映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
きっと ここが帰る場所
2013年03月23日 (土) | 編集 |


きっと ここが帰る場所(2011)イタリア/フランス/アイルランド
原題:This Must Be the Place
監督:パオロ・ソレンティーノ
出演:ショーン・ペン/ フランシス・マクドーマンド/ ジャド・ハーシュ/ イヴ・ヒューソン/ ケリー・コンドン、 ハリー・ディーン・スタントン / ジョイス・ヴァン・パタン
皺の刻まれた顔にゴスメイクを施した元ロックスターの中年男シャイアン(ショーン・ペン)は
ダブリンの豪邸で消防士の妻(フランシス・マクドーマンド)と半隠遁生活を送っている。
ある日、彼の元に故郷アメリカから30年間疎遠だった父危篤の知らせが届く。
臨終には間に合わなかったが、父がアウシュビッツに暮らした過去を知ったシャイアンは、
父の遺志を継ぎ、元ナチス親衛隊員の男を捜す旅に出る・・。

 ショーン・ペンがこのメイクで元ロッカーを演じ、しかもナチハンター?と、その設定だけでもワクワクさせられますが、まずシャイアンのキャラクター描写がいいんです。
一見魔法使いのおばあさんのような風貌ゆえに、通りすがりの人に奇異な目を向けられたりもするけれど、彼は顔にかかる髪をフっ!と口で吹きとばしては、様々なストレスをやり過ごす。空気の抜けたような笑い方には脱力だし、トボトボ歩きはまるで老人のよう。
緊張感漂うはずのシーンでも、リアクションの可笑しさに爆笑させられたし、ショーン・ペンはある意味怪演ですなぁ。

 さて、シャイアンは、父の日記から知ったナチス残党を探す旅に出ることになるのですが、彼自身はナチスに恨みを持つわけではなく、従って『イングロ』や『ヘンゼルとグレーテル』のようなものを期待すると予定が外れます。
むしろ父の思いに近づくことで傷ついた心を癒し、
旅を通し大事なもの=親子の愛に気づくというロードムービーです。

印象的なのはプールの描き方。
空っぽの自宅プールは枯渇したシャイアンの心を表し
旅の終わりに、ある母子にプールをプレゼントするのは、プールに水が満たされるように、
彼の心に人間らしい感情が蘇るのを象徴しているかのようです。
元トーキング・ヘッズのデヴィッド・バーンが音楽を担当してることから映画は様々な曲に溢れ、説明描写が少ないこともあって、ミュージッククリップの趣でもあります。
劇中バーン自身が本人役で登場し、原題にもなっているThis Must Be the Placeを披露してくれのも見もの。

 ちょっぴりファンタジックな演出も見られる中、私はラストシーンがよく解らなかったんですよね(汗)
トニーを待ちわびるメアリーのお母さんについてはもう少し説明して欲しかった。



ファンタジックといえば、普段はトボトボ歩きのシャイアンが、素手のスカッシュみたいなボールゲームをするシーンのエネルギッシュな動きはどこから来るんだ(笑)
妻を演じたマクドーマンドがまた可笑し可愛くて、二人の関係が微笑ましかった。
結局、帰る場所は妻のもとであり、人間らしい感情の戻った本来あるべき自分、だったのかな。

一度で理解できないところがあったし、2度観ても最後は謎が残ったけれど
この感じは好き。





関連記事

コメント
この記事へのコメント
フランシス・マクドーマンドはブラッドシンプルのときはおやっと思ったけど、バ-ンアフタ-で女捨ててましたね  この映画ではショ-ンペン 男捨ててる
2013/03/22(金) 17:23:20 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
これオーストラリアで劇場公開はされたのですが、、気が付いたらもう終ってました。僅か1-2週間だったかな、、Foxの配信を待つかな、、最近準新作を沢山放映してくれるんですよ。
2013/03/23(土) 00:02:40 | URL | guch #79D/WHSg[ 編集]
公開の時に気にはなってましたが、やっぱイイ感じですか。
DVDも出てるから、やっぱ観てみようかな。
インディペンデントらしい雰囲気満々ですな。
2013/03/23(土) 04:03:21 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
pu-koさん、こんばんは!
ひえっショーン・ペン怖いっホラー映画?!かと思ってしまいました(汗)。ジャイアンじゃなくてシャイアンなんですね♪
マクドーマンドさん、いつもいい味だしてますよね。大好きな女優さんです。
2013/03/23(土) 05:25:15 | URL | 松たけ子 #79D/WHSg[ 編集]
コレ、pu-koさんと同じで、観たときは分からないシーンがいくつかあったんで、あんまり最初は良い印象の映画ではなかったんですね・・・。
でも、後から思い返してみると、ジ~ンとくる良さのある映画で、今では好きです。
デヴィッド・バーンのライヴシーンと、親子との交流シーンが良かった。
2013/03/23(土) 08:20:59 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
『バーン~』のマクドーマンド笑えましたよね。
今回は意外に「女」の部分を見せてくれます。
ショーンはマクドーマンドさんをベッドで満足させたりするんだけど、・・・オカマには違いないのかな。
『ミルク』のようなゲイ演技ではないけどあまり性を感じさせない存在でした。
2013/03/23(土) 10:35:21 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
guchさん>
これは私も凄く楽しみにしてたんだけど、近くでやってくれなかったのでDVDになりました。
FOXというのはペーパービューでしたっけ?
2013/03/23(土) 10:36:58 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
Kaz.さん>
説明の少ない映画で、私にはちょっとわからないところもあったんですが、ショーンの存在だけでも見て感じる価値があります。
音楽も実にたくさん使われていて、詳しい方はもっと楽しめると思うしいい感じですよ。
もうDVD出てるんですね。手にとってみてくださいな。
2013/03/23(土) 10:39:20 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
松たけ子さん>
こんばんは~。
あはは、ホラーw 道を行く人にも「ヒッ!」とか驚かれてました(笑)
ショーンのこのメイクだけでも観たい気になるでしょ。
そそ、ジャイアンものび太君も残念ながら出てこないんですが(笑)
マクドーマンドさんはいいよねぇ。
美人じゃないけど、飄々としてるのに温かいし、なんかオモロイw 私も大好きです。
2013/03/23(土) 10:48:02 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
やっぱり解らないところありましたか。
あと一言説明してくれたら解るのにって感じで、すっきり出来ないのがもどかしいんですよね~。
でもいいところもいっぱいあって、私も好きです。
なんと言ってもショーンのキャラが良かったですね。
2013/03/23(土) 10:51:14 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ほぉ
ロードムービーだったんですねぇ
確かに老婆とゆうか魔法使いのおばーさんみたいなので、どんな内容か想像つかなかったw
素手のスカッシュって面白そう~
pu-koさんが雰囲気が好きって言うならチェックしとかなきゃ♪
2013/03/23(土) 21:51:39 | URL | 翔 #79D/WHSg[ 編集]
予告編を観て、何だか苦手っぽいジャンルの映画だなあって感じてしまい、パスしちゃったのですが、なかなか見ごたえがあったようですね。フランシス・マクドーマンドは面白い役を演じる女優さんですが、この映画でも、あのカッコのペンの奥さんを演じてるんですね。そこは何だか見たくなりました。
2013/03/24(日) 04:44:30 | URL | einhorn2233 #79D/WHSg[ 編集]
新世界の通天閣付近に
こんな顔のオバハンが
います。昔はドラゴンボール
の亀仙人みたいなジジィが
セーラー服を着てスキップ
してました。フェスティバル
ゲートができてこんな
人たちは消えちゃったけど。
今でも治外封建的な
人外魔境なこの街が好きです
2013/03/24(日) 07:50:19 | URL | GH字幕 #79D/WHSg[ 編集]
確かによくわからない部分はあったけど^^;
これはよかったな~
ところどころ、ほんとに可笑しくて吹き出しそうだったんだけど。ショーン・ペン怪演(笑)
2013/03/24(日) 10:37:30 | URL | LAGUNA #79D/WHSg[ 編集]
翔さん>
旅に出てる時間は半分くらいなんですが、主人公が旅を通して自分探しをするという意味でも立派なロードムービーでしょうね~。
そそ素手のスカッシュやってみたいと思った~。
水のないプールでやってるので、失敗すると球拾いが大変そうだけどw
うん、これ全部を説明しない映画なのでちょっとわかりにくいところあるけどコメディ的にも楽しめるし、色々想像をめぐらすのも楽しい映画でした。
2013/03/24(日) 10:41:41 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
einhornさん>
あ、苦手っぽい感じしましたか。
多分観たら大丈夫だと思います。
全然肩肘張ってなくて、ショーン・ペンのリアクション見てるだけでも面白いですw
マクドーマンドさんはほんと面白い女優さんですよね~。
監督は御自身の夫婦関係を重ねたようですが、マクドーマンドさんは、プレッシャーをかけることなく、傷ついた夫の心を静かに見守る妻をいい感じに演じてて、ますます好きになりました。
2013/03/24(日) 10:46:15 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
字幕さん>
あは、こんなおば様方いますか。
ダブリンでは街の人に振り向かれてたけど、NYと通天閣なら大丈夫ですね(笑)
セーラー服を着てスキップしてたのは字幕さんご自身という噂を聞いたような(爆)
で、みなさんどこに行っちゃったんでしょう。
2013/03/24(日) 10:50:14 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
LAGUNAさん>
ショーン・ペンってこんなコメディの才能もあったんですね。
エミリー(アヒルw)のシーンとか笑ったわぁww
色々に謎を残す描き方だったけど、それを考えてみるのも楽しいよね。
ってことで、裏ブログで謎を自分なりに考えてみたので、よかったら覗いてください。
2013/03/24(日) 10:53:29 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
これ記事を読んで、、フーン、ショーンおばさんかぁ??と思いTVを付けたらナンとナンとFoxでそのままやっているじゃないですかぁ、、ビックリしましたよ。記事を読んだ途端見れるなんて、、、もう昨今はそんな時代になっても良いんですがね。見たい映画を瞬時に見れるって、、。
2013/03/24(日) 18:55:34 | URL | guch #79D/WHSg[ 編集]
guchさん>
おーーーー!素晴らしい。
ぜひご覧になってください。
そして「トニーって誰?」について、裏ブログ(シネマ・クチュール)で語りましょう(^-^)/
2013/03/24(日) 19:15:29 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
怪演・・ほんとそう思いました
そして、やっぱすっごい役者やな~~って
なんかストーリーよりその事ばっか考えちゃって・・
ミスティック~でオスカー獲った人がコレやるかね~なんてw
そんな感じで観てたんで、僕も謎な部分かなり多いっす^^;
2013/03/24(日) 21:53:58 | URL | SHIGE #79D/WHSg[ 編集]
SHIGEさん>
ショーンはこのキャラクターを理解し、殆ど監督の指示を受けるでもなく、この役を演じたそうです。やっぱ凄い人よね。
これあえて謎を散りばめた作りだったと思うので、それを解き明かすのも面白さかなぁって思います。ってことで裏で言いたい放題の持論展開してみました(笑)
2013/03/25(月) 12:02:12 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
その雰囲気が ってやつ
わかる気がしま~す。
「絵」とかも、なんか好きになりましたも~ん
2013/03/31(日) 04:50:46 | URL | る~ #79D/WHSg[ 編集]
る~さん>
ちょっとわかりづらいところあったけど、その後色々自分なりに謎を考えたりして楽しめました。
そう、絵的にも美しかったですよね。
2013/03/31(日) 11:11:40 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック