映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】 『W/ダブル』:「滝汗!サスペンス映画100」制覇シリーズ
2014年06月26日 (木) | 編集 |



W/ダブル(1987)アメリカ
原題:The Stepfather
監督:ジョセフ・ルーベン
出演:テリー・オクィン/ シェリー・ハック/ ジル・シュエレン/ スティーヴン・シェレン/ チャールズ・レイニャー

映画秘宝から出た必修科目シリーズ9弾目「滝汗!サスペンス映画100」のラインナップから、未見あるいは記事にしてない約20本を観ていこうという企画です。(ただし雑誌は入手しておりません)

企画2本目はジョセフ・ルーベン監督による『W/ダブル』

冒頭、顔に返り血を浴びた男が鏡の前で綺麗に身支度。
別人のようにすっきりして家を出ようとする男の足元には・・・!!

「父の日」月にふさわしく(?)、一本目『フォーリング・ダウン』から家族を想う父親が主人公の映画が続きましたな。
ただしどちらも愛情の持っていきかたを間違えるとちと怖いというお話です。

本作に登場する父親ジェリーは理想的な家庭を持つことを夢みる男。
彼は子持ち未亡人を見つけては一家の父親(ステップファーザー)に収まり、しばし幸せを満喫するわけですが、やがて自分の理想とのギャップを感じ始めるやフラストレーションをつのらせていくんですね。
そして・・・

『フォーリング・ダウン』のマイケル・ダグラスとの違いは、実際の家族に愛情を向けるのではなく、家族像を追い求めているところ。そのため家族はその材料にしか過ぎず、「こりゃだめだ」となったら簡単にリプレイスできる存在であり、彼の失望が残忍な犯罪を誘発するのです。しかも犯行を周到に準備する狡猾さが恐ろしいんですよね。



人当たりのいい笑顔の裏に、凶暴なシリアルキラーのサガを秘めた主人公ジェリーを演じたテリー・オクィンの存在感は凄いものがありました。
「次」に向かって変身するシーンはちょっとした衝撃だったしね(笑)
ちなみに今ではすっかりツルツルです。

とどめはやや「普通」ですが、義父に疑問を抱き始める娘ステファニーとの攻防はスリリングで
冒頭の衝撃といいかなり面白く観れた一本です。



関連記事

コメント
この記事へのコメント
テリー・オクィンと云えば、やはり最近は「LOST」ですかw
昔から芸風?変わってないんですねw
題材はリアルですね。今でも古びない感じ。
この頃のこう云う映画は、時間もコンパクトだから
だれないし、見やすいですね。
2014/06/26(木) 15:59:12 | URL | miskatonic #79D/WHSg[ 編集]
どこかで見た内容だと思ったら W/ダブル ってタイトルでわからなかったんだ
ステップファ-ザ-のほうがわかりやすくて  大昔見たはず
LOST のおっさんだと気づくのに時間がかかった
2014/06/26(木) 17:52:33 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
いいね~、私好みだね~。
出来れば、片手で顔を覆うくらいの恐怖付きでも可なんっすがね!
今日から2週間TSUTAYAが100円レンタルなんで
イヤってほど借りまくろうかと…ま、母の入院はこっちへ置いてっと(置くんかい)
1987年ってとこも「ちょうどイイ」感じだわ(笑)
早速探してみるさ!!
2014/06/26(木) 18:07:42 | URL | chaco #79D/WHSg[ 編集]
この作品は初めて知りました。
後から家庭に入ってくる血の繋がらない親って凄く信頼関係を結ぶのが難しいんですが、これは変化球みたいやね(笑)
こういう身近な題材の方が怖いですよね。キモいというか・・・。
2014/06/27(金) 02:48:53 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
観たような、観てないような、なんか記憶にあるかも。
シェリー・ハックは懐かしい名前ですな~。
面白そう。
2014/06/27(金) 06:47:25 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
miskaさん>
テリーさんはドラマの方で活躍されてるようですね。
「LOST」にも出てるんだ。濃い芸風は健在かな?w
ほんとですね。テーマとしては普遍的でもあり、
利己的な理想から暴力に走るのもむしろ現代的ですよね。
2014/06/27(金) 08:33:47 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
ね~、この邦題はまったくもっていただけない。
それを反省してか、続編の2,3はステップファーザーってついてますね。
やっぱり「LOST」で有名なんだ。
この頃は髪がある(・・というか、部分的にヅラw)からなぁw
2014/06/27(金) 08:37:06 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ひゃー、「LOST」のおっちゃん髪があると誰だかわからん!(笑)
この映画全く知らないぞ~。
イッちゃってるこだわり愛は逸脱するとただの基地外に刃物状態になるというはた迷惑満載的内容でしょうか?
映画秘宝読んでないのでわたしもチェックしてみよう(チョイスがコアな気がするけど)
まだまだ未知の面白い映画が山ほどあるねー!
2014/06/27(金) 08:37:54 | URL | みーすけ #79D/WHSg[ 編集]
chacoさん>
ははは、怖いどんとこいで頼もしいね。
おー、100円レンタル、それはぜひいっぱい借りちゃってください。
きっと楽しめるはず。。
あ、でもレンタルされてるかな。
2009年製作のリメイク版があるようなので、なかったらそちらでも。
2014/06/27(金) 08:42:51 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
ほんと、ど変化球ながら底に流れるテーマは身近でもあるかもですね(笑)
しかし虚構の理想像を描き、それに見合わないと思えばキレるというのは、ある意味Wカップにおけるにわかサッカーファンのごとき・・・(汗)
2014/06/27(金) 09:07:52 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
Kaz.さん>
続編が3まで出てるようなので、どれかをご覧になってるかも。
新しいところでは2009年にもリメイクが出てますね。
シェリー・ハックは皆さんご存知なのね~。
強烈なキャラだったけど、私は(多分)お初でした(笑)
2014/06/27(金) 09:10:47 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
みーすけさん>
私も画像検索するときに今のお姿を見て、別人!って思ったんだわ(笑)
そうそう、確かに基地外に刃物なんですが、準備周到な冷酷さが一般的な基地外wと違っていて、それが面白いところでした。秘宝はコアなものを取り上げることも多いようだけど、このリストは大半は一般的で私でも76本観てたくらい。未見の中の10本くらいがちょっとコアかな。チェックしがいがあるよん。
2014/06/27(金) 09:23:00 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
案の定ありませんでした><
リメイク版もタイトル同じ?
2014/06/28(土) 00:47:17 | URL | chaco #79D/WHSg[ 編集]
chacoさん>
あちゃ、やっぱりなかったかぁ、残念。
リメイクは『ステップファーザー 殺人鬼の棲む家』ってなってたよ。
チェックしてみて~。
2014/06/28(土) 08:15:31 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
これは作者のウェストレイクが自身の映像化の
最高傑作と発言していて、その理由は
原作を忠実に映画化しているとのことだった。
評価も高い作品だけど、
個人的にはピンとこなかったなあ。
忠実だからダメなんじゃないの?と思った記憶がある。
もう何年も前にVHS入手したけど処分しちゃった。
手に入れた映画を捨てるってあんまりしないことなんだけどね。
2014/07/07(月) 16:32:22 | URL | HK #79D/WHSg[ 編集]
HKさん>
お久しぶりです。
原作に忠実な作りでしたか。
忠実だからだめなんじゃ?っていうのは分かる気がする。
映画だから出来ることもあるもんね。
個人的には主人公のトラウマに繋がる部分をビジュアルでも見せて欲しかった気がします。
髪も薄かったけど、なんでこんな人間になったのか という点が薄かったですよね(笑)
2014/07/08(火) 07:17:31 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック