映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
ベラミ 愛を弄ぶ男
2013年03月06日 (水) | 編集 |


ベラミ 愛を弄ぶ男(2012)イギリス
監督:デクラン・ドネラン/ ニック・オーメロッド
出演:ロバート・パティンソン、 ユマ・サーマン、 クリスティン・スコット・トーマス、 クリスティナ・リッチ、 コルム・ミーニイ、 フィリップ・グレニスター、 ホリデイ・グレインジャー、 ナタリア・テナ
【ストーリー】
1890年、退廃のパリ。貧しい生活を送るアルジェリア帰還兵の青年ジョルジュ・デュロワ。ある日、彼は偶然にも新聞社に働く旧友と再会し、晩餐会に招かれる。ジョルジュはそこで、上流階級の淑女たちと出会い、身なりを整えた自分の容姿が彼女たちを虜にしていると知る。

文豪モーパッサンの古典の映画化です。
貧しい青年ジョルジュにロバート・パティンソン
彼は周囲の女性の反応から「自分、結構イケてんじゃん」と気づき、
女たちを踏み台にのし上がっていくという話。
「ベラミ」には色男という意味があるらしい。



ベラミに翻弄される女性陣に ユマ・サーマン、 クリスティン・スコット・トーマス、 クリスティナ・リッチ
コンサバなオバサンに一旦火をつけたら面倒だよなぁなクリスティン・S・トーマスなど、
演技派女優たちのパフォーマンスが楽しい。
中でもカッコいいのがユマ・サーマン



書くことで国を動かすほどの力を持ちながら、女性であるがゆえに、実力を認められることはない。
力を発揮するために男を利用する女と、力はないが美貌を武器に女を利用する男ジョルジュとの対比が面白い。
「激しすぎる」ユマ・サーマンとパティンソンの絡みは爆笑ものw

ベラミは女性の敵かもしれないけど、何故か憎めないのは
彼がそうしなければならない理由に同情するからであり
したたかさとナイーヴさの混在するパティンソンの魅力によるものも大きい。
壮大な音楽が、女を踏み台にのしあがる男のドラマを盛り立てるって
なんか不釣合いにも感じるのだけど、そのギャップがまた面白さかなとも思えるから不思議。
個人的には国の動きなどがわかりにくかったのは残念でした。
トレーラー貼っておきます



今週末からの公開です


★★★☆




関連記事

コメント
この記事へのコメント
久々のクリスティーナ・リッチですね。
これは映画館で予告を観たんですが、私のアンテナは反応鈍かったんですよ(汗)・・・。
pu-koさんの記事も凄く参考になりました。
(今、自分のブログが面白くないので、ここは凄く気分が落ち着きます)
2013/03/06(水) 02:37:34 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
ほぉ~こりゃ女優陣のキャストがエェな~。
ハングリーなジゴロ、ってタイプとが違うのかな?
ギャップを楽しめそうで、これは面白そうです。
2013/03/06(水) 05:45:43 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
モ-パッサンのほうの でしたか
京都京阪三条前 ベラミ事件思い出しました
ちょうどその頃ウロウロしてたので
2013/03/06(水) 09:21:37 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
なるほど~~そういう展開なんですね^^
いやいや~いいじゃない~い^^
こういう時代背景のものって苦手ですが俄然見たくなりましたね。
ん~~でも・・もし僕がそのジョルジュやったとしても クリスティン・スコット・トーマスだけには手を出さないですね。一番怖い・・特に目が怖いw
2013/03/06(水) 21:36:17 | URL | SHIGE #79D/WHSg[ 編集]
あ、ちょっとみたい家紋
ってきになってしまいました。
仕事もバタバタなので
まにあうかな~
2013/03/06(水) 22:42:49 | URL | る~ #79D/WHSg[ 編集]
ばっ爆笑ものですか?(;・∀・)
好みの俳優だったら観たいかも!
って感じのトレーラー、
女優陣は好みなんですけどね。
どーもロブ様はなぁ。
2013/03/07(木) 01:06:03 | URL | miyu #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
リッチ嬢、私もちょっと久々かな。
広い心でジョルジュを愛する女性を好演してました。
予告でピンときませんでしたか。
私もこういう文芸的なコスチューム劇は得意じゃないんですが、これはドロドロの展開が面白かったですw
ブログも長くやってると思うように楽しめないこともありますよね。
クールに構えてマイペースでいきましょう。
2013/03/07(木) 10:04:22 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
Kaz.さん>
女性陣が面白い取り合わせですよね。
何かこの邦題見るとジゴロ的なニオイだけど、野心からくるもので結構必死なんですよねw
なので面白かったです。
最近どうも副題が余分というか、言いえてないなぁと思うものが多いような。
2013/03/07(木) 10:07:19 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
京都のベラミ事件、調べてみたらクラブの名前なんですね。
ということは同じ意味なんでしょうね。
ちょうど大学生の頃かな。
2013/03/07(木) 10:11:38 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
SHIGEさん>
SHIGEさんもこの時代のもの苦手?一緒ですねw
ギャハ、でもクリスティン・スコット・トーマスさん、今回はコミカルで笑わせてくれるんですよ~。
男性からすると凄く始末の悪い女だろうなぁw
しかし器用な女優さんですよね。
2013/03/07(木) 10:15:17 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
る~さん>
忙しいのね。風邪は治った?
これはコミカルでもあって、結構楽しめる作品だと思うので、時間取れればお試しあれ。
2013/03/07(木) 10:16:51 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
miyuぽん>
わはは、ダメですか(笑)
私も最初に見たときは青白くて目つき悪くて、キモって思ったんですが、最近は演技の面で見直してるんですよ。
ユマとのベッドシーンは笑いました。
どんだけ急いでるネン!って。
あ、ユマさまが・・ですが(笑)
2013/03/07(木) 10:19:03 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック