映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大人の見る絵本 生まれてはみたけれど
2013年09月24日 (火) | 編集 |
タイトルの「大人の見る絵本」で妄想に走ったあなた残念でした。
今日は小津作品なんですよ。
大人の見る絵本 生まれてはみたけれど(1932)日本
監督:小津安二郎
出演:斎藤達雄、 吉川満子、 菅原秀雄、 突貫小僧、 坂本武、 早見照代 、 加藤清一日本
公開:1932/6
郊外に越してきた吉井家幼い二人の兄弟にとって父親は世界で一番偉い人。
しかしある日、会社で上司にペコペコし変顔までする父親の映った8ミリビデオを見てしまい・・・。


小津安二郎監督によるサイレント映画です。
トーキーの黎明期の32年に、あえてサイレントにこだわり、その完成形を目指したというだけあって
本作のクオリティの高さと面白さに驚きました。

大人の世界の一端を知りショックを受ける兄弟と子供たちを導く両親の普遍的な関係を描いているのですが
30年代という時代のほのぼの感もあいまって、アイロニカルなだけでなく実に優しく可愛らしい映画になってるんですね。
子供たちの日常の描写もユーモアたっぷりでチャップリン映画を観てるよう。
それが日本だから余計微笑ましいんですよね。

子供たちの中には、背中にこんな貼り紙をしてる子供もいてねw

おかしいやら可愛いやら今時の子供は、いくらこの年齢でも嫌がるでしょ。
親の権力がまだ絶対だった頃なんでしょね。

体の大きな、ジャイアン的存在の子供はいつもうずら卵を食べてる。卵は強さの源?
スタローンはきっとこの映画を観て『ロッキー』に応用したんでしょうね(笑)
あと、うずら卵が賄賂みたいな役割をしたりして
子供の間にも、偽大人社会が存在するという描き方も面白い。
子供に現実を教えることは、親にとって時にとても切ないこともあるでしょう。
それでも父は厳しく、母は一歩引いて、でも優しく、ともに子供に向き合うんですね。

現代人が失いつつある家族の形がそこにありました。
ありふれた日常を切り取っただけかもしれないけれど日本人の原点みたいなのをいっぱい感じた作品でした。       


関連記事

コメント
この記事へのコメント
おぉ~これは観たことない小津作品やった~。
サイレント映画でしたかぁ。
それでも、あの小津テイストは完成されてるんですねぇ。
一度チェックしておかなければ。
2013/09/24(火) 05:07:57 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
実は小津作品
1本もみたことありまへん
2013/09/24(火) 06:18:54 | URL | る~ #79D/WHSg[ 編集]
先日、やっと『東京物語』で小津監督を初体験したゾンビマンです(爆汗)・・・。
独特の構図と語り口ですよね。
2013/09/24(火) 07:46:32 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
kaz.さん >
そそ、サイレントでした。
小津作品ほかに『東京物語』しか観てないのに言うのも変だけど
ありふれた日常から、人生の悲哀や真理を描き出していて
ほっこり感動できるところが共通してますね。
ぜひチェックしてください。
私はテレビで放送あって観れたんですが、youtubeで全編見れるものがアップされてます。
2013/09/24(火) 10:07:00 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
る~さん>
私も今年やっと『東京物語』観て、これが二本目(笑)
2013/09/24(火) 10:09:58 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
同じくです。私もこれがようやく二本目なり(笑)
サイレントだけあって、動作で面白おかしく見せてるところもあって、チャップリンの風味を楽しむことも出来ます。
小津監督がこんなのも撮ってたんだなぁって驚く作風でした。
2013/09/24(火) 10:18:49 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
これ録画してありますが、後回しになっていて、まだ観ていないですよ。
pu-koさんに先を越されちゃいましたね。
小津のサイレントでは「浮草物語」もいいですよ。
小津は「浮草」という題でリメイクしているくらいですから、お気に入りに話だったんでしょうね。
2013/09/24(火) 22:11:32 | URL | yymoon #79D/WHSg[ 編集]
yymoonさん>
わーい、私が先越しちゃいましたね。
ぜひご覧ください、ほっこり笑ってしみじみしました。
この放送があったときに解説者が『浮草』のタイトルも挙げていて、気になってました。
リメイク版ともにレンタルにあって、大変高評価がついてますね。
リストに挙げました。楽しみです。
2013/09/25(水) 07:51:14 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
これは知りませんでした~。サイレントなんですねぇ。
小津作品は、名作と言われながらも、なかなか観る機会がなくて、まだ未体験です。
放送あったら忘れずにチェックしなきゃ。
2013/09/25(水) 08:27:44 | URL | じゅり #79D/WHSg[ 編集]
じゅりさん>
サイレントなんですよ~。
私も小津監督作品2本目(笑)
監督がサイレンと撮ってたことさえ知りませんでしたがw
観たら面白くて、日本を代表する名監督といわれるのも納得だったので
いつか機会があればぜひ。お勧めしちゃいます。
2013/09/26(木) 21:36:00 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
この記事を拝見して、録画してあったのをチェックしました。昭和恐慌の頃のお話なのですが、ほのぼのとした味わいがよかったです。ほとんど事件の起こらないストーリーで1時間半、しかもサイレントで見せきっちゃうのがすごいと感心。でも、サラリーマンはヤクザな仕事だったのにはびっくりでした。
2013/10/07(月) 00:32:57 | URL | einhorn2233 #79D/WHSg[ 編集]
einhornさん>わーい、ごらんになりましたか。
ほんと、ほんわかしてましたねぇ。
取るに足りない日常の描写なのに、すごく引き込まれるのは、
ちょっとしたところに懐かしさや暖かさ、あるある感が詰まってるからでしょうね。
あはは、お父さんの設定はちょっと意外でしたよね。
TBありがとうございました。
2013/10/07(月) 07:35:01 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
今回は、pu-koさんの「大人のための絵本 生れてはみたけれど」の記事を拝見して、そう言えば録画したままになってるなあって気づいて、改めて観て見ました。サイレント映画なのですが、ところどころに昔風の音楽を入れたり、字幕のセリフをナレーションで読んでみたりと、ち
2013/10/07(月) 15:32:49 | 今昔映画館(静岡・神奈川・東京)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。