映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
アラン・ドロン『泥棒を消せ』
2013年10月02日 (水) | 編集 |

Once_a_Thief_1965


さて、今日から「誘拐」を題材にした映画を塊で。
まずはアラン・ドロン主演のクライムドラマ『泥棒を消せ』。

泥棒を消せ(1965)アメリカ
原題:Once a Thief 
監督:ラルフ・ネルソン 
出演:アラン・ドロン/アン・マーグレット/ヴァン・ヘフリン/ジャック・パランス
日本公開:1965/4
中国人経営の雑貨店で強盗殺人事件が発生した。
目撃者である店主の証言から、前科モノのエディ(アラン・ドロン)が逮捕されたが、まもなく証拠不十分で釈放される。しかしそのことからエディは貴金属店を解雇され、妻は生活のために働き始める。
そんな折、やくざな兄(ジャック・パランス)から金庫破りの話を持ちかけられ・・・

  
都合上「誘拐」でくくってしまいましたが、本作は「誘拐」が主題の映画ではありません。
観たらたまたま誘拐シーンが出てきたという程度ですが、すみません。
onceathief2

Once a Thief という原題が語るように、一度前科モノとなってしまった男の更生の難しさが描かれ、ノワールな結末とともに切ない余韻を残す作品です。
エディは美しい妻と可愛い子供のために堅気の道を歩くことを心に決めているのに、ことごとく邪魔が入るんですね。その一人、ヴィドー警部補(ヴァン・ヘフリン)は6年前に何者かに銃で撃たれていて、撃ったのはエディだと信じている。そのため、ことあるごとにエディを捕まえようとし、その度にエディは職を失ってきた。

エディにとっては天敵のはずなんですが、この警部補の存在が映画を面白いものにしています。
一つにはヴィドーもエディ兄弟もともにイタリアからの移民だということ。
彼らは移民として生きる者の意地のようなものを共有していて、エディは警部を憎々しく思う反面、その捜査力を認めてもいる。彼らの中に流れるある種の信頼関係と同胞の絆のようなものの描き方が凄くカッコいい。

once

前半ややフラットに感じるのが惜しいですが、
本気すぎてハラハラしてしまうアラン・ドロンのアクションは本作も健在。
金庫破り後の逃走シーンでは『ドライヴ』のワンシーンを彷彿とさせます。
序盤の伏線から結末は予想できるものの、そこに至るまでの「すれ違い」の描き方も秀逸で、
とても面白く観ました。

監督は『野のユリ』や『ソルジャー・ブルー』のラルフ・ネルソン
美しいアラン・ドロンも魅力的だし、DVDになってもいいと思うんですけどね。


にほんブログ村 トラコミュ 関連映画でつなげようへ
関連映画でつなげよう


関連記事

コメント
この記事へのコメント
これ観てませんね~。
日本ではまだDVDリリースなってないんですね?
この頃のドロンは一番魅力があった時ですよねぇ。
いつの時代のドロンもイイんですけどね。(笑)
2013/10/02(水) 08:44:22 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
kaz.さん >
そそ、テレビで放送はあったようだけど、DVDもBDもまだみたい。
うんうん、年齢ごとのよさのあるドロンだけど、この頃は美貌は勿論のこと
鬱屈したダークさの中に奔放と刹那感が混在してて、ことさらに魅力的ですね。
2013/10/02(水) 09:05:11 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
これは昔テレビで観たんですが、ラストが暗い感じの事しか憶えていません。
今思うと、凄く魅力的なキャトですね。
近年、アラン・ドロンの魅力を再認識させられているので、この作品ももう一度観たいですわ。
2013/10/02(水) 10:37:57 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
おー、さすがご覧になってましたか。
そそラストは悲しいものでした。
アラン・ドロンは私は完全に遅れてきたファン状態なんですが
作品を観るごとに好きになります。
特にこの頃(太陽がいっぱいの頃)のドロンがいいですよね。
2013/10/03(木) 13:25:35 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
しっかりとリアルタイムでマンハッタンのアート系シアターで見ましたよ、率直に言ってアラン・ドロンにはサンフランは似合わない、、やっぱり港町ならマルセイユだし、都会ならパリだな、、、と”子供心”に漠然を思ったのを覚えています。アン・マーガレットもアラン・ドロンにはちょっとね、、、と言う印象だったかな、。
2013/10/04(金) 00:47:52 | URL | guch #79D/WHSg[ 編集]
guchさん>
おー、さすが。リアルタイム鑑賞ですね。
マンハッタンのアート系シアターとはなんともカッコいい。
ですねイタリアとかやパリが舞台のほうがはまるのかも。
ただ、移民で前科モノという設定が、どこにも行き所のない物悲しさを醸し出していたのはよかったです。
2013/10/04(金) 16:25:44 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック