映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】『パトリック 戦慄病棟』”シッチェス映画祭
2014年09月17日 (水) | 編集 |
 

シッチェス映画祭特集 5本目

今日は1978年にリチャード・フランクリン(『サイコ2』)が監督し、アヴォリアッツ映画祭でグランプリに輝いた『パトリック』のリメイク『パトリック 戦慄病棟』。 ”シッチェス映画祭"ファンタスティック・セレクション2014からの一本です。
パトリック 戦慄病棟(2013)オーストラリア
原題:Patrick 監督:マーク・ハートリー
出演:チャールズ・ダンス/ レイチェル・グリフィス/ シャーニ・ヴィンソン/ジャクソン・ギャラガー/ ペータ・サージェント
日本公開:2014/10月
不気味な精神病棟に赴任してきた看護師キャシー(シャーニ・ヴィンソン)は、昏睡状態のはずの少年パトリック(ジャクソン・ギャラガー)と意思疎通が出来ることに気づく。その事実を無視しようとする医師や主任看護師に不信感信感を抱きつつ、パトリックとのコミュニケーション手段を確立していくキャシー。やがて彼女の周りで不可解な事件が起こり始め・・。

 
植物状態の患者を収容する、あるひなびた病院に赴任してきた看護師キャシーに起きる恐怖を描く作品です。

名作とされる1978年製作のオリジナルを取り上げたドキュメンタリー「マッド・ムービーズ ~オーストラリア映画大暴走~」を撮ったマーク・ハートリーが今度はリメイク作品まで作ってしまったらしい。
公式サイトでも書いているので明かすと、パトリックはサイキックパワーを持っていてしかもキャシーに恋心を抱いてしまうという設定。
 
 

青年パトリックの適わぬ恋というだけでなく、彼の過去の秘密がキャシーへの恋をただならぬものにしていて、
とんでもない事件へと発展していくわけですねぇ。
 



パトリックを巡る医師(チャールズ・ダンス)やその娘である看護師長(レイチェル・グリフィス)の壮絶な想いとか、
意外に強いヒロインの活躍など、それなりに見せ場はあるんですが
音や突発的に現れる何かで脅すといったいわゆるアトラクション的な怖がらせ方が多く
内側からじわじわと恐怖を感じるに至らなかったのはちょっと残念。
 
パトリックが思春期なことから来るあるシーンも、笑うしかないしねw
人を動かせるなら自分で動いたらどうなんだ、とか、ツッコミどころ満載
でも、息つく間もなく恐怖を畳み掛けられ軽く疲労感を感じたしいかにも70年代のホラーらしい懐かしさもあったのはマル。
病院版『キャリー』ですね。

 

何よりも危険のは嫌悪ではなくて「愛」なのです。




関連記事

コメント
この記事へのコメント
へぇ~、そのオリジナルの「パトリック」は知りませんでした。
ドキュメントの「マッド・ムービーズ ~オーストラリア映画大暴走~」ってのも面白そうですな。
今年度のセレクション作品かぁ~、これも観ておきたいっ。
2014/09/16(火) 09:29:31 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
Kaz.さん>
私もオリジナルの知りませんでした。
リチャード・フランクリンなら面白そうだと思うのだけどレンタルになかった。残念。
ドキュメンタリーも面白そうだし、監督のオージー・ホラーへの思い入れを感じますよね。
どんな大暴走だか観てみたいw
2014/09/16(火) 12:41:52 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
お~、チャールズ・ダンスお久しぶり~
同じくオリジナルは知りませんでした。
先日、「キャリー」オリジナルを再見したので、病院版『キャリー』という言葉に思わず反応(笑)
観たい~~
2014/09/16(火) 16:06:54 | URL | じゅり #79D/WHSg[ 編集]
へ~えあのパトリックのリメイクですか  あのころキャリ-もあったしね
マザコン青年の という映画 あったけど、ホラ-の  タイトルなんやったか思い出さない
2014/09/16(火) 16:55:36 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
ほっほ~、音や視覚で怖がらせるのか。上っ面の怖さは
ジワジワ怖さには敵わないと思いますが、いかがなもんかいな?
恐怖感は「SAW」<「ef」って感じかな!?
しかし、最後の一行が気にいった!「愛」なのね~。。。
余談ですけど、いいかな~?
早速「インセプション」再見しました。
どー考えても劇場で一発で理解しろ、ってのが無理だったって事が
よーくわかりました。2回観てもまだ理解しきれてないし…
で、トムハですが、な、な、なんと、かなりのキーパーソンで出てらっしゃったのね。
金髪美女にも、会社の重役にも「ヘンシーーン」しちゃったりして。おおお!
結構太ってましたぜ。
ワタシ的には、キリアン・マーフィーのチャーミングな演技に釘付けでしたがね。(笑)
ジョセフが5人を目刺しの如く紐で巻いて、宇宙遊泳させるシーンだけは
ハッキリ覚えておりました!!
以上、「トムハはどこに」でした(^^)v
2014/09/16(火) 22:59:58 | URL | chaco #79D/WHSg[ 編集]
じゅりさん>
ダンスさんは有名な方だったのね。
観た事ある気はしたけどあまり記憶になかった。
ベテラン俳優に監督酷いことさせるよなぁってシーンがあります(汗)
『キャリー』はほんと面白いよね~。
2014/09/17(水) 00:43:51 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
おーオリジナルご覧になってますね。さすが。
そういえば『キャリー』とほぼ同じ頃。
サイキックが流行ってたのかな。
『パトリック』もマザコン青年の でしたよ。 
2014/09/17(水) 00:45:49 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
chacoさん>
私も音で怖がらせるのはいかがなものかと思うんだよねぇ。
勿論それまでじわじわ怖い場合は効果的なんでしょうけど。
あ、最後の一行は映画のコピー(宣伝文句)からの引用だけど
この場合パトリックに愛されるほど怖いことはないぞって感じですw
おー『インセプション』観ましたか。ほんと難しいよね。
トムハみつけてくれてありがとう。
彼は太ってるんじゃなくて筋肉モリモリなのよ。
『ダークナイト ライジング』ではマスクつけたベイン役がトムハ。
2014/09/17(水) 00:57:53 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
この映画祭の特集上映、先日、『リスボンに誘われて』を見たミニシアターで来月公開みたいですが、上映日程と時間が変則でね(汗)・・・。
pu-koさんの記事の匂いでね(汗)、どれかに絞って一本は見たいですね。
2014/09/17(水) 02:50:38 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
ごっめーーんm(__)m
↑のコメ、映画タイトル間違っとりました!
「SAW」<「es」でした。とほほほ
「es」はマジで人間の深層心理がおっかねーーーー!!
2014/09/17(水) 03:26:27 | URL | chaco #79D/WHSg[ 編集]
チャールズ・ダンスの冷たい目元と長い顔が好きだ・・・またか(笑)
最近はテレビとか出てるのかな。
シュワちゃんの昔のどーでもいい映画で、殺し屋の役ん時目の玉を義眼にしててそれが素敵だった。
映画はビックリ箱的ホラーかな?
オリジナルを先ずみてみたいなぁー。
2014/09/17(水) 03:29:17 | URL | みーすけ #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
全国で4箇所しか公開館ないようなので、ご覧になれるゾンビマンさんはラッキーだけど
全ておススメってほどでもないのでw無理せずにね。
これは!と思ってもらえるものがあるといいな。
2014/09/17(水) 09:06:07 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
chacoさん>
ちゃは、多分そうだろうと思ったよん。
でね、でね、ついに『es』がテレビで放送されました!!
録画したので深層心理のおっかねーところをとくと観てみるね。
記事挙げるのはシッチェス映画祭特集のあとになるけどよろしく~。
2014/09/17(水) 09:08:47 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
みーすけさん>
チャールズ・ダンスさん切れのいいマイケル・ケインという風だよね。
若い頃を知らないのだけど、きっと綺麗だっただろうな。
そうそう、最近は『ゲーム・オブ・ソローンズ』(未見です)でがんばってるみたいです。
うん、私もオリジナル観たい。
2014/09/17(水) 09:16:17 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック