映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】 『ラブ・ライザ/Love Liza(原題)』 ガソリン中毒のフィリップ・シーモア・ホフマン
2014年05月22日 (木) | 編集 |



ラブ・ライザ(原題)(2002)アメリカ
原題:Love Liza
監督:トッド・ルイーソ
出演:フィリップ・シーモア・ホフマン/キャシー・ベイツ/ジャック・ケーラー
日本公開:未公開
 【ストーリー】
妻ライザの突然の自殺後、夫ウィルソンはガソリンを嗅ぐようになり・・


フィリップ・シーモア・ホフマン主演の日本未公開のドラマです。
ホフさんの訃報のあとこれ再見しなくちゃと思っていたのに、レンタルでvery long wait状態が続き
気がついたらDVDリリース前の作品を置くsaving listの方に移動されてまして
レンタルできないんだと残念に思っていたらテレビで放送してくれました。

ホフさん演じる主人公ウィルソンは、妻を自殺で亡くした男性。
彼は枕の下に封筒に入った妻の遺書を発見するけれど、それを開くことも出来ない。
ウィルソンは妻の自殺の理由が自分にあるのではないかと恐れてるんですね。




心の痛みを癒すためガソリンを嗅ぎ始めるウィルソン・・
彼は妻の死を受容できないままに、ガソリンに依存してしまうのでした。

一方ライザの母(キャシー・ベイツ)も娘の自殺の理由を知りたい。
ライザの死をめぐって、夫と母、二人がそれぞれに葛藤しぶつかり合いながら
受容に向かって動き出すのです。


本作が初めての主演作だったホフさんは、泣いたり笑ったり怒ったり
実にさまざまな顔を見せてくれています。
ふとっちょなのに今にも壊れそうだったり、脆い男を演じさせたらピカ一だった。
鼻血を出して朦朧とする姿を見るのは辛かったけれど
どのシーンにもホフさんがいて、演技を堪能できたのは嬉しかった。

監督は『ハイフィデリティ』で禿のレコード店店員を演じていたトッド・ルイーソ 
シリアスな問題を扱ってはいるけれど、ラジコン仲間デニー(ジャック・ケーラー)とのバディシップや、キャシー・ベイツとのやり取りはどこかユーモアもあって暖かい。
可笑しみを同居させつつ、哀しみと愛の本質を描いているのは好みでした。
脚本はホフさんの実兄であるガードン・ホフマンによるもの。
サンダンスで脚本賞を受賞しています。


ラストシーンは素直に取ればウィルソンの再生
でももしかして違った解釈ができるんじゃなかろうか と考えてしまった。
いくつかのシーンを思い返し、意味付けを再考してしまう面白さもありましたよ。

元気に走るホフさんが微笑ましい動画貼っておきますね。
キャシー・ベイツvsホフマンの名シーンでもあります。


関連記事

コメント
この記事へのコメント
pu-koさんが観るのに苦労したなら、私には一生縁のない作品やね(笑)・・・。
デブの名優同士の共演は見たいです。
ひねってそうな感じの作品ですね・・・。
2014/05/22(木) 02:28:59 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
うわぁ~これ観たいな!
ホフさん初シュエン、しかもキャシー・ベイツ共演ならなおさら観たい♪
未公開…(^-^;
AmazonU.S.A.ポチろうかしらん。
ガソリンに依存するなんて、何か象徴的で悲しいなぁ。
お気に入りの俳優がもういないというのは、何とも言えない寂寥だな。
最近重い映画が続いてちよっとしんどいので、今日はこのあとギャンドルちゃん再見します♪
って彼もいないのか(泣)
2014/05/22(木) 03:52:28 | URL | みーすけ #79D/WHSg[ 編集]
あの役者さんが監督したんですか。
キャシー・ベイツとの絡みも観たいですね~。
ガソリンに行ってしまうところが、これまたナンとも。
日本でもDVDリリースを期待しますわぁ。
2014/05/22(木) 04:00:42 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
映画界は本当に惜しい俳優を失ったね。
コレがデブー、違った、デビュー作なんだね。
キャシーおばさんも大好きだからチェックしとくね。
『ハイフィデリティ』ってゆーたら、ジャック・ブラックがすぐ浮かんだ(笑)
2014/05/22(木) 04:37:19 | URL | chaco #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
いやいや、アマゾンチェックしたら普通に売ってました。
そのうちに日本にも上陸したらいいなぁと思うんですけどね。
名優二人のふとっちょ対決とってもよかったです(笑)
2014/05/22(木) 08:44:48 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
みーすけさん>
やりっぱなしなところもあるのだけど、なんせ俳優の演技が秀逸で引きこまれました。
そそ、弱さが依存に繋がったと思うと、なんとも哀しいですよね。
こうしてじっくり演技を見せてもらうと改めていい役者だったと思う。残念でたまりませんね。
おーー、ギャンドルちゃんに会いにいってきますか。
残り少ないスクリーンでのお姿だもんね。堪能してきてね。
2014/05/22(木) 08:50:02 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
Kaz.さん>
ね、『ハイフィデリティ』の彼が監督することも知らなかったけど
そういえば彼の最近の監督作品もちょっと話題になって、録画してるのもあったのを思い出しました。そのうちに観て感想書きます。
ガソリンなんてね~。ぼんやりしちゃう演技にもリアリティもあったりして複雑でした。
ね、日本でもぜひソフト化して欲しいです。
2014/05/22(木) 08:54:10 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
chacoさん>
本当に惜しいよね。
しかも自分の手で自分を終わらせたんだと思うと空しくて切ないですよ。
あ、初主演ね。デビュー作はもっと前にさかのぼります。
『セント・オブ・ウーマン』でも印象に残る演技だったよね。
2014/05/22(木) 09:03:37 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
どのシーンにもホフさんがいてってる意味すごい!
DVD希望ですね。見ごたえありそうな作品だし。
ガードン・ホフマンってお兄さんも業界の人なんですね。
えてして、才能のある役者は短命なのかもね。
その危うさも魅力だったりするだろうし。
でも、残念ですけどね。
2014/05/22(木) 15:16:41 | URL | miskatonic #79D/WHSg[ 編集]
そうですか、ガソリンに走るか  ガソリンで走るならわかるが
高校んとき、排ガスに走ったダチがいてそのままあっちに逝ってしまいました
2014/05/22(木) 17:09:17 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
わぁ観たいなぁ
DVDでないかなぁ
キャシーベイツさんもいい味だしてるんだろうなあ
2014/05/22(木) 17:34:58 | URL | 翔 #79D/WHSg[ 編集]
miskaさん>
これこちらの興行もよくなかったとうだけど、ホフさんを堪能できるし
出演者の演技も秀逸でDVDになる価値あると思うんですけどね。
ちなみに映画の中では言葉は出てこないけど、多分ウイルソンはゲイだったんだと思う。
場面からの「読み」ができるのも面白い作品でした。
危うさも魅力。確かにそんなところありますね。
ホフさんにはまだまだいい映画にたくさん出て欲しかった。
2014/05/23(金) 08:42:04 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
お友達、なんでそんなことに・・・
その一瞬を後悔してももう遅いんですよねぇ。
2014/05/23(金) 09:37:01 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
翔さん>
ね、キャシー・ベイツもホフさんもとってもよかったので
DVD無理でもwowowとかでもやってくれるといいなぁと思います。
2014/05/23(金) 09:38:45 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。