映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】『イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所』クロエちゃんもすっかり大人
2014年09月03日 (水) | 編集 |



イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所 (2014)アメリカ
原題:If I Stay
監督:R・J・カトラー
出演:クロエ・グレース・モレッツ/ジェイミー・ブラックリー/ミレイユ・イーノス/ジョシュア・レナード/ステイシー・キーチ
日本公開:2014/10/11
ゲイル・フォアマン原作の人気YA小説『ミアの選択』の映画化です。

ミア(クロエ・グレース・モレッツ)はチェロ奏者になることを夢見る17歳の高校生。
家族にも恋人にも恵まれ充実した日々を送るミアですが、突然の事故で家族を失い、自身も命の狭間をさ迷うことになります。
ベッドに横たわる自分の姿を前に、三途の川を渡るかどうかの選択を迫られるが・・

なんじゃそりゃヾ(´ω`=´ω`)ノ(笑)


三途の川は出てきませんが
うーん、生きるか死ぬかを決めるのは自分・・ってところに違和感を感じて
家族がいなくなって辛いからと死を選ぶの?
じゃ支えるべき家族がいて生きたいと願えばみんな助かるわけ?
宗教が違えば容易に受け入れられることなのかな 
などと、ひねくれた目で見ちゃいました。

でもミアの立場を自分に置き換えてみたら、その気持ちは少しわかります。
突然愛する家族を奪われたら私でも生きていけない。
ましてや17歳が一人で生きるのは辛すぎるでしょう。
そんなとき、あちらの世界に行く決断を下す権利が自分にあるとすれば・・ってね。

映画は最後にミアの決断を見せて終わるわけですが
その過程として、ミアが家族との関係やアダムとの恋を振り返るという描き方。




ロックミュージシャン転じてファミリーマンになった父親(ジョシュア・レナード)を筆頭にミアの家族が楽しくて好きすぎる。まだ小さい弟も可愛くて、時間を遡り家族の歴史を見せるところがたまらないんですよね。




最初はあまり好きになれなかったアダム役のジェイミー・ブラックリー
段々に素敵に思えてくる。

ミアだけじゃなくて、様々な人の選択が描かれる中、心に残ったのはミアのお父さんの選択。
チェロに魅せられ奇妙な音を奏でる幼いミアを優しく見つめる父親が
自分の夢を捨ててでも娘に託す愛。
「犠牲」というには尊すぎるその選択も後から思えば泣けるんですよね。
家族を静かに見つめるおじいちゃんを演じるステイシー・キーチも最高
ベテランらしい風格で映画のテーマを語る重要な役割を担っていました。




本作では恋をしたりチェロを演奏したりと、新たな一面を見せてくれるクロエちゃん。
演奏シーンの大半は頭をつげ替えたボディダブルだそうですが
曲に乗せあふれ出る感情を繊細に表現していたと思います。

人生の岐路に立ったとき、人は様々な選択を迫られます。
家族や恋人と誠実に向き合い決断を下したなら、おのずと道は拓ける。
そんなことを教えてくれる作品です。



関連記事

コメント
この記事へのコメント
YAと云う事は若年層向け?
と云うか、ストーリー紹介読んでいると、
ファンタジーぽいですね。
確かに宗教観は大きなファクターそうですね。
クロエちゃんも大きくなってw
これからどう云う役を選ぶかで、
どう云う女優になるか決まりそうですね。
2014/09/03(水) 16:24:48 | URL | miskatonic #79D/WHSg[ 編集]
ステイシー・キーチ もうこんなになってるんですね
ロングラ-ダ- ついこないだと思ってたけど
2014/09/03(水) 16:54:49 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
「キック・アス」や「ヒューゴの~」のクロエちゃんと
同じ子とは思えないくらい大人びちゃったね💕
子役ってさ、大きくなってからもイケるかorヤバいか
な~んとなく雰囲気で分かるよね。
ファニング姉妹はねーちゃんがコケたし(笑)
ハリポタの女の子、名前が出ない!!
あの子だって、超美人ちゃんになったし(元々キレイか)
大人のクロエちゃん、観てみたーーい♪
2014/09/03(水) 17:55:43 | URL | chaco #79D/WHSg[ 編集]
私、人生の岐路に立ったときとか、絶対に人に相談もしないし意見も聞かない。絶対に自分のジャッジで決めたいおバカ人間なんで、この作品見たほうが良さそうですね・・・。
三途の川・・・らしきもの・・・亡くなった私の会社の先輩が夢に出て来たとき、それらしきものを見せてくれた。
大きな荒野の谷底に川が流れていて、おおきな赤い鉄橋に向かっていろんな国の人が歩いていましたわ(汗)・・・。
2014/09/04(木) 02:39:05 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
スピリチュアルな映画では・・・じゃないんですね?(笑)
文面からするとヒューマンドラマな印象です。
ステイシー・キーチは久しぶりやなぁ。
っていうか、クロエちゃんは実際幾つになってるんでしょうw
2014/09/04(木) 04:45:35 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
映画番組で冒頭のところぐらいしか紹介されていなかったんだけど、そういう展開だったのねぇ。
そか、ヤングアダルトが原作でしたか。
クロエちゃんもすっかり女性になったねぃ(^ー^)
2014/09/04(木) 06:34:14 | URL | じゅり #79D/WHSg[ 編集]
miskaさん>
はい、ファンタジー仕立てでティーンズの恋愛と決断を描いた若者むけメロドラマですね。
天に召される瞬間の幸福感などは宗教観が違えば理解も容易なのかなと思いますね。
クロエちゃんは『キックアス』ももうやらないらしいし、どんな女優さんになっていくか楽しみですね。
現段階で出演が予定されてるものを観るとスリラー2本にエイリアンもの一本。
エイリアン役ではないと思うけどw スクリーム女王を目指すのかな(笑)
2014/09/04(木) 07:20:13 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
ね、おじいちゃんになっててびっくり。
『ロングライダー』から34年・・はぁ、遠い目になりますね。
というか『ロングライダー』未見です。キャラダイン兄弟とキーチ兄弟でジェシー・ジェームズものやってたんだ。観てみたい。
2014/09/04(木) 07:23:40 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
chacoさん>
でしょ~。こないだまであんなに小さかったのに、もうベッドシーンでっせ(笑)
クロエちゃんは小さいときはおかし可愛いと思ってたけど、思った以上に綺麗になったわぁ。
ファニング姉妹は妹の方がいい映画に出てるんですよね。ダコタ嬢は子役で売れすぎたのかな。でもそのうちに起死回生のホームラン飛ばしそうな気も。
エマちゃんは綺麗になりすぎて出演作に困りそう。
なんにしても子役がどんどん成長するのを見るのは一種楽しみだね。
2014/09/04(木) 07:30:46 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
ゾンビマンさんが記事に書かれていたように、守るべき家族があって不器用でも家族のために生きることの出来る方は、しっかりと道を選んでいけるのだと思う。
この映画のお父さんにきっと共感できるところ多いのではないかな。
うわわ三途の川・・こわすぎ(泣)しかもワールドワードなんですね。
先輩ってば 「ゾンビマンくん わしこんなとこ通たで~」って教えてくれたんだろうか(汗)
2014/09/04(木) 07:41:41 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
Kaz.さん>
クロエちゃんは幽体離脱状態なので、ファンタジーですね。
私の中でスピリチュアルとの違いがいまいち明確ではないんですが、不思議な力が働いて生き返らせたりとかそういう映画ではないですね。
それと主には回想でヒロインの恋愛や家族との暮らしを見せるドラマです。
キーチさん久しぶりに見たらおじいちゃんいなっててびっくりするかも。
クロエちゃんはヒロインと同じ17歳らしいですよ。
成長の早さに驚く~。
2014/09/04(木) 07:51:04 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
じゅりさん>
そういう展開だったんです。
意外とゆっくりと恋愛の過程なんかも見せてくれてて、段々にロマンスとしてもいい感じになっていく作品でしたよ。
最近はティーンズに向けたヤングアダルト小説からの映画化増えてるね。
逆に渋い大人の映画が少なくて、私なんかには寂しいです。
クロエちゃんはいつのまにか綺麗なお姉さん風よ。びっくり~。
2014/09/04(木) 07:55:47 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
紫のかつらで飛び回ってたのがつい最近の事だって感じなのに、トップの画像なんて「誰?」なくらい大人になっちゃって~じいいいいぃぃん。
深そうな映画だね。
生死の決断を自分でするなんて大きな選択すぎて。
優柔不断で決断苦手なわたしにはキツイなぁ。
深い映画みたいでこれは観たいな。
2014/09/05(金) 02:31:53 | URL | みーすけ #79D/WHSg[ 編集]
みーすけさん>
そうなのよ~。こないだまであんな小さな子供だと思ってたのに、あっという間にレディだもんなぁ、驚きます。
生死の決断を自分でするってとこはいまだにピンとこないのだけどw
それ以外はリアルな悩みを乗り越えるロマンスも、家族の話もよくてしっとりでした。
でもそれほど深いということもないっす(笑)
2014/09/05(金) 10:38:56 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
生きるべきか死ぬべきかそれが問題だ 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/ifistay10月11日公開 原作: ミアの選択 (ゲイル・フォアマン著/小学館) オレゴン
2014/10/10(金) 08:54:57 | 風に吹かれて