映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
『エド・ゲイン』:『サイコ』のモデルのシリアル・キラー
2013年04月06日 (土) | 編集 |
エド・ゲイン (2000)アメリカ
監督:チャック・パレロ
出演:スティーヴ・レイルズバック 、キャリー・スノッドグレス 、サリー・チャンプリン、 ナンシー・リネハン・チャールズ
1906年、ウィスコンシン州プレインフィールドに生まれたエド・ゲインは、両親と兄とともに暮らしていた。
やがてアルコール中毒で父が他界すると、母オーガスタは二人の息子に対し異常なまでに厳格な躾を施した。
そして、ゲインが38歳の時、兄が死に、翌年最愛の母が他界すると、ゲインはひとり異常な世界に興味を抱き始める……。(yahoo映画より)

『サイコ』にはモデルがいたことを知り、『ヒッチコック』鑑賞の前に観てみました。
実在したシリアル・キラー、エド・ゲインの犯罪シーンを描くサイコ・スリラーです。


このエド・ゲインさん、そもそも、母が生きているときから、墓から死体を掘り起こし、
鼻をコレクションしたりの異常行動はあったようだけど、
母の死後は、幻覚の母に命令され殺人を繰り返すようになったようですね。
『サイコ』の元ネタたらんところ。

このゲインさん、ちょっとばかし頭が弱そうで、何か仄めかしても周囲は本気にしないものだから
彼の犯行に気づいたときには、すでに15人の死体が解体されていたとのこと。
 
 

しかも、彼は殺した死体から性器や顔等を切り取り、縫い合わせて着たりする。
そこは『悪魔のいけにえ』の元ネタでしたか。
いやはや、とんでもない猟奇殺人犯だけど、ゲインの事件は、ホラー界に驚くほどの貢献をしたことになりますね。
 
母親がゲインが女性と接触するのを嫌い、厳格に育てたこともゲインの女体への異常な関心に繋がったのかなぁ。
虫も殺さぬ顔で、普段親切にしてくれる女性をターゲットに選ぶのは結局は母を求めていたんだろうか。
 
映画の冒頭と最後に本物のゲインの逮捕シーンなどが登場し
証拠の映像も一部映し出されるのでグロに耐性のない方はご注意くださいね。

怖さはさほどでなく、サイコスリラーとしてはそこそこだけど
罪悪感を感じないままに凶行に及ぶ姿をさり気なく描いているのは、リアルと言えるかもしれません。
 

 
関連記事

コメント
この記事へのコメント
「羊たちの沈黙」にも影響を与えてますよね。
たしかサイコパスとして精神病棟に収監されてましたよねぇ。
確かに、ホラー映画界への貢献度は高いかぁ。
この映画も観たいと思ってました。
機会があれば観てみよう。
2013/04/06(土) 04:27:02 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
Kaz.さん>
あ、そか。
ホプキンスのあのマスクもそれっぽい。
そうそう、結局は精神疾患と診断されて、罪には問われずだったんですよねぇ。
ホラーの名作を生み出すことになっちゃったのは皮肉ですなぁ。
機会があればぜひ。
2013/04/06(土) 08:21:42 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ひえ~~、生皮を着ちゃうのはやはり「羊たちの沈黙」の犯人を思い浮かべます。で「悪魔のいけにえ」は決して見られまへん
今日「ヒッチコック」を観てきましたが「サイコ」誕生としてもヒッチコック夫妻の話としても楽しめました。
個人的には昔TVで観ていた「ヒッチコック劇場」のヒッチコックさんを思い出して懐かしかった!!
記事、楽しみにしています。
2013/04/06(土) 08:51:32 | URL | アンダンテ #79D/WHSg[ 編集]
私はノンフィクションは大好きでよく読むんですが、エド・ゲインに関しては相当な量の本を読んだ。
彼の母親は性を汚いものとして教育してしまったんですね・・・。
それでなくても若い女性と接点のないエドの性癖は歪んでしまった。
私は次々と女性を解体して月夜に踊るエドの蛮行が発覚しなかったアメリカの奥深い田舎の実態がリアルで怖かったですね。
2013/04/06(土) 10:23:39 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
アンダンテさん>
お乳や陰部などのついた生皮で服を作って着ちゃうんですよ~。
『悪魔のいけにえ』。
確かにホラー苦手な方には厳しいかも(^~^;)
『ヒッチコック劇場』観てるとより楽しめるのかもですね。
TVチェックして見よう。
2013/04/06(土) 10:42:56 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
へーー、エド・ゲインに関する本もたくさん読まれてるんだ。
母の教えというのが映画では断片的にしかわからなかったけど、詳しく知ってるとより楽しめるかもですね。『サイコ』含め。
確かに・・
実録のインタビューで近所の人も「まさかあんな大人しくてナイスな男が」なんて言ってて、誰も気づいてないんですよね。
周囲と完全に遮断された空間でありえるというのは、日本ではそうないかもですね~。
2013/04/06(土) 10:47:16 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
エドゲインは名前は知ってる  むかし娘の本棚にあったんを読みました ヘンなやつでこんなん読むのが好きで  あっしの影響ですが
この人は連続殺人じゃなかったようですな 2人ほどしか殺してなくて アメリカには病める人いっぱいいますなぁ テッド・バンテイとか キラ-クラウンだとか  日本代表は 津山30人殺しでしょうか
佐川君もいましたが
ギネス登録もされたようですね  こちらもその後いろいろ映画化もされたようで
岡山出身の岩井 志麻子サンの夜啼きの森がなかなか秀作でした
2013/04/06(土) 19:20:47 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
本当はどうなんだろうね~
あたしも、何冊か本をよんだんだけど
なにがそうなるのやら
2013/04/07(日) 02:05:56 | URL | る~ #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック