映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
マラヴィータ
2013年09月29日 (日) | 編集 |



さて、ここからは、塊で関連映画を観ていきます。
まずは公開予定も発表になった東京映画祭関連をいくつか。
今日は、先日劇場鑑賞した『マラヴィータ』。
リュック・ベッソン監督、マーティン・スコセッシ総指揮
ロバート・デ・ニーロ演じる元大物マフィア一家と現役マフィアとの対立を描くクライムコメディーです。
マラヴィータ(2013)アメリカ/フランス
原題:The Family
監督:リュック・ベッソン
出演:ロバート・デニーロ/ミシェル・ファイファー/トミー・リー・ジョーンズ/ダイアナ・アグロン/ジョン・デレオ
日本公開:2013/11/15
 
デ・ニーロ演じるフレッドは元マフィアの大物。
彼はFBIの証人保護プログラムを適応され、偽名を名乗りながら家族とともに各地を転々としていた。




フランスの田舎町に越してきたブレイクファミリー
まず、田舎VSファミリーの構図が面白い。
フレッドはもとより、ミシェル・ファイファー演じるマフィアの妻も田舎に染まる玉じゃない
学校に通う2人の子供なんて生粋のマフィアの子。血筋とは恐ろしい(笑)
しかし田舎で地味に騒動を起こす一家のもとに、フレッドに恨みを持つ現役マフィアが迫り
ファミリーVSファミリーの対決とあいなるわけです。

スコセッシが製作総指揮とあって、マフィアものの貫禄は十分で
ベッソンらしい切れのよいアクションも健在。
しかしながら本作は、ブラックコメディの仕上がりで大いに笑わせてもくれます。

最近はくたびれた役が嵌るデ・ニーロだけど、モブ映画では昔とった杵柄的に輝く。
ってか、過去の栄光を逆手に取ったユーモアに会場は大盛り上がり。
あるシーンでは後に座ったおじさんが「そうくると思ったよ~!!」と叫んでましたが。いや、会場中そう思いましたから(笑)
ファンには嬉しいプレゼントですね。



ブレイクファミリーを保護するFBIの担当者にトミー・リー・ジョーンズ
娘を演じたダイアナ・アグロンはドラマ『glee』でも活躍中の若手のよう。
本作でも、可憐さと強さで映画を盛り上げる大活躍でした。

マフィアの証人保護プログラムとしては『グッドフェローズ』を思い出すし
デ・ニーロのマフィア姿はやっぱり嬉しい。
何かそんな「昔懐かし」な部分に付加価値を感じる一本でしたよ。

日本では東京映画祭の特別招待作品として初お目見え、11月から一般公開されます。


関連記事

コメント
この記事へのコメント
トニー・モンタナ(アルパチ-ノ)のヨメの
ミシェル・ファイファー思い出しました
2013/09/28(土) 18:18:39 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
ベッソン&スコセッシに、デ・ニーロと言う組み合わせが面白そう~。
ベッソンの派手さが上手く中和されていい感じの一作になってるみたいですね~。
昔のマフィア映画のパロディも出てきてるような感じっすね。
2013/09/28(土) 21:33:31 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
デ・ニーロをはじめ、最近のスターさんたちは多作ですよね。
凄く働いている。
これは初めて知ったんですが、スタッフ・キャストが協力で凄く観たいです。
2013/09/29(日) 01:37:21 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
おぉ、リュック・ベッソン監督ですかっ。
キャストがイイですね~。 あたしたちの年ごろにはグッときちゃいますね。
日本公開も間近ですね。 んんっ。
2013/09/29(日) 06:50:38 | URL | サムソン #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
そうそう、そんなの含め、キャスティングにもニヤリ!
2013/09/29(日) 09:23:17 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
kaz.さん >
そうなんですよ~。
もうね、エンタメを知り尽くした彼らが余裕で遊んだという作品
派手さもブラックに置き換えられw思わず噴出します。
あ、そうね。もうパロディとも言えるかも。
そういう楽しみ方のできる面白い一本でしたよ。
2013/09/29(日) 09:30:27 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
そうそう、特にデニーロなんて、少し作品選んだほうがいいんじゃないかと思っちゃいます。
今度はロッキーとボクシング対決するみたいで、それはめっちゃ楽しみなんですが。
こちらは豪華キャストで遊びもあって楽しかったですよ。チェックしてね。
2013/09/29(日) 09:32:29 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
サムソンさん>
はい、ちょっと気になる取り合わせでしょ。
あたしたちの年頃はってww
いやいや、私たちの年頃でも十分グっときちゃうんですよ。
って、基準はなんだw
2013/09/29(日) 17:33:41 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
いや~みたいんだけどね~
舞台挨拶もあるみたいだし
気になる~
2013/09/29(日) 20:39:00 | URL | る~ #79D/WHSg[ 編集]
る~さん>
舞台挨拶もあったらお得気分だよねぇ。
楽しめると思うのでぜひぜひ、、と思うけど競争率高いかな。
2013/09/30(月) 09:12:42 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
スターの顔ぶれからすると、唯一の不安材料はリュック・ベンソンなんですが、今回はなかなかうまくさばいているようですね。ミシェル・ファイファーは「ニュー・イヤーズ・イブ」での初老おばさんぶりがちょっと痛かったのですが、今回はきりっと決まっていそうで、期待できそうです。
2013/10/02(水) 06:48:55 | URL | einhorn2233 #79D/WHSg[ 編集]
einhornさん>
ベッソン絡みのマイナスポイントは私にはよく分からないのだけど
ブラックコメディ風なので、軽く楽しめる仕上がりかと思います。
そうそう、ファイファーもこういう役はぴったりで決まってました♪
2013/10/02(水) 08:44:52 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
観てきました。
面白かったです。
最近のベッソンは調子を取り戻しつつある。
血筋って素晴らしい(笑)・・・。
2013/11/15(金) 23:05:15 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
痛快でしたね。
こういう遊びのあるアクション映画は楽しい。
しかもやっぱり役者がうまいですよね。
わはは、血筋が凄かったね~w
2013/11/16(土) 07:56:21 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
遅ればせながら、やっと観れました~。
爺さんになってもマフィアを演じるとその輝きっぷりが最高なデ・ニーロにニヤニヤしっぱなしでした。
ミシェル・ファイファーも蓮っ葉な姐さん振りの方が艶っぽく見えるという・・・(笑)
デ・ニーロは最近出演作目白押しですね。
爺さん4人のロードムービーやら、スタローンとのボクシング映画やら待ち遠しいです♪
TBお願いしま~す   ってやり方これで合ってますか??
2013/11/24(日) 00:28:16 | URL | みーすけ #79D/WHSg[ 編集]
みーすけさん>
おー、ご覧になりましたか。
ぎゃは、爺さんになっても ってw
でもほんと、そのとおり。最近はお爺ちゃんみたいなファミリー(普通のねw)も多いけど、やっぱりデ・ニーロはマフィアもので渋さを発揮してくれるんですよねぇ。
爺さん4人のロードムービーw私は凄く好きでした。
そうそう、ロッキーとの過去の栄光対決もめちゃ楽しみです。
TBできてます。ありがとうございます。
2013/11/24(日) 08:02:39 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「マラヴィータ」 (2013) アメリカ/フランス原題/The Family監督/リュック・ベッソン出演/ロバート・デ・ニーロ ミシェル・ファイファー トミー・リー・ジョーンズ 他フランス・ノルマンディーの片田舎に引っ越してきたアメリカ人家族 ブレイク家。
2013/11/24(日) 15:28:00 | 天邪鬼みーすけの映画な日々
東京国際映画祭特別招待作品。何故すぐにロードショー公開されると判っている作品を敢えて観に行こうかと思ったかというと、もちろんロバート・デ・ニーロが大好きだからというのが第一の理由だけど、まあ、お祭りっぽく肩の凝らない作品を観たいな、という気持ちから。作品
2014/01/21(火) 10:32:27 | ここなつ映画レビュー