映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
恋するリベラーチェ
2013年09月29日 (日) | 編集 |
東京国際映画祭関連最後は スティーヴン・ソダーバーグ監督、マット・デイモンマイケル・ダグラス主演で
派手なステージパフォーマンスで一世を風靡したピアニスト リベラーチェの伝記ドラマ『恋するリベラーチェ』。
リベラーチェ(2013)アメリカ
原題:Behind the Candelabrla
監督:スティーヴン・ソダーバーグ
出演:マット・デイモン/マイケル・ダグラス/ダン・エイクロイド/スコット・バクラ/ロブ・ロウ
日本公開:2013/11/01
スコット・ソーソン(マット・デイモン)は叔父夫婦の経営する牧場を手伝う青年。
バーで知り合ったゲイ友の紹介でリベラーチェと知り合い、まもなく二人はベッドを共にする。や
がてスコットはリベラーチェに養子として迎えられるまでになるが・・

リベラーチェとの思い出を綴ったソーソンの回想録を元に、スティーヴン・ソダーバーグがメガホンを取り
マイケル・ダグラスが往年のピアニスト リベラーチェを、マット・デイモンが若き恋人スコット・ソーソンを演じています。

ソダーバーグがマイケル・ダグラスに話を持ちかけたのが2000年製作の『トラフィック』の時。
リベラーチェさんというのが隠れゲイだったことから、ゲイ描写を懸念され資金調達に苦労したようで
アメリカではHBOのTV 映画として放送されたようですね。

二人のベッドシーンも少々あるけど、過激なものではなく、性的な関係よりも、セレブなパフォーマーと、
そのひもとして生きることになった名もない男、それぞれの孤独が浮き彫りになる作品に仕上がってます。

「ジェイソン・ボーンがゴードン・ゲッコーの上に乗る図を撮りたかった」と言う、ソダーバーグのセンスが光りますね(笑)
 

67歳で亡くなるまでの10年間を演じたマイケル・ダグラスがとにかく凄い!
これまで彼をゲイっぽいと思ったことはなかったけれど見事にゲイです(笑)
マイケル・ダグラス本人が癌で闘病したことを思うと、57歳の絶倫ぶりにも、
一流エンターテナーとしてステージをこなす姿にも感心したなぁ。

整形でリフティングした若々しい表情と死の床にある姿のギャップにも驚く。
勿論演出やメイクの技術もいいのでしょうけどね。
 
リベラーチェと生活をともにし、素朴な牧場青年だったスコットも贅沢を身につけていく。
スコットを演じたマット・デイモンの意外な姿と、移ろいゆく愛に揺れる演技も見ごたえあり。
二人が妙に微笑ましく、ドロドロの愛憎が描かれるのに、後にホンワカしたものが残るのが面白い持ち味の映画でした。
ちなみに原題のCandelabrlaというのは、ろうそくたてのこと。
リベラーチェはこれをピアノの上に置いて演奏したんですね。
 
形成外科医を演じたロブ・ロウが鹿賀丈史に見えたのは私だけかなw

関連記事

コメント
この記事へのコメント
ソダーバーグ監督、最近は引退するとか言いながら連発ですね。
これはキャストが良いので観ます。
なんか危ない感じのする映画ですが(汗)・・・。
2013/10/01(火) 10:19:38 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
いちど、マイケル・ダグラスと同姓同名のマイケルキ-トンとの共演が観たかった
2013/10/01(火) 17:50:19 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
いや~映画祭
スルーしようかとおもってたけど
記事読んだらみたくなった~
どうしよう~
2013/10/01(火) 21:53:45 | URL | る~ #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
ソダーバーグはこれを撮り終えたあとに引退(休業?)宣言したらしいです。
しばらくお休みするのかも。
わはは、そう、男性はちょっと引くとこあるかも。
でも面白かったですよ。お勧め
2013/10/01(火) 23:52:52 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
Wマイケル・ダグラスw
でっまだ可能性あるよね。期待して待ってましょう(笑)
2013/10/01(火) 23:59:37 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
る~さん>
二人が可愛らしくて見ててにやにやしちゃうよ(笑)
ま、色々ありますが・・
観て損はない作品かと。
2013/10/02(水) 00:04:42 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
おぉ、ソダーバーグですか。
最近撮りに撮ってますよね~。
マット・デイモンが、ゲイ・・。
『エリジウム』観た後だけに、ギャップが凄そうです・・。
2013/10/02(水) 02:22:38 | URL | サムソン #79D/WHSg[ 編集]
確かに、鹿賀丈史を強烈にした感じw
画像を見たら、一見マイケル・ダグラスとは思えないですね~。
TV放送にされちゃったんや~、でも日本では公開になって良かった。
2013/10/02(水) 05:33:01 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
サムソンさん>
そうそう、最近実験的なものまで多作になってましたもんね。
疲れちゃったのか、この作品の後に引退宣言したようですが、また帰ってきてくれるといいですね。
マットは両刀だったようでwゲイゲイした演技じゃなかったですが
スパンコールの超ビキニの海パン穿いてたりwサラサラなセミロングヘアーも珍しいし
ダグラスとの絡みは微笑ましいしで、確かに『エリジウム』とのギャップが大きいですw
2013/10/02(水) 06:50:30 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
kaz.さん >
鹿賀丈史に反応してくれてありがとう~(笑)
二日酔いをヤクでごまかしてる鹿賀丈史の風情で、マジでハリウッドでビューかと思っちゃいましたよw
そそ、マイケル・ダグラスと一見して分からないんですよね。
というか、似た俳優さんがいて、その方かと思ったんだけど名前を思い出せない(笑)
UKなどでは公開されたようなんですがこちらではスポンサーとなったHBOでの放送のみだったみたい。
マイケル・ダグラスのパフォーマンスはオスカークラスだと思うので、公開して欲しかったですよ。
2013/10/02(水) 06:57:37 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
こんばんは!
マットォォォォォォ~!!!ハアハア。って、すんません、ついとり淫してしまいました♪
マット大好きな上に、イタい腐な私にとって、この作品こそ今年最大のビッグイベントになりそうです。
ロブロウ、ほんと鹿賀さんみたい(笑)。
同じソダーダーグ監督のマジックマイクにはあまり萌えなかったので、ちょっと不安でもあるのですが…
2013/10/06(日) 10:46:06 | URL | 松たjけ子 #79D/WHSg[ 編集]
松さん>
どうどう(笑)
私もちょっと前のソダーバーグは苦手な意識があったんですが
最近は私にも見やすくて大丈夫。
今回はマットとダグラスの関係が微笑ましくてなんか癒されるんですよ~。
ま、泥沼もあるんですけどね。
さらさらブロンドのマットのスパンコールビキニとかwマット好きには萌え要素テンコ盛かも(笑)
どうぞお楽しみに!!
鹿賀ロブ郎も笑うよね(笑)
2013/10/07(月) 07:30:21 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
観ました。
これ、序盤のマット・デイモンのように、かなり腰が引けた感じで観てたんですが、pu-koさんがおっしゃるように、後味がほんわかと温かい映画でしたね。
やはりきわどいお話を愛を持って描いた作り手と、主演のふたりの演技が素晴らしいというのに尽きる。これは予想外に良かった。
2013/11/01(金) 00:54:00 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
あはは、男性は引いちゃうでしょうねw
そう、色々あったけど後あじはほんわかなんですよね。
実物のお二人も憎めないキャラなんでしょうね。
マットとマイケルは普段オカマちっくと感じたこともなかったので、意外なうまさにびっくり。
えげつない感じにならないのは二人の演技と監督の演出のうまさもあるのかもですね。
2013/11/01(金) 13:49:42 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック