映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒロシマモナムール(二十四時間の情事)
2013年02月22日 (金) | 編集 |
『愛、アムール』でオスカー主演女優賞にノミネートのエマニュエル・リヴァ、初の主演作です。





ヒロシマモナムール(二十四時間の情事)(1959)フランス/日本
原題:Hiroshima,Mon Amour
監督:アラン・レネ
出演:エマニュエル・リバ、岡田英次、ステラ・ダサス、ピエール・バルボー、ベルナール・フレッソン


戦後のある8月6日の日本
反戦映画のロケに広島を訪れていた一人のフランス人女優(エマニュエル・リヴァ)は
滞在最後の日、建築家の日本人男(岡田英次)と一夜の情事に耽る。



男と女の情事の後の会話が延々と続く
互いに名前を訊くでもなし
男は女が広島で見たというものを、ことごとく否定するという不意義な会話
夜が明け別れを告げるものの、男は未練から女のロケ地を訪れ二人は再会
別れまでの一日をともに過ごす。

フランス人女性と日本人男性の熱い恋物語なのかと思っていたら
酒場での話から、女の思いがけない過去が見えてきます。
それは若き日の禁断の恋。
男に話しながら、今もその愛と喪失に囚われていることに気づき戸惑う女。
けれども、封印していたものを解き放つこと
それは女の再生の始まりでもあるんですよね。
新たな愛を見つけることもできるのだという。

映画の冒頭に映し出される原爆後の写真と映像は悲惨で恐ろしいものだけれど
戦争の痛みを抱え、生の感覚を失ったふたりが
一夜の出会いにより人生に新たな光を見出す。
再生する広島にも希望を込めた作品なのかなと思いました。



監督は『アメリカの伯父さん』『風にそよぐ草』のアラン・レネ
女(役名なし)を演じたリヴァさんはこのとき32歳でしょうか。美しいですね~。

★★★★

関連記事

コメント
この記事へのコメント
国産ジャンマレ-ですか  下奥田になってるけど
だいぶ違う人やなぁ 金閣寺放火犯になっちまう
これずいぶん昔に見た覚えあるけどガキやったし
つまらんかったぞ 半端で 
2013/02/21(木) 17:49:42 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
こういう反戦映画の描き方もあるんだと感心させれましたよ。
自分が観た時は、タイトルは「二十四時間の情事」だったけど、いつから原題に変わったのかな?
2013/02/22(金) 04:56:58 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
映画では初めて知りました。
『アルカトラズ』というバンドの名曲と同タイトルですね。
2013/02/22(金) 08:51:51 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
えーこの方、あのリヴァさんですか~?
綺麗ですね~。
初主演作が日本と合作の映画。広島の再生と自分の再生。みたいなぁ。
2013/02/22(金) 09:01:30 | URL | LAGUNA #79D/WHSg[ 編集]
これは邦題でかなり損をしたようで
公開当時でも批評家の寸評は良かったらしいですが
一般の観客は敬遠して大映の映画館はガラガラ
だったとか。ナチスの将校と通じたために
暗い過去を送ったフランス女と原爆で家族をすべて
失った男が広島で出会う。
アウシュビッツのドキュメンタリー
『夜と霧』で辛辣な反戦メッセージを投げかけた
アラン・レネだが、今度ばかりは少し勝手が
違ったようで、西欧人と東洋人との
戦争体験には少々ギャップがあったかもしれない。
恋愛ドラマでもなく刹那的であり映像は実験的。
だがそれは後年の『去年マリエンバードで』
にかなり影響を残していると思う。
アラン・レネほど日本文学に影響された
ヌーヴェルヴァーグの映像作家はいないと思う。
2013/02/22(金) 10:31:05 | URL | GH字幕 #79D/WHSg[ 編集]
あら~、こんなに綺麗な~~
恥ずかしながら、こんな作品がある事すら知りませんでしたが(^-^;
再生する広島に希望、ですか。観てみたいです。
2013/02/22(金) 10:42:44 | URL | じゅり #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
和製ビル・マレーと言われてるんですか。
フランス語堪能で男前ですよね。
あ!名前間違えてました。訂正しました。ご指摘ありがとうございます。
これは抽象的な描き方になってるし、子供には理解不能だと思いますね(笑)
今なら感じるところはあるかも。
ただし「情事」を期待しないようにw
2013/02/22(金) 11:08:43 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
Kaz.さん>
もう冒頭の原爆被害のシーンから痛烈ですよね。
そこには言及しないまま、心の傷を抱えた二人の出会いと別れで描くというのは面白いところでした。
タイトルはどっちが正しいんだろう。
映画.comでは『二十四時間の~』でallcinemaが『ヒロシマモナムール』。普段allcinemaを基準にしてるのでそちらを書いておきましたが。
本当は邦題として統一して欲しいところですよね。
2013/02/22(金) 11:12:20 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
へーー、同タイトルの曲があることを知りませんでした。
このリヴァさんが今回オスカーの大穴になりそう。
2013/02/22(金) 11:14:31 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ラグナさん>
リヴァさん、思ったよりもずっと綺麗な方でした。
DVDにリヴァさんのインタビューが収録されていて、少し理解したのだけど、映画を観ただけでは広島の再生との関連を明確に書いてはいないのでちょっとわかりにくいかもです。
2013/02/22(金) 11:18:45 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
字幕さん>
へー、一般客は敬遠ですか。
抽象的で人気がなかったのだとすると理解できます。
私も恋愛ものと思って観たら違っていて困惑。
インタビューを見る作品のテーマを理解したようなものです。
『マりエンバード』は難しそうで手が出ないでいます。
ほぼ同時期の作品ですよね。
『夜と霧』は観たいなぁ。
TBありがとうございました。
2013/02/22(金) 11:26:54 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
じゅりさん>
ね~。こんな綺麗な方でした。
再生する広島に希望というのも私が勝手に想像したものだけど、広島を舞台にヒロインの再生を描いているので、そこに重ねたんだろうと解釈しました。
評価の別れる作品かもです。
2013/02/22(金) 11:32:30 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
その、情事を期待してたんですが 昼下がりの情事
といいヘンな期待を持たせる題をつけないでもらいたい ガキはすぐ期待するんだから
 ここか、 も一つのほうにチラっとムカデ人間出てた気がしたんですがアレは夢か
ほぼコメディやったね  ヘタな日本人の演技
殺されたけどドイツ人のケ-カン二人、雰囲気だけはよかった 博士はなんかカメレオンみたいな顔で
2013/02/22(金) 17:43:42 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
この邦題では情事を期待するなという方が無理ですよね(笑)
あは、『ムカデ人間』に気づきましたか。
過去記事を少しずつ引越しさせてるんですが、『ムカデ人間』引越しさせたときに間違えて現在の日付で投稿してしまい瞬間最新記事に表示されてしまいましたw通常は記事を書いた日付で投稿するのでトップページからは見えませんが、インデックス辿っていただければ記事はあります。
そそ、あれはコメディとしてみるのが正解ですね♪
2013/02/22(金) 18:02:16 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
タイトルだけみてると
ピチカートファイブの曲みたいです~。
2013/02/22(金) 19:33:37 | URL | る~ #79D/WHSg[ 編集]
る~さん>
モナムール東京かな
知らなくて調べた(笑)
2013/02/23(土) 00:35:30 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
この映画はずいぶん昔に見た憶えがありますが、邦題は「二四時間の情事」でしたね。
内容は全く憶えていません。
新作が、86歳でジャン=ルイ・トランティニャンとの共演とは、すごいですね。
岡田英二は、最近観た木下恵介監督の「香華」で渋い二枚目をやっていました。
2013/02/23(土) 08:15:26 | URL | yymoon #79D/WHSg[ 編集]
yymoonさん>
今日で86歳のお誕生日のリヴァさん、今日はアカデミー会場にも来られてました。
お元気でなによりですね。
岡田英次さんは男前ですね。
フランス人美人女優のお相手役を堂々と演じていいて、嬉しいことです。
2013/02/25(月) 00:37:45 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「私は観客と疑問をわかち合ってる。彼らと共に質問する」 「私の欲望は、ただ、無限で遥かな変化を観客の中に引き起こすことだ」                         アラン・レネ   『 二十四時間の情事 』1959(仏=大映) HIROSIMA
2013/02/23(土) 01:32:29 | 字幕映画のススメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。