映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
セッションズ
2012年11月22日 (木) | 編集 |



さて、美女特集後半戦のトップバッターはヘレン・ハント
サンダンス映画祭で観客賞と審査員特別賞の二冠に輝いた『セッションズ』観てきました。





セッションズ 2012年(アメリカ)
原題:The Sessions
監督:ベン・リューイン
出演:ジョン・ホークス、ヘレン・ハント、ウィリアム・H・メイシー


マーク・オブライエンは子供時代に患ったポリオが元で首から下を動かすことができない36歳の男性。
呼吸も人工肺を使用していたが、ポータブル呼吸器を使用し4時間ほどは外出も可能。
マークの最近の悩みは身体を拭いてもらいながら元気になってしまうこと。
ついに彼は童貞を捨てることを決心し神父に相談。セックス代行者によるセラピーを受けることにした。。

ジャーナリストであり詩人のマーク・オブライエン氏の経験を描く実話ベースの作品です。
自身もポリオを患ったことのあるベン・リューベンが監督し、ジョン・ホークスがマークを演じています。

冒頭、本物のマークが自分でストレッチャーを操作し外出する映像も出てくるのだけど、これ驚きますよ。
マークさん御本人が登場するビデオを掲載してるサイトがあったのでリンク張っておきます。
彼はこうして大学に行き、卒業後は出来る機能を駆使してジャーナリスト、詩人として仕事をしている。
その収入で人を雇い、出来ない部分を補ってるわけで、助けを借りながらも自立していると言えます。
そんなマークさんにとってセックスを経験することは単なる欲求以上に意味を持つのもわかります。



 
 マークが雇うことになるセックス代行者シェリルを演じるのがヘレン・ハント。
無駄なお肉のない綺麗なお体を惜しげもなく披露してくれます。
セックス代行人というのは勿論ボランティアではないけれど、博愛精神がなければ出来ないと思うし
マークにとってはまさに天使。
セッションごとに気持ちが近くなる二人ですが・・

ジョン・ホークスは『ウィンターズ・ボーン』『マーサ、もしくはマーシー・メイ』の怖い顔とは打って変わっての優しい顔で別人。唯一動かせる頭(顔)だけで、戸惑いや恋するときめき喜びを表現していて上手いです。
 
 重度の障害を抱えながら、懸命に自立し生きた主人公
最後は彼のなしえなかったことに対してではなく、出来たことに対しジワジワと感動がこみ上げました。
彼の晩年を輝かせたのがセッションで得た男として、人としての自信。
ほろ苦さとユーモアを交え、人生を切り開くことの素晴らしさを教えてくれる作品です。
サンダンスからのインディペンデント映画がオスカーにどう絡むかも注目ですね。

★★★★


関連記事

コメント
この記事へのコメント
おぉ、観れたのかぁ~。
いやいや、イイなぁ~。
ヘレン・ハントが惜しげもなく、ですかっ。
これは絶対公開してもらわなければ。
内容的にも意義ありますよね。
あ、あの取りあげた記事をTBさせてもらいますね~。
2012/11/22(木) 08:28:59 | URL | Kaz.Citta' #79D/WHSg[ 編集]
オスカーに絡めば公開の道も開かれるかも。
と云うか、いい映画は人入るよね。
その辺配給も考え直した方がいい気がw
「マーサ、もしくはマーシー・メイ」は来年公開みたいですね。
おっしゃるように、金銭だけでもできない仕事ですよね。
こう云う代行業って。
ジョン・ホークスって地味だけどうまい俳優ですよね。
2012/11/22(木) 09:41:58 | URL | miskatonic #79D/WHSg[ 編集]
あ~、これ私も観たい~
作品からいろんな事を教わりそうな気がします。
観たいぞ~
2012/11/22(木) 10:39:35 | URL | じゅり #79D/WHSg[ 編集]
お久のヘレンじゃないですかぁ??一時は輝いていたのにすっかりご無沙汰でした、、”As Good As It Gets”のTシャツが張り付いていた場面、下に着ているのに妙に印象に残ってます。えっー、、それが今度はモノホンっ??ダメダメそんな事で引っ張られて見に行っちゃ、、、(反省)。
2012/11/22(木) 17:24:38 | URL | guch #79D/WHSg[ 編集]
内容から一歩間違えばポルノ映画  でも、ポルノがなんで悪い
肉薄なヘレンハントだからええんかな  豊満な人だったらと思うと
マイレフトフットの踏み込んだような映画ですか
ヘレンハントといえば メルギブソン ニコルソンとの共演くらいしか覚えがない
調べると、トランサ-ズにも出てた 昔見たB級SFだけど全く記憶ない
2012/11/22(木) 18:15:01 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
そうだ!賞にからんでくれれば
ウィンターズボーンみたいに、公開が決まるかも!
からんでくれ~!!
2012/11/22(木) 18:59:37 | URL | る~ #79D/WHSg[ 編集]
これは面白そうな映画を紹介していただきました。
テーマが興味深い。
ヘレンさんは『ソウル・サーファー』で鍛えたボディを見せていましたが、さすがに老けたなと思っていた。
セクシャルな役に挑むのは意外で良いです。
2012/11/23(金) 05:21:01 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
セックス代行人?
風俗ボランティアですか?
そういやかなーり昔の
西ドイツ(!)製の
性医学ドキュメンタリーで
障害者のお相手をする
女性が出てきた場面を
覚えてますわぁ。
増村保造の『赤い天使』にも
通じるものがあるね。
ま、戦争は絡んでないけど。
2012/11/23(金) 05:30:02 | URL | GH字幕 #79D/WHSg[ 編集]
このお仕事はこちらでもニュースなどで取り上げられて
少しずつ浸透しているみたい。
健康だとこういうことに
まるで気付かないから公開して欲しいものです。
しかしジョン・ホークスは快進撃だなあ。
2012/11/23(金) 17:27:45 | URL | HK #79D/WHSg[ 編集]
Kaz.さん>
Kaz.さんのところで紹介してもらって以来私も楽しみにしてました。
こちらでもミニシアター系で公開されてて、近くにやっと来てくれたんですよ。でもけどすでもすでに上映一回のみ。慌てました。
ヘレンさんはアンダーヘアーも出しーので、セックス指南。何故かエロさは感じませんがw
日本でも公開してくれるといいですね。
TBありがとうございました。
2012/11/24(土) 01:10:36 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
miskaさん>
そうそう、オスカーに絡むと可能性はあるかもですね。
今年は主演男優賞は激戦ですよね~。
デイ=ルイスは固いとしてホアキン、ブラッドリー・クーパーあたりと競うことになるかな。
『マーサ、~』公開決まったようですね。オルセン嬢効果なのか、本作のホークス効果なのか。
ホークスは前2作でのイメージと全然違うんでビックリでした。上手いってことですよね~。
それにしてもこんな仕事が存在することに驚きました。
2012/11/24(土) 01:17:29 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
じゅりさん>
気になるでしょ。
そそ、障害をお持ちの方や家族の皆さんにもこの映画は励みになる事と思います。
あと童貞君たちにも(笑)
あ、でもあまりに若者だと視聴年齢制限あるかなw
2012/11/24(土) 01:20:28 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
guchさん>
ヘレンさんは脱ぎっぷりも最高にいいです。
でもやっぱりセッションでw エロくはないんですよね。
あ、でも男性から見るとまた違うかな。
2012/11/24(土) 01:23:16 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
ですね~。確かにヘレンさんは綺麗だけど肉感的じゃないからか上に乗ってリードしてもエロくないし、ポルノにはならないんですよね。
そういう意味では際どい題材だけにヘレンさんをキャスティングしたのは成功でしょうね。
清潔感があるし。
『トランサ-ズ』って全然知らない作品だぁ。
2012/11/24(土) 01:27:17 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
る~さん>
そうだよね。賞に絡むかどうかはかなり大きな要素になりそう。
期待しましょ。
2012/11/24(土) 01:28:19 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
『ソールサーファー』でゾンビマンさんが綺麗だけどそのままゾンビになってたとかって書かれてて吹きだしましたよw
でもヘレンさん、お肌もきれいで脱いだほうが若く感じるかも。
しかしセクシャル・・
実際凄いHなことしてるしイッちゃったりもするんですが、不思議とセクシーとは思わないんですよね~。
意外と思ってしまう彼女のさばさばした印象が役にも合ってました。
2012/11/24(土) 01:39:05 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
字幕さん>
はい、性医学の一環でボランティアでもないんですが、こういう仕事があることに驚きますね。
映画でも娼婦とは違うんだと自分で説明してました。
へーー、西ドイツではそんな前から存在した仕事だったんですね。
『赤い天使』も完全にボランティアだけどナースならではの慈愛あってこそ、
そういう意味では確かに通じるものがありますね。
2012/11/24(土) 01:42:54 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
HKさん>
えーー、日本でもこういう仕事が浸透しつつあるんだ。ビックリ~。
そうですね。障害を持って生きるかたの苦しみ、健康であることの意味なども学べる映画だと思います。
ジョン・ホークスは毎年インディペンデンス系で評価の高い作品に出てますね。
地味だけど存在感あるんですよね。
2012/11/24(土) 01:46:24 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ヘレン・ハントのちょっとファンでもあるので、この映画、興味あります。題材がまた、微妙なところを突いてますねえ。こういう題材だと、映画の出来栄えにケチつけにくいなあって思ってしまうのは、私がひねくれ者だからかしら。
こういういわゆる筆おろしを商売女がするってのと、セッションって形でやるのにどんな違いがあるのかってところが気になります。
2012/11/24(土) 05:00:32 | URL | einhorn2233 #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 【ザ・セッションズ】 The Sessions アメリカ 2011   監督   ベン・リューイン   原作   マーク・オブライエン   出演  ジョン・ホークス / ウィリアム・H・メイシー      ヘレン・ハント 他 6歳でポリオを患い、それ以降人工肺を付けることに
2012/11/22(木) 23:26:32 | CINEmaCITTA'