映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
アメリカン・ハッスル
2013年12月21日 (土) | 編集 |



デヴィッド・O・ラッセル
監督の新作『アメリカン・ハッスル』を観て来ました。
アメリカン・ハッスル(2013)アメリカ
原題:American Hustle
監督:デヴィッド・O・ラッセル
出演:クリスチャン・ベイル/ブラッドリー・クーパー/エイミー・アダムス/ジェニファー・ローレンス/ジェレミー・レナー/ロバート・デ・ニーロ
日本公開:2014/1・31
 
1970年代後半、アトランティック・シティのカジノ建設をめぐる汚職を暴くため、FBIがおとり捜査を行い、多数の逮捕者を出すに至ったアブスキャム・スキャンダルというのをご存知でしょうか。
特記すべきは、その際FBIがプロの詐欺師をインフォーマーとして利用したらしいこと。本作はその事件の一部をベースに、FBIと政治家、詐欺師とその家族らの攻防を描くフィクション映画であります。



 
 FBI捜査官リッチーにブラッドリー・クーパー。リッチーは詐欺師アーヴィン(クリスチャン・ベイル)とその恋人シドニー(エイミー・アダムス)に、自由と引き換えにおとり捜査への協力を依頼するんですね。言わば詐欺師版『グッドフェローズ』。汚職者たちを追い詰めていくドタバタも面白いですが、本作の見所は、普段と違う姿の役者たちの絶妙なアンサンブルにあるでしょうね。

 まず、どしちゃったのなクリスチャン・ベイル(笑)
でぶっちょの醜いお腹といい、バットマンのブルース・ウェインと別人過ぎる
冒頭、鏡の前で髪をセットする姿には爆笑ですから。
鳥の巣リーゼントのジェレミー・レナーは、誰にも好かれる政治家
おばさんパーマ風のブラッドリー・クーパーはいかれたFBI捜査官。
髪型と70年代のファッションのいけてないぶりが笑える。監督、今回は完璧に男性陣で遊んでます。




女性陣はまだカッコいいですが、胸半出しだしファッションのエイミー・アダムスも普段と違うよねぇ。
アーヴィンの妻を演じるのはジェニファー・ローレンス
欲深くいかれた面々の中にあって、はすっ葉だけど純な彼女は一服の清涼剤。
喜怒哀楽の表情豊かで見ていて飽きないし、掃除しながら踊る姿も最高でした。
出番は少ないものの、一瞬で周囲の空気を凍りつかせるロバート・デ・ニーロもさすが。しかもネタ含みw

しまいには誰が誰を騙しているのか分からなくなるところも、終わってみれば痛快で、
ラストはほのぼのでした。70年代の音楽に詳しいともっと楽しめたはず。
でもデヴィッド・O・ラッセル監督の笑いと純愛のセンスはやっぱり好き! 


      
関連記事

コメント
この記事へのコメント
ジェレミー・レナー、なんか笑える。(笑)
70年代はいろんな意味でダイナミックな時代やからな~。
役者さんの演技も堪能できそうですな。
2013/12/21(土) 04:01:37 | URL | Kaz. #79D/WHSg[ 編集]
おお~これはFILMARKSにチェック済みだぞ~^^
クリスチャン・ベールって、痩せたり鍛えたり今度はメタボ?役者って大変・・・。
事前情報あんまり無かったんですがコメディーなの??
勝手に犯罪サスペンスだと思ってたw
出過ぎのデ・ニーロも楽しみ~ しかもネタ含み?? ワクワク♪
2013/12/21(土) 07:14:36 | URL | みーすけ #79D/WHSg[ 編集]
>どしちゃったのなクリスチャン・ベイル
クリスチャン・ベールといえば、
『マシニスト』での常軌を逸したような減量したかと思えば
一転次作の『バットマン』で筋肉モリモリになったり
デ・ニーロ・アプローチの権化ですね。
そのベールが元祖のデニーロ師匠と共演とは胸熱です !
ああ、早く観たいなぁ。
2013/12/21(土) 12:01:21 | URL | yossy #79D/WHSg[ 編集]
これは劇場の予告編で見てとてもおもしろそうに感じました。
公開は年明けなので楽しみです。
2013/12/21(土) 17:27:33 | URL | ミス・マープル #79D/WHSg[ 編集]
時代を感じる髪型ですなぁ  小生一度パ-マしたことあって 当時流行っていた
泳げたいやきくん の子門真人 顔似てて、えらい子供たちに人気でした
ただ、パ-マやでも気づかれず 翌日髪洗ってて気づいた あの髪巻くやつ 髪の中から出てきたのには笑った  鳥の巣状態  
2013/12/21(土) 18:25:13 | URL | おみゃあ #79D/WHSg[ 編集]
なんか、みんなすごいお姿ですね~
ひゃ~それだけでもおもろそう
2013/12/21(土) 18:55:10 | URL | る~ #79D/WHSg[ 編集]
kaz.さん >
こんなリーゼントの政治家いるんだろうかw
いつもと違う役、違う演技でなんか可笑しかったです。
出演者全員、70年代を象徴する姿で、ダイナミックな時代を演じきっていたと思いますw
2013/12/21(土) 21:13:36 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
みーすけさん>
ベールの体つくりにはほんと感心しますよ。
そそ、もう出だしからメタボ腹見せられてうぎゃーーでしたw
しかも凄い髪型で整髪テクニックが凄いですから(笑)
これ思いのほかコメディでしたw サスペンスはちょろっとねw
お楽しみに~。
2013/12/21(土) 22:04:34 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
yossyさん>
本当に。凄い役者根性ですよねぇ。しかし短時間でこんなメタボな体を作るなんて相当体に悪いと思うんだけど(汗)
でもじきに戻すんでしょうね。あやかりたいけど真似できません。
あはは、元祖と共演。髪型に近いものがありました(笑)
2013/12/21(土) 22:11:51 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ミス・マープルさん>
日本でもまもなく公開ですね。
先行でご覧になった方の評判もすこぶる良いようです。
お楽しみに~。
2013/12/21(土) 22:13:47 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
おみゃあさん>
みんな凄い髪型でしょw
ワハハ。泳げたいやき君になっちゃいましたか。
子供たちも喜んだでしょうね。歌ってってせがまれたでしょw
えーー、ロット置忘れ(爆)それつけて外歩いたんかいなぁww
2013/12/21(土) 22:16:00 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
る~さん>
凄いのよ~。もうそれだけで笑えるんだからw
2013/12/21(土) 22:18:16 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
これキャストもとっても魅力!
映画番組で観た時、最初、ブラッドリーわかんなかつた( ̄∀ ̄*)(笑)
2013/12/22(日) 05:59:02 | URL | じゅり #79D/WHSg[ 編集]
じゅりさん>
あはは、ブラッドリーもだけどベイルも知らずに見たら絶対わかんない~w
2013/12/22(日) 11:39:46 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
pu-koさん、こんばんは!
おお~!この映画、早く観たい!世界にひとつのプレイブイックより面白そう。
豪華キャストにもそそられます。みんな好きですが、特にブラッドリー・クーパーのヘンな髪形が楽しみです♪この映画、オスカーにノミネートされそうでしょうか?
2013/12/23(月) 07:58:32 | URL | 松たけ子 #79D/WHSg[ 編集]
松たけ子さん>
楽しみでしょ。
個人的には『プレイブック』のほうが好きだけど、こちらはガチコメディ色が強くて笑えます。役者人の変なお姿を見るだけでも価値ありだしw
オスカーはどうだろうね。コメディはどうしても低く評価されがちだから、ボーダーラインでしょうね~。
2013/12/23(月) 13:05:00 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
観てきましたよ~
ほんと、完全に男優陣で遊んでましたな(笑)
冒頭から笑い堪えるの大変でしたw
ジェニファーやっぱり巧かった~。昨年に引き続き連覇を期待しております^^
そうそう、ラストはほのぼのしましたね~
こちらからもトラバさせていただきま~す♪
2014/02/04(火) 07:08:02 | URL | じゅり #79D/WHSg[ 編集]
観ました!
詐欺師役のクリスチャン・ベイルが文句なしにすごくてー。
太鼓腹に19ハゲ。役作りでヅラじゃなくてまじで剃ったらしいです。
なのに隠し切れないイケメンオーラが。
愛人から惚れられてしまうのもなんか説得力あったり。
切れ者の詐欺師なんだけど、本妻と愛人の間でおろおろしたり、
幼い息子にめろめろだったりして「なんかいいやつじゃん」的な。
思わず感情移入して、つい身につまされてしまいますねw
ジェニファー・ローレンスもすごい。
押しの強い中年女性の貫禄満点!
実年齢若いんだよね。
オスカー俳優の実力まじはんぱないっす。
なんといってもロバート・デ・ニーロの存在感が抜群で。
威圧感というかオーラがはんぱねー。
とくにがに股で素早く構えて銃を速射する身のこなしが野獣のようで
さすがマフィアやらしたら日本一だわーとほれぼれしました。
実在の事件を題材にして、しかも主犯がまだご健在ってのもすごいなーと思いました。
コメディのつもりで観たんですけど大爆笑って感じはなかったのですが、
ネイティブだったらたぶんもっと笑えたんだろうなーという感じでした。
ラストは大ピンチ→逆転→ハッピーエンドという王道でたいへんよかったです!
2014/02/16(日) 09:56:36 | URL | yossy #79D/WHSg[ 編集]
yossyさん>
ベイルはチャレンジャーだよねぇ。
『ファイター』では歯抜いてなかったっけ?
役ごとに身体劣化してしまいそうで怖いですが
これは大いに笑えたし、外見とは裏腹に実は誠実なやつだったのも良かったですね。
わはは、デニーロ確かにガニ股であの役作りも凄いよねぇ。
>マフィアやらしたら日本一
ww噴出しました。日本かいw
ジェニファーは若いのに底力があるね。
2014/02/16(日) 10:31:52 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
ドラマの主人公が誰で、映画のどこがメインなのかわからないまま、鑑賞が進んで、後味が微妙になっちゃいました。演技陣の見事さは伝わってきたのですが、見終わって「そういう映画なのー?」って感じになってしまって。もともと、アメリカでは有名な事件だということ、クリスチャン・ベールが主演で、主人公のラブストーリーメインのお話だということがあらかじめわかっていれば、もっと素直に楽しめたかなーって印象でした。
2014/02/17(月) 02:51:52 | URL | einhorn2233 #79D/WHSg[ 編集]
>『ファイター』では歯抜いてなかったっけ?
たしかに!
役作りで抜歯と聞きまして、日本の俳優さんを思い出しました。
ああ、そういえば松田優作さんも『野獣死すべし』で奥歯抜いてたなーと。
どちらも俳優業に献身的だなぁと感心しちゃいます。
ここまでくると動機はお金とかじゃないんでしょうねー(しみじみ)。
デ・ニーロ『グラッジマッチ』も楽しみです!
2014/02/17(月) 06:20:58 | URL | yossy #79D/WHSg[ 編集]
じゅりさん>
コメント遅くなってごめんなさい。
そそ、男性陣でめちゃ遊んでるのが楽しかったね~。
ベイルなんて次に監督作品に出るときにはどうなるのかと心配になるほど(笑)
ジェニファー連覇なるかは気になるところだね~。お歌はへたっぴだけどダンスが楽しかった!w
TBありがとうございました。
2014/02/18(火) 08:30:00 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
einhhornさん>
確かに話の核がつかめないまま、パフォーマンスに翻弄されるところがありました。
最後になって、愛のお話だったのね~と。
どういう見方をすればいいのか分からず進むのは厳しいときありますね。
私も何も情報入れずに観たので同感です。
TBありがとうございました。
2014/02/18(火) 08:34:32 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
yossyさん>
芸能人にとって命wの歯を抜く役者根性には驚きましたよね。
へー、優作さんも抜いてたんですか。しかも奥歯!
とても真似できません(汗)←必要ないってですがw
みんあ凄いなぁ。
『グラッジ・マッチ』は寒いなぁ、出たくないなぁと思ってる間に公開終わっちゃいました。しょぼーん。
2014/02/18(火) 08:54:21 | URL | pu-ko #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
アメリカン・ハッスル (2013) 【AMERICAN HUSTLE】 太鼓腹で一九分け頭のアーヴィン(クリスチャン・ベイル)は、愛人にして相棒の セクシー美女シドニー(エイミー・アダムス)と、完全犯罪を続けてきた天才詐欺師。 そんな2人は、ある時ついに捕まっ
2014/02/04(火) 22:08:25 | じゅり好み☆
今回は、新作の「アメリカン・ハッスル」を日比谷のTOHOシネマズみゆき座で観て来ました。アカデミー賞10部門ノミネートという割には、この劇場では扱い悪いんじゃないのと思ったのですが、実際観てみれば、それもまた致し方ないなあって納得しちゃいました。ちなみに、この
2014/02/17(月) 17:53:17 | 今昔映画館(静岡・神奈川・東京)
奴らは生き抜くためにウソをつく―― アメリカン・ハッスル AMERICAN HUSTLE 2013年/アメリカ/138分 監督 : デヴィッド・O・ラッセル 出演 : クリスチャン・ベイル/ブラッドリー・クーパー/ジェレミー・レナー/エイミー・アダムス/ジェニファ
2014/10/30(木) 09:43:50 | 翔room cinema