映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
危険なプロット
2013年10月17日 (木) | 編集 |



フランソワ・オゾン監督の新作『危険なプロット』は、舞台劇をもとにしたコメディ・サスペンスです。
危険なプロット(2012)フランス
英題:In The House
監督:フランソワ・オゾン
出演:ファブリス・ルキーニ、 クリスティン・スコット・トーマス、 エマニュエル・セニエ、 エルンスト・ウンハウアー、 ドゥニ・メノーシェ、 バスティアン・ウゲット
日本公開:2013/10/19
小説家を目指しながらも果せず、しがない国語教師に甘んじるジェルマン(ファブリス・ルキーニ)は、生徒たちのくだらぬ作文の添削に辟易していた、ところがある日、提出された課題の中から、才能を感じる一作をみつける。
それは生徒クロードが同級生ラファの家で見聞きしたことが書かれているのだが、続きが気になったジェルマンは、クロードに続きを提出させる。やがて小説の書き方を教える課外授業へと発展し、物語の展開を模索する二人だったが。。。



In the Houseという原題はクロードが家の中で起きることのみに興味を持ち、小説の題材にするところからきています。
国語教師が生徒の作文の指導をする。
これだけのことが危険をはらむことになるのは、小説にのめり込む二人が、現実と虚実の境をあいまいにしていくから。
絵に描いたような幸せ家族の歪がクロードによって暴かれ、やがて小説がその歪を広げる役割を果すことになる様子がスリリングで、どこまでいくんだ~とハラハラしながらも巧さに唸ります。
途中思わず「おもろ~」と叫んじゃいましたから。




クロードを演じた エルンスト・ウハウハ。。もとい、エルンスト・ウンハウアーがいいですね。
喜びや優越感を表現するときに、はにかむように口元を上げるのが印象的。
美しいお顔に時々邪悪さを覗かせ、大人を翻弄するしたたかさを見せるものの
その基盤にある寂しさや子供らしさも描かれるため、彼を嫌いにはなれない。

色んな崩壊が描かれる一方で、再生を垣間見せるところが優しく
『裏窓』を思い出すラストシーンにもうまさを感じます。
ま、一方で、新しい形のBL?と、オゾン監督らしさに苦笑いするやらホッコリするやら(笑)

シナリオの持つ力に驚き、物語に翻弄されることに快感を感じる知的なエンターテインメントでした。

      


関連記事

コメント
この記事へのコメント
これ公開されたら観たいな~っと思ってたところなんですよ。
そうかぁ~コメディでもあったんや。
なんかめっちゃ面白そう~、やっぱり観にいこかな。
来月になってしまうけど。(笑)
2013/10/17(木) 09:55:55 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
kaz.さん >
これ面白かったわぁ。
馬鹿笑いする類のコメディではないけど、妄想を映像にするシーンがあったり
シニカルな可笑しさもありましたよ。
オゾン監督はやっぱり巧いと思わされたし、kaz.さん もきっと気に入ると思います。
来月ぜひ観て来て~。
2013/10/17(木) 19:04:52 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
これは予告観たら凄く面白そう。
凄く観たいんですが、今月から来月にかけて資金難なんですよ(爆汗)・・・。
なんとか調整して鑑賞したいと思います。
2013/10/18(金) 02:23:03 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
これは原作があるようだけど、監督が脚本も書いていて
物語に惹きこむとはこういうことだよという、凄く面白い作品でした。
ベテラン俳優とフレッシュな若手とのガッツリ共演も見もの。
お勧めですが、無理のない範囲でね。
2013/10/18(金) 06:50:18 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ジェルマンのやな奴ぶりに、若干いらつくところもあったのですが、ラストで何じゃこりゃって苦笑させる不思議なおかしさがありました。に、しても、エマニュエル・セリエの儚げに色っぽい人妻ぶりは、「青い体験」を思い出したです。
2013/10/21(月) 04:52:32 | URL | einhorn2233 #79D/WHSg[ 編集]
einhornさん>
ジェルマン役の役者さんもベテランだそうでうまかったですね。
あれだけ気を揉ませて迎えたラストがあれですもんね~。
ずっこけるやら微笑ましいやら(笑) もしかしてオゾン節なのか?と笑っちゃいましたよ。
私これまでセリエ嬢にはあまり魅力を感じてなかったので、本作では青いエロを掻き立てる人妻をはんなり演じてるのにはちょっと驚きでした。
2013/10/22(火) 07:02:31 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
予告観て、絶対行こうと思ってました。最後はコケるんですけ?でも、面白そう。オゾンは「8人の女たち」で受けたっし・・・
2013/10/22(火) 18:56:53 | URL | アンダンテ #79D/WHSg[ 編集]
アンダンテさん>
よそ様のお宅を登場人物と一緒に覗き見るような感覚が面白い作品で、どんどん引き込まれていきますよ(笑)
最後、コケるというのは、映画としてつまらないとか、拍子抜けというのではなく、そっちもっていくかーという驚きと、妙なおかしさがあるんですよね。
このおかしさは味わってもらわないと説明しにくいんですが、オゾン作品を知ってると余計ウケるかもです。
2013/10/23(水) 06:39:00 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
pu-koさんの書いてらした意味が判りましたよ~。オゾンってシリアスかと思えば、そうでも無くてトボケた感じですよね。頭でっかちの教師はアレン風でもあってウザい所も上手かった!
セリエは「赤い航路」の危ない役の方ですよね。女優陣は二人とも違う魅力がありました。
TBさせてくださいね。
2013/11/06(水) 20:16:14 | URL | アンダンテ #79D/WHSg[ 編集]
アンダンテさん>
オゾン監督はトボケた感じというか、シニカルなユーモアを効かせるのがうまい、知的な監督ですよね。教師は役者のうまさもあって面白い存在感でした。アレン風、なるほどです。
セリエ作品はあまり観てなくて『赤い航路』も知らないんですが、いつまでも歳をとらない人だなと思います。ポランスキー夫人ですよね。
TBありがとうございました。
2013/11/07(木) 10:46:51 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
今回は、新作の「危険なプロット」をヒューマントラストシネマ有楽町で観てきました。ここは年会費1000円で会員になると、1300円で映画が観られます。また、金曜日は1000円というのがなかなかのお得感。 高校の国語教師ジェルマン(ファブリス・ルキーニ)は、生徒たちに
2013/10/21(月) 19:52:18 | 今昔映画館(静岡・神奈川・東京)
F・オゾンにはめられたか?シリアスなサスペンスかと思いきや  なんだかコメディですか?な展開でした   がよく語っていると思いますが 主人公の教師(中央)はおとぼけ顔だし  才能があると個人指導されるクロード(左)と比べ ラファ(右)はあまりにコ
2013/11/07(木) 11:17:21 | アンダンテ あっち行って ホイ♪