映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】 ザ・ホスト 美しき侵略者
2014年05月20日 (火) | 編集 |



ザ・ホスト 美しき侵略者(2013)アメリカ
原題:The Host
監督:アンドリュー・ニコル
出演:シアーシャ・ローナン/ ジェイク・アベル/ マックス・アイアンズ/ フランシス・フィッシャー /
 チャンドラー・カンタベリー/ ダイアン・クルーガー/ ウィリアム・ハート
日本公開:2014/6/14
 
【ストーリー】
近未来、人類は「ソウル」と呼ばれる知的生命体の侵略にあっていた。わずかに残った人類は逆襲の機会をうかがいながら、ソウルに身体を乗っ取られまいと逃亡していた。ある日ソウルの襲撃にあったメラニーだったが、寄生され消えたと思ったメラニーの意識は残り、一つの体に人類とソウル、二つの意識が共存することになり・・

『ガタカ』のアンドリュー・ニコル監督の新作SFです。
身体を乗っ取られ、人類が知的生命体に完全に置き換わろうとしている世界観は、『光る眼』などでも昔から描かれてきたSFホラーの定番ですが、本作は乗っ取られると眼の色が変わってしまうので、人間かソウルかわからないといった怖さはまるでなく、乗っ取られる恐怖よりも、逃亡しながら逆襲の機会を待つアンダーグラウンドな人間たちの活躍が主に描かれています。

面白いのはヒロインの設定ですかね。
シアーシャ・ローナン演じるメラニーは知的生命体に乗っ取られた後も、オリジナルのメラニーの意識がホストとして残ってしまっていて、人間からすれば敵と味方の半々的な存在であるというのが変わってます。
でもシアーシャが内なるメラニーと会話しながら行動する一人芝居は笑えます。
しかも原作者が『トワイライト』シリーズのステファニー・メイヤーとあって
お約束の三角関係が描かれるわけです(笑)
といっても、メラニーを愛する青年と、ワンダラー(ワンダ)となったシアーシャちゃんを好きになってしまう青年二人(ポスター参照)との変則的三角関係ね。
ベッドシーンもこなすシアーシャちゃんも大人になったなぁと思いつつも、ロマンスとしては少女趣味。
知的生命体たちの特性も際立たず、中途半端なSFになってしまった印象でしたね。

変な話、知的生命体の運営する世界は合理的で理想郷に見えたりしてね
「人間って素晴らしい!」ってところを実感できないと、映画としては感動のしようもないかなぁ。



関連記事

コメント
この記事へのコメント
アンドリュー・ニコルなら観たい!と思ったけど、(._・)ノコケッ って感じ?(^^;
シアーシャちゃんもベッドシーンをこなすようになりましたかぁ。大人になったねぃw
2014/05/20(火) 08:29:55 | URL | じゅり #79D/WHSg[ 編集]
シアーシャちゃん、ベッドシーンやってますかぁ。
大人になったね~。
原作者が『トワイライト』の方と聞いただけで、ちょっと・・・。(笑)
なんか面白そうなんですが、う~ん。
2014/05/20(火) 09:25:44 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
>お約束の三角関係が
なるほどー。
『トワイライト』の恋愛+ホラーにつづいて本作は恋愛+SFなんですね。
これまで恋愛映画はあんまり観てなかったので、
こてこてのラブコメ映画とか観てみたいと思うんですけど、あんまり映画館にかからないんですよねー。
2014/05/20(火) 09:37:19 | URL | yossy #79D/WHSg[ 編集]
あのメタリックバイクには乗りたくない
2014/05/20(火) 17:41:01 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
あら~、シアーシャちゃん、ただの外人の女の子になっちゃったなぁ(笑)
少女特融の透明感は維持してるんだろうか?
中途半端なSFなのぉ??
「トワイライト」系って苦手なんだな。
イチャイチャするよりもっと大変なことが起こってるぞ~!と冷めたおばさん目線で観てしまう^^;
2014/05/20(火) 21:34:18 | URL | みーすけ #79D/WHSg[ 編集]
じゅりさん>
、(._・)ノコケッ ですね~w
アンドリューさん  最近ちょっと怪しくないですか?
ベッドシーンってもベッドでいちゃいちゃ程度ではあるんですけど
シアーシャちゃんこないだまで子供だったのに~って思っちゃった
2014/05/21(水) 00:58:13 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
Kaz.さん>
ベッドシーンの夢だけどもw
キスシーンはやたら多かった。いつのまに大人になったんだw
あはは、『トワイライト』原作者作品だめですね。
これもどうしてもティーン向けな感じ。
ダイアン・クルーガーがなエイリアンを無機質に演じてたのはよかったんだけどな。
2014/05/21(水) 01:04:30 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
yossyさん>
そそ、恋愛+SF
ま、恋愛もたいしたことはないんですけどね(笑)
そういえばラブコメかかりませんね。
コメディにお客が入らないのかな。
2014/05/21(水) 01:06:32 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
もう観ちゃった?
ヘリも車もピッカピカーでしたね(笑)
2014/05/21(水) 01:07:20 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
みーすけさん>
ただの外人の女の子ってw
シアーシャちゃんももう20歳だからね。もう少女って感じじゃなくなくなって透明感もそれほど。。脱個性ではあるんですよね(汗)
おっと いちゃいちゃだめならこれもきっと駄目だ。
やたらキスシーンが多いし、SFも中途半端でした(笑)
2014/05/21(水) 01:12:58 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
辛口だけどわかりやすい記事で参考になった。
シアーシャは演技上手いのに、最近は色物作品の常連になってる。
もったいない気がする。
感動できる要素をシアーシャで表現しないと・・・。
2014/05/21(水) 02:35:51 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
ティーン向け?って感じでしょうか?
「トワイライト」が当たったから、その層に向けての作品増えましたよね。
こっちでは、ティーンはこう云う映画じゃなくて、
TL(ティーンズ・ラブ)と云うゴシック系エロ小説(ほんとエロなんだよ!)が大ブームw
表紙とか挿絵は普通にお姫さま(ゴシックだからドレス系が多い)物なんだけど
親が読んだらびっくり!なエロさ!(笑)。
こう云うの読んでたら映画みないよなぁ、と思うことしきり。
2014/05/21(水) 13:24:51 | URL | miskatonic #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
参考になれば嬉しいです。
シアーシャは私ももったいないと思うなぁ。
そうですね。主演の役割は大きい。
本作のシアーシャは二つの個性が共存という設定もあってか、訴えるものが弱いんですよね。
2014/05/21(水) 22:59:15 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
miskaさん>
なくてもいいような三角関係を見せすぎなところに、どうしても『トワイライト』風を感じるんですよね。わはは、日本のティーンの方が凄いですね。最近は見た目はロリなのに中身はエロというのが流行りなのかな。しかしびっくりなエロさとは。私なんかが見たほうが顔赤らめたりしてね(笑)
2014/05/21(水) 23:05:58 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
何だか宇宙人の設定というよりは、ゾンビの設定でもいけそうなお話ですね。知的生命体といいつつ、別に知的でなくてもいいようなお話のような気がして。
2014/05/26(月) 04:47:54 | URL | einhorn2233 #79D/WHSg[ 編集]
einhrnさん>
乗っ取った側の社会が大変洗練されてまして、そういう世界の方がいいじゃんと感じるくらいなんですよね(笑)
そこが知的生命体の意味があるところで、なので余計に元祖人間が頑張らなければならない理由付けが欲しいところでした。
2014/05/27(火) 07:30:24 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック