映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
ランナウェイ/逃亡者
2013年09月17日 (火) | 編集 |



『手錠のまゝの脱獄』から、もうひとつ「逃亡」繋がり
ロバート・レッドフォード監督&主演で、元過激派メンバーの逃走を描く『ランナウェイ/逃亡者』です。
ランナウェイ/逃亡者(2012)アメリカ
原題:The Company You Keep
監督:ロバート・レッドフォード
出演:ロバート・レッドフォード、 シャイア・ラブーフ、 ジュリー・クリスティ、 テレンス・ハワード、 リチャード・ジェンキンス、 アナ・ケンドリック、 ブリット・マーリング、 スタンリー・トゥッチ、 ニック・ノルティ、 クリス・クーパー、 スーザン・サランドン
日本公開:2013/10/5
かつて世間を騒がせた過激派、ウェザーマンのメンバーの一人(スーザン・サランドン)が、30年のときを経て逮捕された。これに興味を持った若き新聞記者ベン(シャイア・ラブーフ)が調査に乗り出し、弁護士として暮らすジム(ロバート・レッドフォード)がメンバーの一人であることを突き止める。


日本でも学生運動や赤軍が世間を騒がせていた頃、世界の各地で若者が政府に反対する活動を起こしていた。やがてムーブメントも終わりを告げ、多くの若者も振り上げた拳を下ろし、世間に同調していくのですが、犯罪者として追われる身となってしまっては、そうはいかない。
ロバート・レッドフォード演じるジムは、ベトナム戦争に反対し行動した元過激派グループウェザーマンのメンバーですが、銀行強盗の際に警備員を死なせた罪で30年間FBIに追われているのです。
名前を変え今は弁護士として、11歳の娘とともに暮らすジムの元に、新聞記者ベンがインタビューにやってきたことから、ジムは逃走を始めるという話。



まず、レッドフォードらしいまじめな社会派サスペンスですね。
逃走劇といっても、カーチェイスなどのアクションに走ることなく
過激派として生きた人間の葛藤を、ベテラン俳優陣を惜しげもなく投入し描いています。
特に冒頭のサランドン姐さんの逮捕劇から見ごたえ十分で
登場時間は短いながらも、30年間の逃走に疲弊し、心の平安を求めつつも、
何かを変えようと生きた自分を受け入れるサランドンの渋い演技には舌を巻きました。

真相に迫っていく若き新聞記者ベンを演じるシャイア君もいい。
描く視点によっては、頭の切れるベンの大活躍ということになるのだけど
この映画では、彼は英雄にはなれない。
ベンはジェネレーションギャップの象徴でもあり、その対比によって、ムーブメントの時代を生きた人々の思いを浮かび上がらせるというレッドフォードの演出もうまいです。

ただ、もうひとつその存在感があやふやなのがレッドフォード自身。
ジムの逃走の目的が途中までピンとこないのは、意図されたものであるとして
結果として彼の求めたものにちょっと白けるというか・・。
結局自己チューやん と思ってしまったのは私だけかな。




しかもレッドフォードっていくつやねん。
11歳の娘の父親というのに、絵的にも無理があったし
申し訳ないけど、歳とったレッドフォードは魅力に欠けて見てて辛い。
ジョギングする姿なんて正直、幽体離脱中の抜けがらか、ゾンビに見えたわ。
逃走に備え老体に鞭打ってトレーニングするという痛々しさは出ていたけれどもね。

劇中 ジュリー・クリスティに「歳より老けて見える」と言われていて、
うんうんと大きく頷いてしまった。監督に専念するほうがいいかも。


ということで、今日はこれから映画を観てきて
明日は「幽体離脱」に繋げますw
何を観るか見え見え?(笑)


関連記事

コメント
この記事へのコメント
画像で見るだけでも・・・忍びないねぇ(^^;)
走る姿がゾンビて(笑)
2013/09/17(火) 23:58:39 | URL | 翔 #79D/WHSg[ 編集]
おぉ、ものすごい豪華キャストですね。
自分もサランドン姐さんの演技に、舌を巻いてみたいです~。
日本では来月公開なんですね。 んん、楽しみです。
2013/09/18(水) 02:24:04 | URL | サムソン #79D/WHSg[ 編集]
そうか、これも来月からの公開なんですね。
観ます。
来月って意外に観たい作品が多いですわ。
2013/09/18(水) 06:26:13 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
レッドフォードさん
お顔のお直し失敗してる感じがすんだよね~
2013/09/18(水) 07:02:17 | URL | る~ #79D/WHSg[ 編集]
翔さん>
ね~、いつまでも若くないのは仕方ないのだけど、
歳とっても素敵な方はいっぱいいて・・
レッドフォードさんの場合、あまりいいふけ方されてないんだよなぁ。
2013/09/18(水) 12:56:29 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
サムソンさん>
そそ、地味だけど実力者ぞろいでキャストがいいですよねぇ。
はい、サランドン姐さんは最高でした。
ぜひ舌を這わせて・・
もとい、巻いてくださいw
2013/09/18(水) 12:58:13 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
そうそう、
私も来月の作品を昨日チェックしたんですが、
観とこうかなと思うものがいっぱいでした。
私はすでに7本観てるけど、ゾンビマンさん大いそがしでは?
2013/09/18(水) 13:01:09 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
る~さん>
もともと男前で造作をいじってはいないんだろうけど
肌の若さがなさすぎなのは摂生が悪いからかなぁ。
もう少し太ったほうが張りがでるかもw
2013/09/18(水) 13:03:25 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
「トランス」と共に機内で観ました。
いや~~、一昔前の巨匠総出演という感じでした。
レッドフォード、背は低いけれど「スティング」や「ギャツビー」でハンサム振りを振りまいていたので、この落差に愕然とします。太目を敵視して痩せたのが裏目?!かしら。
女優陣ではジュディ・デイヴィスがアクの強い役で相変わらずでした!この出演陣を昔から知っているって、ヤバイ!!
2013/09/21(土) 08:50:53 | URL | アンダンテ #79D/WHSg[ 編集]
アンダンテさん>
そそ、あんなにハンサムだったのに、、って思いましたねぇ。
なんかもう少しお肉つけたほうが見やすくなりそうですよね(笑)
ジュディ・デイヴィス?
2013/09/21(土) 22:50:54 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
うっをーーーそんな展開なんだ?それって結構辛いもんがあるかな??でも好きなんですよ、この配役陣は昨日スーザン・サランドンが出ている”Aribirage”って見たんですが結構肩半分出しで、、、頑張ってましたよ。
2013/09/22(日) 04:37:49 | URL | guch #79D/WHSg[ 編集]
guchさん>
出てくる人、出てくる人大物ぞろいでキャストは凄くいいですよね。
ただ、レッドフォード自身の目的にはちと共感できなかったなぁ。
『Aribirage』のサランドン姐さんもらしい役だったけど(裏ブログに記事書いてます)、
今回は登場時間は短いながら、本当にうまい女優さんなんだと実感させられる演技でした。
2013/09/22(日) 07:12:48 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ジュディは、最期の方に出てくる元闘士です! 最近はウディの「ローマでアモーレ」に出てたかな?
2013/09/28(土) 20:34:01 | URL | アンダンテ #79D/WHSg[ 編集]
アンダンテさん>
うーん、わからない。ごめんなさい。
ジュリー・クリスティじゃないんですよね?
2013/09/28(土) 20:49:14 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ジュリーの方が癖のない女優さんという感じ。ジュディはウディ・アレンの幾つかの作品とかショパンが主人公の作品にジョルジュ・サンド役で出ていて、「理屈っぽい女」「アクの強い女」が上手かったです。
良かったらこちらをどうぞ http://www.allcinema.net/prog/show_p.php?num_p=4162 
何度もスミマセン・・・
2013/10/01(火) 20:15:50 | URL | アンダンテ #79D/WHSg[ 編集]
アンダンテさん>
こちらこそ何度も申し訳ないです。
画像検索してその人だったか分かったし、何かで見かけたことはあったけど
名前を知らない女優さんでした。
リンク先はクライヴ・ドナーのフィルモグラフィーでしたが、監督作品に出てるのかな。
2013/10/02(水) 00:03:06 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
あら、all cinemaのジュディ項目をC&Pしたのですが、違ってますね~~!
こちらはいかがでしょう? http://www.imdb.com/name/nm0001114/
2013/10/02(水) 04:57:26 | URL | アンダンテ #79D/WHSg[ 編集]
スミマセン、既に画像検索なさってらしたんですよね。先ほどの投稿は無視して下さい。どうしてクライヴなんたらの所になっちゃうんだろう?all cinemaのジュディの項目再度C&Pしたけれど、同じなんです・・・
2013/10/02(水) 05:06:15 | URL | アンダンテ #79D/WHSg[ 編集]
アンダンテさん>
わぁ、すみません
allcinemaのフィルモグラフィーはチェックしたのに、書けばよかったですね。
IMDbのリンクまでありがとうございます。
最近はショートやTVドラマの出演が多いんですね。
映画での記憶が殆どないんですが、名前とお顔が完全に一致したので
次に映画で出会ったときにはっしかりチェックできそうです。
2013/10/02(水) 06:40:06 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
これ意外な面白さがありました。豪華キャストも楽しめましたし、レッドフォードの若い者に対するメッセージも感じられました。今は、日本でもアメリカでも反戦を大声で叫びにくい世の中になっているんだなあって再認識しました。登場人物全員が負い目を持っているので、後味は微妙でしたが、見応えはありました。
2013/10/08(火) 05:19:49 | URL | einhorn2233 #79D/WHSg[ 編集]
einhornさん>
確かに。学生運動が盛んだった頃、運動を起こした若者には何かを変えたいという思いが強くあったんですよね。そのあたりのメッセージには共感できるものがありました。
そうそう、結果的にはちょっと複雑なものが残りましたが・・。
TBありがとうございました。
2013/10/08(火) 07:09:44 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
今回は新作の「ランナウェイ 逃亡者」を角川シネマ有楽町で観てきました。有楽町駅の近くの映画館って、ヒューマントラストといいスバル座といい、メジャーとは一線を画す映画を上映しているのがちょっと不思議。(まあ、その昔は、最寄映画館として有楽シネマがあったのです
2013/10/08(火) 20:19:42 | 今昔映画館(静岡・神奈川・東京)
人は多かれ少なかれ、過去のある部分を封印して生きていくものだけれど(そしてその過去が自己の根幹に関わる事であればあるほど、本当に過去を封印する、と決意したならば「昔やんちゃやっててさ〜」などと決して自慢したりしない)、この作品では、かつて非常に重大な事
2013/11/05(火) 19:07:16 | ここなつ映画レビュー