映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
ノスタルジックで優しい『ザ・マペッツ』
2012年06月04日 (月) | 編集 |
人気マペットキャラクター総出で贈る、ディズニー製作のミュージカルコメディ。
主演はジェイソン・シーゲルエイミー・アダムス
シーゲルは共同で脚本も担当してます。



ザ・マペッツ
2011年(アメリカ)
原題:The Muppets
監督:ジェームズ・ボビン
出演:ジェイソン・シーゲルエイミー・アダムス
クリス・クーパーラシダ・ジョーンズ



ジェイソン・シーゲル演じるゲイリーとマぺットのウォルターは
兄弟のように育った友達同士。。
へ? でしょ(笑)
この映画で描かれるのは、人間とマペットが普通に共存している世界。
一瞬、なんじゃそれってなるけど大丈夫。
冒頭10分で完全に引き込まれ、口角上がりっぱなしになりました。

話をざっと書くと
ウォルターはかつて人気を博したマペット・ショーの熱狂的なファン。
ゲイリーと恋人メアリー(エイミー・アダムス)のLA旅行に誘われ、
本物のマペッツ・ショーを観るのを楽しみにハリウッドにやってきたのに
かつてのメンバーは引退し、ショーは閑古鳥で見る影もない。
おまけに成金石油商(クリス・クーパー)の陰謀で、
劇場を取り壊されることを知ったウォルターは
マペットたちと力をあわせ、劇場再建に向け奮闘する!というお話なんですね。



このザ・マペッツというのはアメリカで実際にやってた番組らしいので
知ってる人は凄く楽しめるでしょうね。
自分に置き換えたなら、「ひょっこりひょうたん島」の面々が、
番組を再現すべく頑張るようなもの・・ って、歳がバレるけどw
前述したように冒頭の10分間に惹きつけられるのは
描かれる世界が優しく純粋で、ノスタルジーに溢れているから。
『ALWAYS 三丁目の夕日』が人を魅了するのと同じ原理かもですね。

主役はマペットたちなんですが、ジェイソン・シーゲルとエイミー・アダムスも
60年代テレビドラマから抜け出たようないい人キャラでね。
しかも歌や踊りまで披露してくれます。
そう。知らずに見たのだけど、これミュージカル形式だったのね。
ジェイソン・シーゲルが綺麗な歌声を聴かせてくれたり
クリス・クーパーがラップを披露してくれたりの意外性もあり
苦手なはずのミュージカルなのに、凄く楽しめました。

でもこの世界観に慣れてくると、個人的には少々中だるみもありました。
次々にマペッツが再会を果たすところは
キャラクターを知ってるともっと楽しめる部分でしょうね。
でも終盤、メンバーが集結し華やかにショーを繰り広げるシーンには心躍りましたよ。

人は人、マペッツはマペッツ。
それぞれに自分らしくあるために、何ができるのか とか
夢に向かって頑張ると言ったテーマを盛り込み、きっちりと成長を描く。
エンターテインメントな見せ方も秀逸で、ディズニーらしい素敵な作品でした!

余談だけど、これは行きつけの映画館の上映前のポリシートレイラーに
最近まで使われてたんですよ。こちらがその動画。
劇中の台詞も多々出てくることを発見しました。
'>'>

★★★★

関連記事

コメント
この記事へのコメント
うん、まぁ~ひょっこりひょうたん島の面々が映画になったら面白いと思いますよ。(笑)
でもこのマペッツくんたちも日本でもおなじみですよね。
エイミーは、なんかこういうのが似合いそう。(笑)
2012/06/04(月) 08:36:50 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
エイミー・アダムスってとても作品選びがうまい気がします。
うんうん、こう云うのは絶対モトネタ知っている方が楽しめますよね。
キャスト見ると、けっこう豪華ですけど、声の出演がほとんどなのかな?
ノーマークでしたけど、楽しそう♪
ポリシートレイラーも動きなんかが愛嬌がありますよね。
2012/06/04(月) 08:59:28 | URL | miskatonic #79D/WHSg[ 編集]
「ひょっこりひょうたん島」をリアルで観てたんなら
歳バレバレでんがな(笑)
『メリー・ポピンズ』とか『ベッドかざりとほうき』
とかアニメと実写の作品って過去にありましたね。
今はCG合成だけど。
2012/06/04(月) 17:07:03 | URL | GH字幕 #79D/WHSg[ 編集]
ひょうたん島ですか
それ以前の チロリン村とくるみの木知ってますか?  歳バレるなぁ
2012/06/04(月) 17:45:39 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
ふふっ
ひょっこりひょうたん島ですね
なんとなーくしか知らないけど(笑)
エイミー・アダムスなのね~楽しそうっ
2012/06/04(月) 18:50:44 | URL | 翔 #79D/WHSg[ 編集]
これ、観たい映画が少なかったら観ていたと思います。
私、マペット系はダメなんですが、エイミー・アダムスが『サンシャイン・クリーニング』以来大好きなんですよ。
2012/06/05(火) 06:26:04 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
Kaz.さん>
ふふ、ひょっこりひょうたん組でよかったわぁw
あ、これ日本でも放送されてたのかな。
番組は知らないけどキャラクターは見覚えあるんですよね。
エイミーは『魔法にかけられて』でも見事な歌と踊りを披露してたけど
彼女はミュージカルの世界でも活躍できる人ですよね。
2012/06/05(火) 09:02:59 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
miskaさん>
エイミーは自分らしい役柄を選びながら
ミュージカルの才能も発揮して、確実にキャリアを築いてますね。
そそ、マペッツたちの関係とか知ってると面白みもアップしただろうなと思うの。
ネタを知ってると俄然違ってきますね。
声の出演はあまり知らない面々だったけど、エキストラ的に出演してるスターも多いんですよ。
ショーを見に来るお客さんとか、マペッツの秘書とか、チケット係り、etc
あと発見できなかった面々も大勢いそうで、キャストを知った上で、
ハーディを探せ(違うってw)的にチェックしていくのも面白いかも(笑)
これトマトメーター96%なんですよ♪
2012/06/05(火) 09:15:47 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
字幕さん>
あはは、やっぱりバレますかね(笑)
あー、アニメと実写の作品ありましたね。
これはアニメともちょっと違って、マペットたちは本当に人形なんだけど
CGで動かしてるのかなぁ。よくわかりません(笑)
2012/06/05(火) 09:18:55 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
チロリン村とくるみの木知りません!(爆)
良かった~w
2012/06/05(火) 09:19:55 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
翔さん>
あは、翔さんはリアルタイムでは知らないでしょ。多分w
エイミーにはもっと歌って踊って欲しかったけど、
彼女のパフォーマンスは楽しいです。
2012/06/05(火) 09:21:45 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
あはは、人形出てくるの苦手でしたよね。
マペッツが中心だもんなぁ。
気持ちのいい作品で、ショー的な楽しみ方もできるんだけど
マペッツにノスタルジーを感じない日本では好みが分かれるかもです。
2012/06/05(火) 09:25:59 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
これ観たいんだけど、例によって
来ない!
ジェイソン・シーゲルは『寝取られ男』の役と
被ってる気がするけど違うのかな?
2012/06/05(火) 20:52:34 | URL | HK #79D/WHSg[ 編集]
これには、出演してないんだけど
「カウント伯爵」がお気に入り~
ってことで、みてますよ~
2012/06/05(火) 22:06:15 | URL | る~ #79D/WHSg[ 編集]
HKさん>
ありゃーー観たいの?
意外すぎて予測不能だった(>v<)
『寝取られ~』未見なり~(汗)
2012/06/06(水) 13:47:46 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
る~さん>
へーー、詳しい!
総出演ってわけではないのね。
続編を作るのかなぁ。
2012/06/06(水) 13:49:17 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ジェイソン・シーゲル♪
名前も好きですが・・ww
やっぱアパトー組って事で彼の作品も逐一チェックしてます。
この作品もしっかりとインプットしましたよ
日本・・くるよね?^^
設定とかすごく楽しそうですが
ジェイソンとエイミーって配役もかなり、はまってる感がありますね。
エイミーは「魔法に~」のイメージもあるけど、こういうファンタジー系があってる気がしますね。
2012/06/07(木) 21:37:45 | URL | SHIGE #79D/WHSg[ 編集]
日本でちょっとだけ放送されていた「マペットショー」「マペット放送局」を楽しんでいただけに、テレビシリーズの豪華版である、この映画も期待してたのですが、いつの間にか、それもシネコンで1日1回の公開とかひどい扱いされているうちに見逃してしまいました。記事を拝見すると面白く作られているようで、余計目に観たくなっちゃいました。
2012/06/08(金) 09:11:20 | URL | einhorn2233 #79D/WHSg[ 編集]
お久しぶりです。
これ、私もあまり期待せずにディズニーだからという理由だけで観たのですが、意外や面白く楽しめました。(^o^)
個人的にはクリス・クーパーのラップとダンスがツボでした!(笑)
いかにもアメリカのファミリー映画と言う感じでしたね~
2012/06/16(土) 08:02:44 | URL | choro #79D/WHSg[ 編集]
SHIGEさん>
あ、そうかジェイソン・シーゲルもアパトー組なんですね。
考えたら私アパトー作品あまり観てないわぁ。
あ、これはすでに公開されてるはず。
そうそう、エイミーはミュージカルファンタジー系がピッタリ。
シーゲルさんwがピッタリで歌も上手かったのはびっくりでした。
2012/06/16(土) 19:40:42 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
einhornさん>
おー、『マペットショー』などご覧になってましたか。
だったらきっと私よりもうんと楽しめるはず。
やっぱりキャラクターを知ってるというのは大きいと思います。
そっか〜そんな地味な扱いだったのね。
子供も楽しめる内容だったので、夏休みの上映にしても良かったのになぁ。
面白かったですよ。
2012/06/16(土) 19:43:50 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
choroさん>
わーい、お久しぶりです。
私も期待以上に楽しめました。
ディズニーはお玩具が出てくるのものやミュージカル系はほんと上手いですよね。
あはは、ほんと、クリス・クーパーのまさかのパフォーマンスには吹き出しそうになりましたw
判りやすく前向きなメッセージも良かったですね
2012/06/16(土) 19:46:38 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
こんばんは♪
新年明けましておめでとうございます
今年も宜しくお願い致します♪
ひょっこりひょうたん島におきかえると、ナルホド!となりますね。懐かしい感じとかも、まさにその感覚なのかもしれません
でも伽羅がわからなくても、ポップで楽しい感じは伝わってきましたね。
実はセサミ・ストリートなんかをみないので、敬遠してたのはあったのですが、見てみてると意外に楽しい作品でした
2013/01/05(土) 03:23:44 | URL | maki #79D/WHSg[ 編集]
makiさん>
今年もどうぞよろしくお願いします。
こちらの人は小さいときからマペッツをテレビで観て育った人がきっと多いでしょうから、日本の懐かしの人形劇や幼児番組のぬいぐるみたちに通じる懐かしさがあるのかもですね。
ディズニーのエンターテインメントは流石でした。
いつも苦虫噛み潰してようなクリス・クーパーだから、余栄そのギャップに笑えましたよねw
2013/01/05(土) 14:31:39 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
個人的にはマペットって何ぞや?から始まります。どうやらパペット+マリオネットの造語であるらしい。セサミストリート(見たことないけど)とかそういうのかな?そんな印象しかなかったのですが大体当たってるっぽくて良かったです。そのマペットと人間が共存する世
2013/01/05(土) 18:20:26 | いやいやえん