映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
『ブラッド・クリーク』:マイケル・ファスベンダーが~w
2014年01月11日 (土) | 編集 |
さて、オスカー特集2日目の今日は 
数々の前哨戦で助演男優賞候補にあがっているマイケル・ファスベンダー(『それでも夜は明ける』)。
今年は今のところ『ダラス・バイヤーズクラブ』のジャレッド・レトー君を筆頭に
『キャプテン・フィリップス』の海賊役バーカッド・アブディさんあたりが強そうなんですが・・
レトー君には異議なしとして、アブディさんの場合、演技というより、そのものに見えたという外観で勝負してるところもあり(笑)それってどうなの?
ってなわけで、私はレトー君とファスを応援します(笑)




前置きが長くなりましたが、今日はファスベンダーの作品から2009年製作の未公開ホラー ジョエル・シューマカー監督作品『ブラッド・クリーク』を観てみました。
ブラッド・クリーク(2009)アメリカ
原題:Blood Creek
監督:ジョエル・シューマカー
出演:ドミニク・パーセル/ヘンリー・カヴィルマイケル・ファスベンダー/エマ・ブース
日本公開:未公開
 1936年、ウェスト・バージニア州タウン・クリークに住むドイツ系移民のヴォルナー家は、ナチスドイツよりリヒャルト・ヴィルト教授を迎え入れるよう依頼される。




ということで、ドイツから鞄ひとつぶら下げてやってくるヴィルトという男がファスベンダー。
彼は歴史学者という肩書きながら実は黒魔術の使い手で、オカルトを利用して世界制覇をもくろむナチスが不思議な力を持つ石碑のある地域に派遣したうちの一人。

それから時は移り、カメラは現代のウェスト・バージニアのエヴァン(ヘンリー・カヴィル)の日常を映し出します。エヴァンの兄ヴィクター(ドミニク・パーセル)は2年前から行方不明。失踪時一緒にいたエヴァンは、以来暗い思いでいるんですね。

時代も違うこの二つの物語が、一体どんな風に繋がるのかと不安になりつつ見守ることになるんですが
ある日エヴァンの前に兄が突然姿を現すところから、とんでもなく繋がってしまうんです!

日本のDVDジャケには「ヒトラーがゾンビを開発。ナチス製ゾンビに兄弟が挑む」と説明書きされてるけど、ちょっと違う。細かくは書きませんが、これ「黒魔術」を描くホラーなのね。

B級ゾンビものと決め付けてなめてかかっていたのだけど、これ意外にキャストがいいでしょ。
エヴァンは新スーパーマン君ヘンリー・カヴィルで、兄ヴィクターは『プリズン・ブレイク』のドミニク・パーセル。
何よりも黒魔術の・・なんだろ、研究員?化け物?wにファスベンダーですよ。贅沢すぎ~w




さて、ファスベンダーの演技はというと、ヴォルナー家にやってきたファスは怪しくて良かったですよ。
一家の12歳の少女に近づくと、今にも後ろから襲い掛かりそうでドキドキしたし(笑)


ところがね、現在に現れたファスときたら、この風貌で(笑)




いや、もう、ファスベンダーが演じてるのかどうかさえ判りませんて!!
台詞も大半は意味不明の呪文を唱えてるしね~。

ま、しかし、古代ゲルマン民族の黒魔術への興味もそそられたし、ファスに翻弄される人々の苦悩も描かれ、これ思いのほか面白く観ちゃったのです。



この面々なのでアクションもOK、ホラーとしても時にサスペンスフルでゴア度も及第点の手堅いつくりでした。

それにしても売れない頃のファスベンダーはこんなの演じてたんですね。
今なら断るよねぇ。そういう意味では貴重かも。
続編ありきの終わり方だったけど、人気なかったのかな。
こんなファスベンダー見たくないよね。



関連記事

コメント
この記事へのコメント
黒魔術ってよくメタル歌詞によく使われるんですが、日本では馴染みが薄くよく分からない。
呪い系みたいな感じかな?
未公開ですか・・・観たいです。
2014/01/11(土) 03:18:31 | URL | ゾンビマン #79D/WHSg[ 編集]
ホラーは遠慮するっす~
でも、ふぁすべんさんは気になるっす
2014/01/11(土) 05:54:41 | URL | る~ #79D/WHSg[ 編集]
あいたたた・・・。
pu-koさん、ファスのファンにはある意味踏み絵的な作品をチョイスする~~???(笑)
ええ、勿論観てますともさ、それがなにか?
TSUTAYAに無ければAmazonでポチっとするファンの悲しさ(^_^;)
いえ、バカにするなかれ、期待しない分意外と観れますよね?!
画面が暗くて何が行われてるかよく分かんない所も まあいいや。
だって、程よく腐ったファすのあの造形ってば・・・(笑)
黒魔術とかゾンビとか題材は好物なんで また気が向いたら遠い未来に再見しようかな・・・。
とりあえず今年は12日のゴールデングローブ賞を日本でライブで見れるので、本物のファスが見れるかな~と期待してます、うふふ♡
2014/01/11(土) 08:41:13 | URL | みーすけ #79D/WHSg[ 編集]
>『キャプテン・フィリップス』の海賊役バーカッド・アブディさん
観ました !バーカッド・アブデイさん米生まれ米育ちなんですねー。
ガチでソマリアからひっぱって来たかと思いました。
「演技力じゃなくて外見がソマリアぽいだけじゃん」みたいな。
でも単純な悪人ではなく、どこか共感出来るキャラなのが良かったです。
>ファスベンダー
ぼくが観たのは『プロメテウス』『悪の法則』だったので仕事を選ばない名優カテゴリーの香りがします!
>ヘンリー・カヴィル、ファスベンダー
今では大作主演クラス級の贅沢な共演です。
さすがシューマッカー姐さんの『男性を見る目』はたしかです!
観てみたいです!
2014/01/11(土) 10:10:56 | URL | yossy #79D/WHSg[ 編集]
特殊メイクバンバンのホラーものみたいですが、これ観たいかなって思っちゃいました。というのも監督がシュマーカーだからでして、この人なら、ゴア度もほどほどで娯楽映画から逸脱しない範囲で作ってあるだろうって期待できるからです。出来不出来はあっても、アベレージを崩さない職人監督さんの映画って、ある意味、安心のブランドではないかしら。
2014/01/11(土) 23:36:03 | URL | einhorn2233 #79D/WHSg[ 編集]
ゾンビマンさん>
黒魔術ってのは古い精霊の力を利用して、人に災いが降りかかるような呪いの魔術みたいな感じですかね。ヨーロッパで盛んだったようで、ダウニーの『シャーロック・ホームズ』でもマーク・ストロングが黒魔術を操るという役で出てましたね。
手堅い作りで期待しすぎなければ十分楽しめる作品だと思います。
2014/01/11(土) 23:47:38 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
る~さん>
これはそんなおどろおどろしい訳でもないので、る~さん観ても大丈夫だと思うな。
2014/01/11(土) 23:50:28 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
みーすけさん>
ぎゃは、すまん。
応援のつもりだったのに、こんな作品チョイスしちゃった。
だってアクション系は興味なくて、他のドラマあたりはほぼ観てたんだものw
ファスファンには踏み絵的w だね~(笑)
そうそう、期待しすぎちゃいけないけど、ちゃんとしたホラーで意外に面白かったですよね。
ゴールデングローブでは動くファスベンダーきっと観れるね。
私も楽しみ~。ドキドキして待ちましょう。
2014/01/11(土) 23:56:59 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
yossyさん>
ね、バーカッドさん
ソマリアから引っ張ってきたw いや、私もそう思いましたもん(笑)
でも確かに彼の存在がリアリティも生んで、映画には大きく貢献してましたね。
ファスベンダーて地味なのに、映画での自分の役割をよく心得ていてうまい人だと思いますね。
わはは。シューマッカー監督はそっち系だったのかぁ。知らなかったw
そうして観ると、ちょっと見方変わっちゃうわ(笑)
あんなシーンや、こんなシーンもきっと楽しみながら撮影されたことでしょう♪
2014/01/12(日) 00:02:57 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
einhornさん>
ここでは詳しく書いてないのだけど、これは裏でネタばれ込みでもう一度書きたいと思うくらい、色々と考えられて作られてるんですよ。
決して大作じゃないし、特別面白いとはいわないまでも、十分楽しめます。
名作をたくさん撮ってこられたベテラン監督さんですもんね。
2014/01/12(日) 00:19:58 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
いいねいいね。、期待を裏切る面白さ、最高だよね。
そっか、監督がいいのか。
マイファス…どっかで見たイケメン…
あ!!「シェイム」だ!!
あれちょっとヤバかったんだよね。
SEX依存症なんだったっけ?あら、違ったかな!?
ええ男がブサイク(この場合ブサイク超越してるけど)演じるのは
とっても素晴らしい事ですわ!
何だか書いててワカラン状態。
けど、「ソウ」みたいな顔だもん、興味あるわ!
2014/01/12(日) 01:01:34 | URL | chaco #79D/WHSg[ 編集]
chacoさん>
そうです。『シェイム』のSEX依存症イケメンになにするのってくらいの特殊メイクさせてます(笑)ブサイクなんてもんじゃないですからね~w
こんなモンスターみたいなのよくまじめに演じたと感心。
ま、だから作品もこんあの出てくるわりにはごくごくまじめなホラーだったよ。
2014/01/13(月) 00:29:44 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ぎゃは、これファスベンダーさんっすかw
今日発表された、世界でもっとも美しい男性に選ばれた人とは思えません(爆)てか、誰かわかんないね∵ゞ(≧ε≦o)ぷっ
ジョエル・シューマカー作品となると、テンポが良くて楽しめる感じかな?(^ー^)
2014/01/15(水) 07:12:10 | URL | じゅり #79D/WHSg[ 編集]
じゅりさん>
わかんないでしょ~(笑)
レト君以上に面影のかけらもないでうすから(笑)
そそ、世界で最も美しい人でしたね!
あ、ダーリンも上位に(←覚えてないw)ランクインおめでとう~。
でも今回はマットとかw意外な面々も入ってましたねw
2014/01/15(水) 17:06:22 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
DVDゲットしてみました。ホラーかと思ったら篭城ものの活劇映画として楽しめました。グロいシーンが際立たないで、人間と怪物の攻防戦を面白く見せるあたりがシューマカーのうまさなのだなって感心。復讐心に燃えるビクターが返ってきたことで、3すくみのバランスが壊れるという構成が面白いと思いました。
2014/01/20(月) 05:06:55 | URL | einhorn2233 #79D/WHSg[ 編集]
einhornさん>
DVDゲットされましたか(笑)
全然つまらないってなったら申し訳ないところだったけど、楽しんでいただけたようでよかった。
時間が長いわけではないのに、要所要所の説明はちゃんとなされ、それでも語り過ぎずに程よい怖さと悲しみを演出するあたりさすがという気がしました。
2014/01/20(月) 23:14:09 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ドミニク・パーセルさんが出演しています。これ、意外と面白かったな〜初めて見たよ、馬ゾンビなんて。物語はヒトラーのオカルトへの傾倒から、ヴォルナー一家がヴィルト教授の研究に巻き込まれるというもの。その研究とは、不死。ヴォルナー一家の家を造る時に出て
2014/01/20(月) 19:50:00 | いやいやえん
今回は、pu-koさんのブログに紹介記事のあった「ブラッド・クリーク」をDVDでゲットして鑑賞となりました。この映画に興味を持ったのは、ジョエル・シュマッカーが監督という一点だけだったのですが、これ面白かったです。意外と面白いというよりは、想定内の面白さという
2014/01/20(月) 20:06:49 | 今昔映画館(静岡・神奈川・東京)