映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】 『荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~』100万通りの死にざま!
2014年06月04日 (水) | 編集 |


荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~(2014)アメリカ
原題:A Million Ways to Die in the West
監督:セス・マクファーレン
出演:セス・マクファーレン / シャーリーズ・セロン/ アマンダ・セイフライド/ ジョヴァンニ・リビシ/ ニール・パトリック・ハリス/ サラ・シルヴァーマン/ リーアム・ニーソン
日本公開:2014/9
開拓時代、人々は色んなに死に方をしたんだよというのを、ブラックユーモアたっぷりに描く西部劇コメディ。
監督は『テッド』で一躍有名になったセス・マクファーレン。今回は主役も努めています。

セス演じるアルバートは西部開拓時代に生きていながら、銃さえ撃ったことがない冴えない羊飼い。
流れ者のミステリアスな美女に惹かれ始めたことから、アルバートは危険に立ち向かうことになる というお話です。




モニュメントバレーの雄大な景色をバックに、郷愁を誘う音楽が流れるとワクワク
一気に西部劇の世界観に引き込まれてしまいました。
開拓時代をネタにしたコメディのやり取りから生まれたという本作
「あるある」的なブラックユーモアにセンスを感じられ、相変わらずのシモネタも満載でとにかく可笑しい。
セス・マクファーレンって全然すれた感じがなく人のよさそうな風貌なんですよね。誠実さが滲み出るというか。なので本作の平和主義の晩生な羊飼い役もぴったりで、シャーリーズ・セロン相手に、気恥ずかしいほどの純愛を繰り広げてくれても嫌味がなく、微笑ましいんだな。完全に役得だけど~。



ネタ的な笑いを予告で見すぎていて、本番で爆笑できないというのはあるけれど
サウンドトラックや衣装や建築物等のこだわりに、監督の古き映画への愛が本物だと感じさせてくれます。
シモネタには賛否あるところでしょうけど、ロマンティックコメディとしても見所があり
ギャグ的なコメディに終わらないスケールの大きさにもクリエーターとしての才能も感じました。

カメオの使い方にも拍手を送りたいところで、黒人ネタに渇を入れるラストシーンも爽快!
映画へのオマージュもたくさんだと思うので、詳しい人ほど楽しめる作品ですね。


関連記事

コメント
この記事へのコメント
これ、なぜかけっこう気になってましたw
普段こう云うのあまり気にならないいんですけどw
監督さんが主演なのですか!すると意図は明快になりますよね。
なかなかおもしろそう。
結構豪華なキャストですよね。
見たい見たいw
2014/06/04(水) 12:27:18 | URL | miskatonic #79D/WHSg[ 編集]
下ネタ、好きです 根がどすけびっち オナゴスキ-なもんで
シティ・スリッカーズのような西部愛 でしょうか
2014/06/04(水) 17:15:53 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
あ~そだ!テッドの人だ!
え、シャリセロさんとの純愛??興味ある( *´艸`)
2014/06/04(水) 17:25:05 | URL | 翔 #79D/WHSg[ 編集]
おっはよ~!
ってもそっちは夜に向かってるのか…
面白そうじゃん!キャストがいい!
ジョヴァンニ・リビシ昔から好き!映画好きの次男も彼のファン💕
変な役が似合う男ぞ!ここではどんな役なの?
リーアム爺さん(まだおじさん!?)極悪人なの?
いいじゃん、いいじゃん!エロジジイめが!
ただ今、アロンアルファーが指にくっ付いて
イヤ~な気分になってるとこです><(超余談)
2014/06/04(水) 18:20:32 | URL | chaco #79D/WHSg[ 編集]
追伸。。。
ごめん、私『TED』は…つまんなかった。
マークじゃなくて、それこそジョヴァンニ・リビシあたりが
適役だったんじゃなくって~?
どっちにしても、あんなクマいらん!!(バッシング受ける?)
2014/06/04(水) 18:25:18 | URL | chaco #79D/WHSg[ 編集]
結構前からシネコンでトレーラー流れてたんですが、イマイチ内容がよくわからなかったんだけど。
そっか、そういう内容の映画だったのね。
西部での死に方アレコレって(笑)
セスは童顔で可愛いよね~。
「ted」での下ネタも笑えて好きな種類だったので、これも楽しみ。
しかしこのトホホな邦題・・・^^;
2014/06/04(水) 20:07:55 | URL | みーすけ #79D/WHSg[ 編集]
私にしてみればいろんな苦手な要素が入ってるんやけども(汗)、邦題がいいよね。
キャストも良いので、下ネタ命の私は注目していきますとも(汗)・・・。
2014/06/05(木) 03:28:18 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
最近、予告編よくみかけますよ~
おもしろそうだとは思ってたんですが
純愛なの???
2014/06/05(木) 06:04:54 | URL | る~ #79D/WHSg[ 編集]
映画番組でも紹介されてたけど、ネタ映像出ちゃってるのね(笑)
あ、わかるわかる、セスって、シモネタ言ってもキツいブラック言っても、なんだか爽やかな感じがしてました(笑)
オマージュも入ってるですか~。やっぱり観たいわ(^ー^)
2014/06/05(木) 06:30:32 | URL | じゅり #79D/WHSg[ 編集]
お、あの監督ですかぁ。
セロン嬢にアマンダ嬢も出てるとなりゃ、ぜひ観ておきたいな~。
シモネタ&ブラックとくりゃ、もう好みやしw
2014/06/05(木) 06:30:59 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
まさかクマまで出ないよね(笑)
2014/06/05(木) 07:35:14 | URL | GH字幕 #79D/WHSg[ 編集]
miskaさん>
そそ、今回は監督と主演で頑張ってます。
演技は決して上手くはないんだけど、キャラにあってるのでほほえましい。
『テッド』のウォルバーグの役もセス自身がやったほうが良かったのかも~って思いました。
豪華キャストにこんなことさせる~?っていうのも笑えるところでしたよ♪
2014/06/05(木) 07:54:52 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
おみゃっあさん>
どすけびっち オナゴスキーw
ありそうでウケる(笑)
おっと『シティ・スリッカー』って知らないんですけど(汗)
多分監督は西部劇大好きなんだろうなぁって感じましたよ。
2014/06/05(木) 07:56:47 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
翔さん>
キスシーンまであって監督役得~でした。
セロン姉さんがまたカッコいいし意外にキュートで魅力的なの。
2014/06/05(木) 07:58:22 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
chacoさん>
おっはー。時間帯は逆になるね。
そちらが寝ようとする頃に私は活動開始します。
キャストが面白いよね。
リビシは今回はセス(主役)の親友。売春宿勤めの彼女がいるのに、いまだ童貞という(笑)
リーアムは極悪人ですね。でもよくぞそんなことまでやったねっていうシーンもあって笑えますw
アロン・アルファー取れた?(笑)
2014/06/05(木) 08:05:53 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
chacoさん>
あはは、『テッド』は好みがわかれるよね。
私もそうだけど、オタクなカルチャーに詳しくないと面白さ半減だし。
マークの役はね、監督自身が多分一番適役だったんじゃないかな。
クマは可愛かったけど、家にいたら困るよねw
2014/06/05(木) 08:09:21 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
みーすけさん>
あ、確かにトレーラーはギャグなところ見せるばかりで内容はわからんよね。
そそ、西部の死に方あれこれと主人公の成長物語ね。
セスていくつなんだろ、ほんと童顔でかわいい。
ギャグもたまに小学生レベルだけどw
今回は『テッド』よりも一般受けするんじゃないかな。
小学生レベルのギャグに耐えられれば・・だけど(笑)
原題がそのままでかなりいいと思うんだけど、この邦題にわざわざ替える必要あったんかなぁ(汗)
2014/06/05(木) 08:14:45 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
ありゃりゃ、苦手要素満載?(笑)
あれ、邦題いいですか。感じ方はそれぞれですね。
エロ系のシモネタだけでなく、ビジュアルで小学生レベルのものが入ってくるのでご注意くださいw
2014/06/05(木) 08:17:53 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
る~さん>
予告見ると面白そうでしょ。
実際、面白かったし、それ以上に西部劇をしっかり作ってるところに感心したよ。
純愛というか、ラブコメですね。でもキスシーンもたっぷり。
2014/06/05(木) 08:19:00 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
じゅりさん>
笑いどころは「もう何度も観たよ~」になってしまうのが、予告編の難しいところですよね。
たまに予告で全部出し尽くしてるものもあるし。
本作は予告になかったシーンで「おーー!」って思うところとかあったのがよかったよ。
そそ、セスは万年青年風(笑)もっと年取ったらマシュー・ブロデリックみたいに不気味かもw
カメオ出演が効いてました。
2014/06/05(木) 08:25:06 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
Kaz.さん>
はい、あの監督。アカデミーの司会もしたから日本でもおなじみですよね。
そそ、アマンダ嬢は元カノ。監督の好みが反映されてるのかな。
セロンちゃんとキスも美味しすぎるだろうってw
子供っぽいギャグもあるし目を背けたくなるシーンもあるけどw これは大衆受けしそうです。
2014/06/05(木) 08:29:59 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
字幕さん>
今回は羊さん(笑)
2014/06/05(木) 08:30:34 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
『テッド』がえらい面白かったので、本作も超期待です。
なのであまり予備知識いれないようにしないと^皿^
監督調子ののってますね。
アメリカではけっこうコケたらしくー。
おもしろそうなんだけどなあ。
まあコケてもテッド2を作ればいいんで安心なんでしょうねw
2014/06/05(木) 09:58:12 | URL | yossy #79D/WHSg[ 編集]
pu-koさん、こんばんは!
きゃー!この映画、前からすごく気になってたんですよ~!セス・マクファーレン、大好き!テッドももちろん素晴らしすぎる作品でしたが、アカデミー賞の司会したセスが超カッコカワいかった!私、超美男とかより、セスみたいなちょっとイモかわいい男が好きなんですよ!俳優としての彼に会えるということで、この映画は超楽しみです♪
2014/06/05(木) 10:39:23 | URL | 松たけ子 #79D/WHSg[ 編集]
yossyさん>
『テッド』好きにはたまらないかも。
監督はコメディ不振の映画界に新しい風を吹き込む存在になるかもです。
予告編あまり見過ぎないでお楽しみくださいw
2014/06/06(金) 12:01:06 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
松たけ子さん>
こんにちは!
おー、セス・マクファーレンお好きでしたか。
まさにイモかわいい(笑)
あ、そうか。マット・デイモンにも通じるところあるかな♪
なにかね、とってもまじめに演じていて好感が持てました。
監督としてもスケールを感じさせてくれたし、これからも期待です。お楽しみに~。
2014/06/06(金) 12:08:01 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
思わず叫んだ所もありました。まさか見せるとは・・・ね!
pu-koさんの記事を読んだおかげで観てきました。下品だけれど映画へのピュアな愛が詰まっているのでOKです!
TBさせてくださいね。
2014/10/17(金) 06:20:45 | URL | アンダンテ #79D/WHSg[ 編集]
アンダンテさん>
うわ!ってなるシーンもいっぱいありましたね。
そのあとつい笑っちゃうけど(笑)
えっと、何を見せてましたっけ? 記憶が・・w
そうそう、下品だけどあまり嫌味がないし、これは楽しめちゃいますよね。
TBありがとうございました。
2014/10/17(金) 08:33:25 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
世界中で大ブーム「テッド」の監督だけでなく、アカデミー賞の司会を軽々とこなしたセス・マクファーレン。(ゴイス!)彼の新作が登場!しかも本人が主役で。舞台は、1882年、西部開拓時代のアリゾナの小さな街。 ここでマクファーレンが強調するのは、いかに...
2014/10/12(日) 09:52:17 | 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
面白かったです   ブロ友 pu-koさんの記事で拝見していなかったら  観なかったかも 感謝です 「テッド」の監督セス・マクファーレンが主演も務めるだけに 下品で過激・・・ でも 映画への愛がタップリ詰まっているので赦す! 何と言っても面白いし
2014/10/17(金) 21:21:40 | アンダンテ あっち行って ホイ♪
□作品オフィシャルサイト 「荒野はつらいよ アリゾナより愛をこめて」 □監督 セス・マクファーレン□脚本 アレック・サルキン、セス・マクファーレン、ウェルズリー・ワイルド□キャスト セス・マクファーレン、シャーリーズ・セロン、アマンダ・セイフライド、 
2014/11/08(土) 07:35:40 | 京の昼寝〜♪
14-81.荒野はつらいよ■原題:A Million Ways To Die In The West■製作年、国:2014年、アメリカ■上映時間:116分■料金:1,800円■鑑賞日:10月12日、TOHOシネマズシャンテ(日比谷)□監督・脚本・出演:セス・マクファーレン□脚本:アレック・サルキ
2014/12/29(月) 23:07:48 | kintyre's Diary 新館