映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】スポットライト/Spotlight(原題)
2015年12月02日 (水) | 編集 |
spotlight-one-sheet.jpg

スポットライト(2015)アメリカ
原題:Spotlight
監督:トーマス・マッカーシー
脚本:ジョシュ・シンガー/トーマス・マッカーシー  
出演:マーク・ラファロマイケル・キートン /レイチェル・マクアダムス/リーヴ・シュライバー/スタンリー・トゥッチ

【あらすじ】
ボストンの地方紙ボストン・グローブのスポットライトチームは、新任のボスの提案で、ローマンカトリック教会による少年性的虐待事件の追跡を始める……。



昨日はトーマス・マッカーシー監督による話題の新作『スポットライト』を観てきました。

『バッド・エデュケーション』という映画で、神学校の司教が生徒を性的に虐待する様子が描かれてましたが
こういう問題は実はずっと昔からあって、時々逮捕者が出ることがあってもあまり表だって問題にされないんですね。

新任ボスの一言でこの問題を調べることになるのが、ボストンの地方紙のスポットライトという調査チーム。
マイケル・キートンをリーダーに、マーク・ラファロ、レイチェル・マクアダムスら5人のメンバーです。

驚くのがね、ボスのリーヴ・シュライダー含むたった6人が、世界中を震撼させるキリスト教会の大スキャンダルを暴くことになること!

四面楚歌の中足を使って地道に真実に迫っていくスポットライトのメンバーが、次第に正義感に突き動かされ
ジャーナリズムを極めていく姿がカッコいいし、彼らが暴くものにも興奮させられます。
被害者加害者、それらを支える組織やシステムなど、さまざまな立場や角度から問題を炙り出すストーリーテリングも見事。

その一方で敬虔なクリスチャンはこれをどう見るだろうと心配にもなります。
神の代弁者として絶対の信頼を置いていた司教たちがあんなことや、こんなことしてたなんて

特に同時多発テロの時期と重なったので、支えを失ったボストニアのショックは大きかったでしょうね。

ほとぼりが冷めかけたところで、この映画でまた注目を浴びるであろうカトリック教会もちとお気の毒・・
でもジャーナリズムの目が悪を抑止すると考えれば、それも意味あることかな。

監督は『扉をたたく人』のトーマス・マッカーシー
やっぱり社会派ドラマで力を発揮する監督さん。

マーク・ラファロマイケル・キートンはじめ役者陣のアンサンブル演技が素晴らしい。
中でも好きだったのは被害者を支援する弁護士を演じたスタンリー・トゥッチ(髪あり)。
声を上げることを半ば諦めていた彼が、ラファロ演じるマイクの情熱に希望を見出し始める
繊細な心の変化を上手く表現してました。

関係ないけど、途中ラファロがハルクに見えて仕方なかったよ。髪型のせい?
オスカーにどう絡むのか、注目の一本ですね。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
ハルク推し!
こんにちは!
そちらは、オスカー戦線真っただ中でしょうか。観なきゃ!な映画ばかりで、映画ファンには嬉しい悲鳴な季節ですね!日本のド田舎者にとっては、本当に羨ましいです!
スポットライト、私も早く観たいです!オスカーでは、どう絡みそうでしょうか?マイケル・キートンとマーク・ラファロのノミネートは当確っぽいでしょうか?個人的には、大好きなマーク・ラファロの健闘を祈ってます。
バッド・エデュケーションまた観たくなってきた!ガエルの新作も観たいな~…
2015/12/03(木) 23:05:05 | URL | 松たけ子 #OGgHy/oY[ 編集]
To 松たけ子さん
流浪の民の館にお越しくださってありがとうございます!!

こちらはそろそろオスカー戦線が始まってますね。
トロントなどで話題になった『ルーム』などインディーズ系の作品がいち早く公開されてまして、近くでやらないものも多いの残念なんですが。
『スポットライト』なかなか良かったです。
エンタメ系の作品とは一線を画するところもあるけど、それが最近のオスカーの好みでもあると思うので、監督賞とかのノミネートもありえるかなと。
演技者はこれから出てくる面々(デカプーやトムハとか(←期待w))がどうなるか分からないのでなんともいえないけど、キートンはすでニューヨーク映画批評家協会賞で主演男優賞獲ってますね。ラファロはいつもと違う感じで面白いですよ。
『バッド・エデュケーション』のガエル君は衝撃的だったよね。私もまた観たいです。
あ、最近のガエル君あまり観てないや。
2015/12/04(金) 08:27:18 | URL | alice #-[ 編集]
前にこの事件が題材のドキュメンタリー映画見ましたよ。
いやはやな感じの事件でした。
アメリカは案外?宗教が強いので、地域によっては、
かなり厄介な部分もありますね。
確かすごく小さな記事から発端するんですよね?
そう云う映画をうまく作れるとスリリングですよね。
役者も揃っているし、公開はオスカー授賞式の前にお願いしますw
2015/12/04(金) 14:59:47 | URL | miskatonic #bfksjZRg[ 編集]
この映画日本公開来年4月頃とのことですから、オスカーのタイミングにあっているわけですね。
性的虐待とはちょっと違いますが、先日ネットの無料映画を検索していたら「ロシア52人 虐殺犯/チカチーロ(1995)という映画をあり面白くて最後まで観てしまったのですが、調べたら「チャイルド44」と同じ事件でした。こちらはテレビ映画だったのであまり知られていないようです。「チャイルド44」を見ていないので、比較は出来ませんが、面白い映画でした。原作は面白かったけど情けないことに全く憶えていない。


2015/12/04(金) 19:56:56 | URL | yymoon #-[ 編集]
To miskatonicさん
ドキュメンタリーにもなってるんだ!
そうそう、とくにボストンはアイルランド系の移民が多く、
キリスト教とは切り離せないみたい。
信仰が強い故に、虐待を受けた子供たちも親に言えなかったり、
親も口外できなかったりってなるのかなぁ。

映画はボスの提案からスタッフが調査を始めて、
その記事を発表するを最大のやまにもっていく構成でした。
反響の大きさにジンワリ余韻を残す感じはスポ根ものに近いかな。

yymoonさん情報によると日本公開は4月だそうで・・(汗)
2015/12/04(金) 21:07:11 | URL | alice #-[ 編集]
To yymoonさん
いやいやー、アカデミー授賞式が2月の終わりだから4月はちょっと遅すぎるような。。
もっと早いほうが授賞式を見る楽しみがあると思うんだけどなぁ。

おー、『ロシア52人 虐殺犯/チカチーロ』ご覧になりましたか。
私も『チャイルド44』を観たタイミングでこの映画のことを教えてもらって観たんですよ。(ヤフーの感想はこちらhttp://blogs.yahoo.co.jp/pupu55560/42267734.html )
『チャイルド~』の方がちょっと肩透かしだったので、チカチーロを面白く観ました。
捜査官の執念の捜査が丁寧に描かれているのが良かったですね。

2015/12/04(金) 21:23:41 | URL | alice #-[ 編集]
「フロム・イーブル 〜バチカンを震撼させた悪魔の神父〜」2006年の映画です。
原題は「Deliver Us from Evil」。
「松嶋×町山 未公開映画を観るTV」で放映された後、こっちでDVDになりました。
なかなかな内容ですよ。興味があれば。
このTV番組は関東ローカルだったんですけど、
面白い映画ばっかり(全部ドキュメンタリー)やってたので、続けて欲しかったです。
この番組で放映された何本かがDVDになりました。
親が信仰心が強いと言えないみたいですね。
それに、神父は神の代理人なので、逆らう事もできないみたいです。

4月。。。。むむむ。。。ですね。
そう云えば「ダウト」でも、そんなネタありましたね。
フィリップ・シーモア・ホフマンの演じた神父に
少年が。。。。みたいな。
2015/12/05(土) 04:14:12 | URL | miskatonic #bfksjZRg[ 編集]
To miskatonicさん
わ、ありがとうございます。
タイトルに覚えがあります。(いくつか同じタイトルのものもありますが)
このドキュメンタリーでは一人の神父に的を絞った形なんですね。
ぜひ観てみたいと思います。
これを観て『スポットライト』を観ると人数の多さにも驚くし、そこに至る過程にも余計興味が沸くはずですね。

町山さんも見るべき未公開映画を厳選していたでしょうし、放送分のいくつかがDVDになったのなら効果もあったんでしょうけど、番組がなくなったのは残念ですね。
ドキュメンタリー自体があまり売れないのかな。

そうそう、『ダウト』のホフマンも限りなくグレイでしたが、あれも氷山の一角だったんでしょうね。
2015/12/05(土) 09:46:58 | URL | alice #-[ 編集]
No title
主人公たちがヒーローというよりは、関係者の巡りあわせが幸運にも、あの記事を作り上げたという作りになっていたのが意外でした。もっとドラマチックな映画だと思っていたのですが、淡々とした味わいだったのが印象的でした。こういう問題児の隠蔽ってのは日本でもある話ですよね。
2016/04/29(金) 06:57:49 | URL | einhorn2233 #-[ 編集]
To einhornさん
そう、記事が出た後の電話の問い合わせシーンがちょっとドラマチックではありましたが、全体を通して淡々と誠意を重ねていくといった映画で、そういう意味でもよくこれをオスカーに選んだなとちょっと驚きました。

あまりにも大きなカトリック教会の絡む事件でもあり、地元信者たちにはつらいところもあったでしょうね。
最近の日本のジャーナリズムにはがっかりさせられることも多いですが、こういう映画を見ると可能性に希望を感じます。
2016/04/29(金) 09:12:24 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
見ました
日本では公開終了の時期。(2番館には流れますけど。)
これ、編集長が事件を追うようにプッシュしなかったら、こうした結果にはならなかったみたいな印象で、けっこう意外でした。

地味だけど、映画で記録に残す意義はある話だろうと思います。
2016/05/13(金) 18:43:31 | URL | ボー #0M.lfYJ.[ 編集]
Re: 見ました
>ボーさん こんにちは
そうそう、新任の編集長が「あれどうなったの?」って言わなかったら
この事件は今も闇に葬られ続けてたんでしょうね。
外から来た人だからのプッシュでもあったわけで
ジャーナリズム的にも意義を感じる作品でしたね。
2016/05/14(土) 08:16:49 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
今回は新作の「スポットライト 世紀のスクープ」をTOHOシネマズみゆき座で観てきました。かつてのみゆき座と比べるとミニシアターになってしまったのは残念ですが、前の劇場はフラットな座席で前に人が座ると画面が欠けちゃうような映画館でした。昔の映画館を懐かしむ気持ちもありますが、最近のシネコンの見やすい作りになっているのは、やっぱり映画館も進歩しているんだなあ。 タイムズ傘下に入ったボストン...
2016/04/29(金) 21:58:39 | 今昔映画館(静岡・神奈川・東京)
そのままでは知りようがなかった事実を人々に知らせることができるとき、報道の意味は大きい。
2016/05/14(土) 09:34:29 | 或る日の出来事
 「スポットライト 世紀のスクープ」  新聞社ボストン・グローブで、事件や問題に焦点を当てる連載“スポットライト”を担当する記者たちは、カトリック教会の神父が児童に性的虐待を加えた事件の真相を調査し始める。彼らはやがて、強大な力を持つ教会が真実を隠蔽して...
2016/05/14(土) 19:05:13 | まつたけ秘帖
まず冒頭、当ブログでのアカデミー賞候補検討時の発言を撤回したい。 <去年の激戦とは全く違う次元の戦い… <2年連続の獲得でいいのか?!のイニャリトゥ。 <ところが戦いを挑む他作群に迫力がほとんどない? <期待した「スポットライト」に...
2016/05/15(日) 10:54:02 | 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
映画「スポットライト 世紀のスクープ」★★★★ マーク・ラファロ、マイケル・キートン、 レイチェル・マクアダムス、リーヴ・シュレイバー、 スタンリー・トゥッチ 出演 トム・マッカーシー 監督、 128分、2016年4月15日公開 2015,アメリカ,ロングライド (原題/原作:SPOTLIGHT)
2016/05/18(水) 11:00:45 | soramove
 アカデミー賞 作品賞&脚本賞 W受賞!「スポットライト 世紀のスクープ」(ロングライド)。キリスト教社会の“絶対的タブー”に、果敢に挑んだ地方新聞社の実話を映画化。華は無いけど、真面目な作品です。  2001年、夏。アメリカ東部の地元新聞社“ボストン・グローブ”の新任編集局長として、マイアミからマーティ・バロン(リーヴ・シュレイバー)が赴任。最初の編集会議で目玉になる記事の材料を...
2016/05/19(木) 20:40:41 | シネマ親父の“日々是妄言”
5日のことですが、映画「スポットライト 世紀のスクープ」を鑑賞しました。 アメリカの新聞「The Boston Globe」 2002年 新たな編集長の指示の元 スポットライトチームは 彼らがこれまでうやむやにされてきた 神父による児童への性的虐待の真相について調査を開始する...
2016/05/27(金) 22:28:29 | 笑う社会人の生活
人が人を殺す事は、ある。しかし、組織が人を殺す、それを暴いたのがこの作品である。実際に刃物や銃器で殺される訳ではない。だが、被害者達は一度精神的に殺されている。そして被害者達が後に自殺をしてしまうケースも多い。世紀のスキャンダル。聖職者が教会の地位を利用して、信徒の子供達に性的虐待を行う。それも一件や二件ではない。…マサチューセッツ州ボストンの新聞、グローブ紙は、「スポットライト」という長期...
2016/05/31(火) 16:25:36 | ここなつ映画レビュー
観終わって、内容を的確に表現をしたタイトルにしているなと思いました。 もちろんタ
2016/06/19(日) 06:53:20 | はらやんの映画徒然草