映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】 『ハリケーンアワー』 ポール・ウォーカーの父性
2014年05月07日 (水) | 編集 |



ハリケーンアワー(2013)アメリカ
原題:Hours
監督:エリック・ハイセラー
出演:ポール・ウォーカー/ジェネシス・ロドリゲス/ナンシー・ネイヴ/ジェーン・ジェイコブソン
 
 巨大ハリケーン“カトリーナ”の襲来を受け、避難勧告により病院がもぬけの殻となる中、
生命維持装置を離せないわが子を守るため奮闘する父親の姿を描く作品です。

新米パパを演じるのは、本作の公開を待たず死んでしまったポール・ウォーカー
製作総指揮も勤めています。

まずね、これ今ポールが観たら前半部分訂正したいだろうなと思う。
とにかく病院の対応があまりにも酷い。
ハリケーンが近づく中、患者の避難誘導に追われ人手が足りないのはわかる。
でも、死者に対するあまりのリスペクトの無さに憤慨してしまうんですよ。
若干医療者側の目線で観てしまうところもあるので、「ありえんだろ!」が先にたってしまって。
ポール演じる主人公ノーランの行動にも納得いかない部分があって、前半かなり居心地が悪い。
でもそれを払拭してくれるのも、ほぼ一人芝居のポールの頑張り。




病院に取り残されたノーランは、自分の置かれた状況に戸惑いながらも
娘の命を必死につなごうとする。
その過程で、彼は父性を獲得していくんですよね。
ポール自身が娘を持つ身であったことも、映画への思い入れを強くした理由のようで
次第に我が子への愛情が滲み出るポールの誠実な演技が良かったなぁ。


初めてのオムツ換えに挑戦のシーンにはほっこり

途中さまざまなトラブルをクリアしていくさまはさながらサバイバルゲーム。
しかもタイムリミットつきですから、ハラハラもします。
ただ、制限時間をもう少し長くして、出来ることを増やしても良かったのではとも思う。




シチュエイションスリラーな展開だけでなく、妻との想い出を娘に語ったり
フラッシュバックで見せることによって緩急を効かせているのもよし。
犬も良い仕事をしました。

病院の対応にあきれ返る中、誠実に責任を果たそうとするナースがいたことにはホッとした。
最後は感動とともに、アクションなしでも十分魅せることの出来る俳優であるところを見せてくれたポールの死が残念で仕方なくて 泣けちゃいました。


今日はこれから ポール・ウォーカーの主演作を映画館で観てきます。


      
関連記事

コメント
この記事へのコメント
ポール・ウォーカー父親を演じていたんですね~はぁ~・・・
これは見ておきたいです(=゚ω゚)ノ
2014/05/07(水) 18:27:31 | URL | 翔 #79D/WHSg[ 編集]
ポール・ウォーカーって、素朴で誠実な人柄が見えすぎて、逆にそれが華のなさになっていたんですが、いろんな事柄を等身大で見せてくれる貴重なアクターでした。
これは観たいな。
2014/05/08(木) 02:42:10 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
実はわたしポール・ウォーカーの映画って一本も観た事ナッシングなの^^;
車走るアクションとか全然興味が湧かなくて。
でもこういう映画なら観るなぁ。
ファンで無くても映画観た事無くても若くして亡くなってしまったのはとても残念でした。
後追いの形だけど、彼の作品を観ていきます。
2014/05/08(木) 06:01:20 | URL | みーすけ #79D/WHSg[ 編集]
翔さん>
そうなんですよ。お父さん役ってちょっと意外でしたが
アクション抜きにほぼ一人芝居を魅力的にこなしていて、あらためてファンになりましたよ。
もうこの世にいないのが悲しすぎるのだけど・・
2014/05/08(木) 09:08:00 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
あーー、さすがゾンビマンさん
素朴で誠実な人柄が見えすぎて、逆にそれが華のなさになっていた っていうの凄くわかる気がする。
でも逆に言えば、ドラマ性のある彼の人柄にあった役を演じればより魅力を増す可能性を秘めていたわけですよね。
そう意味で、本作は新しいポール・ウォーカーを模索する一本ではなかったかと思います。
次が無いのが残念でたまりません。
2014/05/08(木) 09:12:17 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
みーすけさん>
あれ一本も?
そう、私もカーアクション系に特別思い入れが無くて一連の代表作ちゃんと見てないんですよね。
うん、これはそういうみーすけさんにもお勧めの一本。
これ観たら、私もポールの死が一層悲しく思えました。本当に残念。
2014/05/08(木) 09:23:33 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
同じ年度にこんな映画も撮ってたんですね
先日、スティーラーズ 観ました おバカ丸出し
2014/05/09(金) 03:53:07 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
知らなかった!!コレは知らなかった!!
ポール。。。大ファンだったのさ。。。
news見たとき「えええええええええ!!」って
マジで大声で叫んだもの。
あの眉間のシワがsexyなんだよ!
ジェシカ・アルバもビックリしてたことだろうね。
こんな映画を撮っていたなんて。
是非観たい。観たい、観たい!!
2014/05/09(金) 17:38:01 | URL | chaco #79D/WHSg[ 編集]
この人の映画、そうは観てないのですが、主演の「逃走車」より渋い脇役の「テイカーズ」の方がかっこよかったです。バイプレーヤーとして息の長い俳優になりそうだっただけに残念です。この映画は、キャラを模索中というのが納得の題材ですね。こういう役はスターも性格俳優もやらなさそうな微妙なポジションのような気がします。
2014/05/10(土) 02:01:27 | URL | einhorn2233 #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
ほんと、精力的にお仕事してたんだなぁって思いました。
『スティーラーズ』はテレビで放送されたのを録画放置してますが、
おばかなのね。 そんな気がした(笑)
2014/05/10(土) 13:45:28 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
chacoさん>
大ファンだったんだ~。
ほんと悲しいよね。
みんなみんな信じられなくて呆然だっただろうなぁ
うん、こんな映画撮ってたんだって。
ほぼ出ずっぱりであり無いほどに頑張るポールです。
観てね!!
2014/05/10(土) 13:57:21 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
einhornさん>
ほんとですね。
これからは脇役としても魅力を発揮してくれる俳優さんだったかも。
本作はかっこいいアクションがあるわけじゃないし、出ずっぱりなので、悪が強すぎる人がやるとおなかいっぱいになりそうなんですが、ポールだと力いっぱい応援したくなる。
誠実さが伝わるからでしょうね。
アクションスターからどうシフトしていくか、これからも楽しみに思える作品だっただけに残念です。
2014/05/10(土) 14:10:41 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
優しくてイケメン、誠実な人柄がにじみ出ていたポールの
製作総指揮の最後の作品だったんですよね
個人的にはこれが主演最期だったと思いたいかな
アクション俳優もいいけど、このラストの娘にキスする父親像が
素晴らしくよかったので。
アクションとしては地味だけどドラマとしては「この子を知らない」から「パパ」へと変わる48時間が大きな意味を持つ作品だったと思います
ほんと惜しい人を亡くしました
2014/06/07(土) 15:17:33 | URL | maki #79D/WHSg[ 編集]
makiさん>
最近ポールの作品を続けて観て、改めて素敵な役者さんだったと感じてます。
この役のラストシーン良かったですね~。
ほんと、アクションだけでなく、これからはこういったヒューマンドラマでも彼の魅力を発揮してくれただろうと思うと余計に悲しく残念ですね。
Tbありがとうございました。
2014/06/08(日) 07:54:36 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
2014/08/25(月) 21:16:12 | URL | 履歴書 #79D/WHSg[ 編集]
履歴書さん>
はじめまして。
わぁ、ありがとうございます。
ぜひ。
2014/08/26(火) 00:23:00 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
48時間 [E:typhoon] 公式サイト http://hours-movie.jp 2005年8月、とてつもなく大型のハリケーン“カトリーナ”が接近しているルイジアナ州ニューオリンズで、救急車で
2014/05/13(火) 11:39:08 | 風に吹かれて
ポール・ウォーカーさんの最期の作品ということで、余計なこと考えずにさくっとレンタルしてきました。実在する2005年のハリケーン「カトリーナ」で壊滅した都市を舞台に、ハリケーンの脅威に一人で立ち向かう父親の姿を描いたパニック・アクション。実際に、暴行や
2014/06/06(金) 14:36:57 | いやいやえん
五つ星評価で【★★★中だるみはあるけど中々の良作】  故ポール・ウォーカーの何本かある遺作の一本。「遺作」である事だけを宣伝文句にしてるのは際どいなと思いつつも ...
2014/06/08(日) 07:14:10 | ふじき78の死屍累々映画日記