映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】 『アンブレイカブル』:「滝汗!サスペンス映画100」制覇シリーズ
2014年06月29日 (日) | 編集 |



アンブレイカブル(2000)アメリカ
原題:Unbreakable
監督:M・ナイト・シャマラン
出演:ブルース・ウィリスサミュエル・L・ジャクソン/ ロビン・ライト・ペン/ スペンサー・トリート・クラーク/イーモン・ウォーカー/ シャーレイン・ウッダード/レスリー・ステファンソン 
 
【ストーリー】
乗客131人が死亡するという悲惨な列車事故が起きた。その中で中年警備員デイヴィッド(ブルース・ウィリス)だけはかすり傷1つ負わずに生き残る。ある日彼の元に、イライジャ(サミュエル・L・ジャクソン)と名乗る人物から手紙が届く。イライジャは骨形成不全症という難病を持って生まれ、今はコミックのコレクターとして画商を経営している。ガラスの身体を持つイライジャはデイヴィッドとは対照的な存在だった。

M・ナイト・シャマラン監督によるファンタジー・スリラーです。
『シックス・センス』で人気を博し、その次の作品ということで大いに期待されたものの、世間の評判はもうひとつに終わりました。
私も前に観たときにはサミュエル演じるイライジャが、自分とデイヴィッドの立場をコミックに例えるのをウザく感じて入り込めないところがあったんですよね。
ところが今回再見して気づいたのは、この映画自体がアメコミの世界だったということ!


ここからプチネタバレで書いてますのでご注意くださいね。




ブルース演じるデイヴィッドは、事故をきっかけに自分が「不死身」であることに気づき、同時にヒーローとしての役割を認識していくんですよね。イライジャはその過程に深く関わることになるのですが、その関わり方が助言とかのレベルでなかったことに、驚愕のオチが待っていました。
生きていることになんの価値も見出せないでいた男が、自分の可能性を模索する。2人それぞれに求めるものは同じかもしれないのに、生み出す結果は間逆という皮肉。同時に「悪と正義」の境界はどこにあるのかと考えさせられました。

途中、どこに向かうのか分からず興味を持続しにくいところがあったし、実写としては突飛さが際立ってしまうところもありました。
でもこれを『バットマン』のようなアメコミとして捉えたなら十分楽しめます。
-ヒーロー誕生の陰には悲しい男の物語あったー
『バットマン』のスピンオフのような形でノーランにでも撮らせたら、渋くカッコいい一本になりそうです。


関連記事

コメント
この記事へのコメント
ひゃー!
これこれ!忘れもしませんで!
映画公開最終日、「観なくては!」という責任感(?)を背負って
観客3人の劇場で観ました。はい、観ましたよ。
なんでアンタだけ生き残るんだよ?
普通のハゲたおっさんジャン!
あああ、書いててもアホらしくなるゎ…ったく!
pu-koちゃんが言うように「アメコミならアメコミらしい撮り方せーよ!」
って感じだよ。
最終日に期待して行った自分に再度言い聞かせました!
「だから、シャマランはつまらん」って。
(前のblogでコレばっか言ってたよね私(笑))
2014/06/28(土) 17:47:10 | URL | chaco #79D/WHSg[ 編集]
これはまだシャマランが冴えていた頃の作品でしたね。
「そうくるか」という展開に唖然としながらも楽しめました。
サミュエルのキャラがとにかく不気味でした。
2014/06/28(土) 19:28:16 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
>サミュエル・L・ジャクソン
ハリウッド・リメイクの『オールド・ボーイ』観たんですけど、
うさんくさい佇まいが最高ですねw
>自分が「不死身」であることに気づき
これが『オチ』かと思っていましたけど、その続きがあったんですねー。
また観てみたいです。
2014/06/28(土) 20:42:46 | URL | yossy #79D/WHSg[ 編集]
これ当時観てるんだけど、ほとんど覚えてなくて、プチネタバレ読んだら思い出すかと思ったけど、思い出せなかった~( ̄∀ ̄*)
放送あったら、新鮮な気持ちで観てみます(笑)
2014/06/28(土) 22:27:48 | URL | じゅり #79D/WHSg[ 編集]
実はわたしも初見時に、絶えず暗くメローな雰囲気と子供がやたらとメソメソしてる展開になんじゃそりゃー!で乗り切れなかった(笑)
ところが次に観たときに印象がガラリと変わってて、こんな面白かったっけ?と感想が真逆になってて自分で驚愕したんですよね。
当時はアメコミヒーローの誕生をここまで真正面に捉えてる描きかたが珍しかったのね。
シャマラン監督への世間の期待感も大きすぎたのかも。
今ならあのキャラ間違いなくアベンジャーズ入りだな!
2014/06/29(日) 02:28:03 | URL | みーすけ #79D/WHSg[ 編集]
シャマランさんもどんどんつまらんなって
この映画もほぼ 忘れかけてる  この当時
月光仮面思い出してしまって 悪と正義は裏表 お面とったら悪やったりして
2014/06/29(日) 03:11:15 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
あぁ、そうか、これ『シックス・センス』の次やったんや~。
アメコミですね~、ラストなんかも、まさにそんな感じやったし。
再見するのも面白いかもね。
2014/06/29(日) 03:49:00 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
chacoさん>
あら、シャマラン嫌いだったっけ?
私は今回これは凄く深く面白い話だったんだと気づいたんだよ~。
元になるヒーローを持たないアメコミを創造できるなんて凄いと思うんですよ。
ただちょっと退屈に感じてしまうのは確かで、chacoさんの気持ちもわかるしね。
期待して劇場鑑賞したら余計にそうかもね。
でも機会があればヒーロー誕生の深い物語として観てみて欲しいな。
2014/06/29(日) 07:42:10 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
昔はアイディアが奇抜で面白い映画を撮ってましたよね。
最近はちょっといただけないのは、世間の酷評に潰れていったのかな。。
これはまさに「そうくるか」でした。
実はサミュエルさんが主役でしたね。
2014/06/29(日) 07:46:19 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
yossyさん>
『オールドボーイ』ご覧になりましたか。
サミュエルさんはアベンジャーズをかっこよく率いて出世したかと思いきや、今でもあんなチンピラが似合うんだから嬉しいよね(笑)
そうそう、不死身な男のヒーロー誕生を描く話かと思ったら、さらなうオチがあって、実はサミュエルさんの物語だったって、これ凄いですよね。
2014/06/29(日) 07:50:53 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
じゅりさん>
私もすっかり忘れてました(笑)
以前響かなかったものも、見直したら面白さに気づくことありますね。
これもきっとそんな一本だと思うので、放送されたらぜひ。
2014/06/29(日) 07:52:27 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
みーすけさん>
ね~確かに今でもテンポの悪さを感じるところがあるんだけど、こんなおもろい話だったの?って私も今更ながら知ったところ(笑)
そうそう、監督への期待マックスでの公開だったんでしょうね。
世間はアメコミヒーローよりも「主人公は実は事故で死んでた」っていうのを期待してたのかも(笑)
あはは、確かに今ならブルースもアベンジャーズ入り!!
サミュエルさんが発掘したし(笑)
2014/06/29(日) 07:58:41 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
最近はシャマランの新作に期待できなくなっちゃいましたねぇ。どしたのかな。
でもこれは意外な面白さがありましたな。
そう、悪と正義は表裏一体なところも面白かった。
ふふ、アベンジャーズやバットマンでなく月光仮面ね。いいわぁ(笑)
2014/06/29(日) 08:02:50 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
Kaz.さん>
そう、『シックスセンス』のあとで世間の期待もマックスだったでしょうね。
私なんか今更、「こんなアメコミだったんだ」と驚いてます(笑)
アメコミヒーロー誕生をダークに描く作品って、当時はまだ受け入れにくかったのかも。
このあとに911が起きちゃったのも痛かったかもです。
2014/06/29(日) 08:08:37 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
これ見てないんですよね。
その後のは見てるんですけどねw
期待させる何かはあるんでしょうね。
シャマランの話って当たり前ですが、
何げに梵哲(インド哲学)ぽいんだよね。
そこが新鮮に映ったのかもね。
2014/06/29(日) 11:21:59 | URL | miskatonic #79D/WHSg[ 編集]
miskaさん>
未見でしたか。世間の評判もいまいちでしたもんね。
おー、インド哲学。
どんなのか知らないんですけどwそういう哲学を知って観るとまた作品への理解も深まりそうですね。突拍子もない感じではあるけど、アイディアは面白いです。
2014/06/30(月) 07:58:47 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
劇場鑑賞しました。
当時から評判はよくなかったし、ここでの感想も
なんだか微妙なものだけど
『シックスセンス』をしょーもないと思っていた自分は
なんじゃこりゃ?!と膝を乗り出し
シャマランというインド人はもしかしたら作家なのではないか?と
はじめて彼に興味を覚えた作品。
爆笑したなあ。
ガラスっておい!!!とかツッコミながら観るといい映画だと思います。
2014/07/07(月) 16:52:52 | URL | HK #79D/WHSg[ 編集]
HKさん>
大真面目にアメコミの世界を展開させるのは斬新だったよね。
自分が心の準備が出来てなかっただけかもだけど(笑)
私は『サイン』再見でかなりシャマラン見直したし最近は悪評につぶされかけてる印象だけど、やっぱり才能はあると思うし、またいい映画撮って欲しいです。
2014/07/08(火) 07:24:05 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック