映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
ゼロ・グラビティ
2013年10月06日 (日) | 編集 |



もしも無重力空間に取り残されたら・・・
漆黒の宇宙空間を舞台に、地球生還にかけるクルーの壮絶な闘いを描く『ゼロ・グラビティ』
監督は『トゥモロー・ワールド』のアルフォンソ・キュアロン
まさに絶品中の絶品でした!!
ゼロ・グラビティ(2013)アメリカ
原題:Gravity
監督:アルフォンソ・キュアロン
出演:サンドラ・ブロック/ジョージ・クルーニー
日本公開:2013/12/13
地球から60万メートル上空。そこで、誰もが予測しなかった宇宙ゴミによる突発事故が発生。スペース・シャトルの船外ミッションを遂行していたメディカル・エンジニアのライアン・ストーン博士(サンドラ・ブロック)と、ベテラン宇宙飛行士マット・コワルスキー(ジョージ・クルーニー)は、宇宙の無重力空間≪ゼロ・グラビティ≫に放り出されてしまう。(ウィキより)

予告を観て以来心待ちにしていたのだけど、期待を上回る素晴らしさでした。



出演者はジョージ・クルーニー、サンドラ・ブロックのほぼ二人。
このベテラン二人が、「死」以外にオプションがないと思われる宇宙空間から
地上への帰還を果すべく、あらゆる力を尽くすわけです。
次々に襲い掛かる難関に息をするのも忘れてしまう
しかし、宇宙空間からの美しい地球の映像や、ユーモアを忘れないクルーニーの存在など
癒しとなるシークエンスが差し込まれ、壮絶なスリラーとのバランスも絶妙。
そしてなによりも、生きようとする人の力強さと地球への郷愁に心まるごと持っていかれるのです。




はじめ、キャストにはナタリー・ポートマンや、ロバート・ダウニーJRが予定されていたようだけどクルーニー、サンドラのコンビで完璧だったと思う。
特にサンドラは最高の演技で、彼女のしなやかな強さにとてつもなく感動させられる。
彼女が宇宙服を脱ぐ瞬間、人間の身体ってなんて美しいんだと思えるんですよね。
さりげないユーモアを表現できるのも彼女ならでは。
某シーンでは『ウォーリー』を髣髴とさせ思わず吹き出しそうになったれど
地球への郷愁という同じテーマを持つ『ウォーリー』へのオマージュがあってもおかしくない。

この宇宙空間の映像は、「ライトボックス」と呼ばれる空間の中での撮影だったよう。
撮影方法について監督のインタビューを聞いてみたのだけど、素人には技術的なものは分かりません。
けれど、本作が映像革命であることは疑う余地がなく、監督のアルフォンソ・キュアロンは天才ですね。

今回IMAX3Dを選んだのは正解。
映像の美しさは勿論のこと、衝撃がじかに伝わる臨場感も抜群でした。
久々に飛んでくる障害物を避けようと身をかわしててしまったしw

宇宙から見る地球の夜明けの映像には言葉を失います。
地球ってこんなにも美しく愛おしいと思わずにいられない。
最高です。オスカー一番乗り間違いないでしょ。

エンドロールでNASAのコントローラーの声がエド・ハリスだったのを知って、ほっこり。




関連記事

コメント
この記事へのコメント
映画館の予告で観て以来、めっちゃ観たい映画No.1です。
そうか~、監督はアルフォンソ・キュアロンだったか。
ともかくオスカー戦線が楽しみになってきましたね。
2013/10/05(土) 22:28:03 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
これは無条件で観るんですが、怖そうな映画ですよね。
私も先日劇場で予告を観て驚いたんですが、まさかpu-koさんが絶品と言うような作品だとは想像できなかった(笑)・・・。
pu-koさんの記事も絶品のところで読むのを止めた。
観たらね(爆)・・・。
2013/10/05(土) 23:41:02 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
kaz.さん >
キュアロン監督だったんですねぇ。
ますます期待が高まるでしょ。
これからオスカー候補の作品が出てくると思うけど
これを超えるものが出るんだろうか。凄い一本でした。
楽しみなシーズンに突入ですね。
2013/10/06(日) 07:18:00 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
あまりよさそうに見えなかったかな。
映像が凄そうなのは観ても分かったから、そちら重視かと思ったら
なんのなんの、ヒューマンな部分もしっかりあって、本当に凄い一本でしたよ。
2013/10/06(日) 07:20:27 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
pu-koさんの評価の高い映画はすごく気になります。キュアロン監督の映画は観た事ないのですが、評判の高い人のようですね。また楽しみな映画が1本増えました。
2013/10/08(火) 05:13:28 | URL | einhorn2233 #79D/WHSg[ 編集]
einhornさん>
キュアロン監督を最初に見たのが『天国の口、終りの楽園。』で、その監督がまさかこんな映画を撮るようになるとは夢にも思いませんでした。
撮影に定評の高い監督でしたが、今回はドラマにも感動します。
3Dに求める要素も全て網羅してますし、ぜひご覧ください。
2013/10/08(火) 07:04:30 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
pu-koちゃんに先を越された、、、(泣)、、これは早く見たい一作です。評判も凄く高いし楽しみですね、、今週中には絶対行きまっせ、、、。
2013/10/10(木) 00:10:35 | URL | guch #79D/WHSg[ 編集]
guchさん>
ふふ、こういうのは初日に行っちゃいます。
最高でしたよ。間違いなく映画史に輝く一本。
感想お待ちしてます。
2013/10/10(木) 10:18:59 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ちょうど、NZでも上映中です。
3Dはと思ったのですが、娘も3Dのほうが良いと言っているので、
劇場鑑賞をしようと思っています。
そうそう、safe haven観ました。
わたしの好みの映画でしたね。
ストーリー展開が、暮らしの延長にあるよな、
そんな感じが好きです。
2013/10/10(木) 15:30:52 | URL | NZ_RR #79D/WHSg[ 編集]
NZ-RRさん>
はい、これは3Dで観るのがアトラクション的にも楽しめていいと思います。
とにかく大きな画面で自分を宇宙空間に放り込んで観ることをお勧めします。
おー『セイフ・へイヴン』お好みでしたか。よかった。
事件も起きてはらはらもするけど、登場人物の感情の描写も丁寧でよかったですよね。
2013/10/11(金) 06:47:37 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
観てきました。宇宙映像の美しさが、見慣れた写真とソックリなので不自然さを感じませんでした…(^^)また、サンドラの演技が、自然体なのでよかったです。スペシャリストとしての知性的な光の影に存在する不安感が上手に出ていました。もちろんジョージも最高でした。サンドラとクルーニのコンビで完璧だったという解説に納得しました。サンドラが宇宙服を脱いだ時の姿勢は、2001を思いださせるほど…(^^)たしかにさりげなくて、美しかったです。そして、娘も勧めてくれたので、初めての3D体験。pu-koさんと同じように、飛んでくる破片を思わず体を動かして避けました…(爆) アルフォンソ・キュアロン監督が、こんな映画を撮るとは…。久しぶりに、映画の記事として、書いてみたいと思ったほどです…(^^)
2013/10/15(火) 03:25:40 | URL | NZ_RR #79D/WHSg[ 編集]
NZ-RRさん>
ほんとだ。宇宙映像を見慣れた写真とそっくりにするって、考えたらとても凄いことですよね。
しかも無重力空間を作り上げ大変なアクションをぶち込んでるんですから凄いの一言。
サンドラとジョージはユーモアもあって本当によかったですね。
わはは、破片が飛んでくるシーンでやっぱりよけちゃったでしょw
私は先日二回目を見てきたんですが、やっぱり同じところでよけてしまって一人苦笑しちゃいました(笑)
キュアロン監督を最初に観たのは『天国の口、終わりの楽園。』でしたが、まさかこんな凄いものを撮ることに私も夢にも思いませんでした。
レビュー楽しみにしています。
2013/10/15(火) 08:21:51 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
pu-koちゃん、、行って来ましたよ。これは”凄い”映画でした、、。サンドラがこんなだったとは、、確かに”Blind Side"ではその片鱗も見せてくれましたがどうも目だけは表情が乏しいんじゃないのかな、、と普段から思っていた印象を覆してくれました。来年のオスカー、主演女優賞は間違いなしでしょう、、恐らく作品、監督、、撮影や音楽もノミネートされるんじゃないのかな、、。キューブリック監督の”2001年”がこれまで宇宙ものとしては最高傑作とされていましたがこの映画は完全に超越したような、、、そんな感じです。
どうってことのないストーリーなんですがあれだけで最後までグイグイ引っ張れたのはこれは誰の手腕なのかな、、?サンドラ”万歳”ブロックな映画でした!!
2013/10/22(火) 03:32:49 | URL | guch #79D/WHSg[ 編集]
guchさん>
ねー、凄かったでしょ。サンドラと撮影はオスカー獲るでしょうね。
ほかは他の有力候補作品観てないので分からないけど、各賞にノミネートは間違いないでしょうね~。ニューウエイブな作品ですよね。技術だけでなく魂もこもっているのが本当に素晴らしい。サンドラにも感謝したいほどです。あ、クルーニーにも♪
2013/10/22(火) 06:52:48 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
おすすめのIMAX3Dで観てきました。大正解です。
連休中とはいえ、最終回であんなに混んでいるIMXシアターは久しぶりです。
映像もサンドラも素晴らしかったです。
ラストシーンで、だからタイトルは「Gravity」なんだな・・とわかった気がします。
シャトルを覗くシーンはやっぱり「ジョーズ」だったかな。(コジカ)
2013/12/21(土) 11:26:05 | URL | ひつこじのコジカ #79D/WHSg[ 編集]
コジカさん>
おー、IMAX3Dでご覧になりましたね。
日本でも大盛況なんですね。ちょっと観る価値ありますもんね~。
これで3D初体験される人も多いだろうなぁ。
なるほど名作にオマージュを捧げるシーンもあるのかもですね。
ラストシーンでタイトルの意味を痛感されましたか。じゃ私は分かってないなぁ。
2013/12/21(土) 22:08:38 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
いちおう文句も書きましたが、やはり傑作映画ですなっ。(笑)
TBさせてもらいます~。
2013/12/23(月) 06:47:15 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
IMAX3D初体験してきました~。
いやぁ、凄い映像でした!ホントに臨場感がハンパなくて、私も思わずよけちゃった(笑)
後半はもう、サンドラと一心同体のような気持ちにさせられちゃって、涙が溢れてきちゃいました。
そそ、エド・ハリスでしたね~^^
こちらからもトラバさせていただきまっす(^ー^)
2013/12/23(月) 07:31:36 | URL | じゅり #79D/WHSg[ 編集]
kaz.さん >
エピック的な意味は大きいかと。傑作だと思います。
TBありがとうございました。
2013/12/23(月) 10:37:50 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
じゅりさん>
宇宙空間を体験した気分になりましたね。
やっぱあれよけるよねぇ(笑)
うんうん、私も後半ぼろぼろ。なぜか涙でたなぁ。
エド・ハリスはなんか嬉しかったよね。
TBありがとうございました。
2013/12/23(月) 10:39:45 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
2Dでの鑑賞でしたけど、やはり面白かったです。ヘルメットの中からの映像が、視野の狭さが怖くて、あれはかなわんと思いました。サンドラ・ブロックがいつもと全然違うキャラを凛々しく演じていてびっくり。体をこの映画のために仕上げたんだなあって感心。体脂肪率1桁で腹筋割れてる最近のハリウッド女優さんにはできない役だと思いました。宇宙が舞台の映画なんだけど、CGを感じさせないところは、手間かけているんでしょうね、きっと。
2013/12/24(火) 02:49:35 | URL | einhorn2233 #79D/WHSg[ 編集]
einhornさん>
私はヘルメットからの映像になったときには酔いそうで目を閉じてました。
そっか、実際の宇宙飛行士からの視野は意外に狭いわけですね。
サンドラがよかったですよねぇ。宇宙服を脱いだ瞬間も人の体ってこんなに美しいのかと思っちゃいました。
あんな映像を作り出すところが革新的でした。
TBありがとうございました。
2013/12/25(水) 01:19:04 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
3Dで観てきました。 いや~、ほんと絶品ですね。
まさか宇宙を舞台に、こんな感極まる人間ドラマが繰り広げられるとは。
素晴らしい映画体験させていただきました。
TB、させてくださいね。
2013/12/25(水) 01:55:37 | URL | サムソン #79D/WHSg[ 編集]
pu-koさんはじめブロ友さんの評判が凄く良くて、期待度MAXでした! で、初 I MAXだったのですが、期待以上でした。広大な宇宙空間なのに閉塞感のある設定で「ヒーヒー」いいながら観終わった様な感じです。
やっと帰還した地球で水死?!でも、最期の泥を掴んで立ち上がるのは感動でした。
TBさせてくださいね。
2013/12/25(水) 07:58:50 | URL | アンダンテ #79D/WHSg[ 編集]
サムソンさん>
わーい。ご覧になりましたね。
ほんとほんと、映像は勿論、ちゃんとドラマとしても感動させてくれるんだから凄いですよね。
まさに絶品でした。TBありがとうございました。
2013/12/26(木) 08:48:22 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
アンダンテさん>
期待度マックスで臨んでそれ以上というのはそうそうないdすよね~。
宇宙空間を体感し、サンドラの生命力にも感動でしたね。
TBありがとうございました。
2013/12/26(木) 08:50:18 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
こんにちは
DVDレンタルなので当然2Dですが、
それでも素晴らしい映像と奥行きを感じる事が出来ました
無重力を追体験、とまではいきませんが
あの浮遊感や360度広がる宇宙に感動していまいました~
また彼女の心の動きにも、生きると決めた時の彼女に感動して涙ぐんでしまいました
2014/04/23(水) 19:21:52 | URL | maki #79D/WHSg[ 編集]
makiさん>
これ素晴らしかったですね~。
箱の中の撮影でどうやってあの宇宙空間を表現できたんだろうと感心しきりです。
ヒロインの生きる力に私も大感動でした。
宇宙から見る地球も美しかったですね。
2014/04/24(木) 09:35:33 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
やはりIMAXで見るのが正解な映画な気がします。
映像の力の大きい映画ですし。
個人的には、これ見る少し前に「成層圏から宇宙服着て自由落下するダイバーのドキュメンタリー」を見たんですね。
それが映像&ダイバーのドラマ的にもよくて、観てないと違った感想になったかも。
個人的には、「ブラックホーク・ダウン」を見た時にも思ったんですが、
この作品も、それと同じで、映画にとっての現代的なストーリーの表現、
についてのある種の解答の一つかと思います。
そこが重要な作品ですね。
実は「トランスフォーマー」も現代におけるアクションの体感性の一つの回答なんですがw
機会があれば、この3作品、論じてみたいです。
TBさせてくださいね。
2014/07/09(水) 08:42:09 | URL | miskatonic #79D/WHSg[ 編集]
miskaさん>
確かに宇宙空間に放り込まれた感覚で見るのが一番な映画でしょうね。
へーー、そのドキュメンタリー(それがタイトル?w)気になります!
ドキュメンタリーとなると、まさに本物だから興奮するだろうなぁ。
おーー、映像の視点から現代のアクション映画に迫るmiskaさんならではの記事ぜひぜひ!期待してます!!
2014/07/09(水) 09:16:49 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
「スペースダイブ〜成層圏からの超音速降下〜」と云う番組名でNHKで放映されてました。
元はBBCとか海外のドキュメンタリー番組かと思います。
ダイヴのみの映像がYou Tubeにあがってました。
これ、かなりぐるぐるするので注意ですw
https://www.youtube.com/watch?&v=raiFrxbHxV0
回ってしまうから、ダイバーが気絶しないようにするにも試行錯誤があったり、
そもそも、宇宙服ってすごく動きにくいみたいで、着てダイヴする事自体が
もうやばいみたいです。
技術的にも大変で、技術陣の格闘と、ダイバー自体も死と隣り合わせのミッションだから色々葛藤もあって何年もかかったプロジェクトのようでした。
なかなか見ごたえあるドキュメンタリーでした。
2014/07/09(水) 11:07:30 | URL | miskatonic #79D/WHSg[ 編集]
miskaさん>
うわぁ、ありがとうございます。you tubeのぐるぐる感も凄い!
その瞬間確かNASAチャンネル化何かで生で見ました。http://news.nationalgeographic.com/news/2012/10/121014-felix-baumgartner-skydive-sound-barrier-kittinger-roswell-science-2/
これはナショナルジオグラフィックチャンネルで放送されたのかな?
前にガイ・ピアースの『ロックアウト』という映画で宇宙からダイブするシーンがあってそんな馬鹿なと思ったのだけど、本当にこんなプロジェクトがあったんですね。
またゆっくり見てみます。ありがとうございました。
2014/07/09(水) 16:26:00 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 基本的に汗かきな私ですが、ここ広島でも随分と寒く感じられるようになってきました。こんな寒いときは、具沢山の鍋でも食しながら一杯やりたいものです。ちなみに、本日紹介す
2013/12/13(金) 21:24:00 | こんな映画観たよ!-あらすじと感想-
【ゼロ・グラビティ】 GRAVITY アメリカ 2013 監督・製作・脚本・編集 :アルフォンソ・キュアロン  出演 :サンドラ・ブロック/ ジョージ・クルーニー エド・ハリス(声の出演) ( LA批評家協会賞 作品、監督・編集・撮影賞受賞)        
2013/12/23(月) 21:46:09 | CINEmaCITTA'
ゼロ・グラビティ (2013)   【GRAVITY】 地上600kmの上空で地球を周回しているスペースシャトル。 今回が初めてのミッションとなる女性エンジニアのストーン博士(サンドラ・ブロック)は、 ベテラン宇宙飛行士コワルスキー(ジョージ・クルーニー
2013/12/23(月) 22:32:00 | じゅり好み☆
今回は新作の「ゼロ・グラビティ」を川崎チネチッタ10で観てきました。向いのスクリーンで、ももクロのライブビューイングをやっていたせいか、ももクロのハッピを着たおじさんを見かけました。おっさんでもいけるのなら、私もまざってもいいかな。 地上600キロの上空
2013/12/24(火) 17:49:25 | 今昔映画館(静岡・神奈川・東京)
    『ゼロ・グラビティ』  (2013) 地表から600キロメートルも離れた宇宙空間で、ミッションを遂行していたメディカルエンジニアのライアン・ストーン博士(サンドラ・ブロック)と、ベテラン宇宙飛行士マット・コワルスキー(ジョージ・クルーニー)。
2013/12/25(水) 16:56:36 | サムソン・マンゴスの映画道半ば
壮大な宇宙空間を舞台にした「ゼロ・グラビティ」  今回 初めてI・MAXで見てきました・・・かなり大きなスクリーン へ〜〜 臨場感たっぷりで中々良かったです!   限りなく広い宇宙空間を舞台にしながら 登場人物の少なさや閉塞感から真逆の
2013/12/25(水) 22:59:47 | アンダンテ あっち行って ホイ♪
 『ゼロ・グラビティ』を渋谷TOEIで見ました。(1)いつもは躊躇する宇宙物ながら、サンドラ・ブロックとジョージ・クルーニーとが初共演とのことで、映画館に行ってきました。 映画の冒頭では、地上600?の高さになると、温度は+250〜−100ºCで、音を伝えるも...
2014/01/10(金) 21:58:12 | 映画的・絵画的・音楽的
君は生きて帰れ。“必ず生還する"と誓うんだ―。無限の宇宙に取り残された宇宙飛行士が、酸素・重力・生存率《ゼロ》の極限状態に立ち向かうSFサスペンスドラマ。まずはやはり圧巻の映像!私はDVD鑑賞なので2Dですけれども、それでも宇宙空間の無限の広がりやクルク
2014/04/24(木) 10:17:48 | いやいやえん
2014年の最初の映画はこちら!「ゼロ・グラビティ」です。 昨年末の映画ブロガー
2014/04/26(土) 12:56:15 | はらやんの映画徒然草
        ゼロ・グラビティ(2013)。 監督 アルフォンソ・キュアロン 出演 サンドラ・ブロック ライアン・ストーン     ジョージ・クルーニー マット・コワルスキー         声の出演: エド・ハリス     地上600kmの上
2014/07/09(水) 23:42:47 | 「らりるれろ」通信 Remark On The MGS