映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
マーサ、あるいはマーシー・メイ
2012年02月26日 (日) | 編集 |





映画ファンなら、ポランスキー監督の妊娠8ヶ月の妻シャロン・テートが、
チャールズ・マンソン率いるカルト集団に惨殺された事件をご存知でしょう。
カルト集団の恐ろしさは、日本人ならオウムの一連の事件からも知っています。

本作は、監督の友人があるカルト集団から脱走したという実話を元に
カルト集団の実態と、信者の心に巣くった心の闇をサスペンスタッチで描く作品です。
サンダンス映画祭で監督のショーン・ダーキンが監督賞を受賞
インディペンデント・スピリット賞で主演のエリザベス・オルセンが主演女優賞にノミネート
カルト集団のリーダーを演じたジョン・ホークスが助演男優賞にノミネートされています。

Martha Marcy May Marlene (原題)(2011)アメリカ
監督:ショーン・ダーキン
出演:エリザベス・オルセン/サラ・ポールソン/ヒュー・ダンシー/ジョン・ホークス

冒頭、男は薪を割り、小さな子供が庭で遊び、赤ん坊を抱いた女性らが庭先で団欒する牧歌的な風景。
画面変わって、男6人ほどがダイニングで食事をするシーン。
その間、隣室で待つ10人ほどの女性たちの表情は異様で
家族とも思えないこの集団は、いったいなんなんだろうと違和感。
 翌日、一人の女性が早朝の寝床から抜け出し、すばやく身支度を整える
彼女の名はマーサ(エリザベス・オルセン)。
誰にも気づかれないように慎重にさりげなく
しかしその足取りは次第に速度を増し、マーサは森へとひた走る・・。
 
マーサはその後、追ってきた男に見つかるものの、隙をついて2年間音信不通だった姉に連絡。
秘密を抱えたまま、夫婦の賃貸別荘で同居を始めます。

映画はそんなマーサの別荘での日常と、彼女の暮らしたカルト集団での暮らしぶりを
時間軸を交錯させながら描いていくという作り。
牧歌的と思われた集団生活が、やがて異常性を帯び
ザワザワと心に広がる違和感が、決定的な嫌悪感へと変わっていく
この感覚はハネケ作品のそれに似ていました。

長いタイトルの意味はマーサは主人公の名前、
マーシー・メイは集団のリーダー(ジョン・ホークス)がマーサにつけた呼び名
最後のマーリーンは、集団の女性全員が、電話などの対応をするときに使う名前。




カルト入団初日の爽やかな表情から、どこかが決定的に破綻してしまった表情まで
マーサを演じたエリザベス・オルセンの演技は、新人とは思えない上手さがありました。
ちなみに彼女はドラマ『フルハウス』の子役ミッシェルで有名な、双子のオルセン姉妹の実の妹。

 カルト集団の実態、次第に価値観が置き換わってしまうことにゾッとする作品ですが
多くを語らずに、マーサに巣くった不安と恐怖を見せきるラストシーンなど、スリラーとしても秀逸です。

【追記】
2013年2月の公開が決まったようです



関連記事

コメント
この記事へのコメント
むほっ!('ω'*)
ただならぬ雰囲気がうかがえますね
ハネケ監督風?そして 気になる賞の数々・・
これは観たいっ!
2012/02/25(土) 20:10:05 | URL | 翔 #79D/WHSg[ 編集]
あ、コンビニに買いに行っていたやつだ(笑)
これ観たいんだよなあ。
いや、別に巨乳が目的ではないから!
違うから!
ホントだから!(←怪しすぎ)
2012/02/25(土) 20:29:06 | URL | HK #79D/WHSg[ 編集]
これ面白そうですね!
アカデミー賞がらみだと、
「フローズン・リバー」もけっこう後になってから公開されましたから、
後公開ってのもありますが、
この際DVDスルーでもいいですw
今こっちでもとある芸能人が自称占い師とひきこもっていてってのがすんごい話題で(^_^;毎日放送されてます。
こう云う作品は人間心理を突くから興味深いです。
2012/02/25(土) 23:37:36 | URL | miskatonic #79D/WHSg[ 編集]
こういうのはぜひ公開して欲しいものですが。
そうですか、スリラーとしても一級品ですね~。
作風に注目したいと思います。
日本じゃいつ観れるか分んないけど。(笑)
2012/02/25(土) 23:39:00 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
ん~これも面白そう~
文章からサスペンス的なドキドキ感がビシビシ伝わってきますね~
あ、エリザベス・オルセンってpu-koさんが巨乳ってツイートしてた方ね。
この人はお初やな~
しかしジョン・ホークスがカルト集団のリーダーってのはハマってそ~
「ウィンターズ・ボーン」のあの怖い感じを思い出しますね。
2012/02/25(土) 23:42:04 | URL | SHIGE #79D/WHSg[ 編集]
こういった日常と紙一重の世界ってへたすると誰でもはまってしまう危険性があるんでとてもリアルですよね。
是非日本でも公開してもらいたいものです♪
2012/02/26(日) 00:33:15 | URL | marr #79D/WHSg[ 編集]
ええええ~これ みた~い
みたいよ~~~~
2012/02/26(日) 03:34:37 | URL | る~ #79D/WHSg[ 編集]
アメリカってカルト集団って多いらしいね。
しかも小規模なのがいっぱいあるって・・・
2012/02/26(日) 08:07:26 | URL | GH字幕 #79D/WHSg[ 編集]
翔さん>そうそう、ハネケのや〜な感じにちょっと似てた。
そこまで決定的ではないんだけどね。
あちこちで評判になった作品なので、そのうちに日本上陸すると思うなぁ。
2012/02/26(日) 08:21:09 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
HKさん>コンビニじゃなくてスーパー(笑)
HKさんが早くから注目してた作品だよね。
お顔見たらあまり巨乳そうに見えないのに、実は なオドロキがあったw
巨乳目当てで観てもいいじゃないか♪(笑)
2012/02/26(日) 08:23:26 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
miskaさん>確かに、こういうインディペンデント作品っていうのは、
公開になったとしても極単館ですもんね〜。
一般の人には恩恵がないことを考えると、この際DVDスルーで早く観た方がマシってなりますね。
こちらでも近くのシネコンでかからなかったけど、注目の作品なので、ぜひ。
2012/02/26(日) 08:27:03 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
Kaz.さん>これを公開にこぎ着けたら、日本の配給会社の見る目に拍手します。
なんとなく不気味感が漂うこの作り、多分Kaz.さんもお好きだろうと思いますね〜。
ざわざわ感がいいですよ。
2012/02/26(日) 08:31:04 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
日本で話題のオセロの中島の一件も
集団じゃないけど、ソロカルト?プチカルト?
占い師の言いなりは洗脳らしいね。
なに!巨乳だって?
ちょっと探してきます!ではさいなら!
2012/02/26(日) 08:31:29 | URL | GH字幕 #79D/WHSg[ 編集]
SHIGEさん>そそ、巨乳のオルセン嬢
ま、言うほど巨乳ではないんだけど、顔だけ見たら全然そう見えなかったから意外だったよ。
ドキドキ、ざわざわのサスペンスに仕上がってて面白かったです。
そそ、ジョン・ホークスはこういう役似合うよね〜。
ウィンターズ・ボーンよりさらに静かながら、内にとんでもない怖さを秘めたリーダーを好演してました。
ごターかき鳴らし歌まで披露してたし。
多分エンディングの歌も彼が歌ってたんじゃないかな。
2012/02/26(日) 08:36:01 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
marrさん>そうなんですよ。
きっかけは多分さりげないこと。
この作品はヒロインが集団に入るいきさつは描かれてないんですが、監督はそのことに心残りを感じていて(映画的にじゃなく、カルト集団の実態を伝えるという意味で)、DVDの特典に集団に入るまでの一日を描くショートフィルムが寄せられてました。
2012/02/26(日) 08:40:36 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
る〜さん>これ公開になるかは分からないけど
話題の作品でもあります。ぜひ〜。
2012/02/26(日) 08:41:50 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
字幕さん>小さいのがたくさんあるんだ。
宗教自体それに近いものがあるから、そこからの派生とかもありそうですよね。
近くでもウェイコーの集団自殺があったしなぁ。
変な誘いに乗らないように気をつけなくっちゃ(;゚∀゚)
日本ではその事件大きなことになってるようでうsね。それ洗脳なの?
画像のお顔拝見するとうつに見えますね。
わはは、巨乳に反応しましたね。
ま、普通の子にしては大きい、、程度だけど、ちょっと意外だったので。
あまり期待しすぎちゃダメよw
2012/02/26(日) 08:44:27 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
わわ、面白そう!
違和感が嫌悪感に変わる、ってとても分かりやすい表現ですね。
そういえば、この間日本で占い師に声をかけられて、あとでよく調べたら宗教の勧誘だったのよ~┌|゚□゚;|┐
隙があるように見えるのかしらと、ちょっと気になったw
2012/02/26(日) 12:17:09 | URL | おまけ #79D/WHSg[ 編集]
おまけさん>
うん、まさに違和感が嫌悪感に変わる感じでした。
うわわ、宗教の勧誘・・
偏見もってはいけないと思うけど、ちょっと怖いと感じちゃいますね~。
結局ね、悩みを抱えて占いに頼るような人とかの弱みに付け込むとこあるのかなと思ったり。
用心用心。
2012/02/26(日) 16:42:17 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
なんか名前連なったみたいなタイトルですね  
あなたの青春に一抹の不安を感じたとき
それにつけこんであなたを堕落さすオトコ~~~
2012/02/26(日) 17:39:59 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
そそ、名前連ねたタイトルなんですよ(笑)
ぎゃは、なんか怖いフレーズですw
2012/02/27(月) 18:30:46 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
八方塞がりな結末は、娯楽映画としてはしんどかったですが、マーサが自分の経験や思いを、誰とも共有できない状況ってのが怖かったです。マインドコントロールを解くのには、確かに専門家の技術が必要なんだなあって、納得しちゃいました。面白さもあるけど、題材は不愉快、結末はヘビーと、元気なときに鑑賞したほうがいい映画でした。
2013/03/13(水) 03:00:42 | URL | einhorn2233 #79D/WHSg[ 編集]
einhornさん>
ほんと、そうですね。
マインドコントロールがいかに精神を蝕んでいるか、そこから抜け出すことの難しさを感じました。
確かにうつうつとしちゃいます。
TBありがとうございました。
2013/03/15(金) 13:50:37 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
洗脳の怖さが今さらながらに伝わりましたね。
姉夫婦の力ではやはり治せないような状況に陥っていたわけですが、マーサは脱走したということですから、まだ正常な心が残っていたということでしょうか。
ちょっと心にひっかるものが残りました。
2013/08/06(火) 21:01:51 | URL | ミス・マープル #79D/WHSg[ 編集]
ミス・マープルさん>
徐々に変わっていくマーサも見ものでしたが
そうですね。
このままではいけないという自覚があって脱走しても、
やっぱり正常な心を取り戻すのは難しいのでしょう。
それこそが洗脳の怖さかなと思います。
2013/08/07(水) 13:03:00 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
今回は新作の「マーサ、あるいはマーシー・メイ」を横浜シネマジャックで観て来ました。ブルーレイ上映なので、ビスタサイズのスクリーンに上下黒枠のシネスコサイズの上映でした。仕方ないとは言え、シネスコサイズの映画はシネスコサイズのスクリーンに上映して欲しいわあ
2013/03/13(水) 18:00:32 | 今昔映画館(静岡・神奈川・東京)
JUGEMテーマ:サスペンス映画全般「マーサ、あるいはマーシー・メイ」原題:Martha Marcy May Marlene監督:ジョン・ダーキン2011年   アメリカ映画   102分キャスト:エリザベス・オルセン     ジョン・ホークス     サラ・ポールソンマーサはある日
2013/08/07(水) 12:02:28 | マープルのつぶやき