映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
ベン・スティーラー監督作品『LIFE !』
2013年12月31日 (火) | 編集 |



ジェームズ・サーバーの短編を基にした『虹を掴む男』のリメイク『LIFE !』を観ました。
LIFE !(2013)アメリカ
原題:The Secret Life of Walter Mitty
監督:ベン・スティーラー
出演:ベン・スティーラー/クリステン・ウィグ/アダム・スコット/キャスリーン・ハーン/シャーリー・マクレーン・ショーン・ペン
日本公開:2014/3・19
雑誌「LIFE」の写真編集を担当するウォルター・ミッティーは、毎日同じことを繰り返す平凡な日々を送っている。ウォルターの唯一の楽しみは勇敢な自分を空想することと、同じ会社のシェリル(クリステン・ウィグ)を密かに想うこと。そんなある日、会社はオンラインへと移行することになり、「LIFE」は最終号を発刊することに。 




ベン・スティーラー監督&主演のファンタジー・アドベンチャー・コメディです。
なんのとりえもないウォルターが空想する世界は、CGを盛り込み面白いんですが、でももっと凄いのはウォルターがある一大事を機に、足を踏み入れるリアルなアドベンチャーの部分なんですね。
唐突なまでの行動力で世界を駆け回る様子に驚いたり、笑ったり。いつしかウォルターが自ら空想する「ありたい自分」に近づく姿に心温まり、雄大な自然をバックにした映像も美にも心洗われました。
雑誌がオンラインに移行するいうプロットに、アナログからデジタルへと変わっていく映画の歴史もかぶせたのか、ベンの意図するところは分かりませんが、どんなに迫力のあるCGよりも、大自然の美しさや人間力のほうが遥かに人を感動させるのだという見せ方に映画への愛情を感じます。

写真家役で登場ショーン・ペンは相変わらず気まぐれなカリスマ性を発揮するさすがの存在感。見た目はすっかり渋くなったのに、中身は『ゲーム』のマイケル・ダグラスの弟役の頃からあまり変わってないかもと思わせるやんちゃさが彼の魅力かな(笑)最後はそんなショーンの計らいで思いがけない感動がありました。

冒頭、自分の得意なものをどうしても思いつかなかったウォルターだけど、スケボーの腕前凄いじゃん!
本当はみんないいところもいっぱいあるけど気づいてないだけ!
なりたいと願う夢のような自分は案外自分の中にある!
自信をもって歩き始めれば、人生うんと楽しくなるはず! そんなメッセージを感じます。
邦題の「LIFE」に「!」がくっついてるのも妙に納得!!(笑)





ウォルターの普段の仕事への情熱をもっと感じさせてくれるとラストがより活きてきただろうし、映画の深みも増したかも。ミステリー風な展開ももう少しすっきり出来たらとも思うところだけど、ベンにしては馬鹿すぎないユーモアも個人的には好みで、クリステン・ウィグとの控えめなロマンスもほっこりで好きな作品でした。
ベンの監督としての活躍がますます楽しみになる一本でしたよ。

      

関連記事

コメント
この記事へのコメント
これ、かなり楽しみにしてるんです。
お馬鹿過ぎない展開も期待度高し。
てゆ~か、予告が素晴らしく面白そうに出来てるんですよ!!
大自然の映像が美しくてベンがかっこよく見える(笑)
ショーン・ペンも出るし、3月待ちきれな―い!\(^-^)/
2013/12/30(月) 18:23:08 | URL | みーすけ #79D/WHSg[ 編集]
あ、これこれ、観たい一作ですよ~。
なんだかベンの才能が満喫できるような雰囲気ですな。
3月公開なら観ておくべきやな~。
オスカーの方も期待できそう。
と言うコトで、こちらは一足お先に、「良いお年をっ!」
2013/12/31(火) 05:40:34 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
明けて8分です
このしと いまだわからん  
ズーランダー 投げ捨て  ってことにならんように
2013/12/31(火) 09:09:03 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
みーすけさん>
これ予告がとにかく素晴らしいですよね。
実際ベンはかっこよく見えるし、自然も美しいのだけど、だだ、その美しい光景の膨らまし方が足りないので予告以上のものを期待しすぎない方がいいかな。
でも好きな作品でした。3月をお楽しみに~。
2013/12/31(火) 11:34:01 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
kaz.さん >
うんうん、まだ完全ではないですが、スケールの大きな感動作を作る力を感じさせてくれますね。絵的にも見せ所が多く、これは大きな才能ですよね~。
オスカーにも映像とかででも絡むといいとは思うけど、どうだろな。
そちら年明けましたね。新年もどうぞよろしくお願いします。
よいお年を!
2013/12/31(火) 11:41:28 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
あけましておめでとうございます。
よい新年をお迎えのことと思います。
ベンは昔ちょっと苦手でしたが最近は随分とイメージも違ってきて好きになりました。
お馬鹿コメディから脱却を図る時期でもあるんでしょうね。期待です。
2013/12/31(火) 11:44:56 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
これ、映画祭のイベントでたくさん予告をみるってのがあって
その中で、おっと思った作品でした。
「虹を掴む男」もみているので気にいなっておりますよ~
2014/01/05(日) 04:27:26 | URL | る~ #79D/WHSg[ 編集]
る~さん>
この予告は私的には去年のベストかも。
楽しくて美しくてワクワクするよねぇ。
オリジナルも観てるんだ。
年末に放送あって、録画予約したつもりになってたのにしてなくて残念だったんだ~。
オリジナルとどう違うかも知りたかったのに。
2014/01/05(日) 22:00:36 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
いつの間にか、
空想から現実に移っていく過程も自然でしたね。
わたしは、ウォルターの情熱を感じました。
彼のような表に出ない性格が、
地味にしっかりした仕事をするのだと思うのです・・・(^^)
だから、気がつかない・・・。
それを撮った誰かさんは、さすがですね・・・。
2014/01/16(木) 21:20:47 | URL | NZ_RR #79D/WHSg[ 編集]
NZ_RRさん>
うんうん、地道にいい仕事してるのをちゃんと認めてくれてる人もいるというのが良かったですが、確かにウォルターは情熱を持っていたのでしょうね。最後の写真で彼の仕事の確か佐賀分かったけど、映画の中にもう少し仕事ぶりを見せてくれると良かったかなとも思いました。
映像がとーっても良かったですね。
2014/01/18(土) 01:34:51 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
全体的にほのぼのとした味わいでまとめているのが意外でした。まあ、平凡な主人公といいつつスター映画になっているのが、微妙なところなのですが、結局、全てはこれからというラストがいい感じの映画にまとまっていました。
2014/03/30(日) 07:26:10 | URL | einhorn2233 #79D/WHSg[ 編集]
einhornさん>
そういえば、平凡な男という設定だけど、あっという間にアドベンチャーに突入して、、スケボーといいめちゃカッコよかったですね(笑)
そう、あのラストがとってもいい感じでしたね。
TBありがとうございました。
2014/03/30(日) 23:46:25 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
情けない顔付だったのが、次第に活き活きとした顔になっていくのは上手いな~と。でも、普通の生活の中でも自ら行動している時の顔って素敵なんですよね、みんな。
ショーン・ペンもだけれど、ママ役のシャーリーが流石の存在感であのケーキと共に良かった~!
「ユキヒョウ」を見ながらつぶやく言葉、素敵でした。
TBさせてくださいね。
2014/03/31(月) 21:35:26 | URL | アンダンテ #79D/WHSg[ 編集]
アンダンテさん>
本当は彼の中に最初から仕事を極めるプロの顔があったんでしょうけど、それに気づいてなかったんでしょうね。
未知の世界に足を踏み入れていく様子は高揚感もありよかったですね。
シャーリーは大事な役どころを無駄のない演技できっちりこなしていてさすが。
「ユキヒョウ」を見ながらの台詞・・えっと、、忘れてます(笑)
DVD手元にあるので確認してみますねw
TBありがとうございました。
2014/03/31(月) 23:28:10 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
今回は新作の「LIFE!」をTOHOシネマズ日劇3で観てきました。ここは、スクリーン位置が低めで座席がフラットなので、前に座高が高い人が座るとギリ画面が欠けちゃう。壁面スペース的に余裕があるのですから、もう少し画面を上にスライドさせてくれればいいのに。 ニュー
2014/03/30(日) 22:25:51 | 今昔映画館(静岡・神奈川・東京)
現代版の「幸せの青い鳥」 素直に楽しく観てきました! 本当の幸せは 自分のすぐ傍にある・・・自身の仕事に誇りを持ってコツコツと熱心に 日々 誠意を尽くす不器用な主人公 そんな彼に幸せは訪れるのか?!   まずは【解説】 ジェームズ・サーバ
2014/04/01(火) 12:36:00 | アンダンテ あっち行って ホイ♪