映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】フィンチャー『ゴーン・ガール』はオスカー一番乗り?な面白さ
2014年10月04日 (土) | 編集 |

 

ゴーン・ガール(2014)アメリカ
原題:Gone Girl
監督:デヴィッド・フィンチャー
出演:ベン・アフレック/ロザムンド・パイク/ニール・パトリック・ハリス/ タイラー・ペリー/ キム・ディケンズ/ パトリック・フュジット/ キャリー・クーン
日本公開:2014/12/12
 
結婚5周年の記念日に妻エイミー(ロザムンド・パイク)が失踪し、自宅のキッチンから血痕が発見される。警察は夫のニック(ベン・アフレック)に疑いをかけ捜査を進めるが・・


ギリアン・フリンの同名小説を映画化したデヴィッド・フィンチャーの新作は、妻失踪の謎を解くミステリー作品です。
これすっごく面白かった!


ある日妻が突然姿を消し、部屋には争ったあと
キッチンには血痕まであって、否が応でも最悪な状況が予測される中
事情聴取に応じる夫の様子がどうもスッキリしない。
しかも妻の両親は有名な児童作家で、その代表作である人気作品「アメイジング・エイミー」のモデルが妻エイミーであることから、世間では「エミリーを探せ」的な大センセーションになるのねぇ。



夫怪しいぞ!とは思うものの、ベンアフって、そもそもいい人か悪い人かわかり難いじゃない?
割れた顎は異性関係にだらしなさそうだけど、かと言ってうまく立ち回れるほど利口じゃなさげで(散々w)。
そんなベンアフだから人当たりのよさは単純にいい人なのかとも思え、彼が犯人かどうかさっぱりわからず翻弄されることに。演技としてグッジョブだわな。

謎解きはときに痛快、と思いきやどっひゃーと愕かされたりの
どんでん返しに次ぐどんでん返し
これにさり気にユーモアも交えるフィンチャーの映画作りのうまいこと。
原作者が脚本を担当してるのも強いですね。ただし原作とはラストが違っているとのこと。

IMDbでも8.8と好調な滑り出し。
妻エミリーを演じたロザムンド・パイクもオスカーノミネートありかも。



サイコパスな映画ではあるけれど、夫婦の関係や感情といったものはとてもリアルで
そんなものだよなぁと妙に納得するところのあるシュールなミステリー。
フィンチャー映画では一番好きな一本になりました。
ちなみに原作者のフリン嬢によると、誰も気づかない程度にマイク・ニコルズの『バージニア・ウルフなんかこわくない』を盛り込んでいるとのこと。未見の人は観ておくといいかも。

日本公開は12月!

関連記事

コメント
この記事へのコメント
ちょっと待ったーー!!
イヤ、待たなくてもいいんだけどさ。
フィンチャー映画、コレを除いて全部観てます。
(おおお、また自慢が始まった!!)
今日がアメリカ封切りなのね。日本は12月だって!
フィンチャーで検索してみたさ。カタカタカタ
数少ない劇場観覧の映画は殆どフィンチャー氏のヤツだわ!
今気付いた(おっせーよ)
監督ありきで観ないからな、私。ソレってダメじゃん!
ソダバーグは別扱いですけどね💕
pu-koちゃんが絶対面白いってゆーんだから絶対だね。
頑張って劇場入りしてみっか!?12月か、雪降るな…
ベンアフ、確かにいい人か悪い人か、わっかんね~!
でもマットとお友達だからきっと……どっちだ?(笑)
2014/10/04(土) 01:23:05 | URL | chaco #79D/WHSg[ 編集]
予告見てきたばっかり。どんなんだろ?と興味津々!pu-koさんご推薦なら、なおのこと期待大!
私的にはJ・ロバーツの「愛がこわれるとき」を連想しました~。
2014/10/04(土) 05:39:51 | URL | アンダンテ #79D/WHSg[ 編集]
フィンチャーとベンアフかぁってネット情報で気になってたんだ。
オスカー一番乗りな印象?
ま、フィンチャーならスルーは出来ないから必見リストだわ。
ベンアフってさぁ、何か軽く見られちゃうと思わない?
あの顎が原因かな?長い顔は好みだけど。
いや、演技も悪くないし、オスカーゲットの「アルゴ」なんてちゃんと監督しちゃう腕あるのに、スピーチ見てるとちょっとバカっぽくて(笑)
育ちのいいおぼっちゃんって感じで、わたしはそゆとこも可愛くて好きなんだけどね。
ロザムンド・パイクも好きな女優だし、これは楽しみだな。
2014/10/04(土) 06:27:17 | URL | みーすけ #79D/WHSg[ 編集]
ベンアフ散々w
フィンチャーの中では一番になりましたか~。
「バージニア~」もヒントのひとつなのかな?
これはチェックしておいた方が良いみたいっすなっ。
2014/10/04(土) 06:42:00 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
記事の冒頭だけ見て買いです(笑)・・・。
フィンチャーはミステリーが似合う。
2014/10/04(土) 06:58:56 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
chacoさん>
おー、chacoさんを映画館に連れ出すのはフィンチャーだったのね。
うん、これは間違いなく面白かった。
chacoさんならドッヒャ-にも耐えられると思うので絶対お勧め。
日本公開前の作品は公開日を記事の枠内の一番下に赤字で書くようにしてるので、そこチェックしてくださいな。
といっても全国ではばらつきがるけどね。
雪に阻まれないといいねぇ。オスカーにも絡んでくると思われるのでぜひその前に観て欲しい、
あはは、ベンアフボーっとしてそうでなんか腹黒そうに見えちゃうのなw
2014/10/04(土) 09:17:53 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
アンダンテさん>
面白いですよ~。
謎が明かされる面白さに加え、夫婦関係についても缶がさせられる作品ですw
あ、私も一瞬『愛がこわれるとき』思い出す部分がありました。でもまた全然違うので愕くはず。
2014/10/04(土) 09:20:26 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
みーすけさん>
意外な取り合わせに感じるよね。
でもベンアフのちょっとボーっとした感じはうまく生きていたかも。
ベンアフね~、なんでだろ。オスカー監督になってももうひとつ中身がついていかないと言うか(また酷いことをw)
映画でもあの顎について触れる部分があって(何度も効果的に使われるw)ちょっとウケるよ。
お楽しみに。
2014/10/04(土) 09:23:37 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
Kaz.さん>
あはは、散々ですな。申し訳ない(笑)
考えたら『セブン』の方が上だったけどw近年の作品ではこれが一番。
バージニアも夫の実家の近くに越してきたということと、犯罪の裁かれ方という点で意味をもつことになります。
オスカーを闘うにはちと公開時期が早いのが気になりますが、ぜひチェックしてみてください。
2014/10/04(土) 09:29:06 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
ミステリーうまいですよね。
今回は分かりやすさも抜群で、私でも十分楽しめました。
2014/10/04(土) 09:30:14 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
前作がダメだったからなぁ  これ期待?
ベン・アフレックもたまにこける人だから
2014/10/04(土) 17:01:18 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
はは、『ドラゴンタトゥー』はダメでしたか。私もこちらの方が数段楽しめました。
べンアフは役者としてはどっちかというとコケの方が多かったような。
でも今回は嵌り役かと。
2014/10/05(日) 10:05:14 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
バージニア~が盛りこまれている?
汚い言葉で罵り合うの?
2014/10/06(月) 19:14:12 | URL | GH字幕 #79D/WHSg[ 編集]
字幕さん>
ネタバレになるので詳しく書けませんが、喧嘩もします。
2014/10/06(月) 23:32:20 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
こんばんは!
フィンチャー監督って、好きな作品と苦手な作品どっちかなんですよね~。これはでも面白そうですね!早くもオスカーの噂ってのも、食指を動かれます。
ベンアフ、昔は苦手だったのですが、アルゴの彼は結構いい男になってて、でもやっぱマットが主役だったらな~なんて思ったりする秋の夜長です♪
オスカー候補になりそな話題作の先取りレビュウ、楽しみにしてます♪
ソレハソウト…フィンチャー監督といえば、ドラゴンタトゥーの女の続編は、やっぱ頓挫しちゃったのでしょうか…
2014/10/07(火) 08:14:21 | URL | 松たけ子 #79D/WHSg[ 編集]
松たけ子さん>
私もフィンチャー作品苦手なものもあるんですよね。
でもこれは凄く面白かったです。
12月以降に続々と候補作品登場すると、今時期に出てるものは印象が薄れてしまうのを懸念しますが、オスカーに絡んでくるといいなと思います。
ベンアフも監督作品評価されるようになって、重みが出てきましたよね。
マットはベンアフと違っていい人振りがどうしても前面に出ちゃうから、たとえば本作のベンアフの役は無理だったりしますね。そろそろ汚れ役やったほうが役者として幅が出そうだし、私もそんなマットを見てみたい気がするんですが、ファンとしてはいかがですか?
2014/10/07(火) 09:02:36 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
とっても面白かった作品です。
2014/10/12(日) 16:35:37 | URL | TBさせていただきました #79D/WHSg[ 編集]
TBさせていただきました さん>
先が読めそうで意外な展開。
これは面白かったですね~。
TBありがとうございました。
2014/10/13(月) 06:27:04 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
先日、映画館でこの映画の予告編を観ました。予告編も妻の失踪から殺人容疑までを怒涛の編集で見せる、大変そそる内容でした。デビッド・フィンチャーの映画だったんですね、これは期待です。
2014/10/14(火) 06:05:56 | URL | einhorn2233 #79D/WHSg[ 編集]
einhornさん>
フィンチャーは音楽の使い方もうまく予告編の見せ方も絶妙ですよね。
面白かったですよ。お楽しみに。
2014/10/14(火) 09:07:04 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
pu-koさんの記事を拝見して、すっごく楽しみにしていました。
なるほど~~、夫でなければ妻が?・・・までは想像したのですが、その後こうなるか~~?!
150分、グイグイ引っ張られた作品でした。後味は決して良くないのに。主役二人、上手かったです(アフレックもいつもより上手かったかな、途方にくれる夫)
TBさせてくださいね。
2014/12/11(木) 08:58:43 | URL | アンダンテ #79D/WHSg[ 編集]
アンダンテさん>
ご覧になりましたね。
ほんとほんと、まさかそんなことまで~??!!でしたよね(笑)
ロザリンドさんは普段薄味なだけに、今回は意外性もあってよかったですね。
TBありがとうございました
2014/12/11(木) 20:11:09 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
見てきました。
これは初心を忘れがちな夫婦必見やね(超爆)
マジでロザムンド・パイクが恐ろしかった。
デヴィッド・フィンチャーのテクニックに乾杯!!
2014/12/12(金) 07:57:14 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
そそ、色々オイタしちゃえらいことになるよって教訓映画でもあるねw
ロザムンドさんって『サロゲート』みたいなハートは家に置いてきました風な役が多かったから、今回は意外なのもあって余計怖かったですわw 
でもちょっと笑えるあたりもフィンチャーのうまさでしすよね~(笑)
2014/12/12(金) 17:05:49 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ネタバレが出回る前に急いで劇場で観てきました。いやー、面白かったです。二転三転するストーリーから見えてくる、結婚は人生の墓場ってところが、シングルの私には妙に面白かったです。2時間半の長さにふさわしいボリュームある内容は映画館で腰据えて観るにふさわしい映画でした。
2014/12/14(日) 06:10:38 | URL | einhorn2233 #79D/WHSg[ 編集]
einhornさん>
面白かったですね。
そう、ネババレ情報を入れずに見たい作品だけど、ネットの世の中、リスクが高いですもんね。
ははは、独身者をビビらせる映画だったかもですね。
まあ、これが夫婦って私なんかは思うところですけど(笑)
とにかく面白い映画でした。
2014/12/15(月) 16:16:13 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
オフィシャルサイト「アルゴ」で主演・監督し、アカデミー作品賞を受賞したベン・アフレックの主演作。相変わらず、顔が大きい。そして行方不明の妻を演じるのが、ロザムンド・パイク。この人は、「サロゲート」でのロボット妻が印象に残ってる。監督が、「ド...
2014/10/13(月) 07:44:56 | うだるありぞな
アメリカ&オーストラリア在住のブロ友さんの記事を拝見して すっごく観たかった作品 やっと公開!   ~少々ネタバレもありますので 以下ご注意を~    予告を見てジュリア・ロバーツの「愛がこわれる時」の様?と思ったのですが ブロ友さんによる
2014/12/11(木) 23:59:37 | アンダンテ あっち行って ホイ♪
今回は新作の「ゴーン・ガール」を有楽町のTOHOシネマズ日劇3で観てきました。前の人の座高がちょいと高くて画面が欠けるのがすごく気になっちゃいました。傾斜のない座席配置なのだから、もうちょっと上にスクリーンを置けばいいのに。アメリカはミズーリ州、5回目
2014/12/14(日) 21:09:48 | 今昔映画館(静岡・神奈川・東京)
間違えて選んでも一生きみのもの 公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/gone-girl12月12日公開 原作: ゴーン・ガール (ギリアン・フリン著/小学館文庫)監督:
2014/12/20(土) 16:08:05 | 風に吹かれて