映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
セイフ・へイヴン
2013年09月21日 (土) | 編集 |



今日も10月公開作品から
ラッセ・ハルストレム監督の『セイフ・ヘイヴン』。
暗い過去を持つ女性の再生と、新天地でのロマンスを描くラブ・ミステリーです。
セイフ・へイヴン(2013)アメリカ
原題:Safe Haven
監督:ラッセ・ハルストレム
出演:ジョシュ・デュアメル、 ジュリアン・ハフ、 コビー・スマルダーズ、 デヴィッド・ライオンズ
日本公開:2013/10/26
冒頭、何かから必死に逃げる女性(ジュリアン・ハフ)。
追ってくる警察をすんでのところでかわし、バスで逃走に成功。
長い時間をかけて辿りついた小さな港町で、ケイティと名乗るその女性は生活を始めます。
まもなく雑貨店の店主(ジョシュ・デュアメル)と出会い、恋に落ちる二人。
ケイティの過去に何があったのか、彼女はこの地で幸せになれるのか 
といった作品。



ケイティの秘密については、どこかで観たことある・・と感じるものの
恋に落ちる相手が、2人の子供を持つ男やもめであることから
彼の家族のコーピングも絡めたお話になっているところが新しい。
途中いくつかの「あれ?」を投入しつつ秘密に迫っていくさまも
ひとひねり加えたミステリーな仕上がり。
デヴィッド・ライオンズの好演により、追うもの追われるものの攻防はかなりスリリングで、ジュリアン・ハフとジョシュ・デュアメルのロマンスとのバランスもよく
思った以上に面白く観ました。子供たちも可愛いかったなぁ。

人は誰でも再生し、幸せになることができる。
そのメッセージの発信元にも感動するんですよね。

ちなみにヘイヴン(haven)とは、港や安息地を意味する言葉
ラッセ監督らしい優しい作品でした。

関連記事

コメント
この記事へのコメント
ミステリーっぽい感じなんだけど、ラッセ監督らしさが出てる仕上がりなんですね~。
ここ近年のラッセ監督は作品の趣が変わってきてるから、これも面白そう~。
2013/09/21(土) 22:03:54 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
kaz.さん >
そう、秘密の真相を最初は見せないんですが
「ん?」とか「あれ?」をいくつかちりばめた描き方もうまいんですよね。
最近はこの原作者の作品を続けて映画化していて、少しダークな作風にもなってきてますね。
2013/09/21(土) 22:54:31 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
この監督さんは好きです。
ミニシアター公開でなければいいんですが・・・。
2013/09/22(日) 06:10:54 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
ラッセ監督いいですよね。
今回はありがちなドラマと思わせてひねりを利かせてたのと
ラストのプチサプライズに大きな感動があって、面白かったです。
テアトル梅田とかで前売りしてるけど、ミニシアター? 
2013/09/22(日) 07:35:49 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
すでにNZでは、DVDになっていました。
NZでの評価は2/5。良くなかったみたいです。
でも、この解説を読んで観たくなりました。
2013/09/22(日) 15:46:58 | URL | NZ_RR #79D/WHSg[ 編集]
映画番組で紹介されてて気になってました。
主演の二人は、あまり出演作を観てないけど、ラッセ監督だし、やっぱり観たい~
2013/09/23(月) 08:15:20 | URL | じゅり #79D/WHSg[ 編集]
NZ-RRさん>
IMDbで6.4でしたが、ニュージーランドのほうが評価厳しいのですね。
現実的な見方をするとなんだこりゃってことになるかな(笑)
個人的には、母親の死を受け止められないでいた子供がそれを乗り越えていく様子など
とてもよかったと思います。機会があればぜひどうぞ。
2013/09/23(月) 15:21:48 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
じゅりさん>
主演の二人も魅力的なんですよ。
ジュリアン・ハフは歌がなくても十分主役はれるし
ジョシュ・デュアメルは醤油系で日本人好みじゃないかな。
あ、金髪好みのじゅりさんのタイプじゃないかw
2013/09/23(月) 15:24:34 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
最近のハルストロムの映画って悪くないんだけど、もう一つ何か欲しいなあってのが続いたのですが、これはミステリーと人間ドラマの組み合わせが面白そう。後は見終わっての満腹感があれば、言うことなしなのですが、期待して大丈夫かしら。
2013/09/25(水) 07:33:53 | URL | einhorn2233 #79D/WHSg[ 編集]
yymoonさん>
確かにここのところの作品は何かひとつ物足りない感じでした。
今回は、役者が好みなのと「あー、そうだったのかぁ」っていうのが二回あって
個人的には楽しめました。
まぁでも世間の評判は特別いいわけでもなく、einhornさんのお眼鏡に適うかは自信ないのですけど。
2013/09/25(水) 07:56:33 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
これは、面白かったです。きちんとミステリとしても伏線が張られていて、納得できるものでしたし、登場人物が丁寧に描かれているのが満足度高かったです。一気に燃え上がるラブストーリーが苦手な私はこういう展開の方が好きですし。後、撮影が見事なのも印象的でした。シネスコ画面の枠にきっちり美しい絵を切り取っていたように思います。
2013/11/02(土) 04:15:25 | URL | einhorn2233 #79D/WHSg[ 編集]
einhornさん>
ほんと、主人公二人をとりまく家族や、隣人にいたるまで、とても丁寧に人物像を描いてました。
サスペンスフルなミステリー要素を持たせたところもよかった。
再生の物語としても心温まりました。
2013/11/02(土) 19:26:10 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
こんにちは
主演2人の名前だけみたら、いまひとつぴんとこなかったのですが、
意外とはまってた爽やかな2人でしたね
途中までサスペンスだけどファンタジーに着地するのも心地よかったです
しかし、シングルファーザーという設定には、
何故か心惹かれるものが…
母性本能でしょうか(笑)
2014/09/03(水) 17:10:27 | URL | maki #79D/WHSg[ 編集]
makiさん>
私もこれお気に入りです。
夫も何回も観たがりましたよ。男性受けもいいみたい。
そうそう、ファンタジーにびっくりだったけど、それもよかったですね。
あはは、あんなシングルファーザーいたらほっとけないよね(笑)
2014/09/04(木) 15:14:55 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
今回は新作の「セイフ・ヘイブン」を川崎チネチッタ2で観てきました。ここはシネスコ上映時は縦にスクリーンが縮む昔のシネコンの小スクリーンタイプ。しかし、初日から1日1回上映とはずいぶんな扱いだなあ。 血のついた服装で家から飛び出す女性、彼女は妊婦に変装して
2013/11/02(土) 19:15:50 | 今昔映画館(静岡・神奈川・東京)
安全な居場所 みーつけた公式サイト http://safehaven-movie.net原作: セイフ ヘイヴン (ニコラス・スパークス著/ソフトバンク文庫)監督: ラッセ・ハルストレム逃げるようにボ
2013/11/16(土) 16:01:29 | 風に吹かれて
評価:★★★★【4点】(10)ラスト数分間で一気に評価上がってしまった。
2013/12/11(水) 00:26:34 | 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
【概略】舞台は、ノースカロライナ州のサウスポート。素朴で美しい港町に、ひとりの女性が長距離バスでやって来るところから物語は始まる。ケイティと名乗る彼女は、海辺のレストランに就職。さらに森の中のキャビンを借り、新しい生活をスタートさせる。そんな彼女の不自
2014/09/04(木) 08:07:40 | いやいやえん