映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】 『アイ・フランケンシュタイン』数百年生きながらえたモンスターの巻き込まれ型バトルを描くファンタジー・アクション
2014年05月14日 (水) | 編集 |




今日はオーストラリアの脚本家スチュアート・ビーティーによる新作ファンタジー・アクション。
アーロン・エッカートがフランケンシュタインを演じています。
アイ・フランケンシュタイン (2014)アメリカ
原題: I, Frankenstein
監督:スチュアート・ビーティー
出演:アーロン・エッカート/イヴォンヌ・ストラホフスキー/ミランダ・オットー/ビル・ナイ
日本公開:未定 
『フランケンシュタイン』の続編のようなつくりです。
ビクター・フランケンシュタイン博士により作り出されたモンスターは、葛藤の末博士の妻を殺害。
博士は北の地にモンスターを追いさ迷った挙句に凍死。
モンスターは博士を家族の眠る墓に埋葬したあと数百年、この世に生きながらえていたんですね。

 というわけで、この映画に登場するモンスター(アーロン・エッカー)はすっかり英語も堪能(笑)
モンスターは死んだ博士の研究日誌を肌身離さず持っている。
それは彼が唯一自分のルーツを知ることのできるものだから。

ところが、博士の研究を世界制覇に利用しようとする邪悪な存在が日誌に目をつけたことから
モンスターは命の危険にさらされることになるんですね。
・・って、もう死んでるはずなんだけど(汗)

まぁ、その存在と言うのが死体を蘇らせようと企む悪魔で
ガーゴイルと言うどちらかというと神系の集団がこれに対抗してましてね。
モンスターがそのバトルに巻き込まれると言うお話です。

いやはや・・・、予備知識入れずに普通にフランケンシュタインものを楽しむつもりで観たもので
とんでもファンタジーな世界に目がテンでした(笑)

正直、個人的にどうでもいいジャンルだし、アクションを延々見せられるのもうんざりなんですがw
アーロン・エッカート演じる孤独なモンスターが、今もアイデンティティを追い求め続けている様子が切なくもあり、それでも長い年月を経てヒューマンライズしてきた彼が、ある女性を守るために必死に戦ったりするのはちょっとキュンとしたりで、フランケンシュタインを主体とした部分は嫌いじゃない。



↑意外といい身体のモンスターにちょっとドキドキの女医テラが本作のヒロイン
イヴォンヌ・ストラホフスキーは『人生はノーリターン~』でセスの元カノとして登場してましたね。


ちなみにモンスターはガーゴイルの女党首にアダムと命名されますが
最後にはタイトルにあるように、「私はフランケンシュタインだ」と
自分の進む道を見つけるという話になります。

競演にビル・ナイ
どんな役で登場するかはお楽しみに 
ビル・ナイはこういうの意外に嵌るんだよなぁ。

フランケンシュタイン博士の日誌を二日ほど読んで、簡単に実験を成功させるとか
モンスターが異常に強すぎとか 
突っ込みどころあげればキリがない作品ですが、壮大なCGアクションがお好きなら楽しめるかも。

しかし、セットなども豪華で制作費かなりかけてるんじゃないかなぁ。
続編もありそうな終わり方だったけど、興行成績悪そうだったからどうでしょうね。
その前に日本公開があやしいか。



関連記事

コメント
この記事へのコメント
「個人的にどうでもいいジャンル」ってw
そうですか、日本公開はそちらの評判次第って感じですかねぇ。
話の内容もちょっとぶっ飛びすぎてるのかな~。
ビル・ナイは楽しみですな。
2014/05/14(水) 09:24:51 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
Kaz.さん>
あはは、こんなジャンル期待してなかったもので、面食らっちゃって、
って、ジャンルくらい確認して観ろって話ですが(笑)
そうなんですよね~。ちょっとぶっ飛び。
私はDVDで観たんですが、トマトメーター確認したら4%でした(汗)
もう少しユーモアでもあればよかったのかも。
2014/05/14(水) 10:54:29 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
4%www
でも、案外おもしろいかもwとか記事拝見してて思ったりw
ビル・ナイって、結構とんでもない役も嵌りますよねw
キャスト的にはそこそこだし、DVDスルーならありそうな気も。
2014/05/14(水) 13:52:01 | URL | miskatonic #79D/WHSg[ 編集]
あーこりゃDVDスルーな予感満載。
アーロン・エッカードは顔が長いのになぜかスイッチ入らないんだよな。顎のエクボのせいかな?(笑)
フランケンのファンタジーアクションって想像つかないけど、「ヴァン・ヘルシング」みたいな感じかなぁ。あっちはチャガチャしてて御都合感ありすぎてつまんなかった。
しかし、ビル・ナイが出るなら観なければ~♪
そそ、彼は意外とこういう映画にハマるね。タコのお化けとかヴァンパイアとかゾンビとか…(^-^;
2014/05/14(水) 16:57:45 | URL | みーすけ #79D/WHSg[ 編集]
前に来日してたとき ビルナイってとてもいい人だなと思いました
前から思ってたんですが天津敏に似てると思いませんか  悪役ばかりやってたひとですが
とてもいい人、  子供の頃は、ジョセフコットン 第三の男、  根上淳だと思ってました
ペギ-葉山のダンナでした
2014/05/14(水) 17:41:39 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
アーロン・エッカート、結構キライじゃないんです。
おかしな言い回しかい!?
素直に言うと「結構スキ」ってこと。
余りに好きな俳優が多いんでpu-koちゃんに呆れられるかと…
顔じゃないんだよね。声とか仕草なんかが
時々「キュン💕」ってくるのよ。
モンスター役なんて、一段とキュンキュン感UPじゃん!!
どーでもいいジャンルなんて言わんこと!!(ちょっと分かるケド)
胸板あっつーーーーー💕
2014/05/14(水) 18:16:21 | URL | chaco #79D/WHSg[ 編集]
私も「個人的にどうでもいいジャンル」発言に意外性を感じてショック(汗)・・・。
そうやったんかぁ・・・(笑)・・・。
私がもっとも好きなジャンルだし、ビル・ナイが気になるので公開はしてほしいですね。
2014/05/15(木) 03:24:58 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
miskaさん>
トマトメーター シビアですねw
このジャンルにしてはユーモアもなくまじめすぎるのがネックかなぁ。
あ、でもmiskaさんならCGアクションとか、神と悪魔的なところとか深く考察してくれそう。
ツッコミどころも面白さってことで(笑)
監督がオーストラリア人だからか、主要キャストにオーストラリアの女優さん使ってたりしてますが、ビル・ナイ、アーロンが出てればDVDにはなっていいですよね。
ビル・ナイの役も見所だし♪
2014/05/15(木) 07:20:33 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
みーすけさん>
だねぇ。アクション的には劇場向けなんでしょうけど、厳しいかも。
ぎゃは、アーロンはだめ?お顔長ければいいってわけではないのね(笑)
顎のエクボという表現もあるんだ。そっちのが上品(笑)
おっと私、「ヴァン・ヘルシング」観てないんです。ヴァンパイア系は好きなのに、どうもアクションになると食指が動かない。
そそビル・ナイがまたいいのよねぇw 写真出したいくらいだったけどやめたの(笑) 
ぜひDVDで確認していただきたいわぁ。
2014/05/15(木) 07:32:19 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
ビルナイはいい人演じても凄く嵌るし、穏やかで素敵な紳士って印象。
時代劇ほとんど観ないもので天津敏さんって知らなかったんですが、画像検索したらほんと少し似てるね。わかるわかる。
悪役って案外いい人多そうです。わはは、和製ジョセフ・コットンもいて
他人のそら似シリーズ集めたら結構豪華メンバーになるのかもw
2014/05/15(木) 07:39:47 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
chacoさん>
アーロン「結構スキ」だったのね(笑) 私も嫌いじゃないよ。
でも彼はもう少し売れてもよさそうだったのに
主演作なんかもある割には、あまり突き抜けていかない。何かが足りない。
本作でのこんな役にも私としては「いいのか?」と思ってしまったところなんですよねぇ。
あはは、どうでもいいジャンルって表現は駄目だよね。
そそ、脱いだら結構いい体してるの。
マッチョすぎないところポイント高かったわ。
2014/05/15(木) 07:46:51 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
申し訳ない。
どうでもいいジャンルって言っちゃ駄目ですよね。
苦手なジャンルってことで
あ、でもフランケンシュタインなんかは好きなんですよ。
でも神と悪魔の戦い的なCGによるファンタジー・アクションはあまり楽しめなくて。
ゾンビマンさんがもっとも好きなジャンルだったのは知らなかったなぁ。
2014/05/15(木) 07:52:08 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
以前、本作の紹介記事見た時はけっこう期待したんですよ〜。
ホラー+アクションってめちゃかっこいいじゃないですか?
でも本作はずっこけちゃったんですねー。
ヒュージャクの『ヴァンヘルシング』もいまいちだったんで、面白く作るのは意外と難しいジャンルなのかなあ?
2014/05/15(木) 09:49:25 | URL | yossy #79D/WHSg[ 編集]
アーロンがフランケンとは〜!
おどろおどろしくはなさそう
どちらかと言うと爽やか?(笑)
ビル・ナイも見てみたいからチエックしちゃおw
2014/05/15(木) 16:50:20 | URL | 翔 #79D/WHSg[ 編集]
yossyさん>
本で紹介されてましたか。
フランケンシュタインがいまだに生き続けていたってだけでもちょっと期待しますよね。
ホラー+アクションお好きなyossyさんなら私よりは楽しめると思うんですが、やっぱりもう少しユーモアが欲しい感じ。
まぁ、ガーゴイルのクィーンが変身したした姿なんかはちょっと笑えるんですけどねw
『ヴァンヘルシング』私は最初から手を出してないのだけどもうひとつでしたか。
ホラーファンとアクションファンの求めるところが微妙に違う気がするもんなぁ。
2014/05/16(金) 08:56:00 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
>ホラーファンとアクションファンの求めるところが
そうかも!
本来なら畏怖、恐怖の対象とバトルが燃えるんですよ(中学生並みの感性)
そこでちょっとユーモアがあったりすると最高ですよね
2014/05/16(金) 20:37:30 | URL | yossy #79D/WHSg[ 編集]
yossyさん>
あはは、わたし的には怖いものはジンワリ怖がりたいのだけど
怖い対象とバトルするのも面白いわけですね。
うん、私もそこに笑いの要素が加わると楽しく観れちゃいます。
2014/05/17(土) 15:02:41 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 「アンダーワールド」シリーズのケヴィン・グレイヴォー原作のグラフィック・ノベルを、「ダークナイト」のアーロン・エッカート主演で映画化。フランケン博士に創造され、200年生き続けたモンスター・アダムと、彼の秘密を狙う悪魔との戦いを描く、アクションファンタ
2014/09/13(土) 17:30:14 | 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜