映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
『四つのいのち』めぐりめぐる命の営み
2012年05月23日 (水) | 編集 |
四つの命を通して、自然界の全ての命の繋がりを描く映像詩。
イタリアの新鋭ミケランジェロ・フランマルティーノ監督の作品です。



四つのいのち
2010年(イタリア・ドイツ・フランス)
原題:Le quattro volte
監督:ジョン・ラッセンホップ
出演:ジュゼッペ・フーダブルーノ・ティンパノナザレノ・ティンパノ


イタリアの山の頂上付近にある寒村
聞こえるのは山羊飼いのおじいさんの持つ鈴の音や
山羊の鳴き声、山羊を統率する犬の泣き声やおじさんの咳などなど
物語があるわけでもなく、ドキュメンタリーに近い作風で
村で繰り広げられる自然の営みを淡々と見せる映画です。

この村の昔からの暮らしには、
私たちがとおの昔にどこかに置いてきたものがありました。

例えば羊飼いのお爺ちゃんが袋の中から何かをガラガラと鍋にあけ、
蓋をして、さらにレンガで重しをする。
なんだろうと思ってると、翌日仕事から帰ってみると
テーブルには意外なものが・・だったり
あるいは、お爺さんが咳止めに飲んでいるのが、
教会を掃除して集めた埃だったり(驚)



お爺さんは死に、同時に子山羊が生れ落ちる。
群れを離れた山羊は、やがて大きな樅の木の根元で目を閉じる
樅の木は祭りのために切り倒され、その後木炭を作るために焼かれる。

タイトルの4つのいのちとは何?と考え
人、カタツムリ、山羊、犬・・などと数えたのだけどw
どうやら正解は人、動物、植物、炭なんだそうで
炭が入るんかい!と個人的には驚いた(笑)
けども木が炭となり燃料となって人々の暮らしを助けているわけで
本当は具体的な分類などどうでもよく、
自然はこうして循環しているのだということなんでしょうね。
そう思うと、なんともスケールの大きな作品に思えてきます。

私たちもこの循環の中で生かされている
でも文明人は、この循環を随分壊しながら暮らしているよなぁ
なんてことも考えてしまう作品でした。


★★★★
関連記事

コメント
この記事へのコメント
あ、これはなんか噂に聞いたような記憶が。
そうですか、新鋭監督なんですかぁ。
なんか、哲学も入ってるような作風にも感じます。
こういうの好きなんですわぁ~。
観なきゃ。
2012/05/23(水) 09:08:47 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
これ知りませんでした。
ドキュメンタリーかと思ったら違うんですね。
ちょっと荘厳そう。
文化差みたいなもの(ある意味宗教観?)を感じられそうで
興味深い作品ですね。
2012/05/23(水) 09:14:27 | URL | miskatonic #79D/WHSg[ 編集]
ありゃ牛糞は数の内じゃないんかいな。
そりゃ残念だね。
2012/05/23(水) 10:36:23 | URL | GH字幕 #79D/WHSg[ 編集]
「炭が入るんかい!」(爆)・・・。
pu-koさん、ツッコミ上手いですね(笑)
関西で通用する切れ味ですよ(爆)
ナイス・ツッコミ!!
2012/05/23(水) 11:12:48 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
なんだか哲学的な臭いがしますね〜
ちょっと気になりますね〜
でもちょっと見るのを忘れてしまいそう^^;
2012/05/23(水) 16:33:59 | URL | くらげ #79D/WHSg[ 編集]
ヤギは母親です  母乳の出が悪くなった母親に代わってヤギの乳で育ちました
家で飼っていたのです
子供のころのアダナはヤギ
頭突きが得意です
2012/05/23(水) 17:24:12 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
出た、俺の苦手な田舎が舞台で年寄りが主役の映画w
自然の循環・・・
恐竜時代まで遡った
愛すべきトンデモ映画を思い出した。
で、今ちょっと咳が出るんだけど
埃食ったらいいの?(笑)
あ、でも死ぬんだ。
てかそれ埃なんか食ってるからだろう!
とか書いてるとだんだん観たくなってきた。
2012/05/23(水) 17:36:37 | URL | HK #79D/WHSg[ 編集]
そうそう、炭なの?って驚きましたね
見るときによっちゃ退屈感じるかもしれないし
見るときによっちゃ 究極のセラピー映画になるかも
何言ってんやろσ(ノ∀`●) ?
TBさせてくださいw
2012/05/23(水) 17:53:10 | URL | 翔 #79D/WHSg[ 編集]
読み進めていって、私も「え、炭?( ̄∀ ̄*)」と思いました(笑)
確かに、自然に寄り添って生きている姿を見ると、文明人って…と考えさせられるところがあるでしょうね。
放送あるかなぁ。あったらチェックしますね~
2012/05/24(木) 07:36:07 | URL | じゅり #79D/WHSg[ 編集]
Kaz.さん>
はい、私も翔さんの記事を観て興味を持ったんだヨン。
そうそう、哲学的でもあるんでしょうね。
色々考えてみるのも面白いし、こういうの逆に斬新ですよね。
機会あればぜひ。
2012/05/24(木) 09:47:55 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
miskaさん>
登場人物もこの村に実際に暮らす人たちみたいだし
限りなくドキュメンタリーに近いと思うけど、お爺さんは死んでないと思うし
フィクションでしょうね。
いまだにこういう暮らしをしてるところがあるんだなぁとか
観て感じることも多く、説明が何もないだけに
自分で世界を広げて観るのも面白いと思う作品でしたよ。
2012/05/24(木) 09:51:04 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
字幕さん>
あはは、牛糞よりも今回は山羊糞かな(笑)
個人的には「炭」より「土」だと思うので
ある意味山羊糞は正解です(笑)
2012/05/24(木) 09:53:39 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
根っからの大阪人、ゾンビマンさんにツッコミの切れ味を褒められるのは
最高に光栄です(笑)
でも炭ってあーた!って感じでしょ(笑)
2012/05/24(木) 09:55:24 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
くらげさん>
そそ、哲学のかほりでしょ。
あ、でもそう、
見忘れても大勢に影響なしですね(笑)
2012/05/24(木) 09:57:02 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
おーー、山羊から生まれたの。。
って、ちゃうか、山羊のお乳で育ったんだぁ。
大きく丈夫に育つもんだねぇ。
これは学会で発表しなければ。
ギャハハ、頭突きが得意ってwww
2012/05/24(木) 09:58:43 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
HKさん>
あはは、苦手分野かもね。
でもお爺ちゃんしゃべらないし、案外観やすいと思う。
あー、そうね。恐竜まで遡った某『ツリー・オブ~』と
根源のところで通じてるかもです。
スケールが違いすぎるけど(笑)
おーー、咳が出ますか。
それはいけないね。うん埃試してみる?(笑)
体力がないと死ぬようですが^^;
あなたはだんだん観たくなる~w
2012/05/24(木) 10:02:14 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
翔さん>
炭かよ!ですよね~w
だって炭って木が姿を変えたものだし、
ここは木炭作りにも利用されてた「土」だろうと思うのだけどなぁ。
うんうん、退屈でしかないと感じることもありそうだし
ヒーリングにもなりそう。
興味深かったですよ。TBありがとうございました。
2012/05/24(木) 10:04:54 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
じゅりさん>
でしょでしょ。
炭?って思うよね(笑)
うん、こういう昔からの暮らしぶりを見ると
私たちの生活は自然からどんどん遠のいてて怖い気にさえなる。
短い映画だし、サラッと観れます。
放送あったらぜひ。
2012/05/24(木) 10:08:15 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
LE QUATTRO VOLTE 2010年/イタリア/ドイツ/スイス/88mn 【受賞歴】カンヌ国際映画祭 最優秀ヨーロッパ映画賞、パルムドッグ審査員賞、イーラ・ニュー・ほか依存国際映画祭:観客賞、モトヴン映画祭:特別審査員賞、ミュンヘン映画祭:CineVisio
2012/05/24(木) 08:51:16 | ■翔room CINEMA■
2010年 イタリア/ドイツ/スイス 88分監督:ミケランジェロ・フランマルティーノ出演:ジュゼッペ・フーダ ブルーノ・ティンパノ ナザレノ・ティンパノ 人間、動物、植物、炭。大自然の営みの中で、形を変えながら受け継がれていく四つの生命の有機的なつな
2012/05/30(水) 20:55:33 | RE940の自作DVDラベル