映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠い空の向こうに
2013年03月13日 (水) | 編集 |

遠い空の向こうに (1999)

【原題】October Sky
【監督】ジョー・ジョンストン
【出演】ジェイク・ギレンホール / クリス・クーパー / ローラ・ダーン / クリス・オーウェン / ウィリアム・リー・スコット / チャド・リンドバーグ / ナタリー・キャナディ
 

寂れた炭鉱の町
小さな光となって夜空をかけるスプートニクを見上げ、ホーマー少年はロケット作りの夢を抱く。

後にNASAのロケット・エンジニアになったホーマー・ヒッカムの自伝を基に
友人とともにロケット作りに励み夢を実現させる若者の成長を描く青春ドラマです。

ホーマーを演じるのはジェイク・ギレンホール
友人と協力し、試行錯誤する様子が楽しくて、もの作り好きの心をくすぐられます。
しかし小さな炭鉱の町で炭鉱夫として責任を担う父にロケット作りを反対され道は険しい。
一度は火災の犯人として逮捕の憂き目に遭ったりもしますが
容疑を晴らすためホーマーがしたことは独自で数学を学び容疑を晴らすのです。
数学は必要から生まれる学問なのだとあらためて感心しますね。

頑固な父親を演じるクリス・クーパーもいい。
親を超えて成長する息子は眩しすぎて、父親は自分が小さな人間に思えてしまうのかもですね。
父として男として葛藤しながらも、本心では息子の成長を願っている。
ホーマーにしても、父に認めてもらうことは、挑戦し続けることの原動力にもなったはずで
結局は互いを信頼しあう父子に感動するのです。




恩師(ローラ・ダーン)によって道が開かれ、力を貸してくれる大人がいて、
家族の支えと、夢を分かち合う友がいて、初めて夢は現実となる。
小さな手作りロケットが空高く舞い上がる瞬間の感動は半端なかった。

傾きかけた炭鉱産業の町に生まれ、将来を葛藤しつつ、
夢を追いかけ続けたホーマーの成長にも胸が熱くなる珠玉の一本です。





      
関連記事

コメント
この記事へのコメント
これ今気が付いたけど、観てるようで観てへんかったです。(笑)
キャストが好きなんですよね、この作品は。
そうかぁ、珠玉の1本かぁ。
じゃ、ホントに観なきゃ。
2013/03/12(火) 09:35:23 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
おお!これ好きだわ~。
父と息子の描き方いいね。力かす先生もいたりというのもあったけどほんとに夢を実現しちゃってすごい。お父さんがみにきてくれたとこはじんときちゃった。しょぼい記事ですけどTBします。
2013/03/12(火) 09:35:50 | URL | LAGUNA #79D/WHSg[ 編集]
まちがえて2回TBしちゃいました^^;
削除の仕方わからない・・・ごめんなさい。
2013/03/12(火) 09:42:08 | URL | LAGUNA #79D/WHSg[ 編集]
Kaz.さん>
わはは、観てないことに気づいた?w
という私も今頃観たのです~。
いやぁ、これほんとよかった。
マジ珠玉の一本だと思いますので、ぜひ。
2013/03/12(火) 09:42:12 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ラグナさん>
いいよね~。
ジェイクもまだ若くて可愛いし。
先生を演じたローラ・ダーンもよかったなぁ。
父ちゃんが頑固だけど、ちょっと可愛いところあって好きだったわ。
そう、見に来てくれたのには泣けました。
TBありがとうございます。
OK,OK こちらで削除できるのでさせてもらうね。
2013/03/12(火) 09:44:49 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
そうそう~これは胸が熱くなる青春ものでした~
クリス・クーパーこれで好きになったんだな~w
2013/03/12(火) 18:10:06 | URL | 翔 #79D/WHSg[ 編集]
プラタ-ズ、バディホリ- 音楽がよかったね
健全な奴はロケット作り、エンジニアになる
不健全なやつは爆弾作りに精だし その後爆弾魔にはなってません  
プラの船に火薬仕掛け タバコの起爆装置
海で爆発させるはずが漁師に拾われ バクハツ
こっぴどく殴られたガキの日々 
2013/03/12(火) 18:18:18 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
ラスト30分はずっと泣かされた記憶があります。クリス・クーパーとかローラ・ダーンといった主人公を支える面々の描き方もよかったです。
2013/03/13(水) 03:05:05 | URL | einhorn2233 #79D/WHSg[ 編集]
この映画好きで、DVDも買って何度も観ています。
子供の頃というのは、後で思えばそれが夢と言われるものだったのでしょうが、当の本人はおもしろくて夢中にそれを追い求めているだけなんですよね。
そんな少年をやさしく見守っているローラ・ダーンが好きです。
2013/03/13(水) 07:13:00 | URL | yymoon #79D/WHSg[ 編集]
これ~持ってるけど
まだみてな~い
みたいのばかりがふえる。
時間をくださいなの
2013/03/13(水) 08:08:57 | URL | る~ #79D/WHSg[ 編集]
私もこれ大好き~~(*´ー`*)
ロケットが空高く上がった時の感動ったらないですね~^^
父と息子の関係も巧く描かれていたと思います。
しばらく観てないので、また再見したくなりました(^ー^)
ブログ開設初期の「である」調記事ですが、トラバさせてもらっちゃいま~す♪(久しぶりに自分で読んで苦笑い( ̄∀ ̄*))
2013/03/13(水) 08:26:34 | URL | じゅり #79D/WHSg[ 編集]
翔さん>
これよかったね~。
終盤はウルウルの鑑賞でした。
そうそう、クリス・クーパーが頑固なんだけど、ちょっとやんちゃで可愛いところがあって、とっても魅力的でした。
今頃の鑑賞だけど、今まで見たクーパーさんの中で一番好き!
2013/03/13(水) 21:31:24 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
音楽いいなぁと思いながらまだチェックできてないので、多分後日裏で取り上げたいと思います♪
いやいや、そこでこっぴどく叱られてよかったよ。
ミスター・ボマーになってなくて何よりですw
それにしても凄い少年時代(≧∀≦)
2013/03/13(水) 21:35:18 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
einhornさん>
私も終盤はずっと泣いてましたね~。
未来を切り開いた姿にも、父子の関係にも泣けた。
ロケットにローラ・ダーン演じる教師の名前を見た瞬間も涙が溢れましたね~。
ほんと、いい作品でした。
2013/03/13(水) 21:38:55 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
yymoonさん>
わぁ、何度もごらんになってますか。
私もどうして早く観なかったんだろうって後悔しましたよ。
そうですね。彼らは好きなことを夢中になってやってたんですね。
ローラ・ダーン演じた教師がいなかったらなしえなかったことかもしれない。
素晴らしい出会いってありますね。
2013/03/13(水) 21:43:29 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
る~さん>
そうなんですよね。観たいものが増える一方で身体はついていけないんだけど。
でも映画は逃げませんから。
(上映中のものは別として)
時間のあるときにゆっくりご覧ください。
2013/03/13(水) 21:45:11 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
じゅりさん>
これほんと良かったわぁ。
素人が作ったものなのに、あんなに高く!って
ビックリ&感動で、いやぁ、まいった。
頑固なクーパーパパがまたよかったね。
それぞれのキャラもたって、関係も丁寧に描かれた秀作でした。
「である調」記事楽しみにお邪魔します(^-^)/
2013/03/13(水) 21:50:55 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
監督 ジョー・ジョンストン 出演 ジェイク・ギレンホール クリス・クーパー クリス・オーウェン チャド リンドバーグ ウィリアム リー スコット ローラ・ダーン のちにNASAのロケット・エンジニアになったホーマー・ヒッカムの自伝を基に、「ジュマンジ」
2013/03/13(水) 00:37:01 | らぐなの映画日記
監督:ジョー・ジョンストン脚本:ルイス・コリック出演者:ジェイク・ギレンホール 、クリス・クーパー 、クリス・オーウェン 、チャド リンドバーグ 、ウィリアム リー スコット 、ローラ・ダーン製作年:1999年評価:★★★★ 爽やかな感動 ホーマ
2013/03/13(水) 23:26:57 | じゅり好み☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。