フランス/イタリア)
原題:
Ricky
監督:フランソワ・オゾン
出演:アレンクサンドラ・ラミーセルジ・ロペスアンドレ・ウィルム
ジャン=クロード・ボル=レダ
メリュジーヌ・マヤンス


 
娘のリザと暮らすシングルマザーのカティ(アレクサンドラ・ラミー)は、
勤め先の工場の新入り外国人パコ(セルジオ・ロペス)と出会い、一緒に暮らし始める。
間もなく赤ちゃんを授かり、リッキーと名づけるが
何故か泣いてばかりのリッキーに二人は疲れ果て、やがてパコは家を出る事態に
そんなとき、リッキーの背中に翼が生えはじめ、やがて部屋を自由に飛び回るようになるが・・


バツイチ同士の結婚が、翼の生えた赤ちゃんの誕生によって揺らぐという話です。
オゾン監督には珍しいファンタジーな題材だけど、
描かれるのは母性であり、家族の再生ですね。



リッキーがとにかく可愛い。
赤ちゃんが可愛いのは、生き抜くために備わった生けるもの全ての特典であり、
両親の愛情を受け、家族を形成していくための源でもあるよね。

ところが、本作のカティとパコは「親」としては未熟。
結婚前のカティは娘のリザを置いて、新しい恋人パコとのデートに夢中になる
女の身勝手さの描き方において、オゾン監督はちと厳しい視点を持ってますね。

赤ちゃんを授かってからも、何故か泣き止まないリッキーに疲れ果てるカティ。
やがて背中にアザのようなものを見つけ、パコの虐待を疑うと
パコは怒って家を出てしまう始末。

けれどもアザかと思った背中の部分から翼が生え始めると
カティは母親の表情を見せ始めるのね
手羽w(これが意外にグロい)の長さを測ったりする様子はシュールだけれど
初めて翼を羽ばたかせ空を飛ぶリッキーを見つめる瞳は
驚きながらも子供の成長に目を細める親の姿と変わりない。
赤ちゃんの誕生に自分の存在危機を感じていた娘ちゃんも
ママを助けようと、懸命にリッキーの世話をしていてけなげです。

でも、空を飛ぶ赤ちゃんを世間が放っておくはずもなく
映画はある事件を迎えることに・・



この映画の中のリッキーの役割はなんだったのか
それはやはり「翼」に象徴されるように「天使」だったんでしょうね。

未熟な両親への予行練習、、と言うと変かもしれないけれど
ぎこちなかった家族がリッキーの出現により揺さぶられながらも
結局は心を繋げていく。

最後は、パコのバイクで登校する娘ちゃんが、
パコの背中に回した手に力を込める
それだけで新しい家族の再生を感じさせる素敵なシーンだよね。

クライマックスで空を羽ばたくリッキーに向けるカティの瞳は
成人し親元を離れるわが子を、寂しいけど誇らしくみつめる母のそれに似て
ラストシーンの柔らかな表情に重なりました。
子育てに疲れた夫婦、これから親になる若いカップルにもぜひ観てほしい作品です。


       *旧ブログ記事を移動、加筆しています

★★★☆

関連記事

コメント
この記事へのコメント
これは未見ですが、記事を見ると素晴らしい映画って気がします。
赤ちゃんに翼が生えて、余計に育児を放棄する親の割合も多いかもしれませんもんね。
赤ちゃんは全てのことを泣くことでしか表現できない。よく赤ちゃんは泣くのが仕事やと言いますもんね。
「なぜ泣いているのか?」を感じてあげないといけない。
私はいくら赤ちゃんが泣いても怒りはしませんでした。
2012/07/26(木) 09:58:00 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
あ~これ未だでした~
うんうん、ほんとオゾン監督でファンタジーって珍しいような
あ、でもこの人他の作品でも幻想的な表現はしますよね
あはは^^手羽の長さww
魅力的な作品なんですね~はやいとこ観ますよ^^
2012/07/26(木) 21:38:31 | URL | SHIGE #79D/WHSg[ 編集]
そそ、珍しいファンタジーでしたよね。
リッキーが可愛くてね~っ(。→‿◕。)☆
あ、羽根ので具合はあんがいグロかったけど(笑)
2012/07/27(金) 03:43:34 | URL | 翔 #79D/WHSg[ 編集]
あのラストからしても、やっぱリッキーは天使だったと言うコトでしたねぃ。
ホンマこの子も名演技で可愛かったわぁ~。
オゾン監督はジャンルを問わず、やはり器用な方ですよね。
TBさせてもらいますね~。
2012/07/27(金) 04:17:12 | URL | Kaz.Citta' #79D/WHSg[ 編集]
うわ、ウチの孫どんも子役で使って∵ゞ(≧ε≦o)
そりゃ~無理として・・・
確かに赤ん坊には手羽(?)が生えてるよ。
天使のようでもあり、急に移動する厄介な物体でもある。
赤ちゃん見てると笑顔が絶えない事は確かだな。
「子供」「動物」系の映画は間違いないでしょう!
笑って泣かせて考えさせて。。。
でもって、昨日の質問になが~いお返事ありがとうね。
そっか、そういう事だったのか。
返す前にもう一回観てみようかな。確認、確認!
ブラピの愛のある頑固オヤジぶりも良かった。
ショーン・ペーンの子役をした子も上手かったな。
目つきがショーンにソックリだったよね。
2012/07/27(金) 06:45:49 | URL | chaco #79D/WHSg[ 編集]
ファンタジーですが、なんだかリアルで、
オゾン監督の人生哲学を見せつけられたような気もしちゃいました。
しかしまあ、アイディアは斬新でございましたね。
TB、させてくださいね。
2012/07/27(金) 09:58:34 | URL | サムソン #79D/WHSg[ 編集]
自分はこれ
赤ちゃんを死なせてしまった親に贈る
ファンタジーだと解釈しています。
2012/07/27(金) 10:23:45 | URL | HK #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
子育ての経験はないですが、ケヴィンみたいに泣きっぱなしの赤ちゃんを根気強く育てるのは大変だと思うけど、親には愛情があるからできるんですよね。
この映画を観てると自分にも母性が目覚めてくる気になりました。
2012/07/27(金) 23:26:57 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
SHIGEさん>
手羽はちょっとグロいですがw
自分の子供を持ったことのある方なら、きっとこの愛おしさとかしみじみ感じるかもしれません。
そか、確かにファンタジーという分類ではなくても現実と幻想の混じったような表現されることありますね。
2012/07/27(金) 23:29:35 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
翔さん>
リッキー可愛かったね。
『サラの鍵』でサラを演じた女の子も健気で可愛かったし。
あはは、手羽の表現はちょいグロで私も驚いたけど
どんな風でも親にとっては愛しいわが子でしょうね。
2012/07/27(金) 23:31:35 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
Kaz.さん>
リッキーは天使でしたね。
もしくは、天使になる運命だったというのか。。
なんにしてもオゾン監督は魅せてくれますよね。
TBありがとうございました。
2012/07/27(金) 23:33:35 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
chaco さん>
ふふ、姫プクプクで可愛いよ~。
うんうん、赤ちゃん見てると笑顔が絶えないってのはわかる。
赤ちゃんには、生まれながらにして生きる術が備わってるんだよね~。
私も劇場で観たあとちゃんと見直してないので忘れてる部分もあるし、
間違ってるところもあるかもだけど、時間があればぜひまた観てみて。
そそ、子供時代のショーンを演じたお子の攻撃的な眼差しとか上手かった。
弟役はブラピ似だったし、うまいことキャスティングしたなあぁと感心した。
2012/07/27(金) 23:40:02 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
サムソンさん>
そうですね。翼の生えた赤ちゃんなんて突拍子もない話なのに
親としての成長や、子供に対する愛情などリアルな問題がちゃんと描かれてる映画でした。
TBありがとうございました。
2012/07/27(金) 23:42:20 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
HKさん>
あー、そうね。
その捉え方が一番自然かもしれない。
そしてリッキーはふたたび生まれ変わるワケだよね。
うんうん、私もその解釈に一票!(^-^)/
2012/07/27(金) 23:46:36 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
これ記事にしてないけど、観てますよ~
観終えた時は、後味良く思えたんだけど
実はフランは、他人と違う赤ちゃんを育てないといけない母親・・・
そんな気持ちを深読みしてしまって、苦かった覚えがあるよ。。。
もちろん、この作品の中では、天使の象徴だと理解出来たけどね♪
それに、笑顔で飛んでるリッキーは本当に可愛ったぁ~(´▽`)
PU-KOちゃんの仰る通り、若いパパママ予備軍に
ぜひ観てもらいたいね~(o^-^o)
2012/07/29(日) 06:08:35 | URL | フラン♪ #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
【Ricky リッキー】 RICKY フランス・イタリア 2009 監督・脚本 :フランソワ・オゾン  原作 :ローズ・トレメイン  脚本 :エマニュエル・ベルンエイム 出演 :アレクサンドラ・ラミー / セルジ・ロペス / メリュジーヌ・マヤンス / アルチュール・ペイレ 他
2012/07/27(金) 19:18:00 | CINEmaCITTA'
     『Ricky リッキー』  (2009) 郊外の団地で娘のリザ(メリュジーヌ・マヤンス)と二人で暮らすシングルマザーのカティ(アレクサンドラ・ラミー)は、単調な日々を送っていた。 そんなある日、カティは職場の新人パコ(セルジ・ロペス)と恋に落
2012/07/28(土) 00:58:20 | サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村