映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】『スガラムルディの魔女』ハロウィンホラー祭り始めます
2014年10月24日 (金) | 編集 |



先日見かけたハロウィンに異性に着て欲しいコスチュームはとういう記事で
女性に着て欲しいもの一位に択ばれたのが「魔女」のコスチューム。
ということで、ハロウィンホラー祭り まずは魔女が出てくる本作から始めましょう。
『気狂いピエロの決闘』のスペインの鬼才アレックス・デ・ラ・イグレシア監督の新作『スガラムルディの魔女』です。
スガラムルディの魔女(2013)スペイン
原題:Las brujas de Zugarramurdi
監督:アレックス・デ・ラ・イグレシア 
出演:ウーゴ・シルバ / マリオ・カサス/ ペポン・ニエト/ カロリーナ・バング/ カルメン・マウラ
日本公開:2014/11/22
イエス・キリストや兵士といったコスプレ大道芸人に成り済ました5人組の強盗団は、白昼のマドリードで宝飾品店の襲撃に成功する。通りかかったタクシーの運転手を脅して逃走するも、パトカーを巻こうとして道に迷い、魔女伝説のスガラムルディの村にたどり着く・・。

冴えない男たちが強盗したら、魔女の住む村にたどり着き とんでもない体験をするというホラーコメディです。
魔女は出てくるけど典型的な魔女の衣装は出てこない!
しょっぱなからやっちまいました。すみません(笑)
でも『気狂いピエロの決闘』が衝撃的だったこともあり、監督作品をもう少し観てみたかったのです。




強盗団、、といっても貴金属店に貴金属を持ち込むお金に困った人たちが、いきあたりばったりで強盗を企てるという素人集団にすぎず、主役のホセ(ウーゴ・シルバ『アイム・ソー・エキサイテッド』で副機長役)に至っては子供連れです(笑)
子供の置き忘れた宿題帳から足がつき、警察と離婚した妻から追われることになるホセとその仲間たちを乗せたタクシーは魔女が棲むとされる伝説の村に迷い込み、男たちはそこでとんでもない経験をすることになるのです。

この監督さんはくだらない題材でシュールな笑いをとるかと思えば、スペクタクルな映像で度肝を抜いてくる。
テイストの振れが大きすぎて、全体としてどう捉えていいのか評価に困る映画を作る人ですよね。
今回も前半描かれる強盗シーンは、カーチェイスの逃走含めスピーディーで、普通にクライムアクションといった風なんですが、魔女の村に迷い込むやテイストは一変。
魔女の経営するダイナーでの「なんか変」から始まって、徐々に不気味さを増し、しまいにはゾンビものに近い恐怖に駆られることになるんですね。魔女集団から逃げるシーンの迫力たるや。
しかもそこで終わらないのがミソ。
その後にまたとんでもないものを登場させて観客を唖然とさせるというね。
はぁ~~??みたいな。
正直悪趣味には違いない。でもなんかクセになる面白さもあるんだなぁ。




三世代の魔女母子の娘魔女の美しいこと。

いまどきの魔女は人間社会にしっかり溶け込み生息していて
怖いのは人間なのに魔女以上に邪悪な女たちだよ って
そんなメッセージが込められてるかも(笑)

くだらないけどなんか凄い気がするw不思議テイストなホラーコメディでした。




関連記事

コメント
この記事へのコメント
確かに、『気狂いピエロの決闘』はテイストの振れが大きかったですよね。(笑)
ベースにはシュールさがあると思うんですが、バイオレンス表現も生々しいですよね。
これもなんか面白そう~。
2014/10/24(金) 09:21:33 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
私、よく知らないんですけど、魔女ってキャラが成立していないの、日本だけですか?(汗)・・・。
外国映画ではやたら取り上げられるんですが。
最近ね、普通に邪悪な女性って多いで(爆)・・・。
もう、普通に純な私のようなオッサンはタジタジなんよ(汗)・・・。
2014/10/24(金) 12:35:33 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
Kaz.さん>
『気狂い~』はどう評価していいか悩むタイプでした。
今回も「なんじゃそりゃー!」なシーも多々あり、思いっきり振れ幅大きいです(笑)
そそ、シュールだけどけっこうエグいんですよね。
観る人選びそう。
2014/10/24(金) 19:29:09 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
なんか魔女って言うと悪魔とともに西洋のものという気がしてしまいます。
違う名前で日本にもあるのかな。魔物とか物の怪という感じでしょうか。
普通に邪悪・・そっちの方がむしろ怖いよね(汗)
ゾンビマンさん食われないように用心してね。
2014/10/24(金) 19:32:26 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ホントごめん!
コレ系、どーコメントしていいかわかんね~@@;
早い話、私には向いてない、ってこと!?
でも、そー決めつけるのが偏見なのだ!ヨネ?
でもでも、ゾンビ系じゃないんだよね。魔女系だよね。
むかーし、「フロムダスクティルドーン」で、ぶったまげたけど、
ありゃゾンビだね。
魔女は。。。。やっぱコメ出来ないかも。ごめんちゃい。
ねのに、書いてしまうバカな私。アハハ
2014/10/25(土) 05:30:05 | URL | chaco #79D/WHSg[ 編集]
この監督の他の作品のタイトル見たんですけど
食欲そそる作品多いですね 探さなくちゃ
2014/10/25(土) 07:18:24 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
子供の頃にドラキュラ好きだったホラー好きなわたしが、唯一「悪いことをすると魔女が来るよー!」と怒られると、この世の終わりのように泣いて怖がったそうな。
「魔女ヴィー」を観たのが原因な気がするけど、三歳児がそんな映画を観るのか?記憶の改ざんがあるのかな?
ともかく、そんな恐怖の魔女の映画なら観たいぞ!
あ、コメディ???
2014/10/25(土) 08:16:21 | URL | みーすけ #79D/WHSg[ 編集]
『イーストウィックの魔女たち』とか
『奥さまは魔女』とかのウィッチさんたちなら
いいけど、これコワイよね・・・
やっぱ火あぶり出てくるの?
pu-koさんの大好きな
『血ぬられた墓標』みたいに(笑)
2014/10/25(土) 18:53:33 | URL | GH字幕 #79D/WHSg[ 編集]
chacoさん>
れ、魔女系だめ?
ホラーコメディなので気楽にコメントしてください(笑)
これも魔女だけど途中ゾンビものの怖さがあったよ。
日本では魔女ってあんまり生活に関係ないもんね。
って、ゾンビも日常生活に関係ないけどw
2014/10/25(土) 23:18:46 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
みーすけさん>
ありゃーー、魔女が来るよ~なんてめちゃハイカラなお宅(笑)
うちなら山姥とか、鬼とかになりそうw
恐怖映画のワンシーンがトラウマ的に残ることってあるよね。
今回はゾンビみたいに大勢で押し寄せるシーンは逃げられない感が怖かった~。
あ、コメディなんだけどね、この監督の作品はいろんなジャンルが一緒くたよ。
2014/10/25(土) 23:27:03 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
食欲そそられちゃいましたか。
正直変な映画で万人にはおススメできないとこあるけどwえぐいホラーも大丈夫なら一見の価値ありです。
私も初期のもの観てみようかな。
2014/10/25(土) 23:29:31 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
字幕さん>
これはホラーコメディで笑えるだけど映像的にちょっとこわ~と思うところありましたよ。
そのさじ加減がうまいのかな。
魔女狩り的火あぶりはないけど逆に人間が焼かれそうになってました。
だから、、『血ぬられた墓標』は特別好きでもないって(笑)
2014/11/01(土) 22:22:32 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック