映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
尻に憑かれた男 B級エロなだけでない哲学を感じるが・・
2013年12月28日 (土) | 編集 |




ブラジル発のちょっと変わった映画観ました~。
尻に憑かれた男(2007)ブラジル
原題:O Cheiro Do Ralo / Drained(英題) 
監督:エイトール・ダーリア
出演:セルトン・メロ/ロウレンソ・ムタレリ/パウラ・ブラウン/ファビアーナ・ググリ
日本公開:未公開
 
質屋を営むロウレンソは客の持ち込む品に二束三文の値をつけ屈辱を味あわせる、ちょっと嫌な男。目下の悩みは事務所奥のトイレ排水溝からの悪臭。そんなロウレンソは、ある日ウェイトレスのお尻に魅了され、日々ダイナーに通うことになるが・・・。



日本未公開でもあり、あまり情報のない作品なんですが、KINENOTEではエロスにジャンルわけされていまして、ポスターもこんな↓



いや、確かにこういうシーンもあるんだけどねw
これだとどうしてもB級エロ映画にしか見えないけど、ちょっと違うんだよなぁ。

 主人公のロウレンソは、お気に入りのウェイトレスに「金を出すから尻を見せてくれ」などと言う、お尻フェチの変態男。映画はそんな主人公の非情な日常や変態振りを見せつつ、彼の辿る数奇な運命を描くもの。
シニカルでシュールな変態コメディと言ってしまえばそれまでですが、途中出てくるアイテムや顧客の言葉が意味深で、何か哲学的なものを感じるのですよ。

気になるところを挙げると、まずは配水管から臭うらしい事務所奥のトイレね。
臭いがどうにも気になって仕方ない主人公は、やがてその配水口をセメントで固めてしまう。
原題の意味は「排水溝からの臭い」だそうで、主人公にとっては封じ込めたり、開放したりするもの、すなわち内に秘めた欲望ということかな。

次のアイテムとしては、客が持ち込んだ義眼。
これを主人公は死んだ父が戦争で失くした目だと言うんですが、その真意は不明、というか多分あり得ない。
彼はこの目で大好きなお尻を見たり、排水溝を覗き込んだりする。

ほかには、いつも品物を持ち込む貧しげな少女。
彼女はまるで老婆のような裸体を披露しますが、あるシーンで彼女のことを「どんな顔をしていた?」と聞くと、目撃者は「悪魔のようだった」と言う。

これらのアイテムが妙に気になり、意味を追求したくなるのですよ。原作があるようなので機会があれば読んでみたい。ちなみに原作者は質屋のセキュリティ役で登場する赤い服を着たおじさんらしい。
映像にも独特の美があり、軽い気持ちで観たのに、思いがけずとり憑かれてしまいました。
主人公を演じるセルトン・メロの演技も可笑しいけど切実。
理解は及ばないながら、純愛と渇望、罪と罰を描く作品だったかなと思います。

お尻フェチの方必見(笑)




関連記事

コメント
この記事へのコメント
髪結いの亭主 思い出しました
脚フェチですがお尻も好きです  いやいや背中もおっぱいも好きであります
2013/12/27(金) 18:17:40 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
Pu-ko さんも
尻フェチだったの?
( ̄0 ̄)/
Coming out!
2013/12/27(金) 19:43:48 | URL | GH字幕 #79D/WHSg[ 編集]
わはははは!!
なんぢゃこりゃ?!
このポスターも笑える~(*_*)
これでエロでもコメディーでも無いんですか。pu-koさん色々と幅広く観てますね~。
見習わなきゃ←そうなのか?w
指フェチ、面長フェチではありますが、お尻はまだスイッチ入りません、
頑張りますw
2013/12/27(金) 21:26:31 | URL | みーすけ #79D/WHSg[ 編集]
自分もちろん、お尻フェチなので必見ですな、これは。
でもそれだけじゃないんですね~。
意味ありげな、示唆のある一作っぽいですね。
DVDリリースしてほしいな~。
2013/12/27(金) 22:08:57 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
あ、DVDは出てるんですね!(笑)
ジャケット出してくれてたなw
2013/12/27(金) 22:10:30 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
なんちゅー邦題∵ゞ(≧ε≦o)ぷっ
でも内容はまんまなんですね?(笑)
それだけじゃなくて、哲学的なものまで感じられると言われちゃあ、気になってきちゃうじゃないのw
2013/12/28(土) 02:58:51 | URL | じゅり #79D/WHSg[ 編集]
うおぉぉぉ!
このポスターだけで観たい気満々になっちゃいました。
でも哲学的だったりもするんですね。
んん、これは観なければ・・。
2013/12/28(土) 03:16:54 | URL | サムソン #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
『髪結いの~』のたこ踊りが大好き♪
わはは、結局全身大好きなのね。いいことです(笑)
2013/12/29(日) 00:06:24 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
字幕さん>
字幕さんはおっぱいフェチでしょ( ̄0 ̄)/
2013/12/29(日) 00:07:30 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
みーすけさん>
そなの。なんぢゃこりゃでね、コメディと思いきや・・
最後はあまり笑えなくなります(笑)←笑ってるけどw
はい、好奇心旺盛なもので、雑食気味に観てますね。
あ、でもこの手のを見るときには一応IMDbなんかも気にしてます。
これも7.4と、意外な高得点なので、何かいいところあるんだろうと手を出しましたよん(笑)
まだお尻スイッチ入りませんか
私最近観たマカヴォイのオチリは可愛かったと思う(笑)
2013/12/29(日) 00:13:00 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
kaz.さん >
はい、kaz.さん には一番にお勧めしたい(笑)
でもって、それだけじゃなさげだけど、よく分からんので
kaz.さん の感想お聞かせ願いたいの(笑)
DVD出てるようですよ~。お近くのお店に置いてるといいな。
2013/12/29(日) 00:15:48 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
じゅりさん>
邦題からこの日本のこの映画の売り方が伺えるっちゅうもんですよねw
あ、そそ、内容はまんまだけど(笑)
それでもその奥に深いものがあるようなないような(笑)
なかったらごめんって感じでw
2013/12/29(日) 00:18:17 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
サムソンさん>
ポスターあおってきますよね。
やっぱ。マンマンになったでしょ(笑)
哲学的なのかよく分からないけど意味深なところが気になる作品でしたよ。観ちゃって~。
2013/12/29(日) 00:21:08 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
>思いがけずとり憑かれて
>原作があるようなので機会があれば読んでみたい
pu-koさま、おおはまりじゃないですか〜
きっといい映画なのだと思いました。
>お尻フェチの方必見(笑)
必見と言わざるえませんw
ネットレンタルで検索すると・・・ヒットしなかったです残念!
でも機会があったら観たいです!
(勘違いして二重書き込みだったらごんめなさい)
2013/12/29(日) 02:13:44 | URL | yossy #79D/WHSg[ 編集]
yossyさん>
あはは、すっかりお気に入りっぽいですねw
いやいや、ほんと、意図してることを深く読み解きたくなるんですよ。
おっとyossyさんも必見ということで(笑)
でも、ネットレンタルにないのかぁ、うーん、残念。
はい、機会があればぜひお尻チェックしてください(笑)
2013/12/31(火) 11:26:50 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
やああ~これは ある意味おもろそう
別におしりフェチではないんだけどね~
2014/01/05(日) 03:51:36 | URL | る~ #79D/WHSg[ 編集]
る~さん>
変わってるけどなんか引き込まれちゃったよ。
私も特にはお尻フェチじゃないんだけどw
2014/01/05(日) 21:57:46 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
    『尻に憑かれた男』  (2007) 骨董屋を営むロウレンソ(セルトン・メロ)は客の品を二束三文で買い叩き、屈辱を味わわせることに楽しみを見出していた。 そんな折、彼は偶然出会ったウェイトレスの尻に魅了されて・・。 製作国 ブラジル  O
2014/01/02(木) 21:56:41 | サムソン・マンゴスの映画道半ば