映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
リドリー・スコット『ブラックホーク・ダウン』
2012年05月28日 (月) | 編集 |
今日は今月のキーワードリドリー・スコットから
監督作品『ブラックホーク・ダウン』を。ブラック繋がりだしw
ソマリア内戦への国連介入と失敗を描くノンフィクション小説『ブラックホーク・ダウン アメリカ最強特殊部隊の戦闘記録』をもとに、1993年にソマリアで起こった市街戦を描く戦争映画です。



ラッホーク・ダウン
2001年(アメリカ)
原題:Black Hawk Down
監督:リドリー・スコット
出演:ジョシュ・ハートネットユアン・マクレガー
トム・サイズモアサム・シェパードエリック・バナ
ジェイソン・アイザックスウィリアム・フィクトナー
ユアン・ブレムナー、ガブリエル・カソーズキム・コーツ
オーランド・ブルームトム・ハーディ



ソマリア内戦は記憶に新しいところですが、米軍を含む国連が介入し
こんな壮絶な戦いを繰り広げたことも漠然としか知りませんでした。

内戦の激化で難民の飢餓が国際問題となり、
国連はアイディード派による敵対者たちへの軍事的包囲をやめさせ、
飢餓を救うべく、軍事介入を行います。
そんな中、国連の構成メンバーである米軍は、モハメッド・ファッラ・アイディードの副官2名を捕らえる作戦を独自に計画。
30分で終わると思われたその作戦は15時間にも及び、
結果、市民を含む多数の死傷者を出しながらミッションは失敗。
その壮絶な市街戦「モガディッシュの戦闘」を描くのが、本作なんですね。
ちなみにタイトルは、米軍ヘリブラックホークの撃墜を確認した通信時の言葉
「We got a Blackhawk down」から。

米軍の軍事作戦の中でも史上最悪と評される戦いとなってしまったわけだけど
リアルな映像の迫力に圧倒される作品でした。
アイディード派は情報を素早くキャッチし、手回しをする。
一般市民を民兵の前に置くことで、射撃をためらわせるなど
長く内戦を戦ってきただけあって、彼らは思った以上に賢く強い。
一方作戦を戦う米軍兵士の中には、人を撃ったこと等ない兵士もいる
米軍の考えの甘さも露呈するところです。

『ホテル・ルワンダ』で、国連の介入が及び腰だったのには
この作戦の失敗も無関係ではない様子。
軍事介入の難しさを考えさせられますね。
何故他国の戦争を闘うのか、兵士でさえ答えを見いだせない。でも、飢餓やジェノサイトを見逃すことはできない。
兵士たちは、極限状態の中、命を差し出し戦っているわけで
国の方策は置いておいても、この作品で描かれる兵士一人一人の志は尊く
胸に迫るものがありました。





豪華出演者の中で印象的だったのはデルタ・フォースの軍曹を演じたエリック・バナ
彼が戦争を戦うのは、ヒロイズムからではなく、
そこに戦争があり、救うべきものがある限りは戦い抜くという姿勢。
病的に描かれてはいないけれど、
彼の中にも『ハートロッカー』のジェレミー・レナーを見た思いです。

本来参加するはずの無かったレンジャー班のユアン・マクレガーが
怪我人に代わって作戦に参加することになり、建前と本音の複雑な表情を見せる。
そうだよなぁ、誰だって怖いよね、と共感を呼ぶ役どころですね。

主演にジョシュ・ハートネット
兵士の中にトム・ハーディがいたのは嬉しい発見でした。
これがハーディのハリウッドデビュー作品だったんですね。

★★★★

関連記事

コメント
この記事へのコメント
時のクリントン政権下だったかな、米兵がソマリア人にリンチに遭い、遺体を引きづり回されるニュース映像がショッキングでした。
なんでも軍事介入すると酷い目に遭うという教訓的作品にも取れましたねぇ。
映像はCGを使ってるけど迫力満点だった~。
まぁ、未だに内戦も続いてますもんね。
2012/05/27(日) 09:43:31 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
そそ、この事態があったから、ソマリア介入は遅れたんですよね。
遺体を引きづりまわす映像がアメリカ国民には相当ショックだったみたいですね。
映像の力はすごいってことですね。
内容はいろいろ批判もあるようですが(^_^;、
個人的には久々にリドリー・スコットの華麗な映像を見た気がしましたw
残念なのは、こっちでBD出てないことかな。
キャストは豪華なんですよね。
トム・ハーディも出てるんだ。今度見る時チェックしてみようw
中ではユアン・マクレガーが緩和剤的でしたね。
2012/05/27(日) 09:52:30 | URL | miskatonic #79D/WHSg[ 編集]
豪華な顔ぶれですね〜
そして映画の内容はかなり重そううで、ソマリア内戦については
知識が乏しいのですが、↑の写真は見たような気がします、
気になる映画です。
2012/05/27(日) 16:30:56 | URL | くらげ #79D/WHSg[ 編集]
おっ、今度はリドリー御大ですね、、この兄弟の監督作は殆ど見てますかね、トニーさんはタマにコケますが、、。いよいよ最新作公開が迫って来ました、ちゃんと初日に映画館へ駆けつけますよ。
2012/05/27(日) 20:59:55 | URL | guch #79D/WHSg[ 編集]
ブラック繋がりできてたんですね
これは ずっとずとDVDあたためすぎて見てないでいたわ~
見なくちゃ~
温めすぎて溶けてないかなぁΣ(ノ∀`*)ペチッ
2012/05/27(日) 23:27:36 | URL | 翔 #79D/WHSg[ 編集]
これは話題作でしたね。日本ではジョシュの人気が急上昇のときに公開されてたような…観逃してしまった。
「ホテル・ルワンダ」で、助けを待つ人々の表情が忘れられません。あれはひどかった。くるはずの助けがなぜこないのか…。関係のある作品なら観ておきたいです。
おおっ。pu-koさんのwトムも出ているのですね~(*^^)v
2012/05/28(月) 03:25:55 | URL | けいとき #79D/WHSg[ 編集]
これは内容は知らなかったけど以前からかっこいい題名だなって思っていました。pu-koさんの感想をよんで絶対に見たくなりました(笑)
2012/05/28(月) 03:28:28 | URL | dance #79D/WHSg[ 編集]
トム・ハーディ、よく見つけましたね。
今度マッド・マックスやるみたいですね。
『ブラックホーク~』はリアルな戦争映画でしたね。
劇場で見たら爆音で凄い臨場感でした。
2012/05/28(月) 06:12:23 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
Kaz.さん>
そうそう、クリントン政権下。
私はニュースをボンヤリしか見てなくて、繋がりわかってなかったわぁ。
軍事介入の難しさを感じる作品でしたね~。
同じ民族で血を流し合う、彼らに本当に平和が訪れる日がくるのか。。
迫力の映像はリドリー・スコットの真骨頂ですね。
2012/05/28(月) 08:53:01 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
miskaさん>
そう続いていくんだなぁと今更ながらに学んだ次第です。
人の戦争を戦うことにアメリカ国民も大いに疑問を感じたことでしょうね。
そうですか、内容には批判もあるんですね。
映像の迫力はさすがでした。
BDだと一層迫力で美しいでしょうね。
うぬん、ユアンがひと時の緩衝材でよかったです。
トム・ハーディちゃんと台詞もある役で良かったですよ。
でも無名だから、映画.comにも名前載ってなくて、追加しました(笑)
ぜひチェックして下さい。「ハーディを探せ」ってことでw
2012/05/28(月) 08:59:21 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
くらげさん>
私も世界情勢にとんと疎くて、
映画を通し、今更ながら学ぶことばかり。
これも背景など知って観てみるといいですよ。
豪華キャストの死闘、迫力の映像で見ごたえありです。
2012/05/28(月) 09:01:31 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
guch>
リドリー兄弟はお好きですね。
私も『プロメテウス』前にスコット作品もう少し観ておこうと思ってます。
初日行っちゃいますか。
誰にも邪魔されずご覧になれることを祈ってますね♪
2012/05/28(月) 09:04:19 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
翔さん>
おー、もう十分温まってますw
という私もかなり温めました(笑)
溶ける前にぜひ観てあげて。キャストも豪華だったよ。
2012/05/28(月) 09:06:32 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
けいときさん>
この頃ジョシュは人気あったね~。
そうそう、私のwトムくんも出てて、しかも10年以上も前とあって若くて可愛かったです。
ブレイク前のオーランド・ブルームもいたし、キャストも今観ると結構豪華。
『ホテル・ルワンダ』での国連の対応を私も思い出しながら観てました。
簡単には介入できない理由もあったんだなぁと。
難しいものですね。
2012/05/28(月) 09:27:44 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ダンスさん>
うんうん、劇中タイトルの言葉が出てきて初めて
あぁそういう意味のタイトルだったんだぁって知ったんですが
映画もリアルで激しく見ごたえがありました。
機会があればぜひどうぞ。
2012/05/28(月) 09:29:37 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
トム・ハーディ見つけて嬉しかったですよw
彼は『ダークナイト・ライジング』の悪役のあと、主演作品が目白押し。
一躍ブレイクのきざしですよね。
『マッドマックス』も楽しみだわぁ。
うわぁ、これを劇場で観たら臨場感半端ないでしょうね。
2012/05/28(月) 09:36:19 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
小規模な戦術核を使用すれば
あんな市街戦など一秒で終わります。
そんな事できんわなぁ(爆)
相手が未知のエイリアンなら
話は別だけど・・・
2012/05/28(月) 10:17:20 | URL | GH字幕 #79D/WHSg[ 編集]
あ、ソマリアじゃなくて遅れたのはルワンダ介入ですね;間違ってるし~(^_^;。
米軍をヒロイックに描きすぎている、と云う批判はあるようです。
でも、死ぬ可能性が高いのに英雄的行為に及んだのはのは事実に基づいていますしね。
それと、ソマリアの暴徒の描き方にも問題を感じる人もいるようですね。
この辺は実際にあった事件が題材なだけに、難しい問題ですね。
BDは去年くらいかな、発売予定になって、予約も開始されたんですが、
どう云う理由かメーカーが発売を中止したんですよね。
版権レベルの問題なのかな???と云う感じです。
しかし、PU-KOさんのハーディ発見眼はすごいです!
今度見る時には「ハーディを探せ!」で挑んでみますwww
2012/05/28(月) 14:56:20 | URL | miskatonic #79D/WHSg[ 編集]
リアルでしたねぇ
数の上では圧倒的にアメリカ戦死者少ないんですけど  大騒ぎしすぎ
どこへでも顔突っ込まんほうがええのでわ
ま、利害なければせんのやろうけど
2012/05/28(月) 17:36:36 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
リドリー・スコットはスピルバーグの
『プライベート・ライアン』に先を越されたので
とても頑張っていた!(笑)
これは過小評価気味だと思っています。
力作ですよね。
2012/05/28(月) 20:02:55 | URL | HK #79D/WHSg[ 編集]
ずいぶん前に観たので、全く憶えていないのですが、当時の鑑賞メモによると、「80%が戦闘シーン。この映画の解釈は様々あるだろう」と書いてありました。基本的には、アメリカ軍のやることは、正義ではないという見方ですが。
2012/05/29(火) 06:23:46 | URL | yymoon #79D/WHSg[ 編集]
字幕さん>
だよねぇ。それが市街戦の難しさ。
相手は一般市民を楯にするような非情さだし。
2012/05/29(火) 08:48:58 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
miskaさん>
あ、そうですよね。
問題なしでしたけど、わざわざありがとうございます。
ヒロイックに描いていいものかどうかは、難しいところですよね。
係わっているものにしてみれば、当然そういう思いがあるのでしょうけど
そうの行為自体は結果的には褒められないわけで。。
へーー、結構メジャーな作品だと思ってたんだけど
BDが発売中止って意外ですね。何かあるんでしょうね。
ふふ、主な映画サイトでクレジットされてないものにも
ハーディが出てる作品があることに気づいたので、掘り出す気満々でいますw
2012/05/29(火) 08:55:58 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
アメリカ兵は18名の戦死者なんですけどね
本当に、世界警察みたいな気分は捨てたほうがいいです。
確かに利害関係があるからこそ顔を突っ込むわけですよね~。
どうせ潤うのは一部の金持ち層だけなのに。。
まぁ。でも、助けを求める声があって国連も動いているわけで
『ルワンダ』の例もあるけど、大殺戮を容認する世界ではそれも怖い。
難しいところですよね。
2012/05/29(火) 09:01:37 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
HKさん>
そかそか、戦場の悲惨なまでにリアルな映像と言えば『プライベート・ライアン』で
その後だと二番煎じと取られるでしょうしね。
でも、たった15時間ということでノンストップな闘いぶりは
緊張させられたし、映像も凄かった。
兵士の苦悩も描かれてて映画的には面白かったですよね。
2012/05/29(火) 09:06:18 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
yymoonさん>
なるほどの感想メモです。
そうですね、その正義の捕らえ方が、
映画の評価を左右してる部分かもしれませんね。
2012/05/29(火) 09:07:49 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
あ~~そか、これ未だでした
なぜか観た気に。。
こういう戦争モノはリアル感の高さで
観るものの感じ方が大きく違ってくると思うんですが
その点は期待出来そうですね。
気合入れて観よう~っと!
2012/05/31(木) 21:43:13 | URL | SHIGE #79D/WHSg[ 編集]
これ、深夜映画で途中から観た記憶があります。何というか、ソマリア人の民兵がわらわらと湧いて出てくるのを、虫けらのごとく殺しまくるアメリカ兵という構図が、そのまんま描かれているのがすごいと思いました。善悪を超えて、戦争、特にアメリカのやってる戦争の実態に迫っているように感じましたが、サム・シェパードの存在により、ややアメリカ万歳に寄っているのは仕方ないのかな。
2012/06/02(土) 05:36:51 | URL | einhorn2233 #79D/WHSg[ 編集]
SHIGEさん>
これなかなかの迫力で、短時間集中で描いてることもあり
リアルな怖さを楽しめますよ。ぜひぜひ。
2012/06/02(土) 13:35:14 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
einhornさん>
実際にはもっと人垣とされた民間人を射殺してるんですが・・・
一種サバイバルな緊張とともに戦場の怖さを描いてましたね。
アメリカ万歳でしたっけ。
最近の戦争ものはそういう描写があったにしても、同時に罪の意識なんかも描きますよね。
『キャタピラー』で日本人の戦地での蛮行を垣間見せたように。
2012/06/02(土) 13:39:54 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック