映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポンヌフの恋人
2013年03月05日 (火) | 編集 |



ホーリー・モーターズ』を観て、レオス・カラックス作品を観てみようと思いました。
ポンヌフの恋人(1991)フランス
原題:Les amants du Pont-Neuf
監督:レオス・カラックス
出演:ドニ・ラヴァン、 ジュリエット・ビノシュ、 クラウス=ミヒャエル・グリューバー、 ダニエル・ビュアン、 マリオン・スタレンス、 エディット・スコブ
パリで最も古い橋とされるポンヌフ橋を本物そっくりに再現したらしく
物凄くお金のかかった映画らしいですね。

『ホーリー・モーターズ』で11人の人間を演じて見せたドニ・ラヴァンが演じるのは
ポンヌフ橋に暮らす大道芸人の浮浪者アレックス。
ある日、彼の寝床とする場所にやってきたミシェル(ジュリエット・ビノシュ)と出会います。
ミシェルは絵の才能を持ちながら、失恋と不治の眼病に絶望し、放浪を始めた女性。
浮浪者仲間のハンスに追い出されそうになるミシェルを構ううち恋に落ちるアレックスですが・・




道路で朦朧としてはシェルターに運ばれる、アレックスはそんなことを何度も繰り返しているようなのですが、身体も丈夫そうな彼が何故ホームレスなのか。
その背景は語られませんが、薬に頼らなければ眠れないところから、過去のある男であることは窺えます。
そんなアレックスがミシェルに思いを寄せるのに時間はかかりません。
初めて守るべきものが出来たのかもしれない。
けれどアレックスにとって、ミシェルが世間を捨てたものであることが肝心なようで
彼女が社会に戻ることを望んではいないのです。
ピュアゆえに社会の底辺でしか生きられない男の悲哀が漂いまくるのですよねぇ。

溢れ出る映像美から、監督の才能は十分に感じ取れます。
アレックスの夜の大道芸シーンは、ドニ・ラヴァンのパフォーマンスの凄さもあって見所のひとつですね。
二人を小人のように見せる実験的なシーンも面白い。
しかし、物語の〆方があまりしっくり来ない。
悲劇的な終わり方の方がアレックスの刹那な生き方に合ってると思うのは残酷かな。
よりピュアな物語に昇華できるすんでのところで、無謀な方向転換をしたという印象なのがちと残念です。

ちなみに・・・
『ホーリー・モーターズ』でも気になったのだけど、
本作でも夕焼けの浜辺をビノシュと駆け抜けるドニさんのシルエットには面食らうよね(笑)

あと『ホーリー・モーターズ』でモーションキャプチャーのスターを演じるシーンの
アクションは凄すぎてきっと吹き替えなんだろうと決め付けてたけど、
本作での宙返りとか見ると、『ホーリー~』でも本人がやってるのかなと思ってみたり。
なんにしてもドニ・ラヴァンの身体能力の高さには驚きます。


★★★★

関連記事

コメント
この記事へのコメント
花火のシ-ンが圧巻でした
もぷずいぶん前に観たけど すっかり忘れていてまた新鮮に観れそう
たぶん、当時中学になったばかりくらいの娘も観てて こいつはアホやったけど 小さい頃から字幕映画観てて 字もロクに読めんのに 映画の内容はすっかり理解してるというヘンな特技で 
いまだフランス映画好きで ほぼポルノのフランス映画が好きなんやと揶揄してやります
2013/03/04(月) 17:30:25 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
書き忘れましたが花火のシーンは圧巻でしたね~。
本当に美しい絵を撮る監督だなと思いました。
へーー、お嬢さん凄いですね。
いつしか口をついてフランス語があふれ出るのではないかしら。
語学って案外そんなものですよね。
小さい頃から聴いてると吸収が全然違うんだそうで。
私は手遅れですが(笑)
2013/03/05(火) 00:43:43 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ボンヌフの恋人って勝手に美しいメロドラマを想像してたんですが
画像で見る限りホームレストは!
小人のようにみせるシーンとは?
気になるなぁ 機会があったら観てみますw
2013/03/05(火) 02:14:04 | URL | 翔 #79D/WHSg[ 編集]
ドニ・ラヴァンとビノシュはレオス監督のお気に入りですな。
あ、この橋はセットやったんですね~。
そりゃお金もかかるわぁ。(笑)
TBさせてもらいますね~。
2013/03/05(火) 03:59:28 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
これ、公開当時に劇場で観ているのですが、ほとんど記憶に残っていません。花火のシーンがきれいだったのと、こんな映画になぜ制作費がかかったんだろうという印象しかなくって。ジュリエット・ビノシュも好きな女優さんなのですが、この映画の印象ほとんどないです。純粋に恋愛映画ってところで、逆に印象が薄くなっちゃったのかもしれないです。
2013/03/05(火) 04:43:27 | URL | einhorn2233 #79D/WHSg[ 編集]
翔さん>
私も!(笑)響きから美しいですもんねw
ホームレス同士の愛なんて、まさかでしたよ。
私の勘違いでなければ、二人が笑い転げるシーンが小人のように見えたよ。
なんだったんでしょ、あれ(笑)
ぜひ観てみて〜。映像美は素晴らしいです。
2013/03/05(火) 12:54:37 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
Kaz.さん>
ビノシュは監督の恋人でもあったんですってね。
悲劇にするところハッピーエンドに換えさせたようで、そういうのはイカンよなぁなどと思ったところでした。
こんな立派なw橋まで作るとは、ビックリですよね。
TBありがとうございました。
2013/03/05(火) 13:00:27 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
einhornさん>
おー、劇場でご覧になりましたか。
映像の美しさを堪能された事と思います。
でも内容は忘れちゃってますか。私もそうなるのかな。
橋の建設にもお金かかったでしょうね。
あと駅でポスターを燃やすシーンとかもそうかも。
最後は中途半端なハッピーエンド風にせず、悲劇にした方が印象に残ったかもです。
2013/03/05(火) 13:04:23 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
僕の初ビノシュは「存在の~」ではなくこの作品やったんですよね。。だからビノシュが今のような雰囲気の女優になるとは夢にも思いませんでした
そして初カラックスもこの作品。
カラックス自身、路上生活してそうなイメージありますよね~
「目覚めよ、パリ!」また観たくなりました^^
2013/03/05(火) 21:33:18 | URL | SHIGE #79D/WHSg[ 編集]
20年位前にビデオで観た記憶があるのですが、当時からビノシュが苦手だったように記憶しています。
この後、ドンドン苦手が加速していったような・・・。
2013/03/06(水) 07:35:06 | URL | アンダンテ #79D/WHSg[ 編集]
ご覧になりましたか。
微妙な評価のような感じを受けました(笑)。
仲代達矢主演の冤罪映画を上映した映画館ユーロスペースで3月23日からレオ・カラックス特集をやります。その後、4月6日から「ホーリーモーターズ」と続きます。時間があったら観にいってみようかと思っています。
2013/03/06(水) 08:15:28 | URL | yymoon #79D/WHSg[ 編集]
途中で生理的にきついな~っておもうとこがあって
気持ち悪くなったんですよね~
コレ
2013/03/06(水) 22:39:07 | URL | る~ #79D/WHSg[ 編集]
SHIGEさん>
このビノシュにはまだ大物の片鱗は見えませんよね。
ただ時々ピュアなものを感じました。
ワハハ、カラックスの画像見たところですが、ちょっとドニ・ラヴァンに似た感じじゃないですか?
どっちかというと野生系ですもんね。
2013/03/07(木) 10:22:46 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
アンダンテさん>
ビノシュ苦手ですか。
私も彼女は作品によって印象が違うんだけど、苦手と思うものもいくつかあるのでお気持ちわかります。
2013/03/07(木) 10:24:12 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
yymoonさん>
監督の才能はビンビン感じたし、嫌いではないんですが、終わり方はこれでないほうが良かったと思ったんですよね~。
別エンディングのが収録されてるなら観たいくらい。
おーー、カラックス特集! 都会は羨ましいです。
『ホーリー・モーターズ』もあるんですね。
変わった作品だけどファンタジーとして観るといいかもです。ご堪能ください。
2013/03/07(木) 10:29:26 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
横レスでごめんなさい~
る~さんの生理的にきついな~っておもうとこがっての・・すごくわかります。
映画であまりそゆのないですが、この作品ではありましたね~
2013/03/07(木) 21:34:10 | URL | SHIGE #79D/WHSg[ 編集]
お久しぶりです♪
カズさんとこからきました。
この映画は凄いの一言です。スリリングな映画で、アクション的恋愛映画のような圧倒的な迫力でした。
2013/03/08(金) 07:27:21 | URL | シーラカンス #79D/WHSg[ 編集]
る~さん>
それ解る気がする。
登場人物も汚いしなぁ(^~^;)
2013/03/08(金) 08:43:50 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
SHIGEさん>
SHIGEさんも生理的に厳しかったですか。
ホームレス同士の恋愛っていうのも特殊だしね。
シェルターの様子なんかも、見ちゃいけないものを見るような気になったし。
2013/03/08(金) 08:46:26 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
シーラカンスさん>
ご無沙汰しております。お元気でしたか?
確かに迫力はありますね。
映像の美しさが壮大さをかもし出していたと思います。
物語の最後の破綻がなかったらなぁと思わずにいられません。
2013/03/08(金) 08:49:50 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
私は 初ビノシュがこの作品でした。
というか、けっこうこれみてこの女優さんくるなと思いましたけど・・。
何か浮浪者だから きたないイメージありましたね(笑)
ドニ・ラヴァンってその後もあまり知らずにここまえきてしまいましたが、11人の役ってすごいですね~
2013/03/09(土) 09:46:53 | URL | LAGUNA #79D/WHSg[ 編集]
毎日毎日自分たちの
知らない感情や何かを
発見していくことが、
『ポンヌフの恋人』の
作り方なんだ。
ー レオス・カラックス
ホームレスたちに勇気を
与えた映画だ。
まあホームレスたちは
映画を観ないけど。
2013/03/10(日) 17:52:00 | URL | GH字幕 #79D/WHSg[ 編集]
ラグナさん>
おー、さすがお目が高い。
今では立派な演技派女優ですもんね。
確かに汚いけどw時々キラリと光るものはありましたね。
ドニ・ラヴァンは監督の秘蔵っ子なんですね。
11のキャラを一つの映画の中でというのは凄いよね~。とにかくエキセントリック。
2013/03/11(月) 13:10:16 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
字幕さん>
おーー、カラックス監督の神の声をありがとうございます。
なるほど、そういう作品意図があるんですね。
ホームレスに勇気ですか。。
うーん。私は逆に絶望を感じました。
彼らの行く末に希望は感じられない。
2013/03/11(月) 13:14:27 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
先日の 「ナポレオン」 に続き、蔵出しビデオからの鑑賞です。 この映画、公開当時は単館でのロードショーで記録的なロングランヒットを飛ばしたフランス映画です。 監督は、 "ジャン=リュック・ゴダールの再来" と言われた、 レオス・カラックス による3本目の長
2013/03/05(火) 19:00:39 | CINEmaCITTA'
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。