映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
ドライヴ
2012年03月31日 (土) | 編集 |


ドライヴ
2011年(アメリカ)
原題 Drive
監督:ニコラス・ウィンディング・レフン
出演:ライアン・ゴズリングキャリー・マリガンブライアン・クランストンクリスティーナ・ヘンドリックスロン・パールマンオスカー・アイザックアルバート・ブルックス

【ストーリー】
「きみに読む物語」「ブルーバレンタイン」のライアン・ゴズリング主演で、昼はハリウッド映画のカースタントマン、夜は強盗の逃走を請け負う運転手として働く孤高の天才ドライバーが、愛する女性を守るため裏社会を相手に命がけの戦いを繰り広げる姿を描いたクライムサスペンス。(映画.comより)



今日は、ライアン・ゴズリング主演、デンマークの新鋭ニコラス・ウィンディング・レフンカンヌで監督賞を受賞した『ドライヴ』。
こちらではもうDVDになってますが、スクリーンで観て以来再見はできてないので
以下は9/23付けの記事を、ほぼそのまま持ってきました。


修理工をしながら時にはハリウッドのカー・スタントマンをこなす男、ドライバー(ライアン・ゴズリング)は強盗の逃走を手助けをするプロの逃がし屋という二つの顔を持つ男。
彼はある仕事を引き受けたことで、犯罪に巻き込まれていくことに・・。
 
この映画を観終えた時に、「任侠ものっぽい」と感じ、ツイッターしました。
勿論マフィアが出てくる映画というのもあるんだけど
ゴズリング演じるキャラクターの静かでサイコなところと、クライムシーンのグロさが北野映画に似てるのではないかと思ったんですね。
ま、思ったというのは、私が北野映画を観てないからなんですがw
うわさに聞いた印象からね(笑)
 
とにかく、冒頭の逃走シーンからカッコいい。
ドライバーは必要以上の暴走をするわけではなく、時には静かにパトカーの後ろについたり、
ヘッドライトを消し、トラックの陰に隠れたり。
その駆け引きが、カーチェイス以上にスリリングでクールなんですね。
 

これは犯罪ものであると同時に、ラブストーリーでもあって
今回ドライバーのお相手となるのがキャリー・マリガン
服役中の夫を持つ一児の母であるマリガンが、控えめながら、孤独さを漂わせる。
ゴズリングはマリガン母子と交流しながら、それまで見せたことのないであろう笑顔を見せるんですね。
背景をほとんど語らない映画だけど、そのひと時だけが
ドライバーにとっての安らぎの時であることがわかる。
子供と「瞬きをしない」ゲームをするのだけど、それはラストのちょっとした伏線になってました。
 
主演はヒュー・ジャックマンが予定されていたのそうだけど
ゴズリングが演じたことで、映画の「静」が生きてきたと思います。
彼の演じるドライバーのクールでサイコな部分は、ジャックマンだと出せなかったのではないか
映画も、もっとアクションものに傾いていた気がします。
 
最後までゴズリングはドライバーと呼ばれ、役名はありません。
そのことで、ただそのときを生きる孤独な男の刹那感がいっそう際立ちました。

部分的にえらくグロいところがあるし、静かな作風も好みの別れるところかもしれません。
でも渋くてカッコよく、何よりロマンティックでクール。
音楽やファッションが70年代風なのは、ライアン・オニール主演の同タイトルの映画を意識したのかな?

ついに公開 お見逃しなく!



関連記事

コメント
この記事へのコメント
これ観たとき ライアンオニール版かなり意識してると思いました あのエレベーター中を除いては
ヒュー・ジャックマンがやったんでは
トランスポーターのハゲおやじになってしまいますね
2012/03/30(金) 18:19:09 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
前に読ませてもらった時からずっと待ってました^^
やっと今日観れますよ~うれしいなぁ~(大雨やけどww)
それにしてもライアン・ゴズリングはどんどん良くなっていきますね。
個人的に彼の演技面で一番やと思う「ブルーバレンタイン」を上回ったかを見たいです。
2012/03/30(金) 19:59:45 | URL | SHIGE #79D/WHSg[ 編集]
初期の北野作品に似てるって指摘はあるみたいですね。
北野作品は初期作品がけっこうすきなので(笑)期待!
ヒュー・ジャックマンだともっと明るいと云うか、メジャーな雰囲気になりそうですね。
そう云えば、この監督の「ドライヴ」の前の作品「ヴァルハラ・ライジング」が「ドライヴ」効果で公開されるんですけど(来週だったかな?)、
こっちはマッツ・ミケルセン主演で
トレーラー見るとそれもすごそうでした。両方見るべきかw
2012/03/30(金) 23:18:19 | URL | miskatonic #79D/WHSg[ 編集]
監督がデンマーク出身だからでしょうか、主人公の住む部屋のインテリアやBig6マーケットの画づくりは北欧調でカッコ良かったですね。確かにカット割は北野監督調でしたが、スタイリッシュな色彩はギャスパー・ノエやカウリスマキを感じさせると思いました。これから楽しみな監督ですね。
2012/03/31(土) 08:24:33 | URL | 港町キネマ通り #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
あ、やっぱりライアン・オニール版のに通じるところがあるんですね。
エレベーターシーンのような過激なものはないのかな。
あは、ゴズリングで観ちゃうと、もうヒュー・ジャックマンのドライヴァー想像しにくいよね。
あ、ステイサムも括弧よさげ・・
でも、キャリー・マリガンとの恋物語は想像しにくいかw
2012/03/31(土) 10:41:14 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
SHIGEさん>
もうご覧になりましたね。どうだったかな?
うんうん、ゴズリングますますいいよね。
しかも色んな役をまったく別人のように演じるんだよね~。
『ブルーバレンタイン』の彼も良かったけど、ドライヴァーのクールさは必見です。
2012/03/31(土) 10:43:36 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
miskaさん>
危険で静かなところが北野ノワールの雰囲気なんだろうと思いますね~。
そそ、ヒューさんって基本人間が明るい気がするんですよね。
ゴズリングの方が陰湿。逆のこと言ってるみたいで変だけどドライに陰湿w
私も『ヴァルハラ・ライジング』の公開の噂を聞いて、ストリーミングにあったので
ちょっと観てみたんですよ。
でもなんか静か過ぎて早々に寝ちゃいました。グロいシーンもあるんだけどねぇ。
それでも気になる監督なので、もう一度チャレンジしてみます。
2012/03/31(土) 10:49:37 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
港町キネマ通りさん>
あ、そうか、インテリア意識してなかったけど
確かに北欧調なのかもですね。ほの暗い感じも。
やはりヨーロッパ出身の監督の独特の感性ってありますよね。
それに加えて、本作はクールでした。
監督の作品これからも注目したいですね。
2012/03/31(土) 10:55:20 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
北野映画だったの?
「テメェ、何だコノヤロー!」的台詞満載ですか(爆)
2012/03/31(土) 16:19:24 | URL | GH字幕 #79D/WHSg[ 編集]
あ、たしかに、任侠っぽいかもですね。
運転の躍動感と、ゴズリングさんの寡黙さが対照的で、めっさクールでしたね。
劇場で観てよかったです、これ。 TB、させてくださいね。
2012/04/01(日) 01:55:53 | URL | サムソン #79D/WHSg[ 編集]
冒頭のシーンは最高でした。
ほんと、暴走ではなく天性のカンというか、テクニックに脱帽でした。
暗闇に浮かぶピンクの文字からも、センスを感じます。
今年観た中でいちばん!の作品になりました^^ ヒュージャックマンには悪いけどライアン主演で本当に良かった(笑
TBお願いいたします。
2012/04/01(日) 05:39:05 | URL | けいとき #79D/WHSg[ 編集]
字幕さん>
はい、北野映画に通じる雰囲気がありました。
「コマネチ!」までやりますから。
エイプリル・フールってことで(笑)
2012/04/01(日) 08:41:26 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
サムソンさん>
うんうん、ドライビングの躍動感とクールさの対比いいですね〜。
普段静が際立つからこそ、一瞬のバイオレンスにもオドロキと緊張がありました。
ゴズリングいいよね〜。TBありがとうございました。
2012/04/01(日) 08:44:06 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
けいときさん>
冒頭から痺れましたね、これは。
かっこ良すぎた。
おーー、今年一番!
確かにヒュー・ジャックマンではこのクールさは出せないと思いますもんね。
ゴゾリングで大正解でした。
TBありがとうございました。
2012/04/01(日) 08:49:46 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
観ました。面白かったです。
タイトルの出し方といい、古い感覚と新しい技術が溶け合ってる感じの映画で、私は大衆的かつ熱かった東映の人情アクションのノリを感じましたね。
哀愁がある。
クールで誠実なライアンのキャラが良かったです。
2012/04/01(日) 09:19:43 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
賛否が微妙に割れてますね。
あんまり期待し過ぎない方がいいとは
思っても
気持ちがすでにドライヴしてる!
2012/04/01(日) 19:57:48 | URL | HK #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
あ、そう、どこか懐かしさを感じる雰囲気もあるんですよね。
監督がデンマーク人だからかなぁと思ったり。
で、東映の人情アクション・・というのをあまり見てないけど、なんか分かります。
ライアンって、とことん非情な役も温かい役もはまり役でこなしてしまう。
本物の彼はどんな感じなのかな。
エヴァ・メンデスの恋人というのも、意外な気がしたし。
2012/04/01(日) 20:49:04 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
HKさん>
HKさんがリツイートしてくれてた作家の方も
褒めてなかったですね。
雰囲気で持っていかれるところもあるから、好みは別れるのかもです。
2012/04/03(火) 06:37:53 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
思った以上にスタイリッシュで、
個人的な好みからすると、ちょっとスタイリッシュすぎましたw
でも、映像は面白かったです。
ロマンチックさもわかりますし。
ライアン・ゴズリングもキャリー・マリガンも脇の人もよかったです。
そうそう、こっちのパンフレットには町山さんが解説を書いているんですが、
正直、これ読めば、もう充分じゃん!
な記事でした(笑)。
TBさせてくださいね。
2012/04/04(水) 14:32:41 | URL | miskatonic #79D/WHSg[ 編集]
miskaさん>
あは、スタイリッシュすぎw かもですね~w
でもちょっとレトロなところもあって、トーンも一様でなかった気がします。
キャストみんな良かったですね。
町山さんのパンフありがとうございました。
ものすごく参考になりました。
色んな側面から映画を捉えていて脱帽しちゃいますね~。
TBありがとうございました。
2012/04/05(木) 23:14:21 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ゴズリングくんクールでした。
こういう作品、賛否が分かれそうですが、思い切り「賛」です。
見るまではこの記事読まないようにしていたのですが、瞬きが伏線だったとは・・・
そういうことなんですね。
もっと派手な映画かと思いきやひたすら静かにクールな展開でした。
ラストのマリガンさんも結構あっさりなのは母親だからですかね・・・
最後の最後まで静かにクールで・・・もうちょっとしゃべってよ
とも思いましたが、お気に入り映画となりました。(コジカ)
2012/04/07(土) 20:01:56 | URL | ひつこじのコジカ #79D/WHSg[ 編集]
コジカさん>
ゴズリングは台詞のないシーンでも狂気や恋心を演じきる役者ですよね。
あ、瞬きが伏線ってのは勝手に思ったことだったけどw
でもラストシーン、少しホッとしながら子供との遊びのシーンを思い出した自分がいました。
静かな映画でしたよね。
マリガン、そうですね。母親だから冒険出来ないところもあったでしょう。
何よりも自分が傍にいることで身の危険を与えることをドライヴは知っている。
彼の身の引きようがクールでした。
2012/04/10(火) 17:00:49 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
観ました。まんま東映任侠路線やないの。
ライアン・ゴズリングが高倉健にダブりました。
しかもハジキは使わず刃物だけ・・・
アメリカ映画には珍しい展開だ。
やくざ映画ファンには嬉しいのだが。
だけどマフィアの金で追われるくだりが
もう『突破口!』(1973)とほぼ同じで新味なしね。
ハードボイルドな映画を期待しないこと。
刺客の頭を靴で踏み潰す事自体が
すでにハードボイルドから外れているわな。
遠山純生さんは失望したとか。
2012/04/13(金) 06:47:29 | URL | GH字幕 #79D/WHSg[ 編集]
ゴズリングありきの作品でした。おっしゃるように最初の警察とのカーチェイスが、彼のドライヴテクニックとともに頭の良さも表していて、見ごたえありましたし、カーチェイスとしては新鮮でした。
あのエレベーターのシーンでのゴズリングのことが済んでからの顔の汗がとても印象的でした。見せてはいけないものを見せてしまった、観てしまった、男と女の悲哀。
TBのやり方がわからないのですー。
再挑戦してみますが、出来ないと思うのですみません。
2012/04/17(火) 05:36:55 | URL | onemu #79D/WHSg[ 編集]
字幕さん>
わはは、任侠に詳しい字幕さんでもそう思うくらいなのね。
あ、そういえばこれだけ危険な仕事しながら銃を持たないって珍しい。
色々に既視感はあったけど、それもどこか懐かしい感じになってたかも。
遠山さんの何かのコメント、HKさんがリツイートしてて読みました。
好みは色々ですしね。
コメント遅くなってすみません。
2012/04/18(水) 20:20:45 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
オネムさん>
ゴズリングはとってもはまってましたね。
冒頭はカッコ良かったですよね。惚れました♪
エレベーターシーンは緊張したけど、ゴズリングにとっては危険な素顔を見せてしまったわけですもんね。
二人の距離感が絶妙でした。
TBちゃんとできてます。ありがとうございました(^-^)/
2012/04/18(水) 20:24:52 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
これはもうサイコーにクールでした。ヒュー様も大好きですがちょっとヒュー様では熱すぎでごズリングがピッタリだったし上手かったんでしょうね。
映画観終わってからドライブして帰ったんですがすっかり気分はごズリングで危なかったです。きにいって2回観ちゃいました。
2012/04/20(金) 01:30:10 | URL | ひかり #79D/WHSg[ 編集]
これはもう文句なしっしょ♪ということでTB貼らせてね。
2012/04/28(土) 07:52:25 | URL | ブッチ #79D/WHSg[ 編集]
ひかりさん>
コメント遅くなってすみません。
なんともう2回も観ちゃいましたか。
そうそう、ゴズリングのクールさがよかったですよね。
ギャハ、すっかりゴズリングでドライブw 
思わず車の陰に隠れたり、橋の下に停まったり。。ではないのね(笑)
2012/04/29(日) 00:11:39 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
湾岸ブッチさん>
おおお、文句なしですか。
やり~。TBありがとうございました。
2012/04/29(日) 00:12:43 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
北野作品は何作か見てますけど確かに沈黙と内に秘めた暴力性、そして爆発したときの凶暴性は同じですね。
へぇ~ジャックマンが演じる予定だったんですか!ジャックマンにあの狂気性が潜んだ役が似合うのかなー。TBお返しさせて下さい。
2012/05/03(木) 09:52:28 | URL | dance #79D/WHSg[ 編集]
こんにちは。
クールでスタイリッシュな映画でした。しかし、個人的には、出来が良すぎるというか、そつがない感じで逆に面白みがないのかなぁと思ってしまいました。オープニングやエレベーターのシーン、ラストは文句なくに素晴らしいのですが・・・。優等生的な優秀さと退屈さが同居しているような。
2012/06/19(火) 02:46:47 | URL | Quest #79D/WHSg[ 編集]
ダンスさん>
北野作品に通じるものをヨーロッパの雰囲気で表現するというのがまた粋ですよね。
そそ、ヒュー・ジャックマンという案が合ったそうなの。
ゴズリングで見ちゃうと、他のキャスト考えにくいですよね
嵌ってました。
コメント遅くなってしまって申し訳ありません。
2012/06/19(火) 19:39:01 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
Questさん>
静かに経過する映画ですものね。
そこが渋くてカッコいいと思うのだけど、退屈に感じる方がいても不思議じゃないです。
2012/06/19(火) 19:41:13 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
      『ドライヴ』  (2011) 天才的なドライブテクを武器に、昼は映画のカースタント、夜は強盗逃し専門の運転手をしているドライバー(ライアン・ゴズリング)。 ドライバーはアイリーン(キャリー・マリガン)にひそかに思いを寄せていたが、彼女に
2012/04/01(日) 16:57:42 | サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村
原題:DRIVE 2011 アメリカ 監督:ニコラス・ウィンディング・レフン キャスト: ライアン・ゴズリング キャリー・マリガン ブライアン・クランストン 監督はデンマークの出身で 去年のカンヌで監督賞を受賞 考えてみると、デンマ
2012/04/01(日) 20:39:11 | シネマ・キッチン
      「ドライヴ」(2011)。 監督 ニコラス・ウィンディング・レフン 出演 ライアン・ゴズリング             ドライバー     キャリー・マリガン           &nb...
2012/04/05(木) 05:33:26 | 「らりるれろ」通信 Remark On The MGS
ドライヴ (2011) DRIVE メディア 映画 上映時間 100分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(クロックワークス) 初公開年月 2012/03 /31 ジャンル サスペンス/犯罪/アクション 映倫 R15+ 疾走する純愛――   ストーリー 自動車修理工
2012/04/17(火) 20:37:22 | オネムの映画鑑賞メモ
シネプレックス幕張にて鑑賞      デンマーク出身の新鋭ニコラス・ウィンディング・レフン監督がメガホンをとった本作は、『きみに読む物語』のライアン・ゴズリングと、『17歳の肖像』のキャリー・マリガンの若き演技派二人を主演に迎え、スタントマンと強
2012/04/28(土) 22:48:36 | 湾岸ブッチのシネマ番長
監督:ニコラス・ウィンディング・レフン出演:ライアン・ゴズリング、キャリー・マリガンアメリカ映画 2011年 ・・・・・・ 7点
2012/06/19(火) 17:43:09 | 映画部族 a tribe called movie