映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
捜索者
2012年04月30日 (月) | 編集 |

日本のみなさま、ゴールデンウィークいかがお過ごしでしょうか。
我が家は先週から旦那が出張になっちゃって、こんないい季節だというのに5月もまるまる独身(汗)
ダル君も観に行きたかったのになぁ。
ま、この機会にこれまで観たいと思ってた映画を観ることにします。
まずはジョン・フォード作品、アメリカの西部劇の最高峰と言われる『捜索者』を観ました。


blog_import_566b9d6ce7f01.jpeg 

捜索者
1956年(アメリカ)
原題:The Searchers
監督:ジョン・フォード
出演:ジョン・ウェインジェフリー・ハンターナタリー・ウッドウォード・ボンドベラ・マイルズ
【ストーリー】
南北戦争の3年後、イーサン・エドワーズは放浪の末に兄の家に帰ってきた。久しぶりの再会を喜ぶのもつかの間、彼の留守中に兄一家がコマンチ族に襲われ虐殺されてしまい、末娘のデビーだけが殺されずに連れ去られていた。イーサンは、インディアンの混血青年マーチンとともにコマンチ追跡の果てしない捜索行に出発する。何年もの間、二人はインディアンの居留地を捜し続け、ついにデビーを発見するが……。(映画.comより)


 西部劇にもとんと疎いもので、ジョン・ウェインをちゃんと観てるのも、
コーエン作品のオリジナル『勇気ある追跡』くらい。
彼はジョン・フォード作品の看板役者と言われる人だったんですね。

 さて、本作は二人のコンビものとしては、やや異色なようで
英雄的なイメージの強いジョン・ウェインは、ここではインディアンを深く憎む復讐の鬼を演じています。

 捜索者とは、簡単に言えば、コマンチ族にさらわれた2人の姪を探す人たち。
インディアンとの混血青年マーチンと、5年以上の年月をかけ、
生きているかもわからない姪を探すんですね。

ジョン・ウェイン演じるイーサンには妻子はなく、
南北戦争終了後も放浪していたような孤独な男。
ようやく兄一家のところに戻ってきた矢先の一家惨殺。
唯一の心の拠り所を奪われたイーサンの憎しみは大きく、誰も彼をとめることはできない。
ジョン・ウェインは観客の感情移入を許さないほどに、鉄の男ぶりを発揮します。
 しかし、インディアンを一方的に悪者とする描き方は、今観れば違和感を感じるところ。
古いタイプの西部劇の代表なのかもしれませんね。

それでも、復讐劇に彩られたハードな西部劇かと思いきや、ユーモラスなシーンも多々あって
コマンチ族以外のインディアンとの交流では笑わせてくれます。
結婚式の風景など、当時の文化を織り込んだ映像もカラフルで、これが凄く楽しい。
blog_import_566b9d6eb014b.jpeg 



 特筆すべきはモニュメントバレーを舞台にした雄大な映像の美しさでしょうね。
私も一度だけ訪れたことがあるけど、
オレンジの砂を映してか、モニュメントバレーの雲はうっすらとピンク色を帯び
青空とのコントラストも美しいんですね。夕陽のシーンや逆光を利用した映像も絶品。

blog_import_566b9d702cafb.png blog_import_566b9d72aa15e.png


 イーサンが姪のデビーを連れて帰るラストシーンは感動でもあるけれど
同時に彼の孤独も浮き彫りになる。
 過酷な時代を生きるアンチヒーロー、イーサンが次に求めるものは何なのか。
彼は永遠の捜索者なのかもしれない と余韻に浸りました。

★★★★☆

関連記事

コメント
この記事へのコメント
まるまる独身w
もう映画の捜索者になるっきゃないね!
ちなみに俺はGW、半分仕事で今日も明日も
明後日も働かなきゃならない(涙)
さておき、この映画はスコセッシが好きだというので
観たのです。
すると『タクシードライバー』のデ・ニーロと
ジョン・ウェインがどことなくダブッたり。
やめられませんね、映画の捜索者。
2012/04/30(月) 08:54:14 | URL | HK #79D/WHSg[ 編集]
HKさん>
はいな。孤独な捜索者は果てなき映画の捜索に出るしかないすねw
ありゃりゃ、GWも仕事とは忙しいね。
後半ゆっくりできるといいね。
この映画が偉大な映画人に与えた影響も大きいのでしょうね。
そっか、トラヴィスの執念と孤独はイーサンに通じるものがあるかもですね。
2012/04/30(月) 09:25:48 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
もう観たのをすっかり忘れてるほどなんですが。(笑)
そうかぁ、ナタリー・ウッドも出てましたね、そういや。
ユーモラスでもありながら、やっぱ当時の西部劇ですよね。
っていうか、ダル君はこれからマジで楽しみですね、活躍。
2012/04/30(月) 10:11:21 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
Kaz.さん>
あはは、生まれる前の作品だしね。
あ、デビー役がナタリー・ウッドですね。やっぱり奇麗でした。
この頃の西部劇ってインディアンを差別するのが当然で
観客も不思議にも思わない頃だったのでしょうね。
ダル君は活躍してて凄いですよね〜。
そのうちに応援に行きます。
2012/04/30(月) 10:24:40 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ジョン・フォードの西部劇は
戦前なら『駅馬車』、
戦後なら『捜索者』がベストです。
フォードの定番のモニュメントバレーが
高画質ヴィスタヴィジョンの撮影で
収められて、1950年代の
世界におけるアメリカの立場を
フォードなりの見解で表してると
思うんだけど。この10年後は
北爆でベトナム介入だ。
コッポラの『地獄の黙示録』にも
かなり影響してるしね。
あれではイーサンに代わる役は
マーティン・シーンの
ウィラード大尉だった。
『ジョン・フォードを知らないなんて』
という熱海鋼一さんがお書きになった
本も『捜索者』にかなりの紙数を
割いて書かれてます。
マカロニ西部劇にも
焼き直し版があって
7 Dollari Sul Rosso (地獄から来たプロガンマン)
こちらは山賊に浚われた息子を
20年(!)かけて捜す気の長い
捜索者が登場するんよ。
2012/04/30(月) 15:51:38 | URL | GH字幕 #79D/WHSg[ 編集]
もし昔TVで放送されてたとしたら、
父と観てたかもしれないなぁ~なんて
郷愁に浸ってしまった(笑)
これらの画像だけでもホント、素敵~ (*’▽’)
チャンスあったら観てみるね~♪
2012/04/30(月) 17:26:19 | URL | フラン♪ #79D/WHSg[ 編集]
見てないんでね
コレを気に見てみたいと思います。
ほんと 画像キレイですね~
5月まるまる独身なんですか チャンスじゃんっ(なんの?(笑)
2012/04/30(月) 19:51:59 | URL | 翔 #79D/WHSg[ 編集]
たまには独身も刺激があって良いと思います(笑)
私もジョン・ウェインの映画を観ていなくて、唯一観たのが「マックQ」という現代劇でした(汗)・・・。
2012/05/01(火) 07:24:12 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
字幕さん>
あー、『駅馬車』やっぱりいいのね。いつか観ます。
うんうん、映像が凄くクリアでこの時代のものにしては凄いなぁと感心したのでした。
モニュメントバレーはフォード監督の定番だったんだ。
光と影の使い方も良かったです。
『地獄の黙示録』にも影響を与える作品なんですね。
ベトナム戦争で、アメリカ人は考え方を変えざるを得なくなったでしょうし、フォード作品も虚栄に見えてきたかもですね。
でも本作を西部劇の一番に選ぶあたりは、よき時代の象徴として郷愁とともに心に残り続ける作品ということかもしれませんんね。
うわ、マカロニでは20年!そりゃ気の長い話ですね。
でも日本の拉致被害者の家族も長い長い捜索者なわけで。。
愛する家族を捜す執念はいつの時代も変わりませんね。
2012/05/01(火) 09:44:07 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
フランちゃん♪>
うぬん。西部劇の最高峰とも言われる作品らしいので
きっと一緒に観てるね〜。
観てみると懐かしく思い出すかも。機会があればぜひぜひ。
2012/05/01(火) 09:46:11 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
翔さん>
おー、ぜひ観てみて。
映像も奇麗で、勿論自然の風景も素敵だったけど
家の中から帰ってくるイーサン、去りいくイーサンを捉える映像がとっても印象的でした。
あはは、チャンスかな。
って、何が?(笑)
2012/05/01(火) 09:50:37 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
ゾンビマンさんも西部劇派ではなさそうかな。
現代劇でのジョン・ウェインちょっと気になる。
たまには独身もいいんだけど、我が家の場合でかけると長いんだなあぁ。
日本で独身なのとわけが違うし。
2012/05/01(火) 09:55:32 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
映画やテレビの影響で 白人正義 インディアン悪の絵が描かれていたんやね
西部劇ごっこでいつもインディアンやったとです
2012/05/01(火) 17:07:10 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
ジョン・ウエインは祖父が好きだったのでよく見ました!
昔はTVでよく放映してたので。
大体はユーモア溢れたひょうひょうとした役ですよね。
どれも見ると面白いですよ!
『黄色いリボン』とかも良いですよ!
『勇気ある追跡』の続編の『オレゴン魂』にはキャサリン・ヘプバーンも出てます!
2012/05/01(火) 17:15:39 | URL | もくれん #79D/WHSg[ 編集]
名前だけは知っていたのですが、ジョン・ウェインの映画は未見のものが多いです。観ても、子供の頃、テレビで見た「黄色いリボン」とか「ハタリ」といったライトなものばかり。こういうハードな映画もあるんですね。
2012/05/01(火) 22:29:41 | URL | einhorn2233 #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
昔は白人が正しくてインディアンが悪者というのが当たり前で
観客も疑問も感じずに観てたのですよね。
ギャハ、いつもインディアン役(笑)
悪役専門だったのねw
2012/05/02(水) 00:12:47 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
もくれんさん>
おーー、西部劇ご覧になってるんですね。
ジョン・ウェインはユーモアにあふれた役が多いんだ。
たまたま私が観た二本が頑固一徹で少し暴力的な役だったのね。
有名なところはボチボチ観ていきたいです。
2012/05/02(水) 00:15:33 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
einhornさん>
これもハードなところもあるけど、ユーモラスに描かれてるところもあって
見せどころを心得た作品でした。
ライトな作品のジョン・ウェインも観てみたい。
2012/05/02(水) 00:18:26 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
これはもう”名作”ですね、、この次は”許されざる者”(バート・ランカスター版)もヨロシク、、オードリー・ヘップバーンの初々しい登場シーンもあります。同じジョンですが此方はヒューストン監督です。
ライトな映画のジョン・ウェインなら”ハタリ”を、、(笑)。
2012/05/02(水) 16:37:27 | URL | guch #79D/WHSg[ 編集]
怒涛のコメントまだまだ続きますよ~ww
あ、でもまとめてやと大変なんでコメ返しは気にしなくて良いですからね^^;
GW中はね~ずっと仕事です^^;
でも、ほとんど仕事ながら、こうして朝昼晩と休憩中や帰宅後にpu-koさんちや
皆さんのブログにお邪魔するのが癒されます^^
劇場行けなくてもこうして映画に触れていれるのはありがたい。
ジョン・ウェインね~父親が好きでずっと見てましたが
子供心にどこがカッコいいのかわからなくって。
大人になった今こうして紹介していただいた作品を観ると
あの時の父親の気持ちがわかるのかな~
2012/05/03(木) 07:39:38 | URL | SHIGE #79D/WHSg[ 編集]
怒涛のコメント引き継ぎましたw
独身生活ですか~なんか素敵な響きw
あ、でも一ヶ月はちとさびしいですね。
私は一人だとご飯がすごくいい加減になってしまいます。
こちらも先週から今週にかけて休日が適当に散らばって、GW気分でした。といっても特に何をするでもないのですが。晴れたら大掃除でも、と思ってましたが、雨続きです。
こちらでは午前中や午後早い時間のTVでジョン・ウェイン主演の作品結構やっていて、なんとなぁ~く横目で観ちゃったり。でもなんかテンポが慣れているのと違うから、牧歌的に観えちゃってwたしかに、インディアンの扱いにはびっくりですよね。それだけ時代が変わったんですね。
2012/05/03(木) 17:20:29 | URL | おまけ #79D/WHSg[ 編集]
guchさん>
久々に映画らしい映画を観たなぁと感じました。
名作と言われるのも納得です。
『許されざる者』日曜日に放送されるようなのでチェックしますね。
ジョン・ヒューストン監督作品殆ど観れてないです。
2012/05/03(木) 18:33:34 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
SHIGEさん>
なんと~。GWもずっと仕事とは忙しいんですね~。
そしてそんな貴重な時間なのに来てくれてほんとありがとです。
SHIGEさんのコメントには毎回笑わせてもらって、こちらこそ癒されてますよ。
一日で唯一の笑いだったりすることあるし(汗)
あは、ジョン・ウェインって全然男前じゃないし
私も彼のカッコよさはまだ理解できてません。
色んな作品観ると魅力がわかってくるのかもですね。
お父さんのお好きな映画を観て、語り合ってみるのもいいかも~。
2012/05/03(木) 18:40:40 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
おまけさん>
ほんと、ほんと!
おまけさんも忙しいのにコメントたくさんくださってありがとう~(^-^〃)
ギャハ、独身生活 素敵ですかw
でも独居老人生活になると、、どうかなぁ(笑)
そう、私も食事がいい加減になりますよ~。
簡単なもので済ませちゃって野菜の摂取量が確実に減る(汗)
日本のGWも雨にたたられてるようだけど、せっかくの休み晴れると嬉しいのにね。
おー、そちらではマカロニじゃなく、アメリカの西部劇もちゃんと放送するんだ。
そう、昔のもの見るとインディアンの扱いには驚きます。
でも昔はそれに何の抵抗も疑問もなかったんでしょうし、時代を感じるよね。
2012/05/03(木) 18:51:59 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック