映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
記憶の層を辿って『トランス』の謎を解き明かせ
2013年09月09日 (月) | 編集 |



『オブリビオン』のトム・クルーズは消された記憶の中、
かすかに残る思い出のかけらを慈しむように生きていました。
今日は「記憶」「忘却」をキーワードに『トランス』に繋げます。

トランス(2013)アメリカ/イギリス
原題:Trance
監督:ダニー・ボイル
出演:ジェームズ・マカヴォイ/ロザリオ・ドーソン/ヴァンサン・カッセル
日本公開:2013年10/11
 ジェームズ・マカヴォイ演じるサイモンはオークション会場で働く青年。
ある日、ゴヤの絵画が出品されたオークション会場に、強盗団が押し入った。
手順に則り絵画を安全な場所に移動しようとしたサイモンだったが、
すんでのところで強盗団のフランク(ヴァンサン・カッセル)に奪われ、
反撃しようとしたところ、頭を殴られ重症を負う。
一方、絵画を持ち帰ったはずのフランクだったが、鞄から出てきたのは額縁のみ。
退院したサイモンを問い詰めるフランク。しかしサイモンは記憶を失っていた
40億円の絵画はどこに? という話。




冒頭からそこまでを一気に見せるやり方が、スタイリッシュなダニー・ボイルらしくてお見事。
ところが、この映画は失われた記憶を手繰り寄せる手段として、催眠療法(トランス)が用いられるんですが、その過程がちょっと複雑でね。
『インセプション』よろしく、サイモンの夢の中に入って記憶を操作するという治療過程に、サイモンの過去のフラッシュバックが挟み込まれるものだから、観ているほうは少し混乱するんですよ。
しかもところどころに「あれ?」なシーンがいっぱい出てくる。
「命を優先させ危険を冒さない」というポリシーに忠実なはずのサイモンが、なぜフランクに反撃したのかとか、途中サイモンを撥ねてしまった女性にサイモンがエリザベスの姿を重ねることなどなど、終盤になって謎が解き明かされるとき、全ては巧妙に仕込まれた伏線だったことに気づくのですけどね。
その中盤の「???」をどうやり過ごすかが映画を楽しむ鍵でしょう。
サイモンは記憶を取り戻すのか、その記憶の奥に隠されていたものは何なのか。

終盤は怒涛の展開に驚くスリリングな仕上がり。
『28日後・・』のダニー・ボイルだから、グロい映像も少し。
ヴァンサンのシーンはちょっとびっくりした後笑っちゃいました。




催眠療法を担当するエリザベスを演じるロザリオ・ドーソンが、マカヴォイやカッセルを食う存在感を見せ、終わってみると、記憶をめぐる複雑なシークエンスに感心します。
というか、催眠療法ってそんなことまで出来るのか!?ってことに一番感心したわけで
ドーソンもこうなったら魔女の域やね(笑)

てことで、次は力技で「魔女」に繋げます 



  

関連記事

コメント
この記事へのコメント
コレのムビチケ買いました。
来月鑑賞予定です。
観たらまた来ますね。
2013/09/10(火) 02:44:42 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
本作、機内で観たんですが、結構裏の裏があって複雑でした。
マカヴォイ君、嫌な奴だったんですね~~
2013/09/10(火) 06:53:43 | URL | アンダンテ #79D/WHSg[ 編集]
読んでいてもちょっと混乱しそうな勢いで。(笑)
監督らしい仕上がりなんだろうな~。
ロザリオ・ドーソン、久しぶりやわ。
2013/09/10(火) 08:42:23 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
お、鑑賞予定ですね。
これ凄く面白いのだけど途中のこと含め一般受けはどうだろうと。
ゾンビマンさんの感想お待ちしてますね。
2013/09/10(火) 09:09:54 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
アンダンテさん>
そう、奥のまた奥という感じで複雑でしたよね。
マカヴォイ君はめずらしくサイコな役でしたね。
嫌なやつというよりかわいそうなやつでした。
2013/09/10(火) 09:11:54 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
kaz.さん >
これね、途中に混乱させられて
興味を持続しにくいんですよ。
頭の悪い私は観てしまうのに2日半かかりましたからw
でも練り込まれた面白さがあるのも確かでした。
2013/09/10(火) 09:16:00 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
こんばんは!
ダニー・ボイル監督待望の新作ですね♪しかも主演はマカぼん!マカぼん大好き!でも…わけがわかならくなる複雑な映画は苦手…
最近、記憶喪失気味なので(単に物忘れが激しいだけ、とも言う)、催眠療法を受けてみたいです…
2013/09/10(火) 09:38:56 | URL | 松たけ子 #79D/WHSg[ 編集]
松たけ子さん>
マカぼん(笑) バカボンみたいな響きだけどw
これ途中が「えっと。。」ってなるんだけど、最後に怒涛の種明かしがあって
そ、そんな複雑な伏線が張られてたのかと驚くんですよねw
それを面白いとみるか、無茶苦茶と見るかかな。
催眠療法って、施行者の思いのままにされて怖いよ。と思った(笑)
2013/09/11(水) 08:12:20 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
こういうのは好みですが、途中の「???」私、大丈夫か~w
でもやっぱり観たいっす(^ー^)
2013/09/11(水) 08:12:33 | URL | じゅり #79D/WHSg[ 編集]
じゅりさん>
中盤の見せ方にもう少し「ははぁ~ん」と思わせてくれたらよかったんだけどねぇ。
勘がいいともっと楽しめるたのかな(汗)
終わってみたら「面白いじゃん」って感じ(笑)
2013/09/11(水) 22:52:12 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
簡単なんですが、記事にしたのでTBさせて下さいね。私も何層にも重なる記憶に「インセプション」を思い出しました。
今は、ここまでは心理療法は確立されていませんよね・・・。子供のトラウマ、とかも導く人次第でどうにでもなるので、今は触れちゃいけないとか。一時期、小説でも流行りましたね。
2013/09/29(日) 06:03:22 | URL | アンダンテ #79D/WHSg[ 編集]
アンダンテさん>
記憶ものって複雑。ちょっとインセプション思い出しますよね。
催眠療法ってどのあたりまで実際の治療に応用されてるんだろうってのも興味持ちました。
しかし、相手をコントロールするというのは医療倫理に反すでしょうね。
おー、トラウマの扱いも難しいんですね。
人間の深層心理の複雑さを思いますね。TBありがとうございました。
2013/09/29(日) 16:57:04 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
観ました。
正直疲れました(笑)・・・。
思っていたほど複雑ではなかったんですが、あまりの脱線ぶりに絵画の強奪がかすんでいきましたよね(爆)・・・。
この作品はロザリオ・ドーソンのダイナマイト・バディですわ。
2013/10/11(金) 06:49:38 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
絵画のことは正直どうでもいい感じになってしまいましたよねw
私ももっと地道なミステリーを期待してたので、ちょっと面食らったし途中は眠くなりました。
終盤のノリにだまされて怒涛の展開をそれなりに楽しみましたけど。
2013/10/11(金) 08:39:00 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ヴァンサンのお顔半分は驚きましたね。(汗)
ダニー・ボイルのスタイリッシュさは痛快で楽しめました。
大人向けの娯楽作、って感じでしょうか。
TB、させてくださいね。
2013/10/21(月) 07:45:52 | URL | サムソン #79D/WHSg[ 編集]
サムソンさん>
ヴァンサンのシーンはグロいんですが、ありえないのが明らかなので
観やすかったと言うか、笑っちゃいますよね(笑)
ちょっと強引ですが後半のテンポよい展開に面白かったと思えるからよしかな。
TBありがとうございました。
2013/10/22(火) 07:45:11 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
8月のオーストリア往復では3本の作品を見ました 「The Company You Keep」 ロバート・レッドフォード主演 邦題は「ランナウェイ・逃亡者」みたいです 「アイデンティティ・シーフ」 あまりよく覚えていないけれど ハードなコメディだったかな? 「トランス」
2013/09/29(日) 21:04:04 | アンダンテ あっち行って ホイ♪
    『トランス』  (2013) アート競売人のサイモン(ジェームズ・マカヴォイ)は、ギャング一味と協力し、オークション会場から40億円の名画を盗み出すことに成功する。 しかし、計画外の動きを見せたサイモンは、ギャングのリーダー、フランク(ヴァン
2013/10/21(月) 22:45:32 | Mangosteen CINEMAlog/追いかけてサムソン