映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
キル・リスト
2013年07月10日 (水) | 編集 |



最近ちょっと変わったホラーなものばっかり観てる気がするなぁ。ま、いいか。
今日はイギリス製クライム・ホラー(←こんなジャンルある?w)
未公開だけど、ちょっと面白い作品でしたよ。
キル・リスト(2011)イギリス
原題:Kill List
監督:ベン・ウィートリー
出演:ニール・マスケル/マイケル・スマイリー/マイアンナ・バーリング/エマ・フライヤー
日本未公開
 元兵士の殺し屋ジェイは、8カ月前のキエフでの失敗がトラウマとなり仕事ができずにいた。貯金が底をつき、妻との口論も絶えないジェイをみかねた相棒のガルは、ジェイに新しい仕事を持ちかける。ミステリアスな依頼主から渡された殺しのリストをもとに、次々と暗殺を遂行していくジェイとガルだったが……。(映画.com)




妻(マイアンナ・バーリング)にタラタラと厭味を言われ、まだトラウマが癒えないながらも、8ヶ月ぶりに殺し屋の仕事を再開したジェイ(ニール・マスケル)。ところが一旦仕事を始めると、こいつが滅茶苦茶残酷な手段で相手を始末するんで、相棒のガル(マイケル・スマイリー)はだんだんに嫌気が差してきます。

ジェイの仕事ぶりの異常さはどこから来るのか というのがひとつの疑問
さらに面白いのは、リストに挙げられたターゲットたちが、殺される直前にジェイにお礼を言うこと!
彼らは明らかにジェイが何者かを知っている、ジェイ自身が知らないのに・・
っていう、そういう話なんですねぇ。

説明が少ない映画なので、疑問は完全に解消せず、自分なりの解釈が正解かどうかも分かりません。
それでも「あるもの」が人の業を裁くという描き方に引き込まれました。

思えば伏線はいっぱい仕込まれてます。
まず最初の食事シーン、自分の仕事について紹介するガルの新しいガールフレンド、フィオナの台詞は、映画の全てを物語っているとも言えます。

多くを語らないがゆえにカルトになる作品というのがあるなら、これがそうでしょうね。


殺し屋同士のバディシップ、ブラックユーモアなクライムシーン、
さらに最後は「そっち系?」と ジャンルが色々なのも、グリコ感があって面白かったですよ。
後味はすこぶる悪いですけどね(汗)
関連記事

コメント
この記事へのコメント
たとえ、ネコ様が無事でも
うさうさのくだりで
みれないことがけってい~
2013/07/09(火) 23:26:18 | URL | る~ #79D/WHSg[ 編集]
モヤモヤ感が残るのかな?
でもそういうのは好みです。
イギリス映画のホラーらしいですねぇ。
っていうか、「グリコ感」て。(笑)
2013/07/10(水) 00:27:30 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
未公開という事なのでおもいっきり記事を拝見しましたが、pu-koさんのレビューを読むかぎりは凄く面白そうですわ。
複線が複線が多くて「どうなるの?」で引っ張れる映画は好きです。結末がどうであれ。
「グリコ感」という言葉にウケた(爆)・・・。
2013/07/10(水) 02:26:09 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
ホラーというと、超自然的な要素が入ってくるのかしら。何か仕掛けがありそうな映画ですが、これはなかなか面白そう。日本ではDVDが出ているようなのですが、値段が1000円を切ったらゲットしてみようかな。
2013/07/10(水) 07:46:36 | URL | einhorn2233 #79D/WHSg[ 編集]
る~さん>
わはは、うさうさだけじゃないので・・
うん、る~さんにはお勧めできないかも
2013/07/10(水) 08:23:41 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
kaz.さん >
そう、全部を説明してないので想像するしかないというタイプですね。
自分であれこれ考えるのもいいですよね。
最近は説明しすぎなものが多いから。
あは、グリコ感イメージしてもらえると嬉しいですがw
2013/07/10(水) 08:25:24 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
そうなんですよ。
あとから、あーあれも伏線だったなぁと気づくことが多いものって面白さを感じますよね。
結末もあれこれ考えさせられました。
ちゃんとした答えも欲しいところですが(笑)
あ、「グリコ感」受けました?w 使ってください(笑)
2013/07/10(水) 08:28:34 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
einhornさん>
結局超自然だったのかどうだったかも不確かで(汗)
もの凄く見せてるのに完全に解釈し切れないものがあるので、これを面白いととるかどうかは見るものによるかもしれません。
einhornさんの感想お聞きしたいです~。
2013/07/10(水) 13:58:37 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
はは^^クライム・ホラー惹かれますよww
ん~~ストーリー的に面白そうですが
つかみどころの無い感じの仕上がりなんですかね?
グリコ感があるってのはいいなぁ~と思いますがw
2013/07/10(水) 21:53:04 | URL | SHIGE #79D/WHSg[ 編集]
SHIGEさん>
クライム・ホラーというジャンルがあるかは知らないんですがw
こういう系はつい見ちゃいますよね。
つかみどころがないというのとはちょっと違うかなぁ。
でも自分の解釈が正しいかどうか自信がない(笑)
それでも面白く観れたのでいいんですけどね。
あは、「グリコ感」は関西の皆さんにうけたようで、嬉しいです♪
2013/07/11(木) 15:47:42 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
これDVDゲットしちゃいました。ラストで、そこへ落とすかーって感じでしたけど、いっぱい積み残したままで締めるあたりは、作り手が「これカルトっぽくしねえ?」って、ねらってやってるのかなって気もしちゃいまして。それでも、最後まで面白くできてて楽しめました。思わせぶりなシーンもうまくさばけていましたし、これは観ておいてよかったです。ご紹介ありがとうございました。、
2013/07/16(火) 02:10:15 | URL | einhorn2233 #79D/WHSg[ 編集]
einhornさん>
おーー、早速ゲットしちゃいましたか。
そうそう、説明してないし、えーー?そこ?というラストもまさにカルトのかおり
実は最初は色々説明してたらしいですが、後でばっさり削ったようです。
分かり難いけど逆にそれが奥行きを与えたってことかしら。
そこそこ楽しめたようで何よりです。TBありがとうございました。
2013/07/16(火) 13:54:12 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
今回は、pu-koさんのブログで紹介されていた「キル・リスト」をDVDで観ました。1500円という値段にどうしようかなあとも思ったのですが、一味違うスリラーということで食指が動きました。 ジェイ(ニール・マスケル)はこの八ヶ月間仕事をしてなくて収入がないことを
2013/07/16(火) 17:10:06 | 今昔映画館(静岡・神奈川・東京)