映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
ルビー・スパークス
2012年12月05日 (水) | 編集 |
インディペンデント・スピリット賞で脚本賞にノミネートの『ルビー・スパークス』を観てみました。




ルビー・スパークス
2012年(アメリカ)
原題:
Ruby Sparks
監督:ジョナサン・デイトン/バレリー・ファリス
出演:
ポール・ダノ、ゾーイ・カザン、クリス・メッシーナ、アントニオ・バンデラス、アネット・ベニング、
スティーブ・クーガン 、エリオット・グールド 
 

『リトル・ミス・サンシャイン』の監督コンビが6年ぶりに手がけた本作
『リトルミス~』でものを言わないお兄ちゃんを演じたポール・ダノ君がスランプ中の作家カルヴィンを演じます。



19歳でデビューし天才と脚光を浴びたものの、10年間「次」を出せないでいるカルヴィンは、
世間の期待に押しつぶされ半引きこもり状態。
そんなある日、女の子と出会う夢を見たカルヴィンは、その子をルビー・スパークスと名づけ
ルビーを主人公に物語を書き始めるんですね。
ところがある日、自分の創造物であるはずのルビー目の前に現れたからビックリ!
二人は奇妙な同居生活を始めるが・・というお話です。



ルビーを演じるのはエリア・カザンのお孫さんのゾーイ・カザン
驚いたことに脚本も彼女の手によるもので、彼女はプライベートでも5年来の恋人同士というポール・ダノ君と自分をモデルにストーリーを書き、監督に持ち込んだのだとか。

妄想が現実となるというファンタジーなロマコメと思いきや
カルヴィンが筆一本(タイプライターだけど)でルビーをコントロールしようとするあたりから
かなりダークな展開になるのですよ。

「一発屋」のレッテルに心が萎えそうになるカルヴィンを温かく支え
人生のノウハウを教える兄ハリー(クリス・メッシーナ)の優しさが心地よい。
カルヴィンにセラピーをするDrにエリオット・グールド
母にアネット・ベニング、エキセントリックな義父にアントニオ・バンデラス
思わぬ大物が脇を固めます。



恋人の理想に近づこうとして無理してしまったり、逆に強要されて嫌気がさしたり
ゾーイが経験から書いたというストーリーは誰の中にもハッとするところがあるんじゃないかな。
愛するがゆえに葛藤するカルヴィンが、静かに筆を置く瞬間の清々しい表情に胸が熱くなります。
思いどうりにならないから恋は面白いんだよね。
ゾーイを優しくみつめるダノ君の恋する瞳もまさに「ほんもの」。
映画も面白いです。お薦め!!


日本公開は12/15~

★★★★☆

関連記事

コメント
この記事へのコメント
ほぉ~エリア・カザンのお孫さんですかぁ。
やっぱ多才なんですな。
ダークな展開というのも面白そうだし、脇のキャストも面白いね。
脚本賞ノミネートされる作品ってホンマ面白いから。
これ観たいっすわぁ。
2012/12/05(水) 09:28:19 | URL | Kaz.Citta' #79D/WHSg[ 編集]
ゾーイ・カザン、こう云う感じにするとかわいいですね。
脚本もですか、血は争えないと云うことかな。
ファンタジックになり過ぎない感じぽいですね。
それならちょっと見たいかも♪
2012/12/05(水) 09:58:30 | URL | miskatonic #79D/WHSg[ 編集]
妄想が恋人  ええですねぇ
このあんちゃん変質者然としているところがいいですね
2012/12/05(水) 17:31:13 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
ポール・ダノが主役か~って思うと、もうそれだけで作品の雰囲気が分かる気がしますね
しかし彼は自閉気味な役似合うなぁ~
自閉アクターナンバー1でしょう^^
しかも彼女が脚本やなんて・・これは興味津々な・・
あ、これはもう来週からなんですね~チェック!
2012/12/05(水) 21:47:48 | URL | SHIGE #79D/WHSg[ 編集]
あ、これ
この前予告編をはじめてみました。
見たいっておもってたんですよ~
ちぇっく~ちぇっく~
2012/12/05(水) 23:58:33 | URL | る~ #79D/WHSg[ 編集]
これとても楽しみにしていました。
っそか、結構ダークな展開になるんですね。
なるほどなるほど、相手を思い通りにしたいという気持ち
それに応えたい気持ちが描かれるんですね。
う~ん、ますます観たくなりました♪
2012/12/06(木) 01:02:12 | URL | おまけ #79D/WHSg[ 編集]
おっと!!pu-koさん、また紹介がギリギリですね(汗)・・・。
間に合うかな?(汗)・・・。
2012/12/06(木) 06:41:07 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
Kaz.さん>
そそ、しかもお母さんは『ベンジャミンバトン~』の原案、お父さんは『悪魔を憐れむ歌』とかの脚本家だそうで、血筋というかサラブレッドですよね。
脚本がいい映画は面白いよね。
ダノ君と二人若い発想でこれからもいい映画作ってほしいですね。
2012/12/07(金) 00:41:01 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
miskaさん>
この写真のゾーイは可愛いですね。
ほんと、血は争えないってことでしょうねぇ。
そう、設定自体は凄くファンタジックだけど、ふわふわした作品じゃなかったのが良かったですよ。
2012/12/07(金) 00:43:14 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
自分で作り上げた架空の人物が実態となって出てくるって発想が面白いですよね。
あはは、ダノ君はオタク青年っぽい役が似合います。
でも最近はいろんな役演じてるし結構な実力者ですよね。
2012/12/07(金) 00:45:42 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
SHIGEさん>
アハハ、自閉アクターって(笑)
なんでしょうね、あの青白っぽいところがそう見えるのかな。
ちょっとオドオド系も似合いすぎ。
でも『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』で双子の二役を演じていたように
相対するキャラも演じられる上手さがありますよね。密かに面白い役者だと思ってます。
これ面白かったよん。
2012/12/07(金) 00:50:01 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
る~さん>
おーー、、チェックしてくだされ。
ワンちゃんも可愛いのよ。
2012/12/07(金) 00:50:37 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
おまけさん>
おーー、チェック済みですね。
そう、甘いだけのファンタジーじゃなくて、ダークで切ないところもあるのだけど
最終的には気持ちよく見終えることができるというのが上手かったです。
相手を思いどうりにしたい気持ちに応えるというか、
結局コントロールなんてできないところが面白いんだってところかな。
2012/12/07(金) 00:55:40 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
わはは、すまん。
この前のノミネート見て知った作品で、今頃の紹介になっちゃいました。
近くでやってる?間に合いそうならチェックしてくださいな。
2012/12/07(金) 00:58:00 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
こういう設定で軽快にドラマを弾ませてくれるのがアメリカ映画だというイメージがあるもので、これでダークになっちゃうってのは、何だか日本映画みたいだなあって気もしちゃいました。日本でも来週から渋谷での公開のようですが、渋谷は気分的に遠い街なので、近所で上映の機会あれば、トライしますです
2012/12/09(日) 04:07:20 | URL | einhorn2233 #79D/WHSg[ 編集]
einhornさん>
そうですね。こういうダークさはちょっと意外な気もしました。
これも新しい感覚かも。
はい機会があればチェックしてみてください。
2012/12/09(日) 23:35:25 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
21日のことですが、映画「ルビー・スパークス」を鑑賞しました。若くして天才作家ともてはやされたカルヴィンだが今ではひどいスランプに 精神科医の教えで理想の女の子の物語を書くことに。しかし ある日 何とカルヴィンの前に自分が空想して作り上げた理想の女の子...
2013/01/08(火) 22:06:26 | 笑う社会人の生活
 『ルビー・スパークス』を渋谷のシネクイントで見てきました。(1)大層面白かった 『リトル・ミス・サンシャイン』(2006年)を監督した二人(注1)の作品と聞いて映画館に出かけました。 物語の舞台はロスアンジェルス。 主人公は、10年前に処女作を書いてヒット...
2013/01/13(日) 09:33:30 | 映画的・絵画的・音楽的
プロットはいくらでもデジャブしそうなネタ。小説に書いた女性(写真:右)が、小説家(写真:左)の前に突然 リアルに洗われ、主人公の人生が激変する。だがナゼか引き込まれた。その理由は「主演女優」かも?というには彼女、「いかにも主演女優」的な佇まいと...
2013/01/23(水) 00:53:44 | 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜