映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ
2014年09月17日 (水) | 編集 |



シッチェス映画祭特集 6本目
今日は昨年のシッチェス映画祭で審査員特別賞を受賞した『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』を。

オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ(2013)アメリカ/イギリス/ドイツ
原題:Only Lovers Left Alive
監督:ジム・ジャームッシュ
出演:ティルダ・スウィントン/トム・ヒドルストン/ミア・ワシコウスカ/アントン・イェルチン/ジョン・ハート
 吸血鬼でありながら、マルチミュージシャンとして活躍するアダム(トム・ヒドルストン)は、自己破滅的な人間たちの振る舞いを憂えていた。そんなある日、何世紀にもわたり愛し合ってきた恋人で、吸血鬼のイヴ(ティルダ・スウィントン)と久しぶりに再会。しかし、イヴの妹エヴァ(ミア・ワシコウスカ)が2人のもとを訪れたことをきっかけに、3人の運命がゆっくりと変わっていく。



ジム・ジャームッシュが現在に生きるヴァンパイアの愛と葛藤を描いたファンタジー・ホラーです。




愛し合うヴァンパイアを演じるのはティルダ・スウィントンとトム・ヒドルストン
細くて青白くどこか高貴で、でもあんまし血が通ってなさげな2人はヴァンパイアにピッタリ。
ワカメ頭でロッカーなトムヒに慣れるのに少し時間がかかったけれど、
何世紀にも渡って生きるアダムのギター薀蓄は半端なく、ジャームッシュのオタク道炸裂ですな。

電話も使えば飛行機にも乗る。血液も病院で調達(闇取引ですが)するという新しい吸血鬼像を見せてくれる一方で、日光を避けフライトの時間にこだわってみたり、招かれなければ家に入ってはいけないなどの基本を押さえているのもうれしい。アダムの家の入り口でモジモジ招き入れられるのも待つイヴ(ティルダ)には笑ってしまった。ヴァンパイアのしかも夫の家に入るときでもそうなの?(笑)
着てるものが何世紀も前のものだったり、電気を自家発電していたりの浦島的な部分にもにんまり

でもクラシックの吸血鬼映画をあまり観てない私にはわからない部分もいくつかあってね
アダムは木製の銃弾で何をしようとしていたのか とか
トイレはどうなってるの?とか 手袋は何の意味があるの? などなど
気づかないままのこともあるだろうし、吸血鬼映画に詳しいとより楽しめるかと。

全体にダークではあるものの、エキゾチックなモロッコの風景等、映像も美しい。



汚染された地球、ゾンビほどに地に堕ちた若者たちを憂うアダムはジャームッシュの化身かな。
ジョン・ハート、ミア・ワスコウスカも吸血鬼役で登場。
血を口にしたときの、吸血鬼たちが恍惚の表情を見せるのが可笑しくてね(笑)
中でもティルダとジョン・ハートが最高w
ラストシーンもいいよね!


      

関連記事

コメント
この記事へのコメント
あっと、この映画祭で賞を取ってたのかー。
もう、モロ監督の趣味炸裂な映画だったという印象。
そう、修行か!ってくらい眠気を誘うアダムのギターの音色。
細かい所をよく覚えてないのは、もしかしたら意識がトンでたからかしら(汗)
文字通り血の通わない冷たい恋人たちの旅の終わりの続きが観てみたいな。
ジョン・ハートの過去作品の記事をアップ予定。
ツンデレパソコン、お願いデレてちょーだい!
2014/09/17(水) 10:10:24 | URL | みーすけ #79D/WHSg[ 編集]
多数の監督さんが自分の個性を生かしたヴァンパイア映画を撮ってますが、中でもジャームッシュのコレは個性的ですよね。(笑) なんだかんだ言いながら、やっぱり最後まで観ちゃうんだからw 
TBさせてもらいますね~。(&少し休暇を頂いてるので旅に出ます~)
2014/09/17(水) 11:09:56 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
みーすけさん>
色んな映画祭に出品してるみたいだけど、これで賞もらってますね。
ははは、ほんと、趣味丸出しのオタク道驀進映画だったよねw
アダムの葬式の曲とトムヒの鬱っぽい喋りに眠気を誘われ、私も2度は寝ちゃったんですよね。
バッチリ目を覚まして観ると結構笑える作品だった(笑)
お、ジョン・ハートで来ますか。何かな。
パソコンがんば!
2014/09/17(水) 11:35:22 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
Kaz.さん>
わはは、ほんと個性的。
なんたってロックミュージシャンだってんですからね(笑)
キャストもみんなよくて、なかなか楽しめました。
TBありがとうございます。
おーー、旅に出ますか。
気候もよくなって最高ですね。いいなぁ。
楽しんできてくださいね~。
2014/09/17(水) 11:39:28 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
今のところ、今年のベストワンです。
2014/09/17(水) 16:58:07 | URL | HK #79D/WHSg[ 編集]
病的に痩せてるティルダ・スウィントンにはぴったり映画かも
どうもオカマみたいで好きにはなれないタイプ
 なかなか思い出せないむかしのホラ-映画  ビデオで持っていて
ノ-トに書いてあったの引っ張り出すと  ザ センダ- という映画でした
DVD出てるかどうか
2014/09/17(水) 18:05:05 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
ちなみに2位は『グランド・ブダペスト・ホテル』ですが
本作と共通するテーマを扱っており
そのことが個人的にとても興味深いです。
2014/09/17(水) 19:24:04 | URL | HK #79D/WHSg[ 編集]
HKさん>
おーーベストワン! 出た~
ギターや音楽の薀蓄や、ヴァンパイアの基本押さえてるところとか
詳しい人にはたまらんとこあると思うからそれも納得。
2014/09/18(木) 00:05:56 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
人の首筋にガブっとするのは彼らのポリシーに反するようで
かなりお腹をすかせてるという設定なので、やつれた表情も見事でした。
オカマってw 確かに中性的ではあるよね。
痩せっぷりがピッタリでした。
『ザ・センダー』全然知りませんでした。
イギリスのサイキックホラーなんですね。
レンタルあったから観てみるね~。面白そう。
2014/09/18(木) 00:13:49 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
HKさん>
えーー、共通するテーマ・・わからない(汗)
そこのとこ、ぜひともレビューで教えてください。
2014/09/18(木) 00:15:49 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ずーーっと前にトムクルと誰かが、(あ、ブラピだ!)吸血鬼になった
中性のヤツあったよね。アレが最後かな!?血吸う系は。。。(笑)
ま、ゾンビさんたちが出る映画は何本か観てるけど、
主役が吸血鬼ってのはアレ以来観てないな~。
ティルダ・スウィントン、そうだね、確かに「血通ってますか?」
って聞きたくなるお方だわよね。
もってこいの役柄じゃん!!
で、「es」早く観て~~!!
レビューが楽しみ~~!!
考えただけで「ぐるじい~~~!」(多くは語りません)
2014/09/18(木) 03:23:07 | URL | chaco #79D/WHSg[ 編集]
2作とも、失われた世界についてを描いており
ではどうするか?
答えは本のなかにあると言っています。
2014/09/18(木) 04:43:00 | URL | HK #79D/WHSg[ 編集]
あ~、これ観たかったのですよ~(^^;
観てないけど、トムヒとティルダ姐さんは、ヴァンパイアが絶対似合う!と思いまするw
映像も雰囲気あって綺麗そうだし、早く放送してくれないかなぁ。
2014/09/18(木) 06:26:06 | URL | じゅり #79D/WHSg[ 編集]
chacoさん>
おやや、それは長いこと吸血鬼映画観てないねw
そろそろいかがでしょ。
ティルダは役によって七変化しちゃうからほんと凄い女優さんだと思うわぁ。
「es」お待ちかねだねw
私も楽しみ♪
2014/09/18(木) 09:34:35 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
HKさん>
あーー、そういうことか。
んだんだ、失われた世界への郷愁も感じる2本でした。
『オンリー~』も本の中にって言ってたっけ。
すでに記憶になかった(汗)
2014/09/18(木) 09:37:15 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
じゅりさん>
2人ともヴァンパイアにぴったりっしょ。
特にティルダさんの醸しだす妖気は凄いわぁ。
トムヒはちょっと笑っちゃうとこあるけどw
はい、お耽美な一本でもあります。お楽しみに~。
2014/09/18(木) 09:39:19 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
あ!レンタルしてたの!ジム・ジャームッシュだもんw
ワカメ頭に慣れるよう頑張ってみる‼︎
2014/09/18(木) 16:39:00 | URL | 翔 #79D/WHSg[ 編集]
翔さん>
うん、ジャームッシュだもんね。
ちょっとこれまでのと雰囲気違うかもだけどオタクっぷりが堂に入ってて楽しいです。
ワカメもチェック~w
2014/09/19(金) 07:24:24 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
【 オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ】 ONLY LOVERS LEFT ALIVE アメリカ・ドイツ・イギリス 2013   監督・脚本 :ジム・ジャームッシュ  出演 :ティルダ・スウィントン / トム・ヒドルストン ミア・ワシコウスカ / アントン・イェルチン / ジェ
2014/09/18(木) 03:08:12 | CINEmaCITTA'