映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】ペキンパー『ガルシアの首』と辿る男への道
2014年10月07日 (火) | 編集 |
 

今月は「旅に出たくなる映画」を特集する予告しましたが紹介する映画が必ずしも「行きたい」と思うものでなさそうなので、
少し予定変更w主にはロードムービーと、あとは単純にタイトルに土地の名前が出てくる映画を取り上げますね。

今日はサム・ペキンパー監督の『ガルシアの首』。
ガルシアの首(1974)アメリカ
原題:Bring Me the Head of Alfredo Garcia
監督:サム・ペキンパー
出演:ウォーレン・オーツ / イセラ・ベガ/ ギグ・ヤング/ ロバート・ウェッバー/ エミリオ・フェルナンデス/クリス・クリストファーソン/ ヘルムート・ダンティーネ 
 


メキシコの大地主の娘の妊娠が発覚。
これに起こった地主は娘から相手の名前を聞き出し、アルフレド・ガルシアの首に賞金を懸けた。
酒場のピアノ弾きベニー(ウォーレン・オーツ)は、情婦のエリータ(イセラ・ベガ)から
ガルシアが事故で死んだことを聞き、エリータと共にガルシアが葬られた彼の故郷を目指す。
 
 
しがないピアノ弾きが懸賞金のかかったガルシアの首を求めて、
メキシコの田舎町を行くこれも一種のロードムービーですね。

しかしながら、目指す首は墓の中しかも同じく懸賞金目当てのつわものどもとの熾烈な戦いが待ち受けているわけで・・
はっきり言ってこんな旅はいやだ!(笑)
 
そもそも腕に自信があるわけでもないベニーが危険なミッションに挑むのは何もいいことない下り坂人生から
何とか這い上がるチャンスを得たいから。

ベニーの向こう見ずなまでの生き様は、アル中、ヤク中で身を滅ぼしたとされるペキンパー自身にも被るようで
やるせなくもあるのねぇ。
 
 

不安に震えながらも惚れた弱みで、地獄の果てまでついていく覚悟のエリータは
大地のような存在感。

途中、エリータと結婚の約束をしたり、ピクニック気分でひと時幸せな時間が流れるのが
その後に訪れる修羅場との対比になっていて、これまたたまらん。

正直バイオレンス描写に定評があると聞いて避けてきたペキンパーだけど
暴力シーンの影にこんな男の刹那を描く監督だったんだなぁと改めて知った次第。

ベニー役のウォーレン・オーツは、決して男前ではないけれど、
エリータへの愛や金よりプライドという男気と意地、哀愁が滲み出る演技が素晴らしい。

ガルシアの首を「アル」と呼び、画面の外にまで臭ってきそうなずた袋の中の「アル」と
唯一無二のバディ同士のようになっていくところにも、
敵に囲まれ信じるものが他にないベニーの孤独が強調され、
可笑しさの反面切なくもあった。 ベニーカッコいいよ。

とにもかくにもグッときた!
      
関連記事

コメント
この記事へのコメント
ハハハ、これは近々記事にしようと思っていました。
女性がこの作品を支持してくれるのは凄く嬉しい。
子供の時にテレビで見てぶっ飛んだ映画ですわ。
2014/10/07(火) 03:52:54 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
サム・ペキンパー!
THE漢!← こっちの字を当ててしまう。
大好きな監督です!
と、言いながら全部観ていないんだけどね!さーせん!でもこれは観たぞ。
彼の作品って、いわゆる「ハンサム」な男性が出ない。
泥臭く、汗臭く、血まみれで埃まみれなスクリーンから溢れ漂うなにか。
「なにこれ?これってもしかしてフェロモン?」
そう、ペキンパー作品って男のフェロモン溢れる映画なのです(断言w)
大人になってそゆこと分かるようになってから観てよかったなぁと思った次第。
うんうん、ベニーかっこよすぎだよ♡ワイルドだよ!
”♡”←なんて使ったら「甘いぜ」って怒られそうで使えないけど使っちゃう!
こんなペキンパーの話なんて、人に話した事もないよ。
サンキューだよpu-koさん、愛してるよ。
本日ちょっとテンションおかしいよ!
2014/10/07(火) 06:37:22 | URL | みーすけ #79D/WHSg[ 編集]
なかなか渋いでしょ  名作やと思います
あとさすらいのカ-ボ-イのウォ-ツもええですよ
2014/10/07(火) 07:30:53 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
おいおい、友人が自作ブルーレイを
作ってくれたので鑑賞して記事を書いたら
こっちもガルシアだった(笑)
pu-koさんとダブって光栄ですね。
蠅だらけのガルシアの首にテキーラで乾杯。
でもあの臭そうなというか、腐った生首を飛行機で
運んだんやろか?数日間の話のはずやのに
もう子供も産まれてるし(笑)
2014/10/07(火) 07:32:59 | URL | GH字幕 #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
あら、なぜか(ごく狭い)巷でガルシア大流行♪エボラかw
序盤に酒場の女性を殴り失神させるシーンとか、オイオイなんですが
主人公が渋かっこよくて凄くよかった。
ゾンビマンさんの熱い語りを楽しみにしてます!
2014/10/07(火) 08:37:31 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
みーすけさん>
THE漢! だぁなぁ。
みーすけさんやっぱ渋いなぁ。ペキンパーもちゃんと観てしかもお好きなのね。
私あえて避けてきたけどでも今回開眼したのでまた観てみるよ。
tivoには6本録画されてるし(笑)
泥臭い男のフェロモン確認する根。・・「根」ってなったww あえて直さず(笑)
ではまたペキンパー語りましょう♡w
2014/10/07(火) 08:46:14 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
渋かった! これは男性にはなおさらたまらんのでしょうね。
評価は分かれてるようだけど私も名作だと思います。
『さすらいの~』って全然知りません。ピーター・フォンダなんやね。
チェックします。
2014/10/07(火) 08:50:57 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
字幕さん>
びっくり~。
公開中の作品とかじゃなくこういうので被るなんてなんて奇遇。
そうそう、子供が生まれてるのには笑った。
いったいどんな時間ラグなんだw
しかもじいちゃん孫にメロメロ。おまえなぁ!ですよね(笑)
飛行機使うシーンあったっけ?
2014/10/07(火) 08:55:23 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
これね、中学生のガキ時代に劇場で観たんですよ。
個人的には、ウォーレン・オーツもそうですが、ペキンパー作品の中ではベストな作品だと思います。
懐かしすぎますなぁ~、またDVDで観ようっと。
2014/10/07(火) 09:57:03 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
Kaz.さん>
中坊のときにすでに劇場でペキンパー!
ペキンパーとの歴史も長いね~。
また今観ると違った気づきや大人の男性ならではの感慨もあるかもですね。
観たら感想聞かせてくださいな。
2014/10/07(火) 11:22:24 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ホテルでおっさんたちを皆殺しにした
ベニーは孫にメロメロ爺に会いに行く。
その時に飛行機のショットが挿入されてるでしょ。
ペキンパーはそのショットを入れる予定は
無かったけどあの爺さんがメキシコ人だと
思わせちゃならんとクレームが付いて
メキシコ以外の南米と思わせる「逃がし」の絵を
入れたけど、どう見てもメキシコですが(笑)
あの爺さんの役者はメキシコでも有名な
俳優らしいんですね。ペキンパーは
『ワイルドバンチ』もそうだけどメキシコが
舞台になると力の入れ方が違うんだなぁ。
2014/10/07(火) 14:40:11 | URL | GH字幕 #79D/WHSg[ 編集]
サム・ペキンパー作品、多分2~3本しか観てないかも。
許してもらえる?
名前はメッチャ存じ上げておりますよってに。。。
村八分にしねーで、映画好き仲間に入れておくれよぉ~!
検索したけどさ、「ゲッタウェイ」、「わらの犬」、
「コンボイ」くらいしか記憶にないわ。
てか記憶はすっかり薄れてるし。観てるハズって記憶だけ。
まさかコレはアンディ・ガルシアが良く通る道なんてゆー
オチはないんでしょうね?
あーーーまたバカ言っちゃったよ。スンマソm(__)m
ところで今晩、皆既月食が日本で観れるらしいよ。
絶好条件だって今夜は!!期待大!!!!!
2014/10/07(火) 23:50:45 | URL | chaco #79D/WHSg[ 編集]
字幕さん>
見直してみたら確かに飛行機が映ってる。
しかも行きもしっかり出てくるんですね。
てっきりメキシコの中だけで起きてることだと思ってました(笑)
ペキンパー作品、メキシコを舞台にしたものから観ていきたいと思います。
2014/10/08(水) 08:09:36 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
chacoさん>
許すもへったくれも、私は『わらの犬』さえ途中リタイア中で、まだ『ゲッタウェイ』しか観てないんだから(笑)
私こそ村八分にしないでおくれ~。
ぎゃは、しかもズタ袋の中の首がアンディ・ガルシアの顔だったらめっちゃウケルね(爆)
って、まだデビューしてないかw
皆既月食楽しみだねぇ。また写真期待してるよ。
今度は花札バージョンより少し大きくお願い(笑)
2014/10/08(水) 08:20:00 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ガチョーーン!!
花札ver.とたいして変化なし・・・なさけな。
クッキリハッキリの皆既月食が見たかったら、
よそんちへ行ってね!
2014/10/09(木) 05:57:32 | URL | chaco #79D/WHSg[ 編集]
chacoさん>
見せてもらったよ~。
時間ごとに変化する姿がよくわかって、見れなかった者としてはとってもうれしい写真でした!
花札より十分大きかったよ(笑)
2014/10/09(木) 07:44:04 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
『 ガルシアの首 』(1974) BRING ME THE HEAD OF ALFREDO GARCIA   サム・ペキンパー が監督した小品ながらまだまだ冴えていた演出力で 興行的には失敗したが、評価は高い逸品。 『 ダンディー少佐 』や『 ワイルドバンチ 』で組んだ ウォーレン・オ
2014/10/07(火) 22:34:50 | 字幕映画のススメ