映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
『8月の家族たち』:メリル&ジュリア オスカーノミネート
2014年01月22日 (水) | 編集 |



オスカー特集
今日はメリル・ストリープが主演女優賞、ジュリア・ロバーツが助演女優賞にノミネートされた『8月の家族たち』。ピューリッツァー賞&トニー賞受賞の舞台劇の映画化です。
8月の家族たち(2013)アメリカ
原題:August: Osage County
監督:ジョン・ウェルズ
出演:メリル・ストリープ/ ジュリア・ロバーツ/ ユアン・マクレガー/ クリス・クーパー/ アビゲイル・ブレスリン/ ベネディクト・カンバーバッチ/ ジュリエット・ルイス/ マーゴ・マーティンデイル/ ダーモット・マローニー /ジュリアンヌ・ニコルソン/ サム・シェパード
日本公開:2014・4・18
 
 オクラホマの片田舎。ビバリー(サム・シェパード)が、住み込みの家政婦を雇った後姿を消し、病気のため毎日薬漬けの日々を送るヴァイオレット(メリル・ストリープ)の下に、3人の娘たち、ヴァイオレットの姉(マーゴ・マーティンデイル)夫婦が集まるところから物語は始まります。




 メリル演じるヴァイオレットは薬以外に何も信じることが出来ない女性。
その薬に依存した結果、毒舌に拍車がかかり、家族を深く傷つける。
夫(ユアン・マクレガー)との不仲を暴かれた長女バーバラ(ジュリア・ロバーツ)がたまらず怒りを爆発させ、場面はあっという間に修羅場と化すのでした。

痛い痛い家族を描く映画です。
ヴァイオレットの壊れっぷりは薬物依存からきているのかと思いきや、
物語が進み一家の秘密が見えてくると、それには深いわけがあったのだと分かってくる。




↑メリルのかつら姿は『ヴァージニア・ウルフなんか怖くない』のエリザベス・テイラーを彷彿とさせませんか?↓


↑このポーズ、メリルも何度か見せてました。意図的なのかな。

 明かされる秘密は勿論痛い。
けれどユーモアを感じる描き方で、それ言うとヤバいだろという緊迫のシーンでさえも、笑えてしまうんですよ。辛いだけの映画じゃなくて良かった。

 ラストのジュリア・ロバーツの表情が、吹っ切れなのか諦念なのか私には判断がつかないけれど、傷口に塩を塗りあうようなことがあっても、家族の関係は続いていって
月日の流れとともに、傷が癒えたり、新たな喜びに置き換わったりもするのだと思う。

 舞台となるオクラホマの田舎の 人里離れた古い屋敷が
秘密を閉じ込め、ひっそりと時を刻む一家を象徴しているかのようです。
結局何一つ解決しない映画に見えて、不思議に後味が悪くないのは
この家を飛び出した子供たちもいつかはまた帰ってくる
家族ってそんなものだよなぁと感じさせてくれるから。



ヴァイオレットの姉の夫にクリス・クーパー
その息子のベネディクト・カンバーバッチは出番は少ないながら大事な役どころでした。


関連記事

コメント
この記事へのコメント
今年は外されるのかなぁと思ってましたが、やはりメリル・ストリープは必ず入って来ますね~。
ホント「ヴァージニア・ウルフ・・・」のリズのイメージあるある!罵詈雑言の応酬で心身共に消耗したのに心に残る映画でした。
これも痛い家族を描いてるんですね。
配役で観たいと思ってたけど、pu-koさんの感想読んでますます期待大です。
メリル・ストリープの化け具合が楽しみだし、J・ロバーツやユアンやバッチ、C・クーパーと豪華な配役ですね~。
2014/01/22(水) 03:51:43 | URL | みーすけ #79D/WHSg[ 編集]
pu-koさん、こんばんは!
2大女優の激突!映画以上に、二人の撮影裏話に興味シンシンです。
ほのぼの系やスウィーツ系が苦手な私ですが、こういうイタタタ系は大好き!なので、早く観たいです。それにしても。邦題、もうちょっと何とかならなかったのかしらん…
2014/01/22(水) 04:04:51 | URL | 松たけ子 #79D/WHSg[ 編集]
記事は映画未見なのでチラ見なんですが・・・。
おもいっきり賞を狙ってまっせって布陣ですよね(笑)・・・。
後味が悪くないというpu-koさんの言葉に弱いのよ(笑)・・・。
2014/01/22(水) 04:15:07 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
舞台劇の映画化なら、そりゃ演技にも力が入りますよね~。
キャストが非常に面白い顔ばかりなんですが、これ。
ちょっと必見の一作かな。
2014/01/22(水) 04:16:12 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
あぁ、ヴァージニア・ウルフのリズ!確かに神経質そうなところ似てる~
そっか、痛いだけではないんですねぇ。
キャストも凄く惹かれるし、これ観たいのですよ~~
2014/01/22(水) 07:22:46 | URL | じゅり #79D/WHSg[ 編集]
みーすけさん>
そうなんですよ。メリルはもう殿堂入りってことにしようよと思うのだけど、やっぱり観たらうまいなぁって感心する演技でした。
そそ、あのエリザベス・テイラーを彷彿とさせるくらい暴言吐きまくりのメリルでしたよ~。
不幸な真実が明らかにしながら、それを取り繕うわけでもないのだけど、でもそれでいいかって思えちゃう。豪華キャストも見もの。中でもクリス・クーパーに泣かされ笑わされました。いいわぁ。
2014/01/22(水) 09:23:24 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
松たけ子さん>
二大女優は喧嘩シーンもボディ・ダブルも使わずにこなしたそうです。
あとに確執として残らなければいいけどw
ほのぼの系苦手なら、これは大好物なはず。家族の抱える秘密は時代遅れな感もあるものの、パフォーマンスで見せきり、しかも笑えるところがいいです。
邦題は、個人的にはこれでいいんじゃないかなって思います。
なんたら郡とかがつくと、マディソン郡を思い出すからあえて外したのかなと思ったり。
2014/01/22(水) 09:31:51 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
うまい役者を揃えてますよね。
戯曲が有名でもあるらしいので、下手な役者では勤まらないのでしょう。
映画を見終えた感想はそれぞれに違うかも。でも家族の本音が見える映画は嫌いじゃないので。
ゾンビマンさんの感想楽しみに待ってます。
2014/01/22(水) 09:35:18 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
kaz.さん >
そう、メリルのお腹からの発声にも舞台劇らしさを感じたけど、ほぼ家の中の出来事のみを描く会話劇なので、演技者の実力を試されますよね。
キャストいいでしょ~。それぞれに、あーこういう性格に育つのも分かるなぁと言う役どころを好演してました。そんな観察をするのもひとつの楽しみ方と思える作品です。
2014/01/22(水) 09:39:35 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
じゅりさん>
でしょでしょ。語気強く相手を罵倒しまくるところとかもなにかリズを彷彿とさせました。
痛いのは間違いないのだけど、笑える演出なんですよ。
この内容でコメディって凄いなっていう(笑)
会話劇なのに飽きるところ、だれるところが全くない作品でしたよ。
2014/01/22(水) 09:43:58 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
タイトルは爽やか系?なんて思ったら
画像すごいな(笑)
しかしまぉ見事に豪華キャスト!
面白そう〜
2014/01/22(水) 15:55:20 | URL | 翔 #79D/WHSg[ 編集]
予告編はみていて、こりゃおもろそうっておもってたんですよ~
やはりこれは、よさそうなにおいが…
2014/01/22(水) 19:00:01 | URL | る~ #79D/WHSg[ 編集]
豪華なメンツ!!
イヤ豪華すぎる!!
しかしユアンとジュリロバが夫婦ってのがイマイチ飲み込めない状況(笑)
メリルおばさんの眉間のシワ見ると、痛い映画って事がよくわかる。
で、そこらじゅう金髪で影の薄いベネカン…どっかで見たよな…
「戦火の馬」「裏切りのサーカス」に出ていたんだ!
観てるけど出てたっけ?
この痛い痛い家族映画、興味津々です!チェックしときます!
2014/01/23(木) 05:30:06 | URL | chaco #79D/WHSg[ 編集]
出演者がすごいですね。好きな人ばかりで、ぜひ見たいです。
そして、何も解決しない筋書きというのも気に入りました。
メリルは、「恋に落ちて」、ジュリアは「ノッティングヒル」の頃が好きではありますが(笑)。
2014/01/23(木) 06:10:04 | URL | yymoon #79D/WHSg[ 編集]
翔さん>
あは、確かにタイトルの爽やかなイメージとは裏腹な作品でしたよw
キャストも勿体無いくらいの使い方。
でもメリルはやっぱり強烈でした。
2014/01/24(金) 11:26:05 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
る~さん>
一昔前のテレビドラマみたいな内容ではあるんだけど
先が気になる展開ですね。
キャストのうまさで見せ切ってます。
2014/01/24(金) 11:31:49 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
chacoさん>
豪華でしょ。
あはは、確かにジュリアとユアンは夫婦に見えないよね。
ユアンの役は正直彼じゃなくても・・って気はしたわw
ちなみに二人の子供が『リトルミスサンシャイン』のアビゲイルちゃんね。
彼女もすっかりお姉ちゃんだよ。
ベネカンw
そう、戦火の馬は私も印象ないんだけど、『裏切りのサーカス』はゲイリー・オールドマンの命を受けて、ひそかに裏切り者を探し出す実戦隊員みたいなギラム役で出番も多かったよ。
ってか、『シャーロック』っていうドラマで人気を博してるようです。覚えておくように(笑)
2014/01/24(金) 11:51:06 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
yymoonさん >
家族の問題って、解決するとは限らないのだけど、それでも痛みを共有することで、受け入れられることもあると思うんですね。
そういう映画だったかなと思いました。
キャストの演技も秀逸で面白くごらんになれるのではと思います。
メリルはインタビューで「最近は壊れた役ばかりで・・」と愚痴ってました。
普通に恋する女性を演じて欲しいなとも思います。
ジュリアは久々に観て凄くいい女優になったと感じました。アイドル的な時代も終わり、女優としてステップアップの時期なんでしょうね。
2014/01/24(金) 11:59:00 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
これはまたポスターから修羅場でー
>メリル・ストリープ
またノミネートですね。
すごいな。
調べると最多受賞は四回のキャサリン・ヘプバーンなんですね。
三回目とれるといいですねー。
何回もとれちゃう人とデカプーとの差はいったい...
>女優としてステップアップ
メリル・ストリープは女性版エクスペンダブルズ出演決定という怪情報がありー
ほんとだったら新境地ですね。やるなメリル!
>エリザベス・テイラー
頭をかかえてますね。
>ベネディクト・カンバーバッチは
頭をかかえてますねw
>不思議に後味が悪くない
ハッピーエンドが好きなので
映画はやはりラストではどこかで救いがあるといいです。
2014/01/24(金) 21:18:50 | URL | yossy #79D/WHSg[ 編集]
丁々発止のテンション高そうな映画ですね。こういうドラマで、ラストが大団円にならないのは、後味が微妙な感じになりそう。たまにはテンション低い、というか演技してないメリル・ストリープも見てみたい気もするのですが、そういう役はオファーが来ないのかな。
2014/01/25(土) 15:00:15 | URL | einhorn2233 #79D/WHSg[ 編集]
yossyさん
メリルはノミネートだけなら史上最高を更新中かな。
大女優ですね。
ぎゃはw 『エクスペンダブルズ』出演のうわさが?(笑)
なんかありえそうな気がするし(笑)
レオも『華麗なるギャツビー』から吹っ切れたような。
これから本当の実力を発揮してくるかもです。
あ、そうそう、カンバーバッチも頭抱えちゃってるでしょw
意図的に選んでみましたよ。気づいてもらえて嬉しいな。
今回は決してハッピーエンドではないんですが、逆にリアリティがあっていいかもです。
救いを感じるかどうかも観るものにゆだねられる形ですね。
2014/01/25(土) 18:09:26 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
einhornさん>
これはどうにもこうにも大団円には終われない内容でした。
それゆえラストも観るもので感じ方はそれぞれということになりそう。
そうそう。インタビューでメリル自身が「最近は激しい役ばかりがくる」って言ってました。
激しい役や「なりきり」でない、しっとりと落ち着いたメリルを観たいですよね。
2014/01/25(土) 18:36:45 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック