映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オン・ザ・ロード
2013年09月02日 (月) | 編集 |
 

『道』から繋いで、今日は『オン・ザ・ロード』ビートニク作家ジャック・ケルアックが自身の体験をつづった「路上」を、
『モーターサイクル・ダイアリーズ』のウォルター・サレスが映画化した一本です。
オン・ザ・ロード(2012)アメリカ原題:On The Road 監督:ウォルター・サレス 出演:
サム・ライリーサル・パラダイス(ジャック・ケルアック)
ギャレット・ヘドランドディーン・モリアーティ(ニール・キャサディ)
クリステン・スチュワートメリールウ(ルアンヌ・ヘンダーソン)
エイミー・アダムスジェーン(ジョーン・フォルマー)
トム・スターリッジカーロ・マルクス(アレン・ギンズバーグ)
ダニー・モーガン
アリシー・ブラガ
エリザベス・モス
キルステン・ダンストカミール(キャロリン・キャサディ)
ヴィゴ・モーテンセンオールド・ブル・リー(ウィリアム・バロウズ
日本公開:8/30
  ニューヨークに暮らす若い作家サル・パラダイスは父親を亡くした喪失感に苛まれていた。そんな彼の日常は、セックスとドラッグにまみれ、常識に囚われない風変わりなディーン・モリアーティとの出会いによって一変。やがてディーンとともに広大なアメリカ大陸を放浪する…。

製作総指揮のフランシス・フォード・コッポラが30年前に製作権を獲得し映画化を念願した作品がようやく公開になりました。
サレス監督でいくと決めてからも8年間の年月がかかったらしい。執念ですね。

主演に『コントロール』のサム・ライリー
奔放なディーンに触発され旅に出た若き作家サルが旅を通し経験したことを本にしたのが、
ヒッピーたちのバイブルともなった『路上』。

映画は、サルの視点で、ディーンに代表されるビートニク世代の若者の刹那的な日常を描き出します。
 
ディーンは自由を求めて熱狂し、何か自分を満足させるものが必ずあると信じて旅をする。
16歳の若妻メリールウ(クリステン・スチュワート)がいながら、カミール(キルステン・ダンスト)にも心魅かれる。
形に囚われないというと聞こえはいいけれど、あえて安住を拒むかのよう。

結局何に対しても責任を持つことをしないディーンは、自責の念にからてか次第に光を失っていく。
旅をしても本当に求めるものを見つけられないディーンの孤独が痛い。
安住することに不安を覚えるのは、心の支柱を持たないからなのか。
探しても見つけることが出来ないディーンの父親は、その「支柱」を象徴しているようにも思います。

 

旅を通し、やがて大人へと脱皮していくサルと、いつまでもそこにとどまるディーンディーンの後姿を見せるラストシーンでは、
その後に何があるのかを知っているだけに、涙が止まりません。

サム・ライリー演じるサルはケルアック自身。他にケルアックと交流のあった作家たちが描かれるので、
作家に詳しい方はキャストを参照して、誰が誰を演じてるのかをチェックしてるといいかも。

ヴィゴが『裸のランチ』のウィリアム・バロウズを演じていて、思わずその顔にゴキブリを重ねてしまった(汗)

 

キャスト中いいのは女性陣ですね。特にメリールウを演じたクリステン・スチュワートがいい。
彼女のキャリアに『トワイライト』シリーズはいらない。
インディーズ系の作品で魅力を発揮する女優さんだと思います。

ディーンを演じたギャレット・ヘルランドにはもう少しカリスマ的な魅力が欲しかった。
どこまでも続く道を横長の画面で見せる映像も美しく、土地土地にあった音楽も多様で面白く
その時々の感情を表現するのに使われる「言葉」を堪能するのも、この映画の楽しみ方のひとつでしょう。

いい映画でした。       


関連記事

コメント
この記事へのコメント
あぁ~コッポラが選びそうな題材やな~。
でも年月がかかったんですね、製作には。
ウォルター・サレス監督も好きな監督なので、これは見たいな~。
2013/09/02(月) 08:49:57 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
関西は遅れて中旬からの公開です。
観たらまた来ますね。
2013/09/02(月) 09:16:11 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
kaz.さん >
コッポラは文学作品にも興味があるんですね。
これは資金繰りのこともあったり、題材的に映画にするのが難しく、監督選びに手間取ったのだとか。本当に難産だったんですね。
私はこの監督さんお初でしたがとっても良かったです。機会があればぜひ。
2013/09/02(月) 09:50:06 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
は~い。レビューお待ちしてます。
2013/09/02(月) 09:50:42 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
そだそだ、これコッポラ総指揮でしたね。
「モーターサイクル・・」は大好きな作品なので、これも気になってます~
そっかぁ、ギャレットくんはもう少しって感じなのかな。
何気に応援してるですよ、彼の事は。
「トロイ」で大抜擢されてから、見守ってます(←何様w)
2013/09/05(木) 08:04:18 | URL | じゅり #79D/WHSg[ 編集]
じゅりさん>
はい、コッポラさんが長いこと温めてきたものみたい。
やば『モーターサイクル~』未見なり。
ガレルくんだし、観なければです。
あー、ギャレット君『トロイ』に出てたのかぁ。ハチャメチャな演技はよかったんだけど、最後のシーンにもうちょっと深みが出るとなぁと思っちゃいました。
でも、じゅりさんに見守られてるから、これから大きく羽ばたいてくれるね、きっと♪
2013/09/05(木) 20:18:54 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
観ました。
ちょっとイメージの違う作品やったので戸惑いましたが、いろいろと感じるところのある作品ではありました。
pu-koさんの記事を見て思ったんですが、ある程度の背景を予習してから観た方が良い作品かもしれませんね。
2013/09/15(日) 02:41:25 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
そうそう、これは実在のい人物をを描いているだけに、少し前知識をもってみたほうがよかったかも。
裏金wwのヴィゴさんなんて、『裸のランチ』の原作者ですからね。
ディーンもモデルとなった人物は線路上で死んでいるところをみつかったらしい。
そう思うとラストシーンもとてつもなく切なかったです。
2013/09/15(日) 09:12:38 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ディーンと出会ったのは父の死の少し後だ。「何もかも終わり」とひどく落ち込み重い病気になってーやっと立ち直った頃だ。から始まる本作。小説「路上ーオン・ザ・ロード」の始まりと同じだ。1950年代のビート・ジェネレーション文学の代表作である「路上ーオン・
2013/10/01(火) 14:54:20 | ここなつ映画レビュー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。