映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】 You Ain't Seen Nothing Yet!(原題) アラン・レネの死生観
2014年06月07日 (土) | 編集 |



You Ain't See Nothing Yet !(2013)アメリカ
原題:You Ain't Seen Nothing Yet !
監督:アラン・レネ 
出演:サビーヌ・アゼマ/ピエール・アルディティ/アンヌ・コンシニ/ランベール・ウィルソン/マチュー・アマルニック/ミシェル・ピッコリ
日本公開:
フランスの劇作家アントワンが死に、舞台劇『ユーリディス』でアントワンと仕事をした13人の役者たちのもとに訃報が届く。
遺言によりアントワンの家に集結した彼らは、地下のシアタールームに案内され、若者によるコンテンポラリーな『ユーリディス』のデモビデオを鑑賞する事になる。
アントワンは彼らに、新しい劇団の『ユーリディス』上演を許可すべきかの判断を委ねたのだった。


今年の3月に91歳でお亡くなりになったアラン・レネ監督の2012年の作品です。



劇作家のアントワンがスクリーンの中から盟友ひとりひとりに言葉をかけるシーンに、監督自身の姿を重ね、思わずしんみりしちゃいました。
13人の面々は監督のミューズでありプライベートでもパートナーであるサビーヌ・アゼマはじめ、ピエール・アルディティミシェル・ピッコリといった監督作品で活躍した常連たち。彼らを実名で登場させるところにも特別な思いを感じるし、当時90歳の監督のこれは遺言的な作品になるのかなぁと。


ところがね、しばらくするとそんなおセンチ気分も吹っ飛びます。
と言うのも、画面を観ていたピッコリ爺ちゃんあたりが自分が演じた役の台詞をボソボソと唱え始めると、他のメンバーもそれに続き、やがてスクリーンの役者たちと言葉を交し合う。さらに舞台はいつのまにか駅やホテルに変わっていて、現実と虚構の境も曖昧になっていくんですよね。

元となるギリシャ神話の知識がまるでなかったこともあって、途中でちんぷんかんぷんw
お助けマンのwikiで概要を調べ、ようやくついていくことができたけれど、知らないとちょっと厳しいかな。
『オルフェ』の知識もあったほうが理解しやすいはず。

監督作品はまだ4本しか観てないんですが、いずれも「死」に関わりがありますね。
本作も「死んだ妻を黄泉の国まで迎えにいき、蘇らせる」という『ユーリディス』の内容からして「死」に通じていて、晩年の監督の死生観が反映された作品といえそう。
マチュー・アマルリックの台詞にその全てが詰まっているようで印象的でした。

それにしても、3組のユーリディスとオルフェを登場させ台詞を畳み掛けたり
分割画面で見せるなどの演出も、とても90歳とは思えない仕事ぶりで驚きます。



↑一代目



↑2代目


最後にダブルでツイストを持ってくるあたりも渋い。
でもラストシーンは「やっぱり若いおねえちゃんが好き」ってことかな・・・(笑)
音楽も名優たちの演技も秀逸でした。

ちなみに監督はこのあと91歳で遺作となる『Life of Riley』を撮ってるんだから凄いことです。
 


関連記事

コメント
この記事へのコメント
アラン・レネの晩年作ですねぇ。
名監督とか巨匠と呼ばれる方は、たぶんに晩年作に駄作(あくまで観客側の解釈)を作ってるんですが、これはそんな感じじゃなさそうですね~。
ちと観ておくべきかな。
2014/06/07(土) 04:00:20 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
大変面白そうなんですがw
こっちでデータないですね。
見たいです。
こう云う映画最近無いので、とても貴重かもw
2014/06/07(土) 06:30:40 | URL | miskatonic #79D/WHSg[ 編集]
姉妹ブログ、「夜と霧」繋がりですね。
アラン・レネ・・・。
背伸びした映画が観たい年頃に「去年マリエンバートで」を観て玉砕(笑)
”新しい流れ”系映画は10代後半に トライ→失敗 を繰り返し、それきりでした。
ギリシャ神話・・・「オルフェ」・・・ぬぬぬぬぬ・・・^^;
食わず嫌いはダメですね。
でもキアヌより手ごわそうなのでぼちぼちと・・・。
2014/06/07(土) 08:16:51 | URL | みーすけ #79D/WHSg[ 編集]
Kaz.さん>
これは傑作の類ではないし、駄作ととる人もいるかもだけど
少なくとも、高齢の監督のチャレンジ精神と若い感性には驚かされるし、ノスタルジックでもありました。日本でもぜひソフト化して欲しいです。
2014/06/07(土) 10:14:12 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
miskaさん>
まだデーターもないってのはなんだかなぁ。
一応カンヌのコンペティション部門にも出品されたようなんですが。
どうう作品と一言で言えない変わった作品ではありますが、
レネ監督の晩年の作品と思うと感慨深いものもあり、そのうちにソフト化して欲しいです。
2014/06/07(土) 12:03:52 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
みーすけさん>
はい、レネ監督続けていってみました。
あー、私も『マリエンバード』は何度も挑戦しては玉砕を繰り返し、いまだに最後まで見れてないんですよね。
ちっとも頭に入ってくれない。いつか制覇したいものです。
あはは、ギリシャ神話系もちと手が出にくいでしょ。
でも色んな作品の基礎になってることも多いようなので、私も代表的なものくらいおさえたいんですけどねぇ。
2014/06/07(土) 12:06:55 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ピッコリ爺ちゃんて(笑)いやいや、雰囲気はわかりますw
先に予習しておいた方が良さそうですね(^^;
2014/06/07(土) 20:53:17 | URL | じゅり #79D/WHSg[ 編集]
You ain't seen nothing yet!
『ジョルスン物語』の
名台詞ですがな。
和訳は『お楽しみは
これからだ!』
レーガン大統領も
使った一句ですね。
アラン・レネの初期は
疲れますからねぇ。
俺も苦手です。
知らんうちに映画が
終わってたりしてw
(寝てたということか)
2014/06/08(日) 01:26:10 | URL | GH字幕 #79D/WHSg[ 編集]
じゅりさん>
ピッコリ爺ちゃん 冗談みたいな名前で可愛いよね(笑)
オリジナルの内容を知ってる方は問題なく入れると思うけど、知らない方は知って観たほうが絶対わかりやすいと思いました。
2014/06/08(日) 07:57:55 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
字幕さん>
曲名にも使われてるようで、イディオムとして一般的になってるようですね。
初期作品、字幕さんでも苦手だったのかぁ。
私も何度か挑戦したけど、寝てしまってたり諦めたり。
ちゃんと観て理解できたら面白そうなのになぁ。
2014/06/08(日) 08:02:51 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ランベール・ウィルソンはたらしのイメ-ジがする
この映画はもはや寝るしかなさそう
2014/06/08(日) 16:44:35 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
映画で学ぶことは数多いけれど
予習してたほうがいいのかなぁ
2014/06/08(日) 17:45:29 | URL | 翔 #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
私はランベールさんを意識したのが『神々と男たち』の敬虔な聖職者だったので、まったくたらしのイメージがなかったんですが、今回見て意外に色男なのでびっくりしたところです。
わはは、確かに寝る人も多い映画だと思う(笑)
2014/06/08(日) 22:28:52 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
翔さん>
たまにあるね~。予備知識ないとさっぱりついていけないものって(汗)
2014/06/08(日) 22:32:07 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック