映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】 トランセンデンス
2014年05月02日 (金) | 編集 |
 

ジョニー・デップ&レベッカ・ホール主演の新作
天才科学者の脳データーをアップロードされた人工脳の行く末を描くSFです。
トランセンデンス(2014)アメリカ
原題:Transcendence
監督:ウォーリー・フィスター
出演:ジョニー・デップ/レベッカ・ホール/ポール・ベタニー/モーガン・フリーマン/キリアン・マーフィ/ケイト・マーラ
日本公開:2014/6/28
ジョニー・デップ演じるウィルは、究極的な人工知能を開発研究する天才科学者。
研究が成功すれば世界は画期的に変わる。
彼はそれを「トランセンデンス/超越」と呼んでいます。
しかし、そのテクノロジーに危機感を覚える団体がウィルを襲撃。
徐々に死へと向かうウィルの脳データーを妻のイヴリン(レベッカ・ホール)がコンピューターにアップロードしたことから、大変なことが起きる・・という話。
監督はクリストファー・ノーラン作品の撮影監督として有名なウォーリー・フィスター
これが初監督作品になります。

これ、トマトメーター19%に見るように世間の評判はよろしくない。
低評価の理由として考えられるのは、映画で描かれるテクノロジーが超越過ぎるからでしょうか(笑)
人工脳によって一気に加速した科学が生む究極の世界は「神」の領域を侵すもの。
個人的にはゾンビ映画を見るような面白さがあったのだけどw
神を身近に感じる人ほど、嫌悪感を覚えるのかも。
 
もちろん映画は、究極に進化するテクノロジーに異を唱え「それでいいのか」と待ったをかけるのだけど
反対勢力が暴力に訴えるテロリストであることから、正義はどこにあるのかが曖昧に感じるところもありました。

デップ演じるウィルは悪か善かというのも意見が分かれてますね。
スクリーン上のウィルはあくまでAI(人工知能)で、ウィルそのものではない。
けれど技術に夢を託したのはウィルたち人間であり、コンピューターの暴走で片付けれないものがあります。脳データをアップロードしてしまい、きっかけを作ったのは妻であるイヴリン。
名前にも現れているようにイヴリンは禁断の木の実を食べたイヴという描き方でしょう。
でも愛する人を失う段階にあって、イヴリンが夫の何かを残したいと思う気持ちは理解できるところ。
彼女自身も科学者であり、理想郷を作れると信じた夫婦の思いが切ないのですよ。

科学に説明がないと批判する声もあるけど、
説明されてもわからないしw 突っ込みどころはあれど個人的にはこれでよし。
科学はどこまで進むべきなのかと考えさせられる作品でした。

ジョニー・デップはもごもごと喋る感じで、私には聞き取りにくいところがあったのが残念。
人工脳のウィルとの違いを曖昧にする狙いがあったのかな。
イヴリンを演じたレベッカ・ホールは実質上主役でしょうね。うまいです。
「超越」に疑問を抱き始める科学者仲間にポール・ベタニー
告白することはないけれどイヴリンを愛してもいたんだろうなぁと思えて良かった。
やがて反対勢力にも加担する彼は、さまざまな「曖昧」が描かれる中、その中心的な存在でした。


関連記事

コメント
この記事へのコメント
どこかの国でもめている
新型細胞の論文みたいな
ハナシですか?
2014/05/01(木) 19:27:13 | URL | GH字幕 #79D/WHSg[ 編集]
最近シネコンに行かないんやけど、コレのチラシはかろうじて持ってますわ・・・。
「科学の説明をされてもわからないし、ツッコミ所もあれどこれで良し」というpu-koさんの男前度に猛烈に共感(超爆)・・・。
姉さん、ついて行きますぜ(爆)・・・。
2014/05/02(金) 03:15:27 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
こういう映画で思うのは、一握りの天才の酔狂で、たくさんの凡人がひどい目に遭っちゃうというのは理不尽だよなあってこと。神の領域を侵す以前に他人の領域を侵すなよって思っちゃいます。あ、全然、的外れコメントだったらごめんなさい。劇場公開されたら確認してまたきます。
2014/05/02(金) 04:03:20 | URL | einhorn2233 #79D/WHSg[ 編集]
ジョニデだぁーーー!!
以前はね、スッゲー好きだったんだけどね、
スキッ歯の彼女と別れちゃってから、男として信用できなくなって!
あ、別に私に信用されなくてもいいわけか!?そっか、そっか。
けどさ、新しい恋人と結婚したとかしないとか、なんでしょ?
スキッ歯とは結婚してなかったくせに!!!!ンもう~~!!!
あ~あ、映画の感想が何にも言えてない><
人工頭脳ジョニデより、キリアン・マーフィが観たいぜ!!
ま、モーガン爺さんが出てるから、ハズレではないんでしょうけど。
ちょっと「超え過ぎ」映画みたいだね?(笑)
ごめんね、余談ばっかで・・・
2014/05/02(金) 06:50:41 | URL | chaco #79D/WHSg[ 編集]
あらら、本国ではあまり評判良くないんですね。
わたしも科学の難しい説明されてもきっと分かんないから、ノリと勢いで面白ければそれで良しよ~んって所が大きいんだけど。予告はなかなか面白そうでした。
どっちかって~とジョニー・デップの不思議キャラに食傷気味なので心配なのはそっち^^;
デップって普段から結構もごもごセリフ言う感じよね。日本では字幕あるから大丈夫(笑)
2014/05/02(金) 07:06:54 | URL | みーすけ #79D/WHSg[ 編集]
え?評判あんまりよろしくないの??
気になってたのに~
2014/05/02(金) 08:38:26 | URL | る~ #79D/WHSg[ 編集]
字幕さん>
そそ、再生医療とかそんなものも含まれますね。
医療の進歩も進みすぎると神の領域をおかすことになるのかな。
2014/05/02(金) 20:53:34 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
ふふ、開き直りとも言いますが(笑)
SFにつっこんでも仕方ないですよね。
わからんもん(笑)
2014/05/02(金) 20:56:54 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
einhornさん>
まとなりのない感想でどんな映画かさっぱりわかりませんね。ごめんなさい。
映画では、施設内の研究の段階だったので、たくさんの凡人が酷い目にあうという話ではなかったですが、人工知能の一人歩きに警鐘を鳴らすのと、
科学の発達により神の領域を侵しかねない今、人類の進む道はそれでいいのか?っていう問いかけはありました。
2014/05/02(金) 21:21:45 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
chacoさん>
だね~。
まぁ、離婚(ただの別れか)は仕方ないものがあると思うのだけど、ジョニー人気にかげりがさしたのは確かかも。家庭を愛するジョニーを支持するファンが多かったでしょうからね。
本作がいまいち評判悪いのも多少なりとも影響してる気がするなぁ。
キリアンはFBI捜査官だったよ。
モーガンさんともどもあまり活躍しないけどw
あはは、「超えすぎ」映画だね。
ちなみに『シックスセンス』のハーレイ君の今が「肥えすぎ」でびっくりw
2014/05/02(金) 21:29:00 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
みーすけさん>
そうなんですよ~。
私としてはウハって思うところもあって楽しめたし、そんな悪い映画じゃないと思うんだけどなぁ。評価は分かれてるみたい。
今回のジョニーはいつになく普通なんだけど、スクリーン内のAIと、生身の人間を演じ分けるのは難しかっただろうなと思いましたよ。
そそ、もっとしっかり喋ろうよ~と思いながら観ちゃったわ。
日本のバラエティ番組みたいに、ジョニーの台詞にも字幕つけたい気分w
2014/05/02(金) 21:43:44 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
る~さん>
そうなんだよねぇ。
でも好みはそれぞれみたいだし、私は楽しめたよ。
2014/05/02(金) 21:45:13 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
>イヴリンを愛してもいたんだろうなぁ
三角関係の話でもあるんですね。
生身のジョニデにはかなわんけど、
コンピューターに入っちゃったらチャンスですよねー。
>やがて反対勢力にも加担する彼
そこは味方のふりをして、イヴリンの相談にのりつつ、じっくり口説くべきですよねえ。
ヘタだなあ(決めつけ)
映画のチラシを見て本作は地雷にちがいないと思っていましたが
ちょっと興味が湧いてきましたw
2014/05/03(土) 01:47:29 | URL | yossy #79D/WHSg[ 編集]
yossyさん>
ポール・ベタニーがイヴリンに想いを伝えるシーンなどはないのだけど、内に秘めたものを感じちゃいました。
ジョニーとはいえ、PCの中のに入っちゃったらだるま同然ですよねw
科学者としての責任感もあって、だからこそイヴリンを守らなければという気持ちもある。
ベタニーにしては人間味のあるところを見せてくれましたよ。
ことを阻止しなくてはいけないという責任感もあって、なかなかの活躍ぶり。
要領は悪かったかもだけど(笑)
地雷映画なりの楽しみがあるはず♪
2014/05/04(日) 07:03:17 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ご無沙汰ですw。これはノーラン×デップと言う事でかなり期待してます!!科学か~うーん、楽しみです。見たらまた来ますね!
2014/05/04(日) 09:13:45 | URL | dance #79D/WHSg[ 編集]
ダンスさん>
ご無沙汰してます。連休いかがお過ごしですか?
あ、そうですね。ノーラン&デップは観たい気になりますよね。
ただし、ハードル上げすぎずに見ちゃってください。
お楽しみに~。
2014/05/05(月) 07:22:55 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
映像的にはどうなんですか?
ノーラン的アイデアがなければ、特に特筆すべき点はなし?
欧米よりは、日本の方が、医療やテクノロジーが進む事に
嫌悪感はないでしょうから、そう云う点でまた評価が変わってくるかもしれませんね。
とは云え、拝見していると、構造的に、ベーシックな原罪的寓話の域を出ていないようなので、
そこに独特感がないと、話としてはよくある系になっちゃうかもですね。
こっちだと、俳優の名前で入るのは、もはやジョニーだけなので、←それもどうなのか?w
配給は期待してそうな作品ですね。
2014/05/07(水) 14:59:43 | URL | miskatonic #79D/WHSg[ 編集]
miskaさん>
映像はノーラン映画のようなクリスタル・クリアなスタイリッシュな感じではなく、田舎町に建設する巨大施設が圧倒的ですけど、CGを駆使したありえない映像もあるので賛否が分かれるところかな。
あ、そうそう、「神の領域を侵す」という部分では欧米の方が抵抗があるんだろうと思いました。
その点日本は大丈夫かも。ゾンビ映画的な映像も受けるかもですw
>ベーシックな原罪的寓話の域を出ていないよう
そうですね。強いて言えば、罪の根源を多元的なものにして、見るものに考えさせるつくりなのが面白いかなと思いました。
こちらではあっという間に公開も終わって、ジョニーの人気が落ち目なのを実感するんだけど、日本ではどう出るでしょうね。
2014/05/08(木) 09:05:42 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。