映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】『マッドハウス』ヴィセント・プライス&ピーター・カッシング競演で恐怖映画のオマージュたっぷり
2014年10月26日 (日) | 編集 |



21年前の10月25日はヴィンセント・プライスがお亡くなりになった日とのことで
ハロウィンホラー祭り2本目はこちら
マッドハウス(1974)イギリス/アメリカ
原題:Madhouse
監督:ジム・クラーク
出演:ヴィンセント・プライス/ ピーター・カッシング/ エイドリアン・コリ/ リンダ・ヘイドン/ ナターシャ・パイン/ バリー・デネン/ キャサリン・ウィルマー
 
人気のホラーシリーズ『ドクター・デス』の完成を祝うパーティが催された日、
怪奇俳優ポール(ヴィンセント・プライス)の婚約者が無残な遺体となって発見される。
それから12年、映画界から離れていたポールだったが、脚本家であり友人のハーバート(ピーター・カッシング)から
『ドクター・デス』のテレビシリーズへの出演を勧められ復帰することに。
ところが撮影が始まって間もなくスタッフや出演者がポールの出演作と同じ方法で次々と殺されていき・・





ヴィンセント・プライスとピーター・カッシングが怪奇俳優と脚本家という役で競演したミステリー・ホラーです。
劇中美女たちが残忍に殺されるんですが、それがポールの出演作と同じ手段という設定で、74年の製作なのに完全に50年代あたりの恐怖映画の雰囲気!
しかも劇中映画を観るシーンでは、アラン・ポー原作の有名ホラーがいくつか出てくるのも、ファンにはたまらないのではないかな。

殺人が起きる前、犯人は必ず黒い皮の手袋をはめるんですが
このとき顔はみせず、その後も犯人はドクター・デスの黒マント姿でしか姿を見せないんですね。
婚約者の死後心身を喪失していることから、プライス本人でさえ自分の犯行なのかがわからないところも映画を面白くしています。このキャストだから・・・と思う部分はあるけどw、それでも犯人を特定する謎解きを最後まで引っ張る演出もなかなかのもの。

殺人シーンに怖さは感じないものの、首チョンパまであってラブリーだしw
ラストシーンに至っては『リング』の原型では?とニヤついちゃいました(笑)


ヴィンセント・プライスの『ドクター・デス』はこのいでたち



劇中コスチューム・パーティではピーター・カッシングの吸血鬼姿まで拝めます。
画像を探せなかったけど、このパーティの参加者のホラー仮装はどれもハロウィン用に使えそう。




ちなみに・・・
蜘蛛嫌いな方にはちと辛い映画です。


関連記事

コメント
この記事へのコメント
首チョンパはラブリーなのかい?(超爆)・・・。
もうそのくだりだけでこの作品がファンタスティックだとわかるよ(爆汗)・・・。
2014/10/26(日) 03:26:29 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
おおおぉぉ~♡
ピーター・カッシングも幼き頃の憧れの人です。
クリストファー・リーと「二個イチ」感ありで。ホントどんな幼稚園児(笑)
これ、多分大昔に観てるんだけど、このあたりの映画ってどれも同じテイストでどれがどれやら・・・w
でもカッシングのコスプレに覚えがあるような・・・。TSUTAYAになるかなぁ。観たい。
ハマーかな?
2014/10/26(日) 03:41:33 | URL | みーすけ #79D/WHSg[ 編集]
観てなくて良かったw
もうクモを映画に出すのはやめて欲しいっすわ、マジで。(笑)
シブい共演ですな~、これは。
またリメイクなんかしたら面白そう。
2014/10/26(日) 03:53:57 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
オマージュたっぷりですか~。観た作品が多いほど楽しめそうですねぃ。
名前はもちろん知ってたけど、ヴィンセント・プライス出演作は、恥ずかしながら「シザー・ハンズ」ぐらいしかなく(^^;
2014/10/26(日) 08:21:58 | URL | じゅり #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
わはは、いかにも蝋人形の首がボテンと落ちるところなんか、とってもラブリーなんですよ(笑)
上からムギューと潰されたりねw
ファンタスティックなの伝わってよかった。フォー!(笑)
2014/10/26(日) 08:30:12 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
みーすけさん>
ピーター・カッシングも好きなのか。
みーすけさんちょっと変わったラブリーな幼稚園児だっただろうね(笑)
確かにどれがどれが、私に至ってはリー様もカッシングもごちゃごちゃで、誰が誰だか(笑)
一度頭の整理しなくちゃですわw
私はハマーとの区別がよくわからないんだけど、AIP・・かな?
もしかしたらビデオのレンタルしかないかも(汗)
と思ったらyoutubeで全編投稿されてるのがあったのでチェックしてみて~。
https://www.youtube.com/watch?v=61Aoh_W6EdI
2014/10/26(日) 08:39:00 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
じゅりさん>
はい、昔の作品観てなくていうのも変だけど、タイトルはよく聞いてる作品がたくさん登場するみたい。知らなくても楽しめるけど、そう、たくさん映画を観てると俄然楽しめるはずですね。
私も若かりし頃のヴィンセントさん作品観てないんですよね。
背が高いしかっこよかっただろうな、録画してるものをチェックしてみよう。
2014/10/26(日) 08:50:24 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
Kaz.さん>
順番間違えちゃった。ごめんなさい。
これKaz.さん見てなくてほんとよかった。
うっかり観たら2~3日うなされそうなので、Kaz.さんのために注意勧告しときましたw
懐かしさもあるので、リメイクしてもいいかもですね。
蜘蛛なしで(笑)
2014/10/26(日) 09:06:32 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
うおぉぉぉ!pu-koさん情報ありがとう!!
リー様とカッシングは大親友で公私にわたり交友があったらしく。
カッシングは後年愛妻を亡くした後体調を崩してそのまま回復する事なく亡くなってしまったんですが、、リーは最後まで友人として彼を支えたとか。
熱い英国魂・・・って何書いてるのか良く分かんねぇなw
とにかく明日の夜はホラーナイトしますわん♡
2014/10/26(日) 09:11:53 | URL | みーすけ #79D/WHSg[ 編集]
みーすけさん>
はーい。映像もあまりよくないし、字幕もないから観難いかもだけど雰囲気は分かってもらえると思います。
リー様とカッシングはライバル同士かと思いきや、そんな固い友情で結ばれていたのね。
そういう裏話知るとますます映画を観るときの楽しみが増します。
ホラーナイトいっちゃって~。
2014/10/26(日) 15:53:00 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
やはりホラ-映画は被疑者がいなくちゃ
とびっきりの美女が
エイドリアン・コリ 時計じかけでも襲われてましたけど
2014/10/26(日) 17:32:41 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
これはハマー・フィルム
じゃなくてもうひとつの
英国ホラーの老舗
アミカス作品ですな。
もっと後の作品だけど
この二人と
クリストファー・リー
ジョン・キャラダイン
を加えて四人の
怪奇俳優、夢の共演で
『魔人館』ってのも
あるよん。
2014/10/26(日) 20:04:05 | URL | GH字幕 #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
あはは、そう、美しい女性がキャーッと襲われルそこ大事ですよね(笑)
本作はしっかりポイントをおさえてました。
2014/10/27(月) 13:52:48 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
字幕さん>
アミカスというホラーの老舗もあるんだぁ。
『魔人館』豪華競演ですね。
みつけたので観てみたのけど30分ほどを残して寝落ちしました。
最後まで観ますね。
2014/10/27(月) 13:55:00 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。